NHK朝ドラ【舞いあがれ!】第44回 (第9週 木曜日) 感想

めっちゃイイ感じの前半と、めっちゃヤな感じの後半……。柏木学生よ……。

舞(福原遥)は柏木学生(目黒蓮)と、舞が苦手な着陸のイメージトレーニングに励む。持参した手作りのレバーを柏木に褒められて、舞はそれを作った父親の話をすると、普段は自分のことを話さない柏木学生が、国際線パイロットである父親の話を始める。翌日、飛行訓練は突然の飛行空域変更となるが、柏木学生はその空域の予習もしていると大河内教官(吉川晃司)を納得させて、一番手として訓練飛行に臨む…

(Yahoo!テレビより引用)

連続テレビ小説「舞いあがれ!」第9週「私らはチームや」第43話

朝ドラ『舞いあがれ!』感想

感想

そうか。こういう子だったか。

子どもの頃から割と何でもできて、自己肯定感高すぎたために、つまづくと自分の失敗を認めることが出来ない?

自分を過信する人間はパイロットに向いてない

自分を過信する人間はパイロットに向いてない。

パイロットだけではなくて、過信しすぎるとどんな業界でも生きづらくなるわよ。

親は褒め続けて育てただろうし、それは決して間違った子育てではないのにね。

昨日観て来たばかりの『母性』を思い出す。

でも、失敗するとキレやすい感じになるのは困りもの。

柏木さんのお父さんもパイロットでしたよね。


ああ。国際線の機長をやってた。
ほとんど家にいなかったけど、帰ってきたら行った国の話をしてくれてさ。それを聞くのが楽しみだったんだ。

お父さんの話がいちいち過去形なのが気になる。

すでに鬼籍に入られているのか。

引退されているのか。

とにかく。お父さんに褒められたくて一生懸命だったんだろうな……。

迷子野郎

お前たちで勝手にやってろよ。


柏木、落ち着け。冷静になれって。


は?冷静に?
毎回毎回、操縦席でパニックになるやつが偉そうに。


は?今、それ関係ないだろ!


ラジャーしか言えないアホは黙ってろよ。

は?この迷子野郎が。

何を焦っているのか。天候のせいで飛ばないと判断したことすら気に食わない柏木学生。

「冷静ではない」と言われる事すら許せない。

水島学生に対する評価は概ね合っているものの、悪口になっちゃってるぞ。

しかし、空の上で迷子になっちゃうのは困りもの……どころの騒ぎではない。

たくさんの飛行機事故を思い出すよ。やはりパイロットの適正とは、本当に厳しいものでなくては。

自分が間違っても謝らない。

失敗しても訂正できない。

それだけならまだ「社会人としてどうよ」程度だけれど、それが事故につながる可能性があるから空は恐い。

直るのか……迷子グセ。

みるはちコメント欄

PVアクセスランキング にほんブログ村  にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村


舞いあがれ! キャストとスタッフ

キャスト

岩倉舞 – 福原遥(子役期:浅⽥芭路)

岩倉浩太 – 高橋克典
岩倉めぐみ – 永作博美
岩倉悠人 – 横山裕(子役期:海老塚幸穏)
才津祥子 – 高畑淳子


梅津貴司 – 赤楚衛二(子役期:齋藤絢永)
梅津勝 – 山口智充
梅津雪乃 – くわばたりえ

望月久留美 – 山下美月(子役期:大野さき)
望月佳晴 – 松尾諭

笠巻久之 – 古舘寛治
結城章 – 葵揚


八木巌 – 又吉直樹
津田道子 – たくませいこ


木戸豪 – 哀川翔
浦信吾 – 鈴木浩介
山中さくら – 長濱ねる

刈谷博文 – 高杉真宙
由良冬子 – 吉谷彩子
鶴田葵- 足立英

柏木弘明 – 目黒蓮
矢野倫子 – 山崎紘菜
中澤真一 – 濱正悟
吉田大誠 – 醍醐虎汰朗
水島祐樹 – 佐野弘樹


大河内守 – 吉川晃司

語り – さだまさし

舞いあがれ! スタッフ

◆制作統括 : 熊野律時、管原浩
◆プロデューサー : 上杉忠嗣
◆演出 : 田中正、野田雄介、小谷高義、松木健祐

◆脚本 : 桑原亮子、嶋田うれ葉、佃良太

◆音楽 : 富貴晴美
◆主題歌 : back number「アイラブユー」


『舞いあがれ!』各回リンク

開始前 1 2 3 4 5
6 7  8  9  10
11 12 13 14 15
16 17 18 19 20
21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
31 32 33 34 35
36 37 38 39 40
41 42 43 44


この記事のトラックバック用URL