NHK朝ドラ【おかえりモネ】第65回 (第13週 金曜日) 感想

永浦さんがな「感覚」って言ってくれた時、ホンマはうれしかってん。

えっ……

うれしかってん?……へぇ……。それはどうも……。

とりあえず強化指定選手決定、おめでとう……。

選考会3日前、鮫島(菅原小春)に新たに計画した「プランB」を伝えた百音(清原果耶)たち。選考会当日、トラックに強い風が吹くと予測した百音たちは「大会当日、競技場で強い風が吹いたら、勝負に出てみてはどうか」と伝えたのだった。向かい風“逆風”に向かうのが鮫島スタイルだと気づいた百音は、最後は自分の感覚で勝負してほしいと考えたのだ。選考会当日、鮫島は順調にラップを刻んでいくが………

(上記あらすじは「Yahoo!TV」より引用)

連続テレビ小説「おかえりモネ」第13週「風を切って進め」第64話

NHK朝ドラ『おかえりモネ』感想

感想

鮫島さんという人が、菅原小春であることと、元・人見絹枝であるということ以外に何の好感度もなく終わってしまったせいで、感動イマイチですいません。

(感想はあくまでも個人比です……)

これで金の心配をしなくて済むね


昨日も書いたけれど、結局プランBは根性論だし、まぁ風が吹くか吹かないかは科学だと思うけれど、そこ以外は全面的に精神論じゃん。と思ってしまうのだった。

そもそも追い風の方が成績良いのが科学な気がするし。

鮫島さんのキャラがもっと違う感じだったら…ゴールに感動できたかも……。

と、思いつつも、こういうガンとした小うるさいキャラだったからこそ、この後の菅波先生の過去に対するエピソードとして生きるのだろう。

つまり、鮫島さんは「モネのおかげ」ではなく、自ら選び取ったということがここでは大事なのだ。

とりあえず……

やったね~! 
やりましたね。
これで金の心配をしなくて済むね–。


と、本音たっぷりに出てくる所長の方が、なんか、良い(笑)

菅波先生のトラウマ


エピソード自体はドラマとしてはあり触れた感じだけれど、患者さんが自分の思い入れと思い込みに肩入れしてしまったせいで、プロとしての一生を台無しにした……という話はつらい。

悪意は何もないだけに辛い。

「手当て」する百音に背中を任せている菅波先生……。

今、ヒロインより誰より、人のために生きているのはあなたです。

(追記します。たぶん。)



【おかえりモネ】
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10
11 12 13 14 15
16 17 18 19 20
21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
31 32 33 34 35
36 37 38 39 40
41 42 43 44 45
46 47 48 49 50
51 52 53 54 55
56 57 58 59 60
61 62 63 64 65

 

※朝ドラレビューは基本的に簡単感想で。
※朝ドラは半年間の長丁場なので、良い感想を書いてある時も悪いことが書いてある時もあります。レビューはその日その日の感想なので、その点ご了承くださいませ。
…テンプレだす…。

このドラマについてひと言ふた事書きたい、書いて下さるって方はぜひどうぞ。
NHK朝ドラ『おかえりモネ』◆放送期間 : 2021年05月17日 ~◆制作 : NHK(AK)◆平均視聴率 : %◆脚本 : 安達奈緒子◆主題歌 : BUMP OF CHICKE...

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ

にほんブログ村

キャスト

永浦百音 – 清原果耶

永浦耕治 – 内野聖陽
永浦亜哉子 – 鈴木京香
永浦未知 – 蒔田彩珠
永浦龍己 – 藤竜也
永浦雅代 – 竹下景子

及川亮 – 永瀬廉
野村明日美 – 恒松祐里
後藤三生 – 前田航基
早坂悠人 – 髙田彪我

及川新次 – 浅野忠信

新田サヤカ – 夏木マリ
菅波光太朗 – 坂口健太郎
佐々木翔洋 – 浜野謙太
川久保博史 – でんでん
田中和久 – 塚本晋也
中村信弘 – 平山祐介

朝岡覚 – 西島秀俊
神野マリアンナ莉子 – 今田美桜
内田衛 – 清水尋也
野坂碧 – 森田望智
安西和将 – 井上順

沢渡公平 – 玉置玲央
高村沙都子 – 高岡早紀
井上菜津 – マイコ
鮫島祐希 – 菅原小春

語り… 竹下景子

スタッフ

◆制作統括 : 吉永証、須崎岳
◆プロデューサー : 上田明子
◆演出 : 一木正恵、梶原登城、桑野智宏、津田温子
◆脚本 : 安達奈緒子
◆音楽 : 高木正勝
◆主題歌 : BUMP OF CHICKEN「なないろ」