NHK朝ドラ【おかえりモネ】第37回 (第8週 火曜日) 感想

そうか。

もう、あの時から、この家は父親を息子が支える形になってしまっていたのか。

絶望に浸れる者は幸いである。

支える者は強くなるしかない。

実は、亜哉子(鈴木京香)は、新次(浅野忠信)の通院を手伝っていた。かつて、永浦家と及川家は家族ぐるみで仲が良く、耕治(内野聖陽)と新次、その妻・美波(坂井真紀)は、亀島でともに育った幼なじみだった。震災前の2010年、新次は、新しい船を買う相談をするため、よく永浦家に来ていた。にぎやかに話す大人たち横目に、百音(清原果耶)、未知(蒔田彩珠)そして、亮(永瀬廉)は、静かにおしゃべりを楽しんでいた……

(上記あらすじは「Yahoo!TV」より引用)

連続テレビ小説「おかえりモネ」第8週「それでも海は」第37話

NHK朝ドラ『おかえりモネ』感想

感想

どうして亜哉子さんは家に黙って新次に付き添っているのかな、と思ったけれど。

知っているんだな。きっと。

出過ぎたことだと、じいちゃんも耕治も分かっている。

だから、いいかげん止めようか迷っている。でも止められない。

これは、贖罪の気持ちなのかも知れない。

何が罪?

家族全員が無事で、今も幸せであること?

美波さんという存在


耕治と新次と美波さんは幼馴染みで。

美波さんはみんなから愛されるアイドルのような存在だった。

娘と息子は同じ年。
家族ぐるみで仲良く過ごしていた。

新次は自分の船をずっと夢見ていて、やっと手に入れたばかりだった。

息子も後を継いでその船に乗ってくれるという。

明るいマドンナは、島の外から嫁いできた亜哉子さんのこともすぐに受け入れ、溶け込ませてくれた。

潤滑油。

島は、あの日その存在を失った。


父は母を失って、船も財産も失って、廃人のようになってしまった。

りょーちんさんは、泣くことも出来ず。
父を支えるしかなくなってしまった。

とりあえず。
進学の予定をあきらめて船乗りになったとか、そういうことではなくて良かったわ。それだけは良かったわ。

しかし、乗る予定だった船は父の城ではなくなってしまう。


でも私、りょーちんのお母さん好きだよ。

だって明るいし。
みんなのごどすぐ仲よくさせちゃう。


うちのお母さんが島になじめてるの、りょーちんのお母さんがいてくれっからだよ。


と、母をほめられて、

そうか~?

と言う時のりょーちんの照れたような嬉しそうな顔。

自慢の母だっただろうし。
愛していただろうし。

りょーちんは今、父を励まし、母の願いを叶えるために船に乗っている。


でも、新次に、しっかりしろ、とは誰も言えない。

震災さえなければ……。



【おかえりモネ】
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10
11 12 13 14 15
16 17 18 19 20
21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
31 32 33 34 35
36 37

 

※朝ドラレビューは基本的に簡単感想で。
※朝ドラは半年間の長丁場なので、良い感想を書いてある時も悪いことが書いてある時もあります。レビューはその日その日の感想なので、その点ご了承くださいませ。
…テンプレだす…。

このドラマについてひと言ふた事書きたい、書いて下さるって方はぜひどうぞ。
NHK朝ドラ『おかえりモネ』◆放送期間 : 2021年05月17日 ~◆制作 : NHK(AK)◆平均視聴率 : %◆脚本 : 安達奈緒子◆主題歌 : BUMP OF CHICKE...

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ

にほんブログ村

キャスト

永浦百音 – 清原果耶

永浦耕治 – 内野聖陽
永浦亜哉子 – 鈴木京香
永浦未知 – 蒔田彩珠
永浦龍己 – 藤竜也
永浦雅代 – 竹下景子

及川亮 – 永瀬廉
野村明日美 – 恒松祐里
後藤三生 – 前田航基
早坂悠人 – 髙田彪我

及川新次 – 浅野忠信

新田サヤカ – 夏木マリ
菅波光太朗 – 坂口健太郎
佐々木翔洋 – 浜野謙太
川久保博史 – でんでん
田中和久 – 塚本晋也
中村信弘 – 平山祐介

朝岡覚 – 西島秀俊
神野マリアンナ莉子 – 今田美桜
内田衛 – 清水尋也
野坂碧 – 森田望智
安西和将 – 井上順

沢渡公平 – 玉置玲央
高村沙都子 – 高岡早紀
井上菜津 – マイコ
鮫島祐希 – 菅原小春

語り… 竹下景子

スタッフ

◆制作統括 : 吉永証、須崎岳
◆プロデューサー : 上田明子
◆演出 : 一木正恵、梶原登城、桑野智宏、津田温子
◆脚本 : 安達奈緒子
◆音楽 : 高木正勝
◆主題歌 : BUMP OF CHICKEN「なないろ」