NHK朝ドラ【ひよっこ】第102回(第17週土曜日) 感想

ついにこの日が来ちゃったね。


休みの日にみね子(有村架純)が部屋でのんびり過ごしていると、世津子(菅野美穂)が突然訪ねてくる。
「今から出られないか」と言われ、急いで支度をすることに。
外で待とうと出てきた世津子は、買い物帰りの愛子(和久井映見)に出会う。
少しだけ言葉を交わすと、車に戻っていく世津子。
愛子と鈴子(宮本信子)は世津子の思い詰めた様子を不安に思い、みね子を送り出した後「もうつらいことがないといいな」と思いやる。

(上記あらすじは「Yahoo!TV」より引用)

連続テレビ小説「ひよっこ」第17週「運命のひと」 第102話

    

※朝ドラレビューは基本的に簡単感想で。
※朝ドラは半年間の長丁場なので、良い感想を書いてある時も悪いことが書いてある時もあります。レビューはその日その日の感想なので、その点ご了承くださいませ。

…テンプレだす…。

そ…そもそも…
「ひよっこ」はコメディだったはずだ。

この展開をコメディにしようと思ったら、もう、世津子の家にセクスィ部長がいる展開しかあるまい。
 


…と、思っていたんだけど、笑い所は愛子さんが荷物を何回も落とす所に持ってきたらしい。
(あ、あまり笑えはしないけどぉ…)

まぁ…
ここは、「東京の母」と「東京の姉」が みね子を心配し、見守るというシーンに納まったのだった。

(愛子さんは大女優・川本世津子とは初対面のはず?なので?もう少しビックリしても良かった気がする…。まぁ話は聞いていたということで)


鈴子さんはみね子さんのお父さんにお会いになったことあるんですよね?

うん。

どんな方だったんですか?


真面目で働き者で家族思いで。
で、すごくきちんとされてた。



すごく、きちんとされていた「みね子のお父さん」は、つまり、嫌になっちゃって家族を捨てたりしないお父さんである。


ただいま。

お帰り。


今や、世津子とお父ちゃんはそう挨拶し合う身の上である。
つまり、これは「家族」の挨拶よね。


世津子はお父ちゃんを「雨男さん」と呼んでいた。
(記憶喪失だが「星男」ではない)




あなたのお嬢さん。

え…?

谷田部みね子さん。
そして、あなたの名前は「谷田部 実」さん。

 hiyokko101世津子の家


これだけ言うのに世津子がとんなに辛かったろうね。

男女だもの…
何の関係もなく、ただ住まわせていたということは…
ないと思うの。


だって!だって、お父ちゃんですよ!
覚えてないなんて、そんなこどあるわげないでしょう!

ねえ、みね子だよ!お父ちゃん。
どうしたのよ?何でそんな顔してんの!?
ねえ、みね子だよ?



目の前の信じられない事態とか、尊敬していたはずの世津子への怒りとか…
いや、違うかな。現実に対する怒りかな。

爆発する みね子に対して、本当に戸惑うだけの お父ちゃん。


お父ちゃん?
嫌んなったんでしょう?私たぢのこど。
それとも何もかんも?
ひどい目にあわされて嫌んなったんでしょう?
だがら居なくなったんでしょ?そうでしょ?

それは、私、分がっから。私、分がっから。

お父ちゃんがここに居たいんならいいよ。
お父ちゃんがここに居たくて帰りたぐないんなら私…。

会わなかったこどにすっから。


生きててくれただげでうれしいし…。
お父ちゃんのこど責めるつもりなんて全然ないがら。

全然ないがら…。

んだがら…。

覚えでないなんて言わねえで…。
 hiyokko98みね子


えーー……ここに居てもいい、このままでいいとか言っちゃうのーー

と思ったけれども…

つまり

「覚えでねえなんて言わないで」

なんだよね。

だってさ…
奥茨城の家族も、すでに心の奥底では半分はあきらめていたんだよね。

今や大切なのは「記憶」と「思い出」なんだよね。

そこを全否定されたら、家族はもう存在自体が崩壊するんだよね。


お父ちゃんの手を握っていた みね子の両手をそっとほどき、手を添えてから返す。
 

この優しさと丁寧さは実さんであり、そして、優しい拒否の証しなのだった。


来週は、奥茨城からお母ちゃんがやってくるみたいで、ますます辛い…
というか、予告の感じだと、世津子はどうなってしまうんだろう。

記憶が消えたら、「家族」って何なんでしょうね。


「真面目で働き者で家族思いで」

と、鈴子さんが評する実さんがこんな事になり。

ずっと「家族が大好き」で「家族のために」「真面目に」「大好きな仕事を」頑張ってきた みね子のモチベーションに変化が訪れなければいいのだけど。

来週から一気にみね子が小泉今日子に…ぃゃ、春子にキャラ変しませんように……。

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

 
※キャスト

谷田部 みね子 – 有村架純

谷田部 実 – 沢村一樹
谷田部 美代子 – 木村佳乃
谷田部 ちよ子 – 宮原和
谷田部 進 – 高橋來
小祝宗男 – 峯田和伸
小祝滋子 – 山崎静代

谷田部 茂 – 古谷一行

助川時子 – 佐久間由衣
角谷三男 – 泉澤祐希
助川君子 – 羽田美智子
助川正二 – 遠山俊也
助川豊作 – 渋谷謙人
角谷きよ – 柴田理恵
角谷征雄 – 朝倉伸二
角谷太郎 – 尾上寛之
益子次郎 – 松尾諭

田神 学 – 津田寛治

牧野鈴子 – 宮本信子
牧野省吾 – 佐々木蔵之介

井川元治 – やついいちろう
朝倉高子 – 佐藤仁美
前田秀俊 – 磯村勇斗

綿引正義 – 竜星涼
永井愛子 – 和久井映見
青天目 澄子 – 松本穂香
兼平豊子 – 藤野涼子
秋葉幸子 – 小島藤子
夏井優子 – 八木優希
松下 明 – 奥田洋平
森 和夫 – 陰山泰
高島雄大 – 井之脇 海
安部善三 – 斉藤暁
安部さおり – 伊藤沙莉

立花 富 – 白石加代子
島谷純一郎 – 竹内涼真
竹内邦子 – 白石美帆
久坂早苗 – シシド・カフカ
坪内祐二 – 浅香航大
新田啓輔 – 岡山天音
柏木一郎 – 三宅裕司
柏木ヤスハル – 古舘佑太郎
福田五郎 – 光石研
福田安江 – 生田智子
牧野由香 – 島崎遥香
川本世津子 – 菅野美穂

語り – 増田明美

※スタッフ

脚本 – 岡田惠和
演出 – 黒崎博、田中正、福岡利武、渡辺哲也
プロデューサー – 山本晃久
制作統括 – 菓子浩
音楽 – 宮川彬良

主題歌 – 桑田佳祐「若い広場」

公式サイト http://www.nhk.or.jp/hiyokko/index.html


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ひよっこ(Part1) [ NHK出版 ]
価格:1188円(税込、送料無料) (2017/4/1時点)



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ひよっこ(上) [ 岡田惠和 ]
価格:1404円(税込、送料無料) (2017/4/1時点)



【ひよっこ】
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
31 32 33 34 35 36
37 38 39 40 41 42
43 44 45 46 47 48
49 50 51 52 53 54
55 56 57 58 59 60
61 62 63 64 65 66
67 68 69 70 71 72
73 74 75 76 77 78
79 80 81 82 83 84
85 86 87 88 89 90
91 92 93 94 95 96
97 98 99 100 101 102

この記事のトラックバック用URL

(承認制です。また、お手数ですがスパム対策のため「http://dramablog.cinemarev.net/」へのリンクのないTBを受付できません。ご了承ください。)

コメント

※ 右のアイコンから Wordpress,Twitter,google+,facebookのアカウントを使ってコメントできます。
オープンIDをお持ちでない方はアドレスを記入してください。(書きこんだアドレスは表示されません)

4件のコメント

  • 巨炎
    2017年7月30日 4:55 PM

    >来週から一気にみね子が小泉今日子に…ぃゃ、春子にキャラ変しませんように……。
    予告では、お父さん妻子に再会してアッサリ記憶が戻るようなカットもあった気がしますが
    リハビリで頑張ってる最中で結局、来週かけてジックリ春子化⇒由香と意気投合とか?

    このタイミングで再会とは終盤はバラバラになった家族の再生がテーマでしょうか。
    個人的には向島電機時代に綿貫さんや乙女寮の皆の助力で再開にこぎ着け
    親の為に帰郷する人や親と帰郷する人の分まで東京で頑張ってみよう!
    ぐらいでも良かったと思いますが。
    綿貫さんと恋人未満ぐらいで別れて島谷君に繋げる構想もあったかな?

    • くう
      2017年8月1日 3:23 AM

      巨炎さん
      >予告では、お父さん妻子に再会してアッサリ記憶が戻るようなカットもあった気がしますが

      あの予告って記憶が戻ったんですかね。
      私には、記憶は戻らないまま一緒に帰ることになり、けれども結局はお母ちゃんは世津子さんの所にお父ちゃんを託して帰るように見えたんですよね。

      何だか、複雑な気持ちです。
      実はこれは実さんじゃなくて瓜二つの他人でしたとか…そうなればいいのに。

      >親の為に帰郷する人や親と帰郷する人の分まで東京で頑張ってみよう!
      ぐらいでも良かったと思いますが。

      「記憶喪失」は必要だったのか、私にもちょっと解りません。
      恐らくはお父ちゃんを通して世津子も家族。
      すずふり亭のみんなも家族。愛子さんも家族。
      「家族と地域と助け合い」みたいな…某アれで失敗したような所に帰結するのかなぁと予想。

  • かこ
    2017年7月30日 12:58 PM

    ストーリー自体は予想通りでしたが、みね子の言葉が衝撃的でした。ってことは捨てられたと心の準備をしながら、日々、お父ちゃんに独白してた、、、!? CMのお父ちゃんありがとうも違って見える。
    ひよっこにずっとある様々な重いテーマを、一気に前面に出してきた感じですね。
    健気な女子達にウルウルしてたころを懐かしく思いつつ、もう違うドラマと思って見ようと思いました。今後の展開が楽しみです!

    • くう
      2017年8月1日 3:17 AM

      かこさん
      >みね子の言葉が衝撃的でした。ってことは捨てられたと心の準備をしながら、日々、お父ちゃんに独白してた、、、!?

      そうですよねーー!
      あれって、もうクセみたいなもんなのかなぁと日々思いながら聞いてました。
      本当にお父ちゃんに話しかけていたわけでは無く。
      何なら「お母ちゃん」でも「じっちゃん」でも良かったのかな…最近は。

      しかし、そんな風に思うほど みね子の東京の日々は辛くなさそうに見えたので…
      相当な無理を視聴者にまで見せてきたということですよね。
      なんだか辛いなぁ…。

4件のトラックバック

  • 何がなんだか…ひじゅに館
    2017年7月30日

    雨男さん>『ひよっこ』第102話

    この間 永井愛子アワーと川本世津子タイムで ドラマを真っ二つに分けていた2人が 今日 遂に面と向かって対決! えっ 対決はしていない? ででででも 全く色合いの違うオーラがぶつかり合ってはいたよね …ひじゅにですが何か? 「十分嫌なこと味わってきたからね、あの子は」by鈴子 ↑この台詞、何か違和感… 一つは、みね子がそんな風…

  • レベル999のgoo部屋
    2017年7月29日

    ひよっこ 第102回

    内容“会って欲しい人がいる”と、みね子(有村架純)に告げる世津子(菅野美穂)世津子の表情を見て、鈴子(宮本信子)愛子(和久井映見)は不安を感じる。 敬称略 “十分嫌なコト味わってきたからね。。。” そうなのかな?

  • ディレクターの目線blog
    2017年7月29日

    ひよっこ (第102回・7/29) 感想

    NHK総合・連続テレビ小説『ひよっこ』(公式) 第17週『運命のひと』『第102回』の感想。 ※ 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。 ※ また、称賛、絶賛の感想だけをご希望の方は読まない方が良いです。 休みの日にみね子(有村架純)が部屋でのんびり過ごしていると、世津子(菅野美穂)が突然訪ねてくる。「今か…

  • ショコラの日記帳・別館
    2017年7月29日

    【ひよっこ】第17週(7/24~)感想と視聴率最高「父・見つかるが記憶喪失」

    遂に、お父ちゃんと再会♪やはり実さんは記憶喪失で、世津子さんの家にいました(^^