NHK朝ドラ【わろてんか】第133回(第23週土曜日) 感想

「わろてんか隊」が無事帰国して、てん(葵わかな)やおトキ(徳永えり)は安堵(ど)の胸をなで下ろした。

前線に赴く兵隊から恋人に宛てた手紙を預かったリリコ(広瀬アリス)は、手紙を届けに行った先でその兵隊がつい最近戦死したと聞いてショックを受ける。

てんは再び新聞社から、戦地に慰問団を派遣して欲しいと要請され及び腰になるが、風太(濱田岳)をはじめ戦地慰問を体験した芸人たちは喜んで行くときっぱり言う。

(上記あらすじは「Yahoo!TV」より引用)

連続テレビ小説「わろてんか」第23週「わろてんか隊がゆく」 第133話

   warotenka-op

※朝ドラレビューは基本的に簡単感想で。
※朝ドラは半年間の長丁場なので、良い感想を書いてある時も悪いことが書いてある時もあります。レビューはその日その日の感想なので、その点ご了承くださいませ。

…テンプレだす…。

簡単感想で。

帰国して、報道もされ、大いに北村の名を高めた「わろてんか隊」。


新聞社の局長が第二陣のわろてんか隊やってほしい言うてたで。

という話に、まんざらでもない風太。

だが、まるで空襲に遭った事があるのかってほど怯えている妻・おトキ(震災の時も異様な怯えようだったもんな)に縋りつかれて「行きたい」とはなかなか言えず。


兵隊さんの手紙を届けて行ったリリコさんは、あの後、戦地で彼が亡くなったと知り、絶望する。


専務、さっき話してた第二陣の事やけど…。

ああ…。

やめた方がええんとちゃうやろか。



おてんや楓さんは及び腰である。


それでも、風太は「第二陣をやろうと思う」と伊能に伝えるのだった。

何のためだ?何のためにそこまでする?

これは行ったもんにしか分からん。



明日死ぬかもしれない人たちの最後の笑いを見るという体験。

わろてんか隊に参加した人たちだけが共有する記憶なのよね。

人の死を一緒に見送るという体験をした人たちは、それが良い思い出にしろ悪い思い出にしろ、特別な空間に共存した記憶を捨てることができない。


何で。皆さん、えらい目に遭うたんとちゃいますの?

そや。 
手紙預かった兵隊さん戦死しはったし…。


確かに兵隊さんは明日をも知れん命です。

せやけど…な。

その人らを笑わす事できたんは芸人冥利に尽きるわ。

うん。


もし漫才見てくれはった次の日に亡くなってしまう兵隊さんがおったとしても、わてらがやった事は無駄やなかったってそう思えるようになったんです。

俺らが行かなアカンねや。

お国のため、会社のためやのうて、言うたら……自分らのために行くんや。

 133


この「誇り」が正しいのかどうかは、この時点では誰も解らない。

後悔する日も来るかも知れない。

けれども、命の最後を迎える人を笑わせたという記憶は芸人魂として生き続ける。


「わろてんか」の、この戦争描写は本当に面白かったわ。

いい一週間だった。


「人間はお金や地位や名誉を競い合い、戦争までするアホな生きもんや。そやからこそ笑いが必要になったんや。」

という新一兄さんの言葉を今さら掘り起こしてくるのはどうかと思うが……

なんせ、他のエピソードは残念なものばかりだから、まぁこれはこれで……(笑)

ここまでのドラマがこのくらい重厚に、このくらい誠実に描かれてきていれば名作だったかも知れないのにね。

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村


2017年下半期NHK朝の連続テレビ小説「わろてんか」が10月2日(月)より放送開始されます。史実のモデルはあの吉本興業の創...

 
※キャスト

藤岡てん… 葵わかな(子役期:新井美羽)

北村(藤吉)藤吉郎… 松坂桃李
北村隼也… 成田凌(子役期:渡部翔夢→大八木凱斗)
武井風太… 濱田岳
トキ… 徳永えり
伊能 栞… 高橋一生

藤岡儀兵衛… 遠藤憲一
藤岡しず… 鈴木保奈美
藤岡ハツ… 竹下景子
藤岡新一… 千葉雄大
藤岡りん… 堀田真由

北村啄子… 鈴木京香
秦野リリコ… 広瀬アリス(子役期:莉帝)
キース… 大野拓朗(子役期:前田旺志郎)
アサリ… 前野朋哉
万丈目吉蔵… 藤井隆
万丈目 歌子… 枝元萌
岩さん… 岡大介
川上四郎… 松尾諭
寺ギン… 兵動大樹
亀井庄助… 内場勝則

安達 都… 大後寿々花
勝部なつ… 畦田ひとみ
錦織あや… 鈴木球予
小豆沢とわ… 辻凪子

月の井団吾… 波岡一喜
月の井団真… 北村有起哉
お夕… 中村ゆり
杉田楓… 岡本玲

喜楽亭 文鳥… 笹野高史

語り… 小野文惠

※スタッフ

脚本 … 吉田智子
演出 … 本木一博、東山充裕、川野秀昭
プロデューサー … 長谷知記
制作統括 … 後藤高久

音楽 … 横山克

主題歌 – 松たか子「明日はどこから」

公式サイト http://www.nhk.or.jp/warotenka/













【わろてんか】
0 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
31 32 33 34 35 36
37 38 39 40 41 42
43 44 45 46 47 48
49 50 51 52 53 54
55 56 57 58 59 60
61 62 63 64 65 66
67 68 69 70 71 72
73 74 75 76
77 78 79
80 81 82 83 84 85
86 87 88 89 90 91
92 93 94 95 96 97
98 99 100 101 102 103
104 105 106 107 108 109
110 111 112 113 114 115
116 117 118 119 120 121
122 123 124 125 126 127
128 129 130 131 132 133

この記事のトラックバック用URL

(承認制です。また、お手数ですがスパム対策のため「https://dramablog.cinemarev.net/」へのリンクのないTBを受付できません。ご了承ください。)

コメント

※ 右のアイコンから Wordpress,Twitter,google+,facebookのアカウントを使ってコメントできます。
オープンIDをお持ちでない方はアドレスを記入してください。(書きこんだアドレスは表示されません)

4件のトラックバック

  • ディレクターの目線blog
    2018年3月10日

    わろてんか (第133回・3/10) 感想

    NHK総合・連続テレビ小説『わろてんか』(公式) 第23週『わろてんか隊がゆく』 『第133回』の感想。 ※ 本作は、2018/2/27 にクランクアップ(撮影終了)しています。 ※ 従って、僅かな編集への期待と、直感的な賛美や愚痴を書いています。 ※ 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。 …

  • レベル999のFC部屋
    2018年3月10日

    連続テレビ小説『わろてんか』第133回

    内容風太(濱田岳)と芸人達が、無事に帰国し、喜ぶてん(葵わかな)たち。そんななか、リリコ(広瀬アリス)四郎(松尾諭)が、手紙を託された兵隊さんの恋人のもとから神妙な面持ちで戻ってきた。戦死したという。。。涙するリリコ。てんは、依頼されている“わろてんか隊”の第2陣を辞めることを決意する。悩むてん、そして風太だったが。。。。。敬称略前々回、前回があるから今回の話しは成立する。ただし物語に“関わ…

  • もう…何がなんだか日記
    2018年3月10日

    第二陣に向けて>『わろてんか』第133話

    ​​​​​​​​​​​​預かった手紙の顛末はやはり台詞だけでオシマイ台詞スルー(?)…ひじゅにですが何か?​「新一兄さんの言葉思い出したわ」​byてん↑久しぶりに新一兄さ…

  • 何がなんだか…ひじゅに館
    2018年3月10日

    第二陣に向けて>『わろてんか』第133話

    ​​​​​​​​​​​​預かった手紙の顛末は やはり台詞だけでオシマイ 台詞スルー(?) …ひじゅにですが何か? ​「新一兄さんの言葉思い出したわ」​byてん ↑久しぶりに新一兄さんの名前を聞いたな 初回からしてツマラナサ満開の今作だけど― 某『〇れ』の様に不快感を伴う…って程ではなかったから そこだけは評価していたのに ツマラナサが…