NHK朝ドラ【わろてんか】第101回(第18週木曜日) 感想

てん(葵わかな)や楓(岡本玲)たちがリリコ(広瀬アリス)の相方探しに行き詰まっていると、伊能(高橋一生)がアコーディオン奏者の四郎(松尾諭)を連れて来た。

四郎の演奏に魅了されたてんたちは良い相方が見つかったと喜ぶが、リリコは絶対にイヤだと断る。

リリコと四郎の漫才コンビをあきらめ切れないてんは、このプロジェクトに反対する風太(濱田岳)に相談もできず、亀井(内場勝則)に起死回生の秘策を教わるのだが…。

(上記あらすじは「Yahoo!TV」より引用)

連続テレビ小説「わろてんか」第18週「女興行師てん」 第101話

   warotenka-op

※朝ドラレビューは基本的に簡単感想で。
※朝ドラは半年間の長丁場なので、良い感想を書いてある時も悪いことが書いてある時もあります。レビューはその日その日の感想なので、その点ご了承くださいませ。

…テンプレだす…。

簡単感想で。

リリコ君の相方に紹介したい人を見つけてきた!

と、自信満々に伊能さまが連れてきたのは二郎……じゃなくて四郎。という昨日の続きから。


ひとめ見た途端に

え~…。

と露骨にガックリする女子たちである。

 warotenka-101


音楽学校出ということでアコーディオンの腕前は素晴らしい。が、


いやや。

うちらは万歳やるんやで。
何やモゴモゴしたその口。

高座やったら何言うてるか聞き取られへん。



もっともである。

歌うだけならただの歌手とそのバックバンドだもんね。


しかし、別に口下手でモゴモゴしているわけではなく、万々亭で再会した時には、

こっちこそ!君なんかとは願い下げや!

と、ハッキリ喋れる四郎である。


再びアコーディオンを聞き、

今度はちゃ~んと音程とれてるな。

アコーディオン、修理したんか。

それやったらもっと前に修理しときって話や。

ちょっとぐらい音外しても素人のお客さんやったら気付かへんと思ってやっとった、あんたの態度が許されへんねん!

とにかくうちはこんな男と組む気ぃないからな。



と、プロのような事を言うリリコさん。

初めに聞いた時と万々亭の音を聞き分けるとは、さすがプロ。(何の??)

リリコにこんな才能があったとはビックリや。
あれ、音楽家だったっけーー。

お客に音を聞かせるプロの自覚が無い、お客を舐めてる、と指摘したのはいいけれども、リリコ自身が今まで辞めるだの何だのとプロの自覚ないところばかり見せて来たので、今ひとつ説得力が(笑)

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村


2017年下半期NHK朝の連続テレビ小説「わろてんか」が10月2日(月)より放送開始されます。史実のモデルはあの吉本興業の創...

 
※キャスト

藤岡てん… 葵わかな(子役期:新井美羽)

北村(藤吉)藤吉郎… 松坂桃李
北村隼也… 成田凌(子役期:渡部翔夢→大八木凱斗)
武井風太… 濱田岳
トキ… 徳永えり
伊能 栞… 高橋一生

藤岡儀兵衛… 遠藤憲一
藤岡しず… 鈴木保奈美
藤岡ハツ… 竹下景子
藤岡新一… 千葉雄大
藤岡りん… 堀田真由

北村啄子… 鈴木京香
秦野リリコ… 広瀬アリス(子役期:莉帝)
キース… 大野拓朗(子役期:前田旺志郎)
アサリ… 前野朋哉
万丈目吉蔵… 藤井隆
万丈目 歌子… 枝元萌
岩さん… 岡大介
川上四郎… 松尾諭
寺ギン… 兵動大樹
亀井庄助… 内場勝則

安達 都… 大後寿々花
勝部なつ… 畦田ひとみ
錦織あや… 鈴木球予
小豆沢とわ… 辻凪子

月の井団吾… 波岡一喜
月の井団真… 北村有起哉
お夕… 中村ゆり
杉田楓… 岡本玲

喜楽亭 文鳥… 笹野高史

語り… 小野文惠

※スタッフ

脚本 … 吉田智子
演出 … 本木一博、東山充裕、川野秀昭
プロデューサー … 長谷知記
制作統括 … 後藤高久

音楽 … 横山克

主題歌 – 松たか子「明日はどこから」

公式サイト http://www.nhk.or.jp/warotenka/













【わろてんか】
0 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
31 32 33 34 35 36
37 38 39 40 41 42
43 44 45 46 47 48
49 50 51 52 53 54
55 56 57 58 59 60
61 62 63 64 65 66
67 68 69 70 71 72
73 74 75 76
77 78 79
80 81 82 83 84 85
86 87 88 89 90 91
92 93 94 95 96 97
98 99 100 101

この記事のトラックバック用URL

(承認制です。また、お手数ですがスパム対策のため「https://dramablog.cinemarev.net/」へのリンクのないTBを受付できません。ご了承ください。)

コメント

※ 右のアイコンから Wordpress,Twitter,google+,facebookのアカウントを使ってコメントできます。
オープンIDをお持ちでない方はアドレスを記入してください。(書きこんだアドレスは表示されません)

3件のトラックバック

  • ディレクターの目線blog
    2018年2月2日

    わろてんか (第101回・2/1) 感想

    2018/02/01 18:00 記事更新 NHK総合・連続テレビ小説『わろてんか』(公式) 第18週『女興行師てん』 『第101回』の感想。 ※ 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。 ※ また、称賛、絶賛の感想だけをご希望の方は読まない方が良いです。 てん(葵わかな)や楓(岡本玲)たちがリリコ(広瀬アリ…

  • レベル999のFC部屋
    2018年2月2日

    連続テレビ小説『わろてんか』第101回

    内容リリコ(広瀬アリス)の相方が見つからず、てん(葵わかな)たちが困っていたとき、伊能栞(高橋一生)が連れてくる。川上四郎(松尾諭)。活動写真の楽士だという。再就職先ではないと拒否しようとしたが、そのアコーディオンの演奏に、てんたちは、聞き惚れてしまう。しかし、リリコは、拒絶。敬称略なんていうか。主人公、藤吉の時と、全く同じだね。この2人。ドラマの根幹であるにもかかわらず、ほぼ、魅力が描かれ…

  • 何がなんだか…ひじゅに館
    2018年2月1日

    次郎から四郎へ>『わろてんか』第101話

    ​​​​​​​​​​​飛鳥ちゃんのシーンは何かの伏線? 「女」の立場をやたら強調している今のエピ 朝ドラ“お約束”の一つと言えるものだけど 大抵それは、仕事VS家庭で描かれる てんは今のところ一人暮らしだから トキに当てはめる算段? …それとも単に 遊ぶ飛鳥ちゃんの可愛さを強調したサービスシーン? ひじゅに的には、映し方のせいか トキが座敷の真ん中で料理して…