NHK朝ドラ【おちょやん】第33回(第7週 水曜日) 感想

とりあえず、小暮くんはただの当て馬にはならなさそうな予感……。 恋の練習が本物になる。 ……あれ、火曜10時のドラマでも見ているような(笑)
大部屋女優で中心的な存在の弥生のピンチを救ったことで、撮影現場への復帰を果たした千代(杉咲花)。しかし、千代の恋人役の芝居のひどさに監督が激怒。女優を続けるなら、今すぐ恋をしろと忠告を受ける始末。千代は真理(吉川愛)の助言もあり、助監督の小暮(若葉竜也)に恋人のフリを頼むことを思いつく。勇気を出して伝えると、小暮は快諾。デートをする話にも発展するが、その一部始終を何故か一平(成田凌)が見ていた……

(上記あらすじは「Yahoo!TV」より引用)

連続テレビ小説「おちょやん」第7週「好きになれてよかった」第33話

NHK朝ドラ『おちょやん』感想

感想

一平くんは結局何しにやって来ていたのだ。(やっぱり弁士……)

守衛が居るから用も縁もない人間は入れないだろうし、まさか千代のために来たわけじゃないよね?(あるかも……)

一平に聞かれる


そして小暮くんに聞かれる。

ちゃうねん!ちゃうねん!ちゃうねん!誤解やて。一平、落ち着き!

お前が落ち着け。

あの人はな、ここの助監督さんで、ほんで、うちのこといろいろ心配してくれてはってな。で、うちが芝居すんのに恋いうもんがよう分かれへんさかい、試しに恋人のまねしとくれやすてお願いしたんや!ほんまに好きとか嫌いとかそないなことと違う!!

けど二枚目やったなあ。嫌いやあれへんのやろ。

そらまあ…どっちかって言われたら、好きやけどぉ。


まぁ。好きになるよね。

それで、この一連の会話を全部聞かれちゃったよね。

でも、「練習彼氏」だってことは一応、昨日あの後ちゃんと言っていたらしい。

練習だけど、ちょっと好き(でも恋ではない)という千代ちゃんの心境。

小暮くんはどこまで理解してくれてるやろ。

(若葉くんだけに、実は遊び人でした、みたいな枠でも全然受け入れられるぞ、私は……)


それにしても千代と一平の夫婦漫才のような掛け合い。

このまま吉本興業の創業者夫妻の話です、ってことになってもOK……。

悪夢


お前が役者になったって聞いてみんな言うてたわ。

あほやなあ。役者なんかやるもんやあれへんのになあて。

と一平にホラふかれて。

千代はみんなが自分を笑っている夢を見る。

まぁ、道頓堀の人たちは何があっても応援してくれるとは千代だってわかっているはずで。

リアルに「悪夢」なのは最後に出て来たテルヲだな。

ハハハ! あほやなあ あほやなあ あほやなあ あほやなあ あほやなあ !!

例え夢の中でも、お前だけにはアホとか言われとうないわ!

初デート


村川監督と高城百合子の「カルメン」撮影が進まず、約束していた活動写真に間に合わなかった小暮くん。

けれども、食事に連れて行ってくれた。

千代ちゃん、ごめん。
僕は千代ちゃんを利用した。


「カルメン」の撮影が大変で、気を抜きたくて千代を誘った言う小暮くん。

そういうのは「利用」ではないと思うよ。

癒されたいから会う。

……あれ……それって恋……。


どう? 恋人同士の芝居できそう?

あ……ああ、そうだした。
ふりやもんね。
小暮さん、お上手だす。役者もできはりますなあ。


いや、今言ったのは本当だよ。

千代ちゃんがいてくれてよかった。


貴女が居てくれて良かった。

……は、すでに告白。

もちろん、ぽーーっとする千代である。

恋が始まった。
……のか?



【おちょやん】
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10
11 12 13 14 15
16 17 18 19 20
21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 32
31 32 33
 

※朝ドラレビューは基本的に簡単感想で。
※朝ドラは半年間の長丁場なので、良い感想を書いてある時も悪いことが書いてある時もあります。レビューはその日その日の感想なので、その点ご了承くださいませ。
…テンプレだす…。

このドラマについてひと言ふた事書きたい、書いて下さるって方はぜひどうぞ。
朝ドラ『おちょやん』感想投稿お待ちしています◆放送期間 : 2020年11月30日 ~ ◆制作 : NHK(BK)◆平均視聴率 : %◆主題歌 : 秦基博◆主演 : 杉咲花◆出演 ...

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ

にほんブログ村

キャスト

竹井千代 – 杉咲花(子役期:毎田暖乃)

竹井テルヲ – トータス松本
竹井栗子 – 宮澤エマ
竹井ヨシヲ – 荒田陽向

岡田シズ – 篠原涼子
岡田宗助 – 名倉潤
岡田みつえ – 東野絢香(子役期:岸田結光)
岡田ハナ – 宮田圭子
富川菊 – いしのようこ
富川福松 – 岡嶋秀昭
富川福助 – 井上拓哉(子役期:松本和真)
かめ – 楠見薫
富士子 – 土居志央梨
節子 – 仁村紗和
玉 – 古谷ちさ
椿 – 丹下真寿美
ぼたん – 沢暉蓮
あやめ – 藤本くるみ

天海一平 – 成田凌(子役期:中須翔真)
初代 天海天海 – 茂山宗彦
須賀廼家千之助 – 星田英利
須賀廼家万太郎 – 板尾創路
熊田 – 西川忠志

大山鶴蔵 – 中村鴈治郎
高城百合子 – 井川遥
山村千鳥 – 若村麻由美
高峰ルリ子 – 明日海りお
小山田正憲 – 曽我廼家寛太郎
須賀廼家天晴 – 渋谷天笑
須賀廼家徳利 – 大塚宣幸
漆原要二郎 – 大川良太郎
石田香里 – 松本妃代
須賀廼家百久利 – 坂口涼太郎

宮元潔 – 西村和彦
宇野真理 – 吉川愛
若崎洋子 – 阿部純子
薮内清子 – 映美くらら

小暮真治 – 若葉竜也
片金平八 – 六角精児
守屋 – 渋谷天外

語り(黒衣)… 桂吉弥

スタッフ

◆制作統括 : 櫻井壮一、熊野律時
◆プロデューサー : 村山峻平
◆演出 : 梛川善郎、盆子原誠
◆脚本 : 八津弘幸
◆音楽 : サキタハヂメ
◆主題歌 : 秦基博「泣き笑いのエピソード」

この記事のトラックバック用URL