【真田丸】第45回 「完封」 感想

幸村(堺雅人)が築いた真田丸砦に、家康(内野聖陽)は大きな脅威を感じる。
徳川軍の中には、信之(大泉洋)の2人の息子たちや、景勝(遠藤憲一)らの姿もあった。
幸村は、大助(浦上晟周)らとともに徳川軍を挑発。
いらだった一部の徳川兵は一気に真田丸を落そうと攻めかかる。
しかし、そのことを知った家康は激しく憤る。
真田丸では、又兵衛(哀川翔)や勝永(岡本健一)、盛親(阿南健治)らの牢(ろう)人衆が待ち構えていた

(あらすじは「Yahoo!TV」より引用)
    

   真田丸題字.jpg


真田丸 第四十五話「完封」

徳川勢の襲来を前に、豊臣方の方針は籠城と決まった。
信繁は、城の南側に出城を築き、真田丸と名付ける。
決戦は目前に迫っていた。



「慶長19年11月19日。
冬の陣の前哨戦となる事件が起こった。
深夜、徳川方の蜂須賀勢が突然、明石全登の隊が守る木津川口砦を襲ったのである。」


さらには、11月26日未明、大和川の岸、今福の砦が襲われる。

毛利勝永から情報が漏れているのではと言われ、心当たりを呼び出す幸村。
 sanada45.jpg


一番心配なのは城の西側です。
特に博労淵の砦は早く守りを固めねばと思いつつ、いまだに手薄なありさま。
今、攻め込まれたらあっという間に奪われてしまいます。


と、情報を与えてみると、あっという間に博労淵の砦は徳川に落とされた。

有楽斎、解りやすすぎ~…。怒.gif


徳川陣営では、家康が真田丸に戸惑いを感じている。

南の高台にあって寄せ手が全て見渡せ、鉄砲衆が1000は入れそうな大きさのこの得体の知れない砦は悪魔の城に見えたことだろう。

はたして、高台から徳川勢を今日も見物する幸村と内記。

あちらにも赤備えがおりますぞ!

あれは井伊直孝の陣。
かの井伊直政の次男坊じゃ。


井伊でございますか。

向こうにもここに至るまで物語があるのだろうな。

一度聞いてみたいものですなあ。


大丈夫……来年になれば聞けます。その物語。
来年の予告まで乙……。
 


どんな悪魔の砦だって攻めてみなければ始まらぬ。

家康はこれを関ヶ原で自分に逆らった上杉に落とすよう申し付けるのだった。


先の戦ではわしに楯突いてくれたのう。
大層な文を送りつけおって。

 sanada45-1.jpg

送りつけたよね…長い長い文をな。笑.gif

口重く、返答できない御屋形さまに代って

かしこまりまし た。

と仕方なく応える直江どの。


緊張感が高まる両者……の中、何となく空気読めない感じの豊臣上層部である。

なんだ、そのフリフリしたギャザー羽根飾りは…。ファミリア製
 sanada45-2.jpg

※お上さまが鎧姿で檄を飛ばしたという話は一応残っているらしい。

らしいけど……
何か空気読めないよね~。
だから、きりちゃんに「好きになれない」とか言われてしまうのよ。笑.gif


家康は上杉だけではなく、徳川方真田…つまり幸村の甥たちにも攻撃に加わり忠義を見せるよう命を出してきた。

これを知った幸村は、甥たちと戦わなくて済むよう、前田勢に自分の方から攻撃を仕掛けていく。


本日はここから、もう戦戦戦映像……。
近年の戦国大河でここまでちゃんと描いてくれたものってないよね。


父譲りの高砂や~~踊りで相手を挑発し、引きずり出すというあの作戦を今は大助が…。
 sanada45-3.jpg

上手く前田勢を連れてきた事に歓喜する父と守り役じいじ。


戦経験のない重成へ指南する。

味方同士先を争って上ってきます。

手柄を立てようと必死なのじゃ。
忘れるな。敵を一つの塊と思ってはならぬ。

しょせん、人の集まりじゃ。


見ろ、 人がゴミのようだ。
 sanada45-6.jpg

構え!
 放て~!

構え!
放て~!


冷静に放たれる又兵衛と幸村の号令。
上ってくる兵に一斉に放たれる銃。

転がっては槍に刺さる兵たち…。
上っては上から投石される。

もう悪魔の仕業。
 sanada45-4.jpg


この予感はしていた家康は、悪魔の城にみすみすハマった我が軍の不運を呪うしかない。
 sanada45-7.jpg


次々と餌食になっていく前田軍を呆然と見る上杉の御屋形さまと直江どのである。

だよね。
あの繊細で優しかった源次郎が…。


我こそはーーーー
  真田左衛門佐幸村~!


 sanada45-12.jpg


自分の中で思って来た事と、今こうして源次郎を見守っている上杉の2人の気持ちがリンクして来る。


以前、何かのインタビューで、堺さんは武将をやってみたいと答えていて。

「新選組!」以降…いや、「壬生義士伝」以降かな。
確かに、堺さんは数多くの剣豪の役をこなしていたけれども、戦国武将はないなぁと思っていた。

スマートすぎる気がして。
繊細すぎる気がして。

ずっと堺さんが好きで好きで見て来たけれども、幸村が決まった時もやはり不安だったんだよね。

けれども、今、堺さんはこんなにカッコいい。
戦場の真ん中で真田幸村を高らかに名乗る堺さんを見ていて、ああ、本当に戦国武将になったんだなぁ…と思った。

ただの一ファンの戯言ですが…
感動したよ、私は。泣.gif

すっかりただのファンみたいな顔してる上杉の2人みたいな気持ちだよ。
 sanada45-13.jpg sanada45-14.jpg


こうして、豊臣軍は勝利した。

ほら……
今年は豊臣がカツヨーーーー……
 sanada45-15


ここで終わってくれれば……。

ここから続く来週の予告が、もういきなりこの興奮をダウンさせる不穏さで。


つらい。
これがずっと続けばいいのに…。

よろしければ→【2016年10月期・秋クールドラマ】ラインナップ一覧とキャスト表



にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
↑他のブロガーさんの大河感想はこちらから・にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ PINGOO!カテゴリテレビ・ドラマ 
にほんブログ村


※キャスト

真田信繁(幸村)(源次郎) … 堺雅人
真田信幸(信之)(源三郎) … 大泉洋

真田昌幸 … 草刈正雄

真田大助 … 浦上晟周(子役期:吉田騎士)
きり … 長澤まさみ
春 … 松岡茉優
たか … 岸井ゆきの
すえ … 恒松祐里(子役期:保榮茂愛→玉城美海)
梅 … 大出菜々子(子役期:斎藤さくら)
松 … 木村佳乃
稲(小松姫) … 吉田羊
こう … 長野里美
真田信吉(仙千代) … 広田亮平(子役期:遠藤颯)
真田信政(百助) … 大山真志(子役期:菊井凛人)
小野お通 … 八木亜希子

薫 … 高畑淳子
とり … 草笛光子
梅 … 黒木華

堀田作兵衛 … 藤本隆宏
佐助 … 藤井隆
高梨内記 … 中原丈雄
矢沢三十郎頼幸 … 迫田孝也
小山田茂誠 … 高木渉
真田信尹 … 栗原英雄
与八 … 今野浩喜
石合十蔵 … 加藤諒

上杉景勝 … 遠藤憲一
直江兼続 … 村上新悟

出浦昌相 … 寺島進

茶々(淀殿) … 竹内結子
豊臣秀頼 … 中川大志
大蔵卿局 … 峯村リエ
大野治長 … 今井朋彦
木村重成 … 白石隼也
後藤又兵衛 … 哀川翔
毛利勝永 … 岡本健一
長宗我部盛親 … 阿南健治
明石全登 … 小林顕作

徳川家康 … 内野聖陽

阿茶局 … 斉藤由貴
本多正信 … 近藤正臣
服部半蔵 … 浜谷健司
鳥居元忠 … 大堀こういち
本多正純 … 伊東孝明
徳川秀忠 … 星野源
江 … 新妻聖子
常光院(初) … はいだしょうこ
織田有楽斎 … 井上順
千姫 … 永野芽郁
片桐且元 … 小林隆
石川数正 … 伊藤正之
本多忠勝 … 藤岡弘、

寧(北政所) … 鈴木京香
福島正則 … 深水元基
平野長泰 … 近藤芳正
細川忠興 … 矢柴俊博
伊達政宗 … 長谷川 朝晴
黒田長政 … 大神拓哉
島左近 … 玉置孝匡
片倉景綱 … ヨシダ朝
蜂須賀家政 … 佐野功
藤堂高虎 … 日野誠二

わくさ … 円城寺あや


豊臣秀吉 … 小日向文世

石田三成 … 山本耕史
加藤清正 … 新井浩文
大谷吉継 … 片岡愛之助
豊臣秀次 … 新納慎也
千利休 … 桂文枝
羽柴秀長 … 千葉哲也
羽柴秀次 … 新納慎也
小早川秀秋(木下辰之助) … 浅利陽介(子役期: 齋藤絢永)
なか(大政所) … 山田昌
旭 … 清水ミチコ
宇喜多秀家 … 高橋和也
前田利家 … 小林勝也
前田利長 … 萬雅之
毛利輝元 … 浅地直樹

北条氏政 … 高嶋政伸
板部岡江雪斎 … 山西惇
北条氏直 … 細田善彦
織田信長 … 吉田鋼太郎
滝川一益 … 段田安則
織田信忠 … 玉置玲央
明智光秀 … 岩下尚史
長崎元家 … 松田賢二
武田信玄 … 林邦史朗
武田勝頼 … 平岳大
穴山梅雪 … 榎木孝明
小山田信茂 … 温水洋一
跡部勝資 … 稲荷卓央
木曽義昌 … 石井愃一
春日信達 … 前川泰之
室賀正武 … 西村雅彦
矢沢頼綱 … 綾田俊樹
立花権三 … 吉田ボイス
出雲阿国 … シルビア・グラブ
うた … 吉本菜穂子
玉(細川ガラシャ) … 橋本マナミ

呂宋助左衛門 … 松本幸四郎


語り … 有働由美子

※スタッフ

脚本 … 三谷幸喜
音楽 … 服部隆之
テーマ音楽ソロヴァイオリン … 三浦文彰
題字 … 挾土秀平
制作統括 … 屋敷陽太郎、吉川邦夫
プロデューサー … 清水拓哉、吉岡和彦
演出 … 木村隆文、田中正、小林大児、土井祥平


公式サイト http://www.nhk.or.jp/sanadamaru/index.html


真田丸(前編) [ 三谷幸喜 ]

真田丸(前編) [ 三谷幸喜 ]
価格:1,188円(税込、送料込)






NHK大河ドラマ真田丸プレミアムBOOK

NHK大河ドラマ真田丸プレミアムBOOK
価格:1,058円(税込、送料込)



眠れないほど面白い父と子と真田丸

眠れないほど面白い父と子と真田丸
価格:780円(税込、送料別)



マンガで読み解く真田幸村と真田丸

マンガで読み解く真田幸村と真田丸
価格:918円(税込、送料込)



るるぶ真田丸

るるぶ真田丸
価格:864円(税込、送料込)



真田昌幸 [ 黒田基樹 ]

真田昌幸 [ 黒田基樹 ]
価格:1,728円(税込、送料込)



真田四代と信繁 [ 丸島和洋 ]

真田四代と信繁 [ 丸島和洋 ]
価格:864円(税込、送料込)



図説真田一族 [ 丸島和洋 ]

図説真田一族 [ 丸島和洋 ]
価格:1,944円(税込、送料込)







【真田丸】
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 16 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  32  33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45

この記事のトラックバック用URL

(承認制です。また、お手数ですがスパム対策のため「http://dramablog.cinemarev.net/」へのリンクのないTBを受付できません。ご了承ください。)

コメント

※ 右のアイコンから Wordpress,Twitter,google+,facebookのアカウントを使ってコメントできます。
オープンIDをお持ちでない方はアドレスを記入してください。(書きこんだアドレスは表示されません)

2件のコメント

  • BROOK
    2016年11月14日 6:10 AM

    >有楽斎、解りやすすぎ~…。

    有楽斎と見せかけておいて、料理を作っていた大角ではないかと考えています。
    幸村と有楽斎の話に耳を傾けていましたよね。

    >見ろ、 人がゴミのようだ。

    はい…思わずこの言葉が浮かびました^^;

    折角勝利したのに、次回は和議へ…。
    豊臣敗北への道が着々と進んでいます。

    • くう
      2016年11月14日 10:22 PM

      BROOKさん
      >有楽斎と見せかけておいて、料理を作っていた大角ではないかと考えています。

      おおーーそれは思いもしませんでした!
      あそこはいわゆる豊臣の諜報機関を兼ねているのかと思ってました。

      >折角勝利したのに、次回は和議へ…。

      よくない方に進んでますなーーー…
      今年もやはり負けるのか(泣)

15件のトラックバック

  • みやさとの感想文と(時々)感想絵
    2016年11月26日

    真田丸 第45回「完封」 今日も簡単ですが…

    ​​​​もう何だか長い最終回が始まった気分で 時々泣きそうになりながら見ています(^▽^;;)今日も簡単ですが 印象に残っているところをたたたっと書くと堺雅人さん、叫んでおられ…

  • ショコラの日記帳・別館
    2016年11月19日

    【真田丸】第45回感想と視聴率「完封」&19年大河・五輪題材

    「完封」東京オリンピック前年にあたる2019年のNHK大河ドラマは、五輪を題材と

  • オールマイティにコメンテート
    2016年11月15日

    大河ドラマ「真田丸」真田家存続への戦い45幸村は功に焦る家康軍を見事に返り討ちにし名声を轟かせた

    大河ドラマ「真田丸」第45話は大坂城を包囲した徳川軍を迎え撃つ豊臣方はこちらの手の内を読まれていると感じた幸村はその黒幕が織田有楽斎だと知りこちらの手の内を上手く利用 …

  • 昼寝の時間
    2016年11月15日

    真田丸 第45話「完封」

    公式サイト 幸村(堺雅人)が築いた真田丸砦に、家康(内野聖陽)は大きな脅威を感じ

  • キッドのブログinココログ
    2016年11月14日

    高砂やこの浦舟に帆を上げて大海原を血の色に染め(長澤まさみ)

    ヒロイン・高梨内記の娘きり(長澤まさみ)が帰って来た。 史実的には・・・真田信繫の残り寿命も僅かであり・・・きりの女盛りもかなり過ぎているわけである。 一説によれば・・・高梨内記の娘の産んだ阿梅は慶長四年(1599年)生れであり、大坂・冬の陣では数えで十六才になっている。 大坂城内で仙台藩の家臣・片

  • 架空と現実の雑記帳
    2016年11月14日

    大河ドラマ 感想 真田丸 第45回「完封」

    決戦を前に「赤備え」繋がりで来年の大河ドラマをネタとして突っこんでくるとは…(クスクス)。徳川軍を挑発するために、かつて幸村がやったアレを大介にやらせていたのも、懐かしくそして面白かった(笑)。あと、淀殿のフリルな陣羽織にも目がテン。

  • みはいる・BのB
    2016年11月14日

    真田丸 第45回「完封」

    大河ドラマ『真田丸』のお時間です。 BSにて鑑賞。 第45回「完封」 あらすじ・・・・・・・

  • しっとう?岩田亜矢那
    2016年11月14日

    〔NHK大河ドラマ〕真田丸 第45回「完封」感想 真田丸は大坂城から独立してた?

    真田丸は出城ではなく、大坂城から独立してた と言うのが最近の調査で唱えられてますな。 そうすると茶々が甲冑姿で激励に訪れたり、 戦の途中に毛利勝永が「少しだけじゃ」と様子を伺いに来る、 のはおかしいとなる。 でも、めっちゃ格好良かったので許す! 先日の「…

  • レベル999のgoo部屋
    2016年11月14日

    真田丸 第45回

    『完封』「日本一の兵!完封」内容徳川方との戦いが籠城と決まり、真田丸を築いた幸村(堺雅人)早速、木津川、今福の砦が、徳川方に落とされたことで、毛利勝永(岡本健一)は、内通者を疑い、そのことを幸村に伝える。何かを感じ取った幸村は“博労淵”の砦の不安を、ある人物に伝えると。。。 …

  • のほほん便り
    2016年11月14日

    真田丸「完封」

    やりましね。真田丸陣営、見事な勝ちっぷり、です。主人公の雄叫ぶ晴れ姿「我こそはーーーー、 真田左衛門佐幸村~!」も、バッチリ決まりました。心の父上、景勝(遠藤憲一)も、うっとり、です。笑いどころは、茶々の陣中見舞いなコスプレ姿かな?きり(長澤まさみ)には小声で突っ込まれてましたね。ますます、立場が微妙になる、兄・信之(大泉洋)あまりにも、すかっと快勝!だったので、やはり歴史通りに諸行無常になるのかしらん、と、ドキドキな、小心者の私です。        (ストーリー)幸村(堺雅人)が築いた真田丸砦に、…

  • 平成エンタメ研究所
    2016年11月14日

    真田丸 第45回「完封」~源次郎、あっぱれな戦いぶりよ! 日の本一の強者、真田左衞門佐!

    「源次郎、あっぱれな戦いぶりよ!  日の本一の強者! 真田左衞門佐!」  上杉景勝(遠藤憲一)としては、こう叫ばずにはいられなかったのだろう。  何しろ景勝は家康(内野聖陽)に抗うことができなかった。  義を捨て、言われるがままにひたすら忍従。  牙を抜か…

  • 事務職員へのこの1冊
    2016年11月14日

    真田丸 第四十五回 「完封」

    第四十四回「築城」はこちら。前回の視聴率は15.3%と例によって予想よりも下回った。というかイッテQ!がびっくりするような数字を叩きだしていることが影響したか。イモトがまたなんかやりましたか。後ろからはこの秋の好調ドラマがひたひたと。「逃げるは恥だが役に…

  • 真田のよもやま話
    2016年11月14日

    NHK大河ドラマ「真田丸」第45回「完封」

     完封と言ったら思い出すのは?村田?槇原?北別府?真っ先に誰が出てくるかで年代がバレちゃいますかねええ~。

  • 雨ニモマケズ 風ニモマケズ
    2016年11月14日

    大河ドラマ「真田丸」 #45 完封

    冬の陣がいよいよ開戦! 真田丸の真価が問われる。

  • 日々“是”精進! ver.F
    2016年11月14日

    大河ドラマ「真田丸」第45回

    大戦は初めて… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201611130000/ NHK大河ドラマ 真田丸 オリジナル・サウンドトラック 3 [ 服部隆之 ]