【涙そうそう】「広島 昭和20年8月6日」広島が消えた日

2006年民放連最優秀賞受賞ドラマだそうで。。。


確か、去年も見た。


本当に、何でもないストーリーなんですよね。ベタだし。


ただのホームドラマですよ。


でも、ドラマの最後のほんの何分間か。。。


で、このストーリーの主人公達は、全員消えてしまうのです。


今まで、友達をかばったり、親代わりの姉に逆らったり、結婚式を挙げたり、
結婚式の日に弟が置いていった花が偶然開いたり。。。

そんな、ベタベタに展開していたホームドラマは、全部消えてしまうのです。


あとに降る黒い雨の中で泣き崩れる、主人公の恋人。



昭和20年8月6日


この日は、本当にそんな日だったのでしょう。


このドラマの中の人たちのように、広島に住んでいた人々一人一人それぞれにドラマがあって

そして、一瞬で消えてしまった

夢も希望も新しい命も。


安らかに眠ってください。


あやまちは


くりかえしませんから。



「どんな戦争もイヤだと、一人一人が言わなくてはならない。
それが、亡くなった方達を供養する事になる。」



と言う、ラストの西田敏行さんのセリフが響く。


内閣が替わっても、もしも憲法が変わっても、


私たちは繰り返してはならない。


そして、それを訴えて行かなくてはならない。


それは、この世代を生きる私たちの責任である。と、いつも思っている。

【キャスト】松たか子、長澤まさみ、加藤あい、国分太一、西田敏行、他 【脚本】遊川和彦



この記事のトラックバック用URL

(承認制です。また、お手数ですがスパム対策のため「https://dramablog.cinemarev.net/」へのリンクのないTBを受付できません。ご了承ください。)

コメント

※ 右のアイコンから Wordpress,Twitter,google+,facebookのアカウントを使ってコメントできます。
オープンIDをお持ちでない方はアドレスを記入してください。(書きこんだアドレスは表示されません)

12件のコメント

  • えしゃ母
    2006年10月1日 5:39 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    前回の放送の時に見ましたよ。

    ベタでしたね~。でも、戦争が一瞬にして、一人一人が刻んで来た歴史を奪ってしまう惨さは伝わってきます。

    十年以上前に、映画とテレビドラマで公開した「明日」というドラマも、戦争中とはいえ、普通に明日を迎えられると思って生きて来た人たちが、一瞬にして消えてしまう寸前迄を描いていました。

    誰かがテレビで言ってました。マザーテレサ?寂聴さん?誰だったかな?

    それぞれの夫婦が仲良ければ、戦争は起きないって。

  • mari
    2006年10月1日 9:09 AM

    SECRET: 0
    PASS:
    おはようございます。

    くうさんのノドは、治りましたか?お大事に。

    人がそのまま焼きついてしまった石や瓦。

    長崎の原爆記念館で見て、強烈な吐き気と、涙に襲われたのを思い出しました。今回も涙が止まりませんでした。戦いの専門家ではない民間人をあんなに殺してアメリカは何が大義名分!と、毎年思います。

  • お お ち び
    2006年9月30日 10:59 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    自分も一応涙そうそうを日記に取り上げてるんですが、まじで恥ずかしながら高校一年で感動しました^^;wヘンカナw

    とにかく戦争というものは、決して起こしてはならないものです。戦争で手に入れるのは、地位と名誉、、お金。それを引き換えに多くの人々、いや多くの生物の命が奪われる。今現在でも戦争は続いています。本当に戦争はやめてほしいです。

  • ひなたまさみ
    2006年9月30日 10:22 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    ああ、今年は見逃してしまいました(^^;

    戦争が間違っていることを、私も繰り返し伝え続けようと思っています。

    それが私たちの責任…くうふうさんと同じ気持ちです。

  • ikasama4
    2006年9月30日 6:31 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    最後のエンディングロールの映像は去年と違いました。

    去年見たあの映像は被爆後の人々の姿を綴っていたので

    被爆した人たちの姿を知らない自分にとっては強烈でした。

    主人公が焼きついた石。

    一瞬にしてあの場にいた人々の全てを奪ってしまう。

    私達は語り続けなければならないのでしょうね。

    あやまちをくりかえさないために。

  • ジェニファー234
    2006年9月30日 5:50 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    そうだね、なんでもないホームドラマだったところが返って、国分くんが 帰って来て石を抱きしめるところで 泣いた。

    私、長崎なので子供の頃から 原爆は いつも身近な存在だった。通っていた高校の坂にも まだたくさんの人が眠っていると 校長先生に聞いて

    その坂の横に咲いているきれいな桜並木が

    その人たちの 代わりみたいに 思えた。

  • ナミ1224
    2006年9月30日 5:18 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    >「どんな戦争もイヤだと、一人一人が言わなくてはならない。

    それが、亡くなった方達を供養する事になる。」

    本当にそうですねえ・・・一人一人の力は小さいけど、集まれば大きいですもんね!

    私たちひとりひとりの責任ですね。

  • ミルキィ~♪
    2006年9月30日 4:26 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    初めの涙そうそう・・からずっと涙腺がゆるんで

    もう止まらないです。

    戦争は本当に どんな理由をつけようと

    正しい戦争 平和になる為の戦争なんて物は

    この世界に存在はしないんですよね

    一人一人 大切な命 輝く未来を戦争になんて

    奪われてはいけないです

    世界中に大声で 戦争反対 原爆反対を

    日本人が伝えていかないと駄目です

  • okadai君
    2006年9月30日 4:14 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    戦争の悲惨さ恐ろしさは子供に伝えたいと常日頃思って、母から聞いた横浜大空襲の話などをしています。

    つい最近、テレビで評論家の人が、教育を政治的に統率して、一本化していくことが右傾化の始まりで、まさにそれは日本がかつて犯した過ちなのだと話していました。

    わたしは右も左もわからず、はっきりした思想を持ち合わせてはいませんが。

    せめて、平和な日本のために、子供の将来のために政治に関心を持つこと、それが選挙権を持っている私達大人の務めでもあると思います。

  • みずまま=*^-^*=♪
    2006年9月30日 10:24 AM

    SECRET: 0
    PASS:
    だんだん戦争を知らない世代が増えていく中で

    風化させずにきちんと後世に伝え続けて

    決して同じ過ちを犯さないようにすることが

    戦争を知らない私たちに出来る唯一の事かもしれません。

    生きている内に戦争の悲劇に出会いたくないですし

    私の子どもも孫もみんなみんなそうであって欲しい。

    私はこんな小さな願いだけどみんなの小さな願いがつながって行ったら

    同じ悲劇を繰り返さずに済むかなあ。

    そう祈ります。

  • ヤンチ1127
    2006年9月30日 9:00 AM

    SECRET: 0
    PASS:
    ほんと戦争はあってはならないこと

    今年は子供達を連れて「広島」に行ってきました

    そこで戦争中どんなことがあったか見学してきました

    子供たちは色々考えさせらる事が多かったようで連れて行って良かったと思ってます

  • ラビットらむ
    2006年9月30日 8:50 AM

    SECRET: 0
    PASS:
    絶対に2度と起こしてはいけないことだよね。

    誰もが肝に銘じなければいけないことだよ。

    何があっても、人を殺して罪にならない戦争なんてすべきでないし、戦争では殺人にはならず、個人では罰せられるなんておかしい。

    本当に責任だと思う。