【真田丸】第5回 「窮地」 感想

本能寺の変。安土城下の信繁(堺雅人)は京に向かうが、そのすきに松(木村佳乃)を兵たちに奪われてしまう。

一方、徳川家康(内野聖陽)と本多忠勝(藤岡弘、)は明智の軍勢から逃れるため、険しい伊賀山中を抜けての脱出を決断。
野盗の群れが次々と襲うが、そのときある人物が現れる…。

信州で事件を知った昌幸(草刈正雄)は激しく動揺する。
再び主を失った真田家を守るため、越後の上杉景勝(遠藤憲一)を頼ろうとするが。

(あらすじは「Yahoo!TV」より引用)     

   真田丸題字.jpg

真田丸 第五話「窮地」

 
「真田の織田への服属が決まった。
信繁は人質となった松を送るため、信長の本拠地、安土を訪れた。
事件は、あくる日の未明に起こった。」

  

ということで、天正10年6月2日。

ほっほっっ本能寺っっっっ!!!!!

  真田丸5-2

本気か、この予告(爆)(爆)(爆)
NHKさん……。
   真田丸5-3

安土に人質として送られた姉・松殿に付き添っていた源次郎は屋敷の外の混乱を見ていた。

何者かに追われて逃げて来たように騒然と通り過ぎていく人の群れ。
ただならぬ様子にただ呆然とするばかり。

そなたら、京から参ったのか?

はい。

京で何があった?

それがよう分からんのですわ。
とにかくえらい騒ぎで。
何でも戦が始まったとか。

戦?
火事ではないのか?

らちが明かない。
何かただならぬ事が京で起きている。

源次郎は三十郎と共に京へ様子見に急いだ。
  真田丸5

本日は、それぞれ各々が歴史に名高い「本能寺の変」というものを知って、どう動いたか、どう考えたか。

先週も書いたが真田と織田の関わりというのはこの程度のものなので。
真田を語るのに長々と織田家のドラマはやらない主義の三谷幸喜。いっそ潔い。

そして、本能寺の変の事後と言えば誰しも真っ先に(たぶん)頭に浮かぶ「秀吉の中国大返し」。
信繁が命運を共にすることになる豊臣も、この時はまだ真田の視線の中に無い。

なので、ここは「中国大返し」よりも家康の「神君伊賀越え」なのだった。

源次郎が何の情報もなく、とりあえず京に足を運んでいた頃、家康の耳にはすでに一報が入っていた。

家康一行は堺見物の帰り道で、供回りもわずか30人あまり。
それは徳川の重臣が揃った一行であり、ここでもしも明智に討たれたりしていたら歴史は大きく変わっちゃっていたかもね。

緊急に軍議が行われ、もう輿の揺れに酔ってる場合じゃない家康。

今から急いで堺に戻り、船で三河を目指しましょう!
ならん!紀州灘で海賊に囲まれれば終いじゃ。
どこか意表をついた逃げる道はないものか…。
北に向かい琵琶湖沿いから東山道に出るというのは?
駄目だ駄目だ!明智の領地を通るなどもっての外!

よし、分かった!
これより京へ上り上様をお救い申し上げる!

殿!上様はもはや…。

もし万が一生きておられたらどうする!?
後でわしが置いて逃げた事が知られてみろ。
明智なんぞよりよっぽど怖いわ。

そこかよ……
ともかく、上様はもう亡くなっていると説得され、明智の意表をついた逃げ道をと皆で模索し、結果、

まさかそんな道を選ぶとは明智も思うまい。

おのおの方、伊賀じゃ。
伊賀越えでござる!

…ってことで伊賀越えが決定~~…。
この一行に同道していた穴山梅雪も有無を言わさず伊賀越えするハメに……。
  真田丸5-1

徳川様、今思いついたのですが、拙者は別の道を参るというのはいかがでしょうか?

別の道?

二手に分かれた方が敵を惑わせるかもしれませぬ。

実はお恥ずかしい話、この穴山梅雪、腰痛持ちでございまして、険しい山道はいささか…。
逆に徳川様にご迷惑をかけては真に申し訳なく…。

ここで手を取り合って別れる家康と梅雪。

梅雪の心は、

あやつと心中などできるか。
いざとなれば明智に降ればよい。

うーーん……
「堂々と最初から織田に通じていたから姑息な裏切り者では無い」として織田に許された梅雪だったが、まぁ、心中はこんな感じ。

そして、

「穴山梅雪が再び甲斐の地を踏む事はなかった。
木津川近くの林の中で落ち武者狩りに遭い、あっけなく命を落としたといわれる。」

というナレ死で梅雪の出番が終了……。
 真田丸5-18

もちろん、諸説あります。
ここで家康に殺られちったという説もある。

家康の伊賀越えには半蔵という心強いガイドがついたものの…

落ち武者狩りの中を

押し通ります!!

待て!信じて良いのか!?
  真田丸5-13

もう、半泣き…。
      真田丸5-17

ここを下るのか?
  真田丸5-12

どんどん行っちゃうし……。
     真田丸5-11

やっと、幸せなおにぎりタイムを迎えられたのに…。
真田丸5-6 真田丸5-5

まだ安心はできません。
この先は明智の兵がおります。

明智が?どうするのだ?

全力で押し通りまする。

またか。
  真田丸5-15

     真田丸5-14

こうして家康一行は伊賀を越え、伊勢から海路に入り、2日間で岡崎へ帰ったといわれている。

古参の側室・阿茶局の膝枕に倒れ込む…。

死ぬかと思った……。ボロボロ~~。
  真田丸5-8

いや~~……
本当に、こんなに見てるだけで疲れる伊賀越え、初めて見た!!

大変さがひしひしと伝わったわ。

そして、申し訳ないけどヘタレすぎる家康に笑いまくったわ!!体力!!!

おっと…肝心の真田サイドは…。

源次郎よりも遥かに早い時点で昌幸は本能寺の変を知った。
常に網を張り巡らせているので情報は早い。
その上、光秀からの密書を持った使者も到着した。
内容は当然、光秀に付けというものである。

実はこれより他の国衆の方々にも文を届けねばなりませぬゆえこれにて御免!

と先を急ごうとする使者から小県の惣代は真田だからと無理やり書状を奪い、ゆっくり湯治でもしろと無理やり引き留める…

10日ほどゆっくりとな。

もちろん…時間稼ぎ。

殿、好機到来でございますぞ。
信長が死んだとなれば織田など怖くはありません。
今すぐ兵を挙げ、沼田と岩櫃の城を取り戻しましょう!

と、ワクワクした表情の高梨内記…。

それは、備中で変を知って泣きわめく秀吉に官兵衛が言ってたセリフだから。

今後の話をするために国衆に声を掛けに内記が出て行ったのを確かめて…思い切りわめく昌幸。

チキショー!

せっかく頭まで下げて馬までやって、ようやっとこれで落ち着けると思ったのに!
何で死んでしまうかのう!信長め!

父上…。

あの男に賭けたわしの身はどうなる

父上は織田に反旗を翻すおつもりですか?
信長が死んだとはいえ、織田勢は日本一の力を持っております。

分かっておる!

織田を敵に回すのは得策ではありません!

だがのう、信長の死が伝われば各地の大名が一斉に立ち上がる。
上杉、北条、毛利、長宗我部…。
果たして主君を失った織田がそれを抑えられるか!

ではどうなさるのです?
まさか明智にお味方を?

誰もそんな事は言っておらん!

父上の本心をお聞かせ下さい!

わしの本心か。

では…はっきり言おう。

全く分からん!

源三郎! 
どうすればよいのかこの父に教えてくれ!

  真田丸5-4

わかるなぁ……この気持ち……。

武田に仕え、頼りにされて何の不自由もなかったはずの身が、主を滅ぼされて不安定になり、面倒くさい家康をかわしてあんな恐い第六天魔王に何とか取り入り、やっと身が安泰になったとホッとしていたら3ヶ月でこれだよ。

何て気の毒なんだ。

天を呪うように叫ぶ昌幸の苛立たしさや嘆きや不安や怒りが伝わったわ。

こういう事があれば、また面倒くさい国衆をまとめなければならない。
ま…どうすればいいと言いつつ、いつものように昌幸の心は決まっている。

真田を小県の惣代だなんて認めないとワイワイ言う正武に、光秀からの書状は自分の所に代表して送られてきたのだから、代表はオレなのだと言い張る。(他の人宛ての書状は燃やしちゃったクセに、また織田へ着く時と同じ手を…)

まずはっきりと申し上げる。
信長亡きあとの織田に天下を治めるだけの力はない。
よって、我々小県の国衆は織田を見限る事にした。

上杉につく。
信濃を狙う大名たちの中で我らが小県の値打ちをまことに分かっておるのは上杉だけじゃ。
これより我らは上杉の家臣となり、この小県を守る。

すごいよねぇ…。
かつての大河といえば「本能寺の変」は変そのものを描くものだった。

炎の中で敦盛とか舞っちゃったりして、そんな間ないって話(爆)

しかし、「真田丸」の本能寺の変は、それを知った人々の人間模様を見せるのだった。
しかもセリフだけではなく、各々にたっぷりの見せ場あり。

家康は這う這うの体で泣きながら岡崎に辿り着き、梅雪は脇道に逸れたために命を失い、昌幸は天に向かって悪態を吐きつつ次の屋根の下を求めて上杉へ。

「義」の人、上杉景勝は小県を預かることは開拓したが、織田を信濃から追い払う手助けはしてくれないと言う。

今は信長が討たれ、織田は弱っている。
そのような時に戦を仕掛けるようなまねはできん。

上杉は そのような戦はせぬ。
「弱きを助け強きをくじく」が当家の家風。
織田と戦う時は、織田が立ち直り再び力を蓄えた時である。

  真田丸5-9

神のような人格だよね。

今回、個人的にグッときたのは、甲州征伐の戦後処理で意気揚々と上野国に入っていた滝川一益。

安房守。
間もなくこの日の本から戦がなくなる。

今や北は奥州、南は九州まであらゆる大名が上様のご威光に従うと使いをよこしてきておる。

比類なき力を持てば、戦そのものが無用となる。
それが上様のお考えじゃ。
上様にしか思いつかない事。
最初は夢物語と思っておった。
しかし気付けばもはや残るは安芸の毛利、越後の上杉のみ。

戦の起きぬ世が近づいておる。
となれば私の役目もそこまでじゃ。

  真田丸5-7

知らないんだよ…。
その「日の本の戦をなくしてくれる人」がもうこの世に居ない事。

こんなドタバタで、みんなが保身の事ばかりで、昌幸だって日の本がどうのこうのよりも小県が安泰ならそれで良くて…

そんな中で語られるこの夢の国のような話は辛い。
それを信じて微笑んでいるこの人が辛い。

昌幸は、ボソッと言うのだった。

明智も愚かな事をしたものだ。

大から小まで武士がワラワラと混乱する中。
主人公・源次郎は京で現状を知り、慌てて安土へ引き返していた。
  真田丸5-10

安土には松殿も含め、織田の人質がいる。
これを明智に人質に取られたら、みんな明智に付くしかなくなってしまうからである。

まぁ、他の人も助けてあげましょう、みたいなノンキさが松殿らしいんだけど。
こういう所、母親似よね、この人。

情報が伝わる時間差の描き方から、それぞれの動き、心の持ち方、全て面白かった。

信長も梅雪もサラッとサクッと居なくなったけれども、キャラとしては強烈に残っている。

そして、歴史上の有名な人物がガンガン消えていく速さと、真田の周りの物語の丁寧さの差ね。
これが面白いと思えるところが脚本力

よろしければ→【2016年1月期・冬クールドラマ】ラインナップ一覧とキャスト表

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
↑他のブロガーさんの大河感想はこちらから・にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

※キャスト

真田信繁(幸村)(源次郎) … 堺雅人
真田信幸(信之)(源三郎) … 大泉洋
真田昌幸 … 草刈正雄

きり … 長澤まさみ
薫 … 高畑淳子
松 … 木村佳乃
とり … 草笛光子
梅 … 黒木華
こう … 長野里美

堀田作兵衛 … 藤本隆宏
佐助 … 藤井隆
高梨内記 … 中原丈雄
矢沢三十郎頼幸 … 迫田孝也
小山田茂誠 … 高木渉
真田信尹 … 栗原英雄
矢沢頼綱 … 綾田俊樹
与八 … 今野浩喜

武田信玄 … 林邦史朗
武田勝頼 … 平岳大
穴山梅雪 … 榎木孝明
小山田信茂 … 温水洋一
跡部勝資 … 稲荷卓央
木曽義昌 … 石井愃一
春日信達 … 前川泰之
室賀正武 … 西村雅彦
出浦昌相 … 寺島進

北条氏政 … 高嶋政伸
板部岡江雪斎 … 山西惇
北条氏直 … 細田善彦

上杉景勝 … 遠藤憲一
直江兼続 … 村上新悟

織田信長 … 吉田鋼太郎
滝川一益 … 段田安則[
織田信忠 … 玉置玲央
明智光秀 … 岩下尚史
長崎元家 … 松田賢二

豊臣秀吉 … 小日向文世
茶々(淀殿) … 竹内結子
寧(北政所) … 鈴木京香
千利休 … 桂文枝
加藤清正 … 新井浩文
石田三成 … 山本耕史
大谷吉継 … 片岡愛之助
片桐且元 … 小林隆
豊臣秀頼 … 中川大志
豊臣秀次 … 新納慎也
小早川秀秋 … 浅利陽介
大蔵卿局 … 峯村リエ

徳川家康 … 内野聖陽
阿茶局 … 斉藤由貴
本多正信 … 近藤正臣
稲(小松姫) … 吉田羊
本多忠勝 … 藤岡弘、
服部半蔵 … 浜谷健司
石川数正 … 伊藤正之

語り … 有働由美子

※スタッフ

脚本 … 三谷幸喜
音楽 … 服部隆之
テーマ音楽ソロヴァイオリン … 三浦文彰
題字 … 挾土秀平
制作統括 … 屋敷陽太郎、吉川邦夫
プロデューサー … 清水拓哉、吉岡和彦
演出 … 木村隆文、田中正、小林大児、土井祥平

【真田丸】1 2 3 4 5