【西郷どん】第41回 「新しき国へ」感想

廃藩置県が突如断行され、薩摩では久光(青木崇高)が怒りに任せ花火を打ち上げ続けた。その後、岩倉(笑福亭鶴瓶)や大久保(瑛太)は、不平等条約改正を目指して欧米視察に出ることに。西郷(鈴木亮平)は、菊次郎(城桧吏)に留学をすすめ西郷家にも波紋が広がる。留守政府を任された西郷は宮中改革などを押し進めるが、政府内の汚職騒動など次々と難題が湧き起こる。そして西郷は天皇行幸に同行し鹿児島へ。 (あらすじは Yahoo!テレビより引用)

   segodon-op

西郷どん 第41回 「新しき国へ」


冒頭で、久光が綺麗か花火をちょっと怒りながら上げてるだけみたいになってMOSしたが……。

自宅の庭で一晩中花火を上げたという話は本当。

西郷家の子どもたちを喜ばせるためではなく、「廃藩置県」への抵抗のためでもす。

この後も、久光公は自分を県令にしろなどと言って明治政府を困らせるのだった。


さて、明治4年11月。

明治政府は外交と視察、そして条約改正の目的で、岩倉使節団を結成。2年に渡る長期不在のため、留守政府を西郷に託すこととなる。
 blog_import_5b9fe8f42d998.png

この使節団と共に行く留学生の中に津田梅子や山川捨松がいて(未来のダンナはこの大河に居ないけどな)、我らが新島襄さんも通訳として同行するんだよね……ああ八重サク感……。


さて、新政府は明らかに薩長主体で構成されていたが、この使節団もそうだった。

許せんばい!薩長のやつらめがくさ!

と、大隈が言っとりもしたが、そういう状態を憂い、危機感を持ち、西郷さんが提案したのが、天皇行幸。


おいは、そん窮状を天子様にじかに御見聞頂いたらどげんかち思っちょっ。

天子様が日本の隅々にまで初めて民の前にお姿をお見せすっとじゃ。

そげんすれば、苦しむ民草の心の支えにもなり、日本の君主たる天子様のおためにもなるはずじゃ。


御旗も適当に作ったのだから、天子さまも適当に作ればいいじゃん、と、つい思ってしまう私である……。


天皇は御簾から出てきて相撲したり行幸したりしろという西郷から、天子さまを隠そうとする公家たちだが、一回引っ込んでまた出てくる天子さま。アンコールかよっ。
 『西郷どん』第41回感想


「明治5年5月。

天子様は山口、長崎熊本などの西国を巡幸なさいました。
新国家の元首として多くの臣民と触れ合うことを目的とされたのです」


まぁ……政府が留守の間にこんな行幸しても良かったのかどうか解らないよね……。

実際には、

後は頼んだで。
お前がおるから安心して欧米行けるんや。

後藤と江藤や。
くれぐれも用心せえよ。
実権を奪い取るにはどんなことでもしよるからな。


と言いつつ、岩倉は西郷を警戒していたと思う。


まろが帰ってくるまで何もしたらあかんど。

何も?

新しいことは何もしたらあかん。
人事も動かすな。
ほな頼むで西郷。
約束は守るんやで。



政府が立ち上がったばかりで、各地の元藩士はくすぶったまま、こんな動乱の時期に2年も人に託して留守にするのに「何もするな」はないよなぁ、と思うのだが、実際、当然何もしないわけにはいかなかった。


各地で乱は起こるし、政府内部でも山縣有朋が汚職事件(山城屋事件)を起こす始末。(実際にはこれが起きたのは行幸後である。順番を変えたのは、西郷さんに国父様の前で「もううんざり」って顔をさせたかったから)

直江どのったら、時代が変わったらこんな悪事を……(泣)
『西郷どん』第41回感想 山形


薩摩藩の面々と天子さまの初めての対面シーンは、もっと感動したかった……。ある意味、世紀のアイドルであるこの人を取り合う戦争だったのに。


「じかに天子様のお姿に接した人々は驚きました。
なんと、天子様は……洋服姿だったのです!」



ちょっと、このナレは愛菜ちゃんの声で読みたい。
 『西郷どん』第41回感想 御上


西郷。お前には言いたかこつが山ほどある。

じゃが……。
じゃが一つだけ聞く。

こいが、お前が我が兄・斉彬と共に造りたかった新しか国か?


この久光さまのセリフと共に、後ろに桜島を見せるの。

何だか良いシーンよね。

薩摩は本当にお前のやっていることを喜んでいるのか
『西郷どん』第41回感想


我らには思い描いた新しか国があいもした。

そいを実現せんがため、時に国父様を欺きお心に沿わぬこつもいたしもした。

じゃっどん、今は、亡き殿と目指したところとはかけ離れちょいもす。

政府の腐敗一つとどめるこつもできん。

おいは蹴り飛ばされるに違いなか。

こんままでは国父様にも命を散らしていった者たちにも、徳川の方々にも顔向けできもはん。



暗い顔を見せる西郷を

こん、やっせんぼ!

やり抜け!
最後までやり抜くんじゃ!

やって……やって!
そいでも倒れた時は…。

こん薩摩に帰ってこい!
あとは若い者に任せればよか。



と励ます国父さま。

突然のキャラ変……。


私は、国父さまが西郷と和解する、励ます、あるいは誉める、のは最期の最期だと思っていたよ……。


とにかく。

天子さまの御行幸のおかげで、国父さまは改心し、菊次郎は留学の決心が固まるという、すごいパワースポット、ご行幸跡地。

『西郷どん』第41回感想 菊次郎


菊次郎……寂しいよ。

帰ってきたらいきなり西田さんになってるのだけはやめて(泣)

このドラマについてひと言ふた事書きたい方はぜひどうぞ。

『西郷どん』 ◆放送期間 : 2018年1月7日 ~ 12月 日(予定) (全47回) ◆制作 : NHK(AK) ◆平均視聴率 : % ◆制作統括 : 櫻井賢、櫻井壮一 ◆プロデューサー : 小西千栄子、藤原敬久 ◆演出 : 野田雄介、盆子原誠、岡田健 ◆脚本 : 中園ミホ ◆原作 : 林真理子『西...


西郷 隆盛(さいごう たかもり、旧字体: 西鄕隆盛、文政10年12月7日(1828年1月23日) - 明治10年(1877年)9月24日...


にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ ↑他のブロガーさんの大河感想はこちらから・にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

※キャスト

西郷吉之助(隆盛) … 鈴木亮平(子役期:渡邉蒼)

大久保一蔵(利通) … 瑛太(子役期:石川樹)
西郷(岩山)糸 … 黒木華(子役期:渡邉このみ)

西郷菊次郎 … 西田敏行(子役期:城桧吏 青年期:今井悠貴)

西郷吉兵衛 … 風間杜夫
西郷満佐子 … 松坂慶子
市来琴(西郷琴) … 桜庭ななみ(子役期:栗本有規)
西郷吉二郎 … 渡部豪太(子役期:荒井雄斗)
西郷従道(信吾) … 錦戸亮
西郷龍右衛門 … 大村崑
西郷きみ … 水野久美
西郷鷹 … 原舞歌(子役期:石井心咲)
西郷桜子 … 西郷真悠子
西郷小兵衛 … 上川周作
西郷園 … 柏木由紀
熊吉 … 塚地武雅
須賀 … 橋本愛

大久保次右衛門 … 平田満
大久保満寿 … 美村里江(ミムラ)
大久保彦熊 … 遠藤颯
大山格之助(綱良) … 北村有起哉(子役期:犬飼直紀)
有村俊斎(海江田信義) … 高橋光臣(子役期:池田優斗)
村田新八 … 堀井新太(子役期:加藤憲史郎)
有馬新七 … 増田修一朗(子役期:伊澤柾樹)
中山尚之助 … 天野義久
堀次郎 … 鬼塚俊秀
川路利良 … 泉澤祐希

坂本龍馬 … 小栗旬
後藤象二郎 … 瀬川亮
お龍 … 水川あさみ
中岡慎太郎 … 山口翔悟

於一(篤姫) … 北川景子
幾島 … 南野陽子
由羅 … 小柳ルミ子
島津斉興 … 鹿賀丈史
島津斉彬 … 渡辺謙
島津久光 … 青木崇高
喜久 … 戸田菜穂
調所広郷 … 竜雷太
山田為久 … 徳井優
赤山靭負 … 沢村一樹
桂久武 … 井戸田潤
小松帯刀 … 町田啓太
木場伝内 … 谷田 歩
板垣与三次 … 岡本富士太
中村半次郎 … 中村瑠輝人
中村与左衛門 … 渡邉絃
中村貞 … 鍵和田花
半次郎の弟 … 藤沢元

月照 … 尾上菊之助
タマ … 田中道子
愛加那 … 二階堂ふみ
龍佐民 … 柄本 明
石千代 金 … 木内みどり
ユタ … 秋山菜津子
富堅 … 高橋 努
里千代金 … 里 アンナ
田中雄之介 … 近藤芳正
土持政照 … 斎藤嘉樹
土持 鶴 … 大島蓉子
川口雪篷 … 石橋蓮司
ふき … 高梨臨(子役期:柿原りんか)
おゆう … 内田有紀
虎 … 近藤春菜
ジョン万次郎 … 劇団ひとり

阿部正弘 … 藤木直人
徳川家定 … 又吉直樹
井伊直弼 … 佐野史郎
徳川斉昭 … 伊武雅刀

勝海舟 … 遠藤憲一
平岡円四郎 … 山田純大
中根雪江 … ヨシダ朝
江藤新平 … 迫田孝也
桂小五郎(木戸孝允) … 玉山鉄二
伊藤博文 … 浜野謙太
大村益次郎 … 林家正蔵
橋本左内 … 風間俊介
一橋(徳川)慶喜 … 松田翔太
本寿院 … 泉 ピン子
松平慶永(春嶽) … 津田寛治

堀田正睦 … 朝倉伸二
松平忠固 … 野添義弘
水野忠央 … ホリベン
山内容堂 … 大鷹明良
伊達宗城 … 長谷川公彦
松平容保 … 柏原収史
徳川慶勝 … 小宮孝泰
松平伯耆守 … 山田明郷
阿部豊後守 … 佐藤尚宏
山岡鉄舟 … 藤本隆宏
大村益次郎 … 林家正蔵
井上馨 … 忍成修吾
山県有朋 … 村上新悟

近衛忠煕 … 国広富之
孝明天皇 … 中村児太郎
近衛忠房 … 大窪人衛
中川宮 … なだぎ武
岩倉周丸 … 福山康平
明治天皇 … 野村万之丞

岩倉具視 … 笑福亭鶴瓶


語り … 西田敏行

※スタッフ

脚本 … 中園ミホ
原作 … 林真理子『西郷どん!』
音楽 … 富貴晴美
歌 … 里アンナ
題字 … メインビジュアル
制作統括 … 櫻井賢、櫻井壮一
プロデューサー … 小西千栄子、藤原敬久
演出 … 野田雄介、盆子原誠、岡田健
時代考証 … 原口泉、大石学、磯田道史
薩摩ことば指導 … 迫田孝也、田上晃吉

公式サイト



























【西郷どん】
0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 番外編 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41

この記事のトラックバック用URL

(承認制です。また、お手数ですがスパム対策のため「https://dramablog.cinemarev.net/」へのリンクのないTBを受付できません。ご了承ください。)

コメント

※ 右のアイコンから Wordpress,Twitter,google+,facebookのアカウントを使ってコメントできます。
オープンIDをお持ちでない方はアドレスを記入してください。(書きこんだアドレスは表示されません)

2件のコメント

  • くう
    2018年11月10日 3:29 PM

    巨炎さん
    >「吉宗」でありましたね。

    包帯取ったら西田さんかよっっ!のあのシーンは、後藤久美子が突然 桜田淳子に変身したトラウマを塗り替えましたよ(涙)

    いや、ホント、城桧吏くん可愛いから、ここからいきなりの西田さんは辛い(笑)

  • 巨炎
    2018年11月5日 6:44 AM

    >山縣有朋が汚職事件(山城屋事件)を起こす始末。
    >直江どのったら、時代が変わったらこんな悪事を……(泣)
    ちなみに「花神」では西田さんが演じたんですねぇ。
    当時は故郷で色々、言われたと本人が回想した訳ですが。

    >帰ってきたらいきなり西田さんになってるのだけはやめて(泣)
    「吉宗」でありましたね。
    昔は力量のある役者が主役級を何度も演じたものでした。

6件のトラックバック

  • Coffee, Cigarettes & Music
    2018年11月15日

    『西郷どん』、悪くはないんだけど…(第39~41回)

    皆さんこんばんは。今回は今年の大河ドラマ『西郷どん』第39~41回の感想です。まずはあらすじ。明治時代になって東京を退き、薩摩改め鹿児島に戻った西郷隆盛(鈴木亮平)。政府のことは大久保利通(瑛太)に任せ、東京に出仕するつもりはなかったが、横山安武(笠松将)の

  • 昼寝の時間
    2018年11月9日

    西郷どん感想メモ 38〜41話

    公式サイト わー、1ヶ月間、更新できなかったわ;; でも、見てますよ。 台風で特

  • レベル999のFC部屋
    2018年11月5日

    大河ドラマ『西郷どん』第四十一回

    『新しき国へ』内容鹿児島では、花火が打ち上がっていた。廃藩置県を断行された、久光(青木崇高)の憂さ晴らしのためであった。その後、岩倉(笑福亭鶴瓶)は、大久保(瑛太)木戸(玉山鉄二)伊藤(浜野謙太)らを率い、欧米との不平等条約改正のため欧米への視察へと出立する。が、そのことは、新政府で何かと優遇される、薩長以外の元藩士たちの不平が広がることに。隆盛(鈴木亮平)は、息子・菊次郎(城桧吏)にも見聞…

  • みはいる・BのB
    2018年11月5日

    西郷どん 第41話「新しき国へ」

    大河ドラマ『西郷どん』のお時間です。 BSを録画で鑑賞。 第41回「新しき国へ」 あらすじ・・・・・・・

  • 雨ニモマケズ 風ニモマケズ
    2018年11月5日

    大河ドラマ「西郷どん」 #41 新しき国

    打っていたものが全て消える(>人<;)

  • 真田のよもやま話
    2018年11月5日

    NHK大河ドラマ「西郷どん」第41回「新しき国へ」

    なんですかこの、行き当たりばったりだったんですねえ、明治新政府!ってな感想を持ってしまいました前回のOA。んだけどこれって結構当たっているのかも?ついに断行された廃藩置県も、財政窮乏の成れの果てみたいな気もしてまいりもす~~。