【西郷どん】第30回 「怪人 岩倉具視」感想

京に戻った吉之助(鈴木亮平)は一蔵(瑛太)とともに朝廷工作の切り札として岩倉具視(笑福亭鶴瓶)を訪ねる。

岩倉は下級の公家ながら、かつて孝明天皇の妹・和宮と将軍徳川家茂の縁談をまとめた凄腕。しかし今は朝廷から追放され貧しいちっ居生活を送っていた。生気を失い会えば金の無心。どうも当てにならない。

そんなとき桂小五郎(玉山鉄二)と岩倉の家で再会。薩摩は裏切りモノと憤る桂に一蔵も激怒。一触即発の事態となる。 (あらすじは Yahoo!テレビより引用)

   segodon-op

西郷どん 第30回 「怪人 岩倉具視」


モテモテ過ぎる天子さま(天使ではない)孝明天皇と、絶対に京じゃなくて大坂の市からやってきたよねという「麿やめろ」岩倉具視が描かれて終わった40分……なんという事でしょう。

内容的には薄かったと思うので実況ツイートUPですいません。



孝明天皇といえば「八重サク」頭としてはやはり容保さまを思い出します。
 容保さま


初めて拝謁したその日、賜った緋の御衣は殿の生涯の宝だった。

「朕はもっとも会津を頼りにしている」の言葉に平伏し、この人のためならば命などいくらでも捨てようと思った。

御上への愛のために幕府も捨てようと思った。御上の敵は殿の敵だった……なのに。


御上ったら、慶喜にも「朕はそなただけ……」をやってるし……。
 慶喜


和宮さまご降嫁の立役者・岩倉にも「朕はそなただけ……」をやっていたのだった。


これじゃ、どっかの店の優秀なお姉さんである。

「岩倉具視は孝明天皇のもと、当時、誰もがかなわぬと思っていた和宮降嫁、すなわち公武合体を成し遂げたのです。

しかし、その後尊皇攘夷派の公家が台頭。岩倉は朝廷を幕府に売った大罪人と糾弾され朝廷から追放されたのでした。」


「幕府に売った大罪人」というけれども、岩倉的には特に大罪を犯したわけでもなく、ただただ朝廷のために動いていただけなんだね。

しかし、攘夷派に陥れられる形で追放された岩倉。

吉之助が出会ったのは、そんな、天子様のご寵愛を失った失脚中の岩倉であった。たぶん、41歳くらいのはずである……いいのかな、キャスティングはこれで(笑)
 岩倉と西郷どん


西郷が「偶然」会った桂小五郎も、長州と手を組みたいという言葉に、

西郷君。
誰がそねな言葉を信じると思う?
信じられるはずがなかろう!

天子様からお許しを頂けると君を信じちょったのに……。

禁門の戦は起こってしもうた。
どんだけ、どんだけ同志の命が奪われたか。
我らがどんだけ苦渋を味おうてきたか!


と、恨み言を言うのだった。また天子様じゃ。


ついに、

天子様天子様ち、長州の天子様への思いはまるで……。


まるで何じゃ?


つれない女子に男が思いを寄せるようなもんじゃ。

あちらは毛嫌いされていらっしゃる。



と言ってしまう一蔵どん。

ハッキリ言って……みんな振り回されているのよ~~。


『八重サク』の時には御上への愛に振り回される容保さまが危うくて見ていられなかったが、『西郷どん』ではもう御上は完全な京の蝶である。


今日のラストなんか、御上から賜った(らしいのに庭先でチロっと伝言、まぢか、ありえねぇ)言葉に涙しちゃう岩倉。

「岩倉は達者であるか。 朕は決してそなたを忘れてはおらぬぞ。」



今日のテーマは御上モテモテってことでよろしいですよね。


なお、何の話で、どうしてこうなったのか全く分からないが、

やっと天子様よりお許しを賜れたのでございます。

天子様のおそばにお戻し頂く事がかのうたのでございます!

私も兄上も。


って、何の事なのだろう。

何の説明もなく、ここ、来週になったらシレっと朝廷に出仕する岩倉が描かれるのかな……。
 岩倉と御上


ちなみに岩倉の蟄居が解けるのは大政奉還後。

愛おしい御上が崩御されて明治天皇が即位した後のことでMOS。

このドラマについてひと言ふた事書きたい方はぜひどうぞ。

『西郷どん』 ◆放送期間 : 2018年1月7日 ~ 12月 日(予定) (全47回) ◆制作 : NHK(AK) ◆平均視聴率 : % ◆制作統括 : 櫻井賢、櫻井壮一 ◆プロデューサー : 小西千栄子、藤原敬久 ◆演出 : 野田雄介、盆子原誠、岡田健 ◆脚本 : 中園ミホ ◆原作 : 林真理子『西...


西郷 隆盛(さいごう たかもり、旧字体: 西鄕隆盛、文政10年12月7日(1828年1月23日) - 明治10年(1877年)9月24日...


にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
↑他のブロガーさんの大河感想はこちらから・にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村


※キャスト

西郷吉之助(隆盛) … 鈴木亮平(子役期:渡邉蒼)

大久保一蔵(利通) … 瑛太(子役期:石川樹)
西郷(岩山)糸 … 黒木華(子役期:渡邉このみ)

西郷吉兵衛 … 風間杜夫
西郷満佐子 … 松坂慶子
市来琴(西郷琴) … 桜庭ななみ(子役期:栗本有規)
西郷吉二郎 … 渡部豪太(子役期:荒井雄斗)
西郷従道(信吾) … 錦戸亮
西郷龍右衛門 … 大村崑
西郷きみ … 水野久美
西郷鷹 … 原舞歌(子役期:石井心咲)
西郷桜子 … 西郷真悠子
西郷小兵衛 … 上川周作
西郷園 … 柏木由紀
熊吉 … 塚地武雅
須賀 … 橋本愛

大久保次右衛門 … 平田満
大久保満寿 … 美村里江(ミムラ)
大久保彦熊 … 遠藤颯
大山格之助(綱良) … 北村有起哉(子役期:犬飼直紀)
有村俊斎(海江田信義) … 高橋光臣(子役期:池田優斗)
村田新八 … 堀井新太(子役期:加藤憲史郎)
有馬新七 … 増田修一朗(子役期:伊澤柾樹)
中山尚之助 … 天野義久
堀次郎 … 鬼塚俊秀
川路利良 … 泉澤祐希

坂本龍馬 … 小栗旬
後藤象二郎 … 瀬川亮
お龍 … 水川あさみ
中岡慎太郎 … 山口翔悟

於一(篤姫) … 北川景子
幾島 … 南野陽子
由羅 … 小柳ルミ子
島津斉興 … 鹿賀丈史
島津斉彬 … 渡辺謙
島津久光 … 青木崇高
喜久 … 戸田菜穂
調所広郷 … 竜雷太
山田為久 … 徳井優
赤山靭負 … 沢村一樹
桂久武 … 井戸田潤
小松帯刀 … 町田啓太
木場伝内 … 谷田 歩
板垣与三次 … 岡本富士太
中村半次郎 … 中村瑠輝人
中村与左衛門 … 渡邉絃
中村貞 … 鍵和田花
半次郎の弟 … 藤沢元

月照 … 尾上菊之助
タマ … 田中道子
愛加那 … 二階堂ふみ
龍佐民 … 柄本 明
石千代 金 … 木内みどり
ユタ … 秋山菜津子
富堅 … 高橋 努
里千代金 … 里 アンナ
田中雄之介 … 近藤芳正
土持政照 … 斎藤嘉樹
土持 鶴 … 大島蓉子
川口雪篷 … 石橋蓮司
ふき … 高梨臨(子役期:柿原りんか)
おゆう … 内田有紀
虎 … 近藤春菜
ジョン万次郎 … 劇団ひとり

阿部正弘 … 藤木直人
徳川家定 … 又吉直樹
井伊直弼 … 佐野史郎
徳川斉昭 … 伊武雅刀

勝海舟 … 遠藤憲一
平岡円四郎 … 山田純大
中根雪江 … ヨシダ朝
江藤新平 … 迫田孝也
桂小五郎(木戸孝允) … 玉山鉄二
伊藤博文 … 浜野謙太
大村益次郎 … 林家正蔵
橋本左内 … 風間俊介
一橋(徳川)慶喜 … 松田翔太
本寿院 … 泉 ピン子
松平慶永(春嶽) … 津田寛治

堀田正睦 … 朝倉伸二
松平忠固 … 野添義弘
水野忠央 … ホリベン
山内容堂 … 大鷹明良
伊達宗城 … 長谷川公彦
松平容保 … 柏原収史
徳川慶勝 … 小宮孝泰
松平伯耆守 … 山田明郷
阿部豊後守 … 佐藤尚宏
山岡鉄舟 … 藤本隆宏

近衛忠煕 … 国広富之
孝明天皇 … 中村児太郎
近衛忠房 … 大窪人衛
中川宮 … なだぎ武
岩倉周丸 … 福山康平

岩倉具視 … 笑福亭鶴瓶


語り … 西田敏行

※スタッフ

脚本 … 中園ミホ
原作 … 林真理子『西郷どん!』
音楽 … 富貴晴美
歌 … 里アンナ
題字 … メインビジュアル
制作統括 … 櫻井賢、櫻井壮一
プロデューサー … 小西千栄子、藤原敬久
演出 … 野田雄介、盆子原誠、岡田健
時代考証 … 原口泉、大石学、磯田道史
薩摩ことば指導 … 迫田孝也、田上晃吉

公式サイト



























【西郷どん】
0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 番外編 26 27 28 29 30

この記事のトラックバック用URL

(承認制です。また、お手数ですがスパム対策のため「https://dramablog.cinemarev.net/」へのリンクのないTBを受付できません。ご了承ください。)

コメント

※ 右のアイコンから Wordpress,Twitter,google+,facebookのアカウントを使ってコメントできます。
オープンIDをお持ちでない方はアドレスを記入してください。(書きこんだアドレスは表示されません)

5件のトラックバック

  • 昼寝の時間
    2018年8月16日

    西郷どん感想メモ 27〜30話

    公式サイト この暑さ等で体調が悪化したのと、生活環境が激変したため、すっかり感想

  • 雨ニモマケズ 風ニモマケズ
    2018年8月14日

    大河ドラマ「西郷どん」 #30 怪人 岩倉具視

    後から見たので、簡単レビューで。

  • みはいる・BのB
    2018年8月14日

    西郷どん 第30話「怪人 岩倉具視」

    大河ドラマ『西郷どん』のお時間です。 BSにて鑑賞。 第30回「怪人 岩倉具視」 あらすじ・・・・・・・

  • レベル999のFC部屋
    2018年8月13日

    大河ドラマ『西郷どん』第三十回

    『怪人 岩倉具視』内容一橋慶喜(松田翔太)に見切りをつけ、倒幕に動き始めた吉之助(鈴木亮平)は、近衛家から朝廷に働きかけてもらおうとするが。慶喜は、孝明天皇(中村児太郎)からの信が厚く。無理だと言われてしまう。そこで、かつて孝明天皇の妹・和宮と、将軍・家茂の縁談をまとめ、孝明天皇からは“友”と呼ばれた男。しかし今は朝廷から追放された岩倉具視(笑福亭鶴瓶)その力を借りようと、吉之助は、一蔵(瑛…

  • 真田のよもやま話
    2018年8月13日

    NHK大河ドラマ「西郷どん」第30回「怪人 岩倉具視」

    怪人ですか!確かにまあ、鶴瓶師匠のルックスではそう言いたくもなりますがなああ!んだけど昔の大河では二谷英明様とか、小林稔侍様とかが演じてらっしゃったものですけど・・・最近では中村有志様、片岡鶴太郎様、小堺一機様、そして今回満を持して登場の笑福亭鶴瓶師匠!うう~む、NHKの世界観が変わったんすかねええ・・。