【おんな城主 直虎】第42回「長篠に立てる柵」 感想

家康(阿部サダヲ)はついに武田との決戦地・長篠へと出陣。井伊から材木を調達して初手柄をつかもうとした万千代(菅田将暉)だったが、直虎(柴咲コウ)がその動きを阻んだため留守居を命じられることになる。

長篠では家康と合流した信長(市川海老蔵)が、鉄砲を用いた奇策を披露する。この戦に参戦していた直之(矢本悠馬)と六左衛門(田中美央)は不足していた材木を調達した功が認められ、信長と対面することになるが…
(あらすじは Yahoo!テレビより引用)

   naotora-op.jpg

おんな城主 直虎 第42回「長篠に立てる柵」


さて。長篠設楽原の戦いである。

天正3年5月。
武田と徳川で取り合いのようになっていた長篠城(三河設楽郡長篠)を巡り、戦が起こる。

信玄亡き後の武田勝頼さまが、ここを奪還しようと1万5千の兵を持って攻めたわけ。
 naotora42長篠
(出典: http://www.railstation.net/)

けれども、城はよく持ち堪え、徳川・織田連合軍3万8千を持って、武田は敗れたのだった。


……という話は、とりあえず置いといて。

主人公は戦に行っていないので戦場は「ほぼ」描かれず(このドラマにしてはよく描かれた方だと思う笑.gif)

……というか……

主人公(ヒロイン)は、本日は冒頭とラストにしか出て来ておらず、もう、すっかり主人公になってる万千代の話である。

家康が設楽原で信長と合流していた頃、万千代は浜松でお留守役をしていた。

……といっても、今日もやる事は草履番。

若干いじけつつも前向きに大きな下駄箱など作って頑張っている所に、小五郎とかいう若造が声をかけて来る。


おぬしら、槍の手入れはできるか。

できぬ武家などおらぬと思いますが。

いや。井伊というのは戦はからきしの家。
逃げ回っておるばかりじゃったと聞いておったゆえ。
槍など使うた事がないのではないかと思うてな。


それはここ20年ほどの話にございましょう。
井伊は古くは八介!
武門の井伊といわれた家にございます!



何なの、こいつら……。
突然のスクールカースト虐めシーンみたいなのに戸惑う、われである。
 naotora42-小五郎


結局、怒りながらも武具の手入れを引き受ける万千代。


よ~し!やろう!

「殺す」は出ぬのでございますか。

あのような雑魚ども殺すまでもない!
小姓にあがればあっという間にごぼう抜きにして顎で使うてやるわ!



この子、ブーブー言いつつも、やる事はきちんとやるから偉いよね。

草履番になれば、よりよい方法を模索したり大きな下駄箱を作ったりするし。

武具の手入れをやらせれば、とことんやる。
従来、凝り性なのかも知れぬ。

なのに、長篠大勝利で設楽原に武田を追うための武具の出番がやっと来た時。

お持ちしました!

なんと!
これほどに蓄えがあったか。


はい。かような事もあろうかと昼夜を徹し。


くず小五郎に手柄を取られる
なにこの、スカッとしないジャパン。

自分たちが手入れしたのだと申し出たら、嘘つき呼ばわりされる万千代。

あれは酒井の一門!
立場が悪うなるだけにございます!


と、止められて、思わずノブを殴ってしまうのだった。

そう。
これ、後の酒井忠次ね。

酒井は後々、家康のご不興を買う立場になるので……
まぁ、この人が出てきた回に信康も出ているというのは、因縁めいた演出よね。


リューク的なものを首の後ろに付けた信長。
 naotora42-信長


向こうが徳川での権勢を誇る家の子を強みとしてくるなら、こちらは今川の国衆の、しかも潰れた家の子である事を強みとしては いかがですか。

潰れた家の子を強み…?

はい。
あれは潰れた家の子にしかできぬさすがは潰れた家の子!
いやあっぱれ!そう言わせるのです。



ノブは、「裏切り者」を強みにしてあっぱれと言わせて見せると言う。


あ、しかし、井伊の殿がまさにしておられる事ではないですか?
潰れた家を利用するというのは。

ん?

直久が言うておったではないですか。
家が潰れた事を逆手に取り井伊を治めておると。



つまり……

おとわはドラマの中には登場していないが、おとわの心は生きている。

そういう事みたい。


井伊家が無くとも井伊の名で手柄を立てる事は、之の字も六左も実行していた。

井伊谷近藤配下、中野と申します!

そしてあれなる奥山と申すは木の切り出しを得意とする者にございますゆえ。

私どもが間に合わせましょう。

 naotora42-之の字


と、織田に直接、柵のための材木切り出しを申し出たのだった。

きっと、これは井伊の材木。
 naotora42-材木
(出典: http://www.railstation.net/)


六左と之の字は、信長から城一つにも値するほどの茶わんを賜った。
 naotora42-茶碗


そして、万千代もきちんと認められていた。

あの槍弓を整えたはそなたと万福か。
いつもより随分と細かく手入れされておったゆえ。
弓や槍は磨き込まれ矢は寸分の狂いもなく、まっすぐに。
新しくあつらえたのかと言う者もおった。

小五郎がやったと言うておったが、以前はさようではなかったゆえ、新しく入った者がやったのではないかと思うてな。

草履棚も様変わりしておったし。

そなたの事じゃ。
日の本一の留守居と言われたら日の本一の留守居を本気でやろうと思うたのではないか?



この家康、本当に素晴らしく人を見ている。

認めてくれる上司の下で働けるほど遣り甲斐のある事はないよね。

武士だったら、まさに、この人のためなら死ねると思う瞬間だよね。


家康の衆道のために閨に呼ばれたとばかり思っていた万千代は、家康からささやかれる。


いっそ、まこと色小姓としてしまうという手もあるか。
万千代。

ここはひとつ、まことそういう事にしてしまわぬか?



つまり……ご側室さまでもお小姓でも、そういう方面で愛されれば一番権力に近いわけで。

顔「だけ」は可愛い。
 naotora42-小姓


とノブから評された万千代が、その道を行く……。

…という説もあるけど、たぶんそれは嘘(爆)


歴史が動いて、直政出世物語もやっと動き出した感じ。

個人的には竜宮小僧は、あんまり要らない(爆)

2017年度NHK大河ドラマ【おんな城主 直虎】事前番外 井伊直虎ってどんな人?男だったの?
井伊 直虎(いい なおとら)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての遠江井伊谷の女性領主。 井伊直盛の娘。 同国の国衆・井伊氏の事実上...


にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
↑他のブロガーさんの大河感想はこちらから・にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ PINGOO!カテゴリテレビ・ドラマ 
にほんブログ村


※キャスト

井伊直虎(おとわ)… 柴咲コウ(子役期:新井美羽)

井伊直盛 … 杉本哲太
祐椿尼(千賀) … 財前直見
井伊直平 … 前田吟

井伊直満 … 宇梶剛士
井伊直親(亀之丞) … 三浦春馬(子役期:藤本哉汰)
しの … 貫地谷しほり
井伊直政(虎松) … 菅田将暉(子役期:鈴木楽→寺田心)

中野直由 … 筧利夫
中野直之 … 矢本悠馬
中野直久 … 冨田佳輔(子役期:山田瑛瑠)
今村藤七郎 … 芹澤興人
弥吉 … 藤本康文
たけ→梅(二役) … 梅沢昌代

小野政直 … 吹越満
小野政次(鶴丸) … 高橋一生(子役期:小林颯)
小野玄蕃 … 井上芳雄
小野亥之助(万福) … 井之脇海(子役期:荒井雄斗)
なつ … 山口紗弥加

奥山朝利 … でんでん
奥山孫一郎 … 平山祐介
奥山六左衛門 … 田中美央

新野左馬助 … 苅谷俊介
あやめ … 光浦靖子
桔梗 … 吉倉あおい
桜 … 真凛
高瀬姫 … 朝倉あき(少女期:高橋ひかる)

鈴木重時 … 菅原大吉
近藤康用 … 橋本じゅん
菅沼忠久 … 阪田マサノブ
瀬戸方久 … ムロツヨシ

南渓和尚 … 小林薫
傑山 … 市原隼人
昊天 … 小松和重

甚兵衛 … 山本學
八助 … 山中崇
角太郎 … 前原滉
富助 … 木本武宏
福蔵 … 木下隆行

今川義元 … 春風亭昇太
今川氏真(龍王丸) … 尾上松也(子役期:中川翼)
寿桂尼 … 浅丘ルリ子
太原雪斎 … 佐野史郎
関口氏経 … 矢島健一
庵原朝昌 … 山田裕貴
大沢基胤 … 嶋田久作
岩松 … 木村祐一
佐名 … 花總まり
北条氏康 … 鶴田忍
北条幻庵 … 品川徹
佐久間信盛 … 坂西良太
明智光秀 … 光石研

徳川家康 … 阿部サダヲ
瀬名(築山殿) … 菜々緒(子役期:丹羽せいら)
徳川信康(竹千代) … 平埜生成(子役期:吉田海斗)
石川数正 … 中村織央
酒井忠次 … みのすけ
本多忠勝 … 髙嶋政宏
榊原康政 … 尾美としのり
本多正信(ノブ) … 六角精児
松下源太郎 … 古舘寛治
松下常慶 … 和田正人
徳姫 … 植原星空
於大の方 … 栗原小巻
武田義信 … オレノグラフィティ

龍雲丸 … 柳楽優弥
モグラ … マキタスポーツ
力也 … 真壁刀義
カジ … 吉田健悟
ゴクウ … 前田航基

中村与太夫 … 本田博太郎

織田信長 … 市川海老蔵

武田信玄 … 松平健


語り … 中村梅雀

※スタッフ

脚本 … 森下佳子
音楽 … 菅野よう子
テーマ音楽 ピアノソロ … ラン・ラン
題字 … Maaya Wakasugi
制作統括 … 岡本幸江
プロデューサー … 松川博敬
演出 … 渡辺一貴、福井充広、藤並英樹
時代考証 … 小和田哲男

公式サイト http://www.nhk.or.jp/naotora/



























【おんな城主 直虎】
0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41
 42

この記事のトラックバック用URL

(承認制です。また、お手数ですがスパム対策のため「http://dramablog.cinemarev.net/」へのリンクのないTBを受付できません。ご了承ください。)

コメント

※ 右のアイコンから Wordpress,Twitter,google+,facebookのアカウントを使ってコメントできます。
オープンIDをお持ちでない方はアドレスを記入してください。(書きこんだアドレスは表示されません)

8件のトラックバック

  • 昼寝の時間
    2017年10月25日

    おんな城主 直虎 42話「長篠に立てる柵」

    公式サイト 徳川家康(阿部サダヲ)はついに武田との決戦地・長篠へと出陣する。井伊

  • みやさとの感想文と(時々)感想絵
    2017年10月23日

    おんな城主直虎 第42回「長篠に立てる柵」…

    ​​昨日は間に合わなくて(^0^;)、録画を見たのですがなんだか再生してるとぽんぽん映像が飛ぶんです(^0^;)何があった?!(^0^;;)で、何度もなんどもぽんぽん飛んだ後にあの、例の家康殿…

  • レベル999のgoo部屋
    2017年10月23日

    大河ドラマ『おんな城主直虎』第四十二回

    「長篠に立てる柵」内容材木の調達をすることで手柄をつかもうとした万千代(菅田将暉)しかし、動きを知った直虎(柴咲コウ)により、手柄は潰されてしまう。結局、初陣を飾ることも出来なかった万千代は、家康(阿部サダヲ)から、留守居役を命じられるのだった。直虎が…

  • みはいる・BのB
    2017年10月23日

    おんな城主 直虎 第42回「長篠に立てる柵」

    大河ドラマ『おんな城主直虎』のお時間です。 BSにて鑑賞。 第四十二回「長篠に立てる柵」  あらすじ・・・・・・・

  • 平成エンタメ研究所
    2017年10月23日

    おんな城主直虎 第42回~俺は日の本一の留守居になる! 万福、新しいふんどしを用意しろ!

    「俺は日の本一の留守居になる!」 「丸太で失ったものを留守居で取り戻す!」  万千代(菅田将暉)の良さはこれだよな~。 〝与えられた場所で全力を尽くす〟  フツーの人間だと、草履番や留守居なんて役割は不本意でクサってしまうものだが、万千代は文句を言いなが…

  • のほほん便り
    2017年10月23日

    おんな城主直虎「長篠に立てる柵」

    徳川家康(阿部サダヲ)はついに武田との決戦地・長篠へと出陣。井伊から材木を調達して初手柄をつかもうとした万千代(菅田将暉)だったが、直虎(柴咲コウ)が動きを阻み、手柄を潰され、無念の留守居と初陣を飾ることも出来なかった万千代は、悔しがしますが、日本一の留守居となるべく、草履箱を新しく大きくし、武具をピカピカに修理し続けていますが、小姓の小五郎に手柄を横取りされてしまいますでも、見てる人は見てるのですね、その働きは、万千代のものと見抜き、労う家康。偉い人は違います。でも、ひょっとして、万千代、その美貌…

  • 真田のよもやま話
    2017年10月23日

    NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」第42回「長篠に立てる柵」

    軽快に流れるクワイ河マーチ!?今週のタイトルは戦場にかける橋のモジリですか~~!これって映画ストーリーはあくまでフィクションで、実際には日本は結構優秀でしたっていう主張が優勢な今日この頃。この元ネタを持ってきたって事は、もしかして歴史の定説に楔を一つ打ち込もうって魂胆・・のはずは、ないですよねええ~~え(赤面 って、はああ!今週は選挙の所為で放送時間変更!恐ろしや恐ろしや!衆議院議員選挙!また画面の一部をしっかり占拠するおつもり?いえいえここは台風21号、あなたが画面の一部を占拠か~!選…

  • 事務職員へのこの1冊
    2017年10月23日

    おんな城主直虎 第42回 長篠に立てる柵

    第41回「この玄関の片隅で」はこちら。 前回の視聴率は11.8%と予想的中。さて今回のタイトルは、おそれおおくもあの名画からいただいたってことかな。「戦場にかける橋」についてはわたし語りたくて仕方がないんです今。というのも、原作を書いたピエール・ブールのもうひとつの代表作「猿の惑星」の新作を見たばかりなので。傑作だし、どうやら客の入りが今ひとつらしいのでぜひ。 さてクワイ河というのはぁ…