【カーネーション】第56回

八重子がわざわざ安岡家の現状を言いに糸子の所に来てくれた。
しかし、糸子の心はすっかり意固地。

どんな事があろうと、時代と店は糸子を休ませてはくれない。
糸子は強く前を向く。



「カーネーション」第56話


  「カーネーション」
  


※Twitterからの実況つぶやきをUPしただけの簡単手抜き感想です。
ツイートをそのまま載せただけなので文章になってません
行間は…読み取って下さい
ちなみに黒字が私の発言です。
まとめっぽい発言を太字にしてあります。(そこが「まとめ感想ってことですね」)

なお、RT発言や@発言に関しては、お相手のアカウントは伏字にして掲載させていただきます。
リンクとして掲載してほしいという方、伏字でも載せないでという方、伏字にしなくていいよと
言う方はコメント欄にてお知らせ下さい。





昼ネーションなう。昨日の今日でどきどき・・・


八重子さん!


「正直、うちとこの店、戦争始まってからほんと辛うなってしまってな」・・・
おばちゃんのフォローに来てくれたんだね


「おばちゃんな、たぶん、ウチが店繁盛させてるのが目障りなんや」「近づくなって
言われたんやさかい、ウチは金輪際近づかん」糸子・・・そう来たか・・・


「あほか・・・八重子さんに当たってどないするんねん」さびしいな


自分がしてしまった事の大きさは解ってる。でも、素直にごめんなさいとは言えない。
逆切れ。卑屈。ふて寝。糸子の気性だとこうなる・・・何か解る


店主は落ち込んで仕事放棄したりできないんだよね^^;それも辛いとこ


とりあえず、笑顔「あさちゃんの言うとおりです。うちには家族がいる。
7人の縫い子も抱えてる。負けるわけにはいかへん」


糸子、こんな事を抱えたままにしてると自分が仮面うつ症になってしまうよ・・・


「戦争にも貧乏にも負けへん。嫌いたかったらいくらでも嫌うてくれ」痛い…つらい…


切符で買い物。こんなになってもまだ洋服買う人はいるんだね


「あかんて解ってるもんは薦める気にはならへん」相変わらずの職人気質


3人目を身籠る^^


夜釣りに行くダンナ・・・は、何か怪しい。「先生、本当に夜釣りでいいんですか?
何を釣りに行ってるのか」「面倒くさい」それより仕事、忙しい。浮気されるな…^^;
浮気が発覚してから焦るんだ。こういう人は・・・


「なぁ、たまには歌舞伎でも見せたろか?行こうや。一緒に。」勝さんの意図するところが
・・・なんだろう?ただのデートじゃなさそうな気がする


歌舞伎と来たら春太郎だよね☆(゚∇゚☆)


八重子さんがわざわざフォローしに来てくれたのに、もうすっかり意固地になっていた糸子。
自分のやった事で大きな何かを失った事は、糸子だって解ってる。でも「ごめんなさい」と
言えない。許され方が解らない。不器用な主人公だよ。



「カーネーション」は、人間をちゃんと描いている。今まで頑固で無神経だった糸子が、
あそこでいきなり素直に反省したり謝ったりしたらおかしいよね。設定がぶれない。
甘くない。そこが素晴らしいと思う。



自分は負けない、嫌うなら嫌えと言う宣言は「風と共に去りぬ」のスカーレットを
思い出した。生活があるから、家族で生きていかなければならないから、負けては
いられないんだよね。でも、1人で泣く。つくづく不器用だと思う。
私はこんな糸子が好きだよ。



「カーネーション」を見ているとつくづく戦争ってこういう面もあるんだなぁ、と思うわ。
家や命を失うだけじゃない。仕事や心を失う人もいる。勝ち組負け組が出来て人間関係も失う。
陰湿な時代なんだ。本当に嫌だ。



辛くてもみんな仲良く頑張ろう!…みたいな世界が「おひさま」だった。
おきれいだったけど、朝ドラとしてはその方が好まれるのかな。
うまく行きすぎてるとか散々文句言ってる人も多かった気がするけど^^;…


【ひとこと】
糸子みたいなタイプは損な生き方だ。こういう人は明るい割に友達が少ない。
自分の事に夢中で連絡とかを自分から断ってしまうからだ。
私も似たタイプなので、「嫌うなら嫌えばいい」と言いながら泣く糸子の孤独が
何となくわかる…痛い。



にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ PINGOO!カテゴリテレビ・ドラマ
にほんブログ村  


※ホント、すでにテンプレ状態ですが・・・コメント、相変わらずお返事できずですいません~。
トラバも遅れとります



※キャスト

小原糸子…尾野真千子(少女時代:ニ宮星)

小原善作…小林薫
小原千代…麻生祐未
小原ハル…正司照枝
小原静子…柳生みゆ

松坂清三郎…宝田明
松坂貞子…十朱幸代
松坂正一…田中隆三
松坂勇…渡辺大知

吉田奈津…栗山千明(少女時代:高須瑠香)

安岡玉枝…濱田マリ
安岡泰蔵…須賀貴匡
安岡八重子…田丸麻紀
安岡勘助…尾上寛之(少年時代:吉岡竜輝)

桝谷幸吉…トミーズ雅
木之元栄作…甲本雅裕
木岡保男…上杉祥三
川本勝…駿河太郎
根岸良子…財前直見
中村春太郎…小泉孝太郎
長谷ヤス子…中村美律子
花村喜一…國村隼
サエ…黒谷友香










「Twitter」やってますです。
フォロー下さる方は、ほぼドラマ実況ツイート(辛口)だという覚悟でお願いします

 

カーネーション 】感想目次
第1週「あこがれ」1 2 3 4 5 6
第2週「運命を開く」7 8 9 10 11 12
第3週「熱い思い」13 14 15 16 17 18
第4週「誇り」19 20 21 22 23 24
第5週「私を見て」25 26 27 28 29 30
第6週「乙女の真心」31 32 33 34 35 36
第7週「移りゆく日々」37 38 39 40 41 42
第8週「果報者」43 44 45 46 47 48
第9週「いつも想う」49 50 51 52 53 54
第10週「秘密」55 56 57 58 59 60
第11週「切なる願い」61 62 63 64 65 66
第12週「薄れゆく希望」67 68 69 70 71 72
第13週「生きる」73 74 75 
第14週「明るい未来」76 77 78 79 
第15週「愛する力」80 81 82 83 84 85 
第16週「揺れる心」86 87 88 89 90 91 
第17週「隠しきれない恋」92 93 94 95 96 97 
第18週「ライバル」98 99 100 101 102 103 
第19週「自信」104 105 106 107 108 109 
第20週「あなたを守りたい」110 111 112 113 114 115 
第21週「鮮やかな態度」116 117 118 119 120 121 
第22週「悔いなき青春」122 123 124 125 126 127 
第23週「まどわせないで」128 129 130 131 132 133 
第24週「宣言」134 135 136 137 138 139 
第25週「奇跡」140 141 142 143 144 145 
第26週「あなたの愛は生きています」146 147 148 149 150 151(最終回)
最終回特記: 永遠に終わらないドラマ
番外記事: 周防龍一(綾野剛)さんを振り返る「さようなら。周防さん」


この記事のトラックバック用URL

(承認制です。また、お手数ですがスパム対策のため「https://dramablog.cinemarev.net/」へのリンクのないTBを受付できません。ご了承ください。)

コメント

※ 右のアイコンから Wordpress,Twitter,google+,facebookのアカウントを使ってコメントできます。
オープンIDをお持ちでない方はアドレスを記入してください。(書きこんだアドレスは表示されません)

4件のコメント

  • 何がなんだか…ひじゅに館
    2011年12月7日 1:22 PM

    衣料切符>『カーネーション』第56話

    純粋無垢で一点の曇りもない善人で皆に愛されるヒロインを描いているつもりが
    傲慢で無神経で自己中でKYで不快感を抱かせるヒロインになってしまっている
    というのが朝ドラの落とし穴…つーか、もはや“お約束…

  • レベル999のFC2部屋
    2011年12月6日 5:49 PM

    カーネーション 第56回

    内容
    勘助(尾上寛之)のためと思ってしたことが、
    逆に傷つけたと玉枝(濱田マリ)に知らされショックを受ける糸子(尾野真千子)
    八重子(田丸麻紀)が、玉枝と糸子の間を取り持とうとするのだが、
    玉枝…

  • レベル999のgoo部屋
    2011年12月6日 5:47 PM

    カーネーション 第56回

    内容
    勘助(尾上寛之)のためと思ってしたことが、
    逆に傷つけたと玉枝(濱田マリ)に知らされショックを受ける糸子(尾野真千子)
    八重子(田丸麻紀)が、玉枝と糸子の間を取り持とうとするのだが、
    玉枝の“近づくな”という言葉は、予想以上に重く糸子にのしかかり、
    ?…

  • レベル999のマニアな講義
    2011年12月6日 5:47 PM

    カーネーション 第56回

    内容勘助(尾上寛之)のためと思ってしたことが、逆に傷つけたと玉枝(濱田マリ)に知らされショックを受ける糸子(尾野真千子)八重子(田丸麻紀)が、玉枝と糸子の間を取り持とう…