【おんな城主 直虎】第40回「天正の草履番」 感想

虎松(菅田将暉)は家康(阿部サダヲ)から万千代という名を与えられるが、井伊の家名を再び立てる代わりに草履番の役目を申し付けられる。

虎松が松下の名を捨てたことに驚いたしの(貫地谷しほり)は、裏で根回しをした南渓(小林薫)のもとを訪れ怒りをぶつける。直虎(柴咲コウ)も井伊家の再興は望んでおらず、虎松を説得するため浜松へ向かう。一方、虎松は慣れない草履番の仕事に悪戦苦闘していたが…
(あらすじは Yahoo!テレビより引用)

   naotora-op.jpg

おんな城主 直虎 第40回「天正の草履番」


さて……草履番の続編である。

もう直政時代に入ったのだから、「井伊家当主 直政」でいいんじゃね……と思うけれども、それはさすがに出来ないので、直政……ぉっと、万千代が問題を起こし、直虎が解決に出ていくという手法を使っていくらしい……。


伝わっている通り、南渓和尚と直虎と直政の母、そして祐椿尼が相談の上、徳川に仕えさせた……そういう話でいいと思うのだが、どうしてこの直虎は、そして奥山は井伊家の再興を「誰も望んでいない、誰も幸せにならない」と言うのだろう。

草葉の陰の方々が喜んでいるとか、そんな事ではなく。
家名がなによりも大事なのが古き日本というものではないのですか……。

家名なんて守って行かなくていいんだよぉぉ家より個人が大事だよって考えはそもそも平成の物だろう。


亡きお方たちは確かに喜んでおるかもしれぬ。
じゃが、生き残っておる者たちにとってはありがたいとは言い難い。
これは誰も望んでおらぬ行いではないのか。



…と、もう当主でも何でもないはずの女子がわざわざ言いに来れば、


何故、今更そなたに指図されねばならんのだ?

そなたはもう当主でも何でもないただの百姓ではないか。
ただの百姓に何故俺が説教されねばならんのじゃ!


と、言いかえす万千代。
もっともじゃ。もっともすぎじゃ。
 naotora40-万千代


徳川さまに呼ばれて、

こたびの事、井伊の生き残りと致しましては、松下に顔向けできぬ上に井伊谷に住む上でもやりにくい事この上なく…。

近藤の手前という事か。

井伊家を再興せぬという事で中野や新野を召し抱えてもろうております。
加えて潰れた家の者であるからこそ通る話が多くございますゆえ。



と、説明する おとわ。

ちょうど、昨日『エルネスト』を見て来たばかりで。

戦後の日本そのものの言い分だと思ったわ。
言えない国・日本そのもの。


それに対し、家康は、万千代を「井伊」として取り立てた3つの理由を述べるのだった。

1つは井伊に対する後ろめたさ。
2つは瀬名に対する後ろめたさ。

そして、徳川として「人を育てる」その事始めとして。


松下の跡取りとすれば皆の目は温かい。
じゃが、井伊の遺児となればさまざまな事を言われる事と思う。
今川の国衆の子、銭で潰れた家の子、あるのは家格だけ。
なれど、あの子は叩かれれば叩かれるほど奮い立つような気がしての。違うか?

この先、万千代が手柄を立てれば、わしはそれなりの処遇をするつもりでおる。
少し大げさかもしれぬが、それが、今後の徳川の生き残りを分ける事になると思う。

三河者でのうても実力次第で出世が望める。
そういう家風にならねば。
万千代はその先駆けとなる力を秘めておるような気がする。

人は宝じゃ。



この家康は、若さゆえに気は小さかったけれども志大きく、人に負担を感じさせない話術に長けていると思った。

そして、家の格などの問題ではなく、人を大切にして育てていかなければ先はない事をちゃんと解っている。
 naotora40家康


家康がこういう人だから、井伊は救われたのだった。


「井伊の再興はみんなの迷惑」のような事を言ったけれども、心の底では奥山も家の再興を望んでいないはずはなく。

松下の手前、あきらめていた しのも、夫に許されて救われるのである。


また「父上」と呼ばせてくれ、

井伊の方と今話をしておってな。
そなたに代わる跡継ぎを探しておる。
こうなったら井伊と松下、一体となり進んでいくがよかろうと。

これからは一蓮托生になる。よい働きを頼むぞ。
井伊万千代殿。


と言ってくれる源太郎父と常慶どのに、ちょっと泣けた。
 naotora40松下


家を立てるために、とんだ親不孝者にならずに済んだ。


しかし……。

草履を大切に懐に抱いて出世した羽柴どのの話をしたのに、あの投げ渡しは駄目じゃね。笑.gif
 naotora40-草履


草履の底が減って、上に砂もかかるんですけどーーー!!

しかし「新しい者を手配するゆえその者を指南してくれ。」の続きで松下の父が来るのはサッパリ解らなかったな。

もっとも、後には松下は井伊の家老になってしまうので、下につくっちゃ就くのだが……。


今川の氏真さまは、織田から蹴鞠見世物をさせられることになり、きちんと引き受けるのだった。


これを機に織田殿の懐に入れればしめたものではないか。
なにも戦ばかりが仇の取り方ではあるまい。


戦国武将としての今川は潰れても、文化人として生き続ける…。

今川は氏真系列の子孫が明治まで続きます。
これも家名を守る為の意地よね。

2017年度NHK大河ドラマ【おんな城主 直虎】事前番外 井伊直虎ってどんな人?男だったの?
井伊 直虎(いい なおとら)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての遠江井伊谷の女性領主。 井伊直盛の娘。 同国の国衆・井伊氏の事実上...


にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
↑他のブロガーさんの大河感想はこちらから・にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ PINGOO!カテゴリテレビ・ドラマ 
にほんブログ村


※キャスト

井伊直虎(おとわ)… 柴咲コウ(子役期:新井美羽)

井伊直盛 … 杉本哲太
祐椿尼(千賀) … 財前直見
井伊直平 … 前田吟

井伊直満 … 宇梶剛士
井伊直親(亀之丞) … 三浦春馬(子役期:藤本哉汰)
しの … 貫地谷しほり
井伊直政(虎松) … 菅田将暉(子役期:鈴木楽→寺田心)

中野直由 … 筧利夫
中野直之 … 矢本悠馬
中野直久 … 冨田佳輔(子役期:山田瑛瑠)
今村藤七郎 … 芹澤興人
弥吉 … 藤本康文
たけ→梅(二役) … 梅沢昌代

小野政直 … 吹越満
小野政次(鶴丸) … 高橋一生(子役期:小林颯)
小野玄蕃 … 井上芳雄
小野亥之助 … 井之脇海(子役期:荒井雄斗)
なつ … 山口紗弥加

奥山朝利 … でんでん
奥山孫一郎 … 平山祐介
奥山六左衛門 … 田中美央

新野左馬助 … 苅谷俊介
あやめ … 光浦靖子
桔梗 … 吉倉あおい
桜 … 真凛
高瀬姫 … 朝倉あき(少女期:高橋ひかる)

鈴木重時 … 菅原大吉
近藤康用 … 橋本じゅん
菅沼忠久 … 阪田マサノブ
瀬戸方久 … ムロツヨシ

南渓和尚 … 小林薫
傑山 … 市原隼人
昊天 … 小松和重

甚兵衛 … 山本學
八助 … 山中崇
角太郎 … 前原滉
富助 … 木本武宏
福蔵 … 木下隆行

今川義元 … 春風亭昇太
今川氏真(龍王丸) … 尾上松也(子役期:中川翼)
寿桂尼 … 浅丘ルリ子
太原雪斎 … 佐野史郎
関口氏経 … 矢島健一
庵原朝昌 … 山田裕貴
大沢基胤 … 嶋田久作
岩松 … 木村祐一
佐名 … 花總まり
北条氏康 … 鶴田忍
北条幻庵 … 品川徹
佐久間信盛 … 坂西良太
明智光秀 … 光石研

徳川家康 … 阿部サダヲ
瀬名(築山殿) … 菜々緒(子役期:丹羽せいら)
徳川信康(竹千代) … 平埜生成(子役期:吉田海斗)
石川数正 … 中村織央
酒井忠次 … みのすけ
本多忠勝 … 髙嶋政宏
榊原康政 … 尾美としのり
本多正信(ノブ) … 六角精児
松下源太郎 … 古舘寛治
松下常慶 … 和田正人
徳姫 … 植原星空
於大の方 … 栗原小巻
武田義信 … オレノグラフィティ

龍雲丸 … 柳楽優弥
モグラ … マキタスポーツ
力也 … 真壁刀義
カジ … 吉田健悟
ゴクウ … 前田航基

中村与太夫 … 本田博太郎

織田信長 … 市川海老蔵

武田信玄 … 松平健


語り … 中村梅雀

※スタッフ

脚本 … 森下佳子
音楽 … 菅野よう子
テーマ音楽 ピアノソロ … ラン・ラン
題字 … Maaya Wakasugi
制作統括 … 岡本幸江
プロデューサー … 松川博敬
演出 … 渡辺一貴、福井充広、藤並英樹
時代考証 … 小和田哲男

公式サイト http://www.nhk.or.jp/naotora/



























【おんな城主 直虎】
0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40

この記事のトラックバック用URL

(承認制です。また、お手数ですがスパム対策のため「http://dramablog.cinemarev.net/」へのリンクのないTBを受付できません。ご了承ください。)

コメント

※ 右のアイコンから Wordpress,Twitter,google+,facebookのアカウントを使ってコメントできます。
オープンIDをお持ちでない方はアドレスを記入してください。(書きこんだアドレスは表示されません)

2件のコメント

  • ゆう
    2017年10月11日 2:56 PM

    草履のことは史実らしいですね

    • くう
      2017年10月11日 5:38 PM

      ゆうさん
      草履番が殿に近づくのは恐れ多いので投げ滑らせて渡すというやり方が実際にあったらしいです。

      と幕末の方では言われています。
      この時代にもやっていたどうかは定かではありませんね^^;
      秀吉が懐に入れて温めたというのも定かではありませんけど^^;

      とりあえず、直政は草履番ではありませんでした(爆)

7件のトラックバック

  • 昼寝の時間
    2017年10月13日

    おんな城主 直虎 39話「虎松の野望」、第40話「天正の草履番」

    公式サイト 39話の感想をお休みすることは告知してたけれども、その後も何かとバタ

  • みはいる・BのB
    2017年10月10日

    おんな城主 直虎 第40回「天正の草履番」

    大河ドラマ『おんな城主直虎』のお時間です。 BSにて鑑賞。 第四十回「天正の草履番」 あらすじ・・・・・・・

  • 真田のよもやま話
    2017年10月9日

    NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」第40回「天正の草履番」

    今週のタイトルは・・・後々、星三つです!で一世を風靡した巨匠がお料理と縁を結んだ人気ドラマをフィーチャーですか~。あれ確かさんま師匠も出演されてましたっけねええ~~。カツレツに始まりカツレツに終わる日本洋食黎明期も垣間見えた良作・・・はっ!ちょっとお待ちを!こっこここ、このタイトルでは、一生涯草履番を全うするのですか万千代様!ままま、まさかああああっ!

  • レベル999のgoo部屋
    2017年10月9日

    大河ドラマ『おんな城主直虎』第四十回

    「天正の草履番」内容家康(阿部サダヲ)から、松下か、井伊かを、迫られる虎松(菅田将暉)虎松は、家康からいただいた万千代とともに。。。井伊万千代を選択する。しかし井伊を名乗ったのは良いが、命じられた仕事は小姓ではなく、草履番。憤りを感じつつも、虎松は草履番の仕事に奮闘する。 一方、松下を捨て、井伊を名乗ったと聞いたしの(貫地谷しほり)は、そそのかしたと思われる南溪(小林薫)を責めるのだった。話を聞いた、直虎(柴咲コウ)は、井伊家再興を考えていないと、しのに告げる。しかし、祐椿尼(財前直見)らは、それを…

  • 平成エンタメ研究所
    2017年10月9日

    おんな城主直虎 第40回~虎松、草履投げで〝日本一の草履番〟になる!www ツイッターでも反響!

    「これからは一蓮托生になる。よろしく頼むぞ、井伊万千代殿」  今回は父親・松下源太郎(古舘寛治)のこのせりふに尽きる。  育てた子の不義理も責めず、虎松(菅田将暉)の意思を尊重する。  そして、この虎松との距離感。  源太郎は、虎松が井伊万千代になること…

  • 事務職員へのこの1冊
    2017年10月9日

    おんな城主直虎 第40回 天正の草履番

    第39回「虎松の野望」はこちら。 うわあ。今回のタイトルは『あれ』からいただいたんですよね。いいのかなあ、大河ドラマ(このときは「獅子の時代」~「おんな太閤記」)の真裏の番組だったのに。 あ、そうか。リメイクもあってそちらは森下佳子さんが脚本だったんだ。セルフパロディはまことにけっこうだと思います。そのうちに一文字で「陣」とかいう回もあるかも。カズオ・イシグロがノーベル賞を受賞したいきおいで、最終回のタイトルが急遽「おとわを離さないで」になるのもありかと。 前回の視聴率は11.7%と久しぶりに的..…

  • のほほん便り
    2017年10月9日

    おんな城主 直虎「天正の草履番」

    かぎりなく、虎松(菅田将暉)サクセス・ストーリーにシフトした感虎松が、家康(阿部サダヲ)から万千代という名を与えられるが、井伊の家名を再び立てる代わりに草履番の役目を申し付けられ、苦慮しつつも、創意工夫して、いろいろ試してみます。まず、名札作戦は、混乱の連続で、失敗、虎松が松下の名を捨てたことに驚いたしの(貫地谷しほり)は、裏で根回しをした南渓(小林薫)のもとを訪れ怒りをぶつけ、直虎(柴咲コウ)も井伊家の再興は望んでおらず、虎松を説得するため浜松へ向かいます。直虎、脇に回って、むしろ美しさが引き立っ…