NHK朝ドラ【ひよっこ】第41回(第7週金曜日) 感想

三男(泉澤祐希)に手紙を送ったみね子(有村架純)。
時子(佐久間由衣)を元気づけるため久しぶりに3人で会うことに。
三男は、米屋の主人・善三(斉藤暁)から、不仲の娘・さおり(伊藤沙莉)と2人きりにするのかと引き止められるが、逃げるように出かける。
久しぶりに会って、すぐに奥茨城にいた頃に戻るみね子たち。
一緒に過ごして励まされた時子は、みね子と三男に女優になりたい理由を語り始める。

(上記あらすじは「Yahoo!TV」より引用)

連続テレビ小説「ひよっこ」第7週「椰子(やし)の実たちの夢」 第41話

   hiyokko-op

※朝ドラレビューは基本的に簡単感想で。
※朝ドラは半年間の長丁場なので、良い感想を書いてある時も悪いことが書いてある時もあります。レビューはその日その日の感想なので、その点ご了承くださいませ。

…テンプレだす…。

「お父さん。三男はいいやつです。

そして切ない恋心です。
恋をしてんだなって思いました。

三男は本当に時子に恋をしていて、時子は女優さんという仕事に恋してんだなって…」



三男は本当にいいやつだよ。

米屋だから日曜は休みじゃないんだよね。
むしろ日曜は平日よりも忙しいでしょうよ。

でも、この店は三男が来るまでは娘と2人でもやって来られたんだろうから…とか、あっ、でも、三男の前にも調停役の社員がいたのかもね、とか、まぁ2人でもやって行ける程度なのかもね……と思ったり…

していたから、ラストに さおりが3人を覗いているのを見た時には「お父さん1人で平気かよ!!」…が、まず来てしまった(爆)

きっと、この日は思い切って店を休みにしたのね…という事にしよう。笑.gif


とりあえず、安部米店のやり取りは今日も面白いから、まぁいいや。

そして、伊藤沙莉さん的には不本意かも知れないが、よくしたよね、このキャスティング…って思うほど父娘はソックリ(笑)(笑)笑.gif
 hiyokko41-1


仕事、大丈夫だったの?

と、ちゃんと訊き、

本当は休むの大変だったんでしょ?


と理解している時子は偉い。


銀ブラは借りてきた当時のモノクロ映像をただ流すだけではなく、めっさ笑える縁テロップ(笑)
(過去映像だらけだった某ドラマもこういう演出をだn……ぃゃ…なんでも…(笑))
 hiyokko41-2


噴水の前で叫んだり押しあったりするシーンでは、ここで恒例のヒロイン水落ちやるのかと思った。笑.gif
 hiyokko41


予告の、

時子。女優、諦めろ。で、俺の嫁さんになれ!

は、

だったらなってみろよ。泣ぎごと言ってねえでよ!
めそめそしてっと嫁さんにすっと。分がったか?


に繋がる煽り型の励まし。

三男、いい男だねぇ。

時子にはきっとチャンスが来るよ。
NHKったら、見る目ねえな(笑)


「私は、まだ恋をしていないのかなと思ったりしましたよ。」

と言う みね子は、恋する仕事も男性もここからの出会いなんだねぇ。

新作発表の段階で、ある程度の設定は発表されるけれど、モデルが存らず先は全く見えないから みね子が結婚したり子育てしたりするのかも不明だ。

とりあえず、ストーリーはゆっくり進んでおります。
…ってことでいいのよね

まあ、楽しいっす。

NHK朝ドラ【ひよっこ】ってどんなドラマ?モデルはいるの?
「ひよっこ」は、2017年度上半期のNHK朝の連続テレビ小説です。 「連続テレビ小説」は今作で96作目になります。 制作はAK(東京制作...

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

 
※キャスト

谷田部 みね子 – 有村架純

谷田部 実 – 沢村一樹
谷田部 美代子 – 木村佳乃
谷田部 ちよ子 – 宮原和
谷田部 進 – 高橋來
小祝宗男 – 峯田和伸
小祝滋子 – 山崎静代

谷田部 茂 – 古谷一行

助川時子 – 佐久間由衣
角谷三男 – 泉澤祐希
助川君子 – 羽田美智子
助川正二 – 遠山俊也
助川豊作 – 渋谷謙人
角谷きよ – 柴田理恵
角谷征雄 – 朝倉伸二
角谷太郎 – 尾上寛之
益子次郎 – 松尾諭

田神 学 – 津田寛治

牧野鈴子 – 宮本信子
牧野省吾 – 佐々木蔵之介

井川元治 – やついいちろう
朝倉高子 – 佐藤仁美
前田秀俊 – 磯村勇斗

綿引正義 – 竜星涼
永井愛子 – 和久井映見
青天目 澄子 – 松本穂香
兼平豊子 – 藤野涼子
秋葉幸子 – 小島藤子
夏井優子 – 八木優希
松下 明 – 奥田洋平
森 和夫 – 陰山泰
高島雄大 – 井之脇 海
安部善三 – 斉藤暁
安部さおり – 伊藤沙莉

立花 富 – 白石加代子
島谷純一郎 – 竹内涼真
竹内邦子 – 白石美帆
久坂早苗 – シシド・カフカ
坪内祐二 – 浅香航大
新田啓輔 – 岡山天音
柏木一郎 – 三宅裕司
柏木ヤスハル – 古舘佑太郎
福田五郎 – 光石研
福田安江 – 生田智子
牧野由香 – 島崎遥香

語り – 増田明美

※スタッフ

脚本 – 岡田惠和
演出 – 黒崎博、田中正、福岡利武、渡辺哲也
プロデューサー – 山本晃久
制作統括 – 菓子浩
音楽 – 宮川彬良

主題歌 – 桑田佳祐「若い広場」

公式サイト http://www.nhk.or.jp/hiyokko/index.html


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ひよっこ(Part1) [ NHK出版 ]
価格:1188円(税込、送料無料) (2017/4/1時点)



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ひよっこ(上) [ 岡田惠和 ]
価格:1404円(税込、送料無料) (2017/4/1時点)



【ひよっこ】
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
31 32 33 34 35 36
37 38 39 40 41

この記事のトラックバック用URL

(承認制です。また、お手数ですがスパム対策のため「http://dramablog.cinemarev.net/」へのリンクのないTBを受付できません。ご了承ください。)

コメント

※ 右のアイコンから Wordpress,Twitter,google+,facebookのアカウントを使ってコメントできます。
オープンIDをお持ちでない方はアドレスを記入してください。(書きこんだアドレスは表示されません)

2件のコメント

  • 巨炎
    2017年5月20日 3:19 PM

    >安部米店のやり取りは今日も面白いから、まぁいいや。
    向島電機がホワイトなので個人的は、これぐらいブラックな方が面白いです。
    三人のオシャレも昭和40年頃的だし歌やBGMも時代の再現度が高い。

    実氏も出稼ぎ労働の時よりイイ服装ですが表情はさて?
    ただ、無駄に引っ張っている感は否めませんが。

    • くう
      2017年5月22日 3:42 AM

      巨炎さん
      >三人のオシャレも昭和40年頃的だし歌やBGMも時代の再現度が高い。

      そうですね。
      このドラマ、再現度高いですよね。
      考証はかなりされていると思われ。

      >実氏も出稼ぎ労働の時よりイイ服装ですが表情はさて?

      いかにも女の人の世話になっているって感じでした。
      記憶喪失は昼ドラ的なので、出来たら避けてほしいと願っていたのですが、そうなりそう^^;

4件のトラックバック

  • ディレクターの目線blog
    2017年5月19日

    ひよっこ (第41回・5/19) 感想

    NHK総合・連続テレビ小説『ひよっこ』(公式) 第7週『椰子(やし)の実たちの夢』『第41回』の感想。 ※ 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。 ※ また、称賛、絶賛の感想だけをご希望の方は読まない方が良いです。 三男(泉澤祐希)に手紙を送ったみね子(有村架純)。時子(佐久間由衣)を元気づけるため久しぶり…

  • レベル999のgoo部屋
    2017年5月19日

    ひよっこ 第41回

    内容オーディションに落ちた時子(佐久間由衣)を元気づけようとみね子(有村架純)は、三男(泉澤祐希)に手紙を送る。 手紙を受け取った三男は、善三(斉藤暁)さおり(伊藤沙莉)に休みが欲しいと。。。。 敬称略 まだ、始まって41回。7週目の今作。 大雑把に…

  • もう…何がなんだか日記
    2017年5月19日

    銀ブラ>『ひよっこ』第41話

    わわわ私は見てしまいました楽しそうな3人(みね子・時子・三男)の後ろ~の方で家族連れから風船を奪う女の子がいたのを…緑の風船を手にした、その女の子は米屋の娘@さおりさんでは…

  • 何がなんだか…ひじゅに館
    2017年5月19日

    銀ブラ>『ひよっこ』第41話

    わわわ私は見てしまいました 楽しそうな3人(みね子・時子・三男)の後ろ~の方で 家族連れから風船を奪う女の子がいたのを… 緑の風船を手にした、その女の子は 米屋の娘@さおりさんではありませんか!? 略奪する気満々…という象徴? うわ~三男 やっぱ米屋に婿養子フラグか? …ひじゅにですが何か? 「心配される人になってしまった」by時子 …