NHK朝ドラ【あさが来た】 第106回 感想

家出をしていた長男の藍之助(森下大地)が大阪の加野銀行で働いていることを知ったはつ(宮崎あおい)は…。一方、あさは学問を学んだ女性の生き方を考えていると、加野銀行で女性を採用することを思いつく。それを聞いた、新次郎(玉木宏)と榮三郎(桐山照史)と平三郎(辻本茂雄)は、反対するが、あさは強く訴え、ついに女性行員の募集をはじめる。そしてある日、姉のはつが大阪にやって来る。
(上記あらすじは「Yahoo!TV」より引用)

連続テレビ小説「あさが来た」第18週「ようこそ!銀行へ」 第106話

   あさが来た1

※簡単感想デフォルトでよろしくお願い致します~。
※たまに、夜追記する日もあるかもしれないです…。←知れない…です…。
※いいことばかり書いてないんで、そこんとこよろしくお願い致します~。

↑テンプレだす。

加野銀行のモデルである加島銀行が女性の行員を採用して話題を作ったのは史実である。

ドラマ内でも同じだが、銀行が乱立したこの時期、加島銀行は少し後発だった。
で、お客を呼ぶ目玉が必要…という事で、当時は画期的だったこの女性行員の採用を決断。

ドラマでは大変女性が元気で結構だが、この当時、女性の立場はとても低い。
まだ「職業婦人」なんてものはほぼ居なかったと言っていい時代です。

つまり女に仕事なんか出来ないと思われていたわけで、これを採用するというのは信用を失う可能性があるほど危険な賭けだった。

で、「教育」である。

今日は面白かったな~~
見たかったのは、こういうヤツ!!

朝ドラらしい女性上げエピソードがちょうど史実と絡み、「上げ」というよりも、女が社会進出していく切っ掛けになった事柄が丁寧に描かれ、女性向上の歴史ものとしても、ビジネスの歴史ものとしても見応えがあった。

話の始まりは昨日のラストに現れた加野銀行の大口顧客・工藤徳右衛門さまからの相談。

成績が良いからと娘を女学校へ進学させたが、卒業しても女が出来る仕事がない。
この上は行き遅れない内に縁談を…というものである。

「女性が学ぶという切符を手に入れたとしても、思うように船をこぎ出す事はあさが考えるよりずっと難しい事だったのでした」

びっくりぽん……
私が入れたナレかと思った(爆)

つまり、ここまで女にも仕事、社会に出るための進学、いっぱいの航路……と騒いでいた あささんの空気読めなさは時代に反しすぎていると、ちゃんと織り込み済みだったということである。

この話を切っ掛けに、美和さんの店に行く あささん。

そないな中で、美和さんはよう一人でお三味線のお師匠さんしたり、こないなお店出そうやなんて思いはりましたなぁ。

お分かりだすやろけど、ここはうちの力だけで作ったもんやあらしまへん。
五代様や大勢の男はんに助けて頂きました。

美和さんは、ちゃんと解ってる

そして、ここで女性の給仕に会う あさ。

広告出したらあっという間に集まりました。
あささんが言うてはったとおり自分の手ぇで稼いでみたい思う女子がようけ居てたみたいで。

華やかでよろしいですね。

へぇ!
  あさが来た106

ここで、女子行員を雇おうと思いつく。
店の男衆はみんな、新次郎はんまで大反対。

理由は、やはり今までにない事はリスクが高すぎること。
そして女子は数字に弱い細かい業務に弱いこと。(イメージね)
つまり銀行に一番大切な「信用」を得られなくなること。

今までありえへんかった事やさかいよけ、もし成功したら先手打った加野屋は必ず他の銀行を大きゅう引き離す事がでけます。

うちはとことん選んで信用できる女子だけ採用しよ思てます。
男子の行員に引け取らへん実力をつける事は簡単な事やあらしまへん。
そやけどどないな苦労も根性出してついてきてくれる子だけを選びます。

まぁ…根性の問題は置いておいて……

新次郎さんが心配する「女子のおいど」の件もあさが目を光らせると約束し、採用試験へ。

面接の様子も面白かった。
基本的な事、なぜここに来たのか、なぜ働きたいのか、熱意や真面目さを見て採用。

あなた方4人を加野銀行の女子行員候補として見習い採用と致します。
十何年も女子として生きてきたんやさかいよう分かったはる思いますけど、今、この世はどっちかいうたら男はんが生きやすいようにできてます。
あなた方4人が何か小さい失敗でもちょっとしようもんなら「ほれ見た事か。これやさかい女子はあかんのや」なんて言いとうて言いとうてウズウズしてる男はんが周りにぎょうさんいてます。
男に交じって働くいうのはそういう事だす。

せやさかい失敗は一つもしたらあきまへん。
一つもだす。

…て言うてもな。
このうちも何べんもようけ失敗してきたんだす。

そやけど志は高う持ちまひょ。
悪いけど、当分の間男子行員より1時間早出勤しとくなはれ。

あなた方4人の進む道の後ろには仰山のこれから働きたいて思てる女子たちがいてます。
あなた方はこれから外で働く女子たちのファースト・ペンギンや。

道を切り開くんだす。

仮採用された女子行員の初々しさ、そして4人の前でこのイバラの道への覚悟を語って聞かせるあさ@波瑠さんの堂々とした貫禄と美しさ。
  あさが来た106-1

いいね~~…盛り上がったね。ワクワクしたね。

ねぇ、娘と「けんか」とか、何とかのトラウマとかグダグダ描いているよりもずっと見応えあるじゃん。
朝ドラだからホームドラマは当たり前でしょ、じゃなくて朝ドラなのにビジネス方面を中心に丁寧に描いて行くというファースト・ペングゥインをやってくれても良かったと思うよ。

もっとも、あささんがつい昨日…いや、さっきまで女子にもいっぱい道があると軽々と考えていたのを、まるで最初から解っていたみたいに女子たちに言い聞かせるのには何だか笑っちゃったけど。

そういうところの葛藤や心の中の描き方は本当に薄いよね、このドラマ。

しかし、切っ掛けからアイデアに行きつくまで、そして結論まで、筋道のピシッと立った無駄のない回だった。

こういうのを神回と呼んで。

 

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

よろしければ→【2016年1月期・冬クールドラマ】ラインナップ一覧とキャスト表

  
※キャスト

白岡あさ(旧・今井) … 波瑠(子役期:鈴木梨央)

眉山はつ(旧・今井) … 宮﨑あおい(子役期:守殿愛生)

白岡新次郎 … 玉木宏
白岡正吉 … 近藤正臣
白岡よの … 風吹ジュン
白岡榮三郎 … 桐山照史(子役期:吉田八起→河崎脩吾)

白岡さち … 柳生みゆ
白岡千代 … 小芝風花(子役期:東出奈々→中川江奈→鈴木梨央)
東柳啓介 … 工藤阿須加
白岡正太郎 … 木内義一

眉山惣兵衛 … 柄本佑
眉山栄達 … 辰巳琢郎
眉山菊 … 萬田久子
眉山藍之助 … 森下大地(子役期:→南岐佐)
眉山養之助 … 西畑大吾

雁助 … 山内圭哉
亀助 … 三宅弘城
ふゆ … 清原果耶
うめ … 友近
かの … 楠見薫
クマ … 郷原慧
ツタ … 畦田ひとみ
弥七 … 竹下健人

山崎平十郎 … 辻本茂雄
高木ツル … 村崎真彩
末松すず … 三宅唯真
中川ハト … 加藤千果
工藤サカエ … 横田美紀

山屋与平 … 南条好輝
美和 … 野々すみ花
田村宜 … 吉岡里帆
田村フナ … 高橋由美子

治郎作 … 山崎銀之丞
カズ … 富田靖子
サトシ … 長塚圭史
宮部源吉 … 梶原善
伊作 … 中山義紘
福太郎 … 北原雅樹
八五郎 … JEFFI
三坂 … 中川浩三
日野彦三郎 … 上杉祥三
山本平蔵 … 山本浩司
三坂 … 中川浩三

今井忠興 … 升毅
今井梨江 … 寺島しのぶ
今井忠政 … 林与一
今井久太郎 … 興津正太郎(子役期:二宮輝生)

五代才助(友厚) … ディーン・フジオカ

大久保一蔵 … 柏原収史
土方歳三 … 山本耕史
櫛田そえ … 木村佳乃
成澤泉 … 瀬戸康史
成澤カナエ … 宮嶋麻衣

福沢諭吉 … 武田鉄矢
渋沢栄一 … 三宅裕司
玉利友信 … 笑福亭鶴瓶

大隈重信 … 高橋英樹
大隈綾子 … 松坂慶子

ナレーション(語り) … 杉浦圭子

※スタッフ

脚本 … 大森美香
演出 … 西谷真一、新田真三、佐々木善春
プロデューサー … 福岡利武、熊野律時
制作統括 … 佐野元彦
音楽 … 林ゆうき

原作(原案) … 古川智映子『小説 土佐堀川』

主題歌 … 「365日の紙飛行機」AKB48

公式サイト http://www.nhk.or.jp/asagakita/

 【あさが来た】
1 2 3 4 5 6 
7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 
25 26 27 28 29 30
31 32 33 34 35 36
37 38 39 40 41 42
43 44 45 46 47 48
49 50 51 52 53 54
55 56 57 58 59 60
61 62 63 64 65 66
67 68 69 70 71 72 
73 74 75 76 77 78
79 80 81 82 83 84
85 86 87 88 89 90
91 92 93 94 95 96
97 98 99 100 101 102
103 104 105 106