NHK朝ドラ【あさが来た】 第74回 感想

あさ(波瑠)は、文明開化が進む東京を視察することに興味を持ちつつ、幼い娘の千代のことがあり、行くべきかどうか迷っていた。新次郎(玉木宏)とよの(風吹ジュン)は、あさに行ってもいいと話す。その理由とは…。あさは、うめ(友近)とともに五代(ディーン・フジオカ)の待つ東京を目指し、出発する。列車と蒸気船を乗り継ぎ、やっとの思いでたどりついた東京で、あさはある人物と出会う。
(上記あらすじは「Yahoo!TV」より引用)

連続テレビ小説「あさが来た」第13週「東京物語」 第74話

   あさが来た1

※とりあえず毎日簡単に感想だけ入れて、書きたい事があったら仕事から帰ってから追記するって方向をお試し中です。よろしくお願い致します~~。(テンプレだす)

ええか?あんたは欲張りや!

…の続きは…

あんたはよそのお嫁さんと違て男はんと同んなじように外で仕事するいう道を選びはりましたわなぁ。
そやのに家を守る女子とまんま同んなじようにお母ちゃんやりたいやなんてわがままだす。

何かを選んだら諦めなあかん事かてあります。
たとえさみしい思う事があっても、母親のくせして仕事ばっかりしてて後ろ指さされる事があっても、我が子に背中を見せるつもりで胸張って気張らなあきまへん!

それがあんたが選びはった道の歩き方やおまへんのか!?
そやのになぁ、今頃になってブツブツブツブツ繰り言なんか言うて…。

という、割と当たり前に視聴者も察している応援説教だった。

ええか?あささん。
男やったら覚悟決めなはれ!

ていうオチはこのドラマ的。

しかし、せっかくここまでをアバンで切ったのだから、アバンが終わってまでもこの天然ボケを引っ張らない方が面白いのにな~とか思うのだった。その辺がこのスタッフのセンスが今イチなところ。

あんたさっきな「もうちょっと大きなるまででええさかい」て言いはりましたけどな、子育てで目ぇ離してええ時なんぞ一時もあらしまへんのやで。

そやけど、幸い千代には一家のみんながいてます。
うちかて、かのかて、うめかてふゆかて…。

それに何て言うたかて、このお父ちゃんがいてますがな。

「お父ちゃん」は東京に行くとも九州へ行くとも結局は言わないんだよね……。
やっぱりイクメン要員なんだよね…。

だったら、あのサトシ=松造の件って、やっぱり何だったのかなって思う。
あれは新次郎はんにとってもトラウマを超えるための試練だったんじゃないのかな。

あの事件が終わっても新次郎は何も変わらないんじゃ……
やっぱりあのエピは必要だったのかなぁって……あっ…もうあきらめたのに、ついついボヤいちゃう。

結局、新次郎さんって「輝く働く女性」政策PRのためのイクメン要員なんだよね。
前作ではそれが能登自体であったように、こっちでは「夫の育児休暇を認める社会」のためのキャラクターみたい。

まぁ…朝ドラってそういうもんなのかもね……これも、もうあきらめか。

ともあれ、東京行きの許可は下りたのだった。
   あさが来た74-1

この よのさんの話の場には、八代目にも同席していてほしかったな。

今のところ、この家の中で唯一ちょっと「世間の声」に近い弟にもこの話は聞いていてほしかった。

それでこそ、みんなでこの嫁が男社会で働きやすくするように支える決心の場ができるのではないでしょうか。

もっとも、こんな話は聞いていなくても榮三郎くんは、ちゃんと解っているらしい。

あさの代わりに九州へ行くと言う八代目。

わても炭坑はお姉さんに任せきりやったさかい、勉強のためにもいっぺん自分で足運んで見てこう思いますのや。

まあ、雁助とも積もる話もありますさかいな

どんだけ雁助はん大好きなんだよ。

千代との別れを惜しむシーンではモンモンとしつつもちょっと泣ける。
  あさが来た74

今井が東京に居るのだから、連れて行って孫も見せればじじばばも喜ぶのではーーー…とか、ちょっと思ったけど、行くまでの行程が大変だよね。

船に乗って汽車に乗って…じゃな。

明治・モダン東京の風景はさすがのセット。
↑セットでは無く、和歌山マリーナシティ「ポルトヨーロッパ」がロケ地なのだそうです。
綺麗な所だすな。

そして、もはや金八よりもガンテツか純父か…の武田・福沢諭吉…きた。
  あさが来た74-2

 

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

よろしければ→【2016年1月期・冬クールドラマ】ラインナップ一覧とキャスト表

  
※キャスト

白岡あさ(旧・今井) … 波瑠(子役期:鈴木梨央)

眉山はつ(旧・今井) … 宮﨑あおい(子役期:守殿愛生)

白岡新次郎 … 玉木宏
白岡正吉 … 近藤正臣
白岡よの … 風吹ジュン
白岡榮三郎 … 桐山照史(子役期:吉田八起→河崎脩吾)

眉山惣兵衛 … 柄本佑
眉山栄達 … 辰巳琢郎
眉山菊 … 萬田久子
眉山藍之助 … 森下大地(子役期:→南岐佐)
眉山養之助 … 西畑大吾

雁助 … 山内圭哉
亀助 … 三宅弘城
ふゆ … 清原果耶
うめ … 友近
かの … 楠見薫
クマ … 郷原慧
ツタ … 畦田ひとみ
弥七 … 竹下健人
山屋与平 … 南条好輝
美和 … 野々すみ花

白岡千代 … 小芝風花(子役期:鈴木梨央)
白岡正太郎 … 木内義一
田村宜 … 吉岡里帆

治郎作 … 山崎銀之丞
カズ … 富田靖子
サトシ … 長塚圭史
宮部源吉 … 梶原善
伊作 … 中山義紘
福太郎 … 北原雅樹
八五郎 … JEFFI
三坂 … 中川浩三

今井忠興 … 升毅
今井梨江 … 寺島しのぶ
今井忠政 … 林与一
今井久太郎 … 興津正太郎(子役期:二宮輝生)

五代才助(友厚) … ディーン・フジオカ

大久保一蔵 … 柏原収史
土方歳三 … 山本耕史
櫛田そえ … 木村佳乃
成澤泉 … 瀬戸康史
山崎平十郎 … 辻本茂雄

福沢諭吉 … 武田鉄矢
渋沢栄一 … 三宅裕司
玉利友信 … 笑福亭鶴瓶

ナレーション(語り) … 杉浦圭子

※スタッフ

脚本 … 大森美香
演出 … 西谷真一、新田真三、佐々木善春
プロデューサー … 福岡利武、熊野律時
制作統括 … 佐野元彦
音楽 … 林ゆうき

原作(原案) … 古川智映子『小説 土佐堀川』

主題歌 … 「365日の紙飛行機」AKB48

公式サイト http://www.nhk.or.jp/asagakita/

 【あさが来た】
1 2 3 4 5 6 
7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 
25 26 27 28 29 30
31 32 33 34 35 36
37 38 39 40 41 42
43 44 45 46 47 48
49 50 51 52 53 54
55 56 57 58 59 60
61 62 63 64 65 66
67 68 69 70 71 72 
73 74