NHK朝ドラ【あさが来た】 第118回 感想

あさ(波瑠)は、大学設立のアドバイスを大隈重信(高橋英樹)から聞くために東京へ向かう。大隈邸には、多くの客が訪れ重信にいろいろな相談を持ちかけていた。訪れたあさは、妻の綾子(松坂慶子)に案内され大隈重信の前に通される。そして、大隈重信を相手に、威勢よく女子の大学校の設立の必要性を話す。興味深く聞いていた大隈は…。そのころ、白岡家に千代(小芝風花)が友達の宜(吉岡里帆)を連れて戻って来る。
(上記あらすじは「Yahoo!TV」より引用)

連続テレビ小説「あさが来た」第20週「今、話したい事」 第118話

   あさが来た1

※簡単感想デフォルトでよろしくお願い致します~。
※たまに、夜追記する日もあるかもしれないです…。←知れない…です…。
※いいことばかり書いてないんで、そこんとこよろしくお願い致します~。

↑テンプレだす。

この夫婦の大河……とか、民放時代劇感な……。
  きあさが来た118-1

今日の15分間は、何ともビミョーな回だった。

ナレとセリフで15分でここまでまとめたなぁ……

とも言えるし、

15分だからこんな感じになっても……仕方ないよね……

とも言える。

だったら、もっと他のこと削ってこのヒロインが教育に道筋作る大切な所に時間を割いたら?

とも言えるし、

いやいや、朝ドラなんで。ヒストリアじゃないんで。

とも言える………何なんだ。

とにかく。
このたった1話でヒロインは大隈重信から気に入られ、

この大隈、できる限りの協力はさせてもらいますぞ。

と言ってもらえるのだった。

多くの客が押しかけている大隈邸に着いた あさは、幾島……じゃなくて、綾子夫人から

まあ!お見えになるのをうちの大隈、楽しみにしていたんですのよ。

と、迎え入れられる。
(楽しみにしていたなら返事ひと言くらい出してやってくれる)

通されたのは立派なサロンで、タコ部屋などではなかったので、思わず、

うち、今までは初めて行くとこ行くとこ大抵はお猿さんがいたりしてびっくりぽんな事ばっかりだしたのに、こない親切に中に入れて頂けるやなんて…。

と、言ってしまう あさであった。

で、その後、女子に大学をと訴えている面白い女子と紹介され自分に好奇心満々な人々を見て、

「あさはその時気付いたのでした。
今、この館では自分こそがみんなにとってのお猿さんなのかもしれない事に」

というナレへと続く。

上手い!

とも言えるし、

ナレじゃなくて演出的にもっと面白くできなかったのかな……とも思える……。

で、現在の教育では女子は「良妻賢母」の道を進まされ、男子とは最初から学ぶ道が違う。
と長く演説する あさである。

大隈先生。うちも賢母良妻に憧れております。
それに、うちの小さい頃と違て女子も小学校から学べるようになり、高等小学校や娘の通う女学校の話を聞いた時もただただ羨ましい思いました。ええ時代になったなぁて。

ほんま十分や思てたんだす。
うちは…なんてアホやったんだすやろ!

そないな事で満足するやて、さながら道の向こうに小さい頃から焦がれてた宝玉があるかも分かれへんのに近くに落ちてたビー玉拾てわぁと喜んで帰ろとしてたただの子どもでございます。

うちは政府が打ち出したところの女子はこれで十分やろいう考えにまるで流されてたんだす。
今においても男子と女子の教育はまるで違てます!
男子は学ぶ気さえあったら中学校、高等学校、大学校へと道が開けてますけど、女子はせいぜい女学校師範学校しかあらしまへん。

しかも学べる年月はずっと短い。
また、教科書見ましても、女学校は婦女の道徳に重きが置かれ過ぎて世に出て役に立つ実学が男子に比べてあまりに少ない。

初めから教育の目指すとこが男子は学問、女子は花嫁修業と明らかに違てしもてんのだす。
女子に学問なんか要らん。
学ぶ場さえ用意しといたらそれで十分やろ、いう、そもそもの考えが今日の女子の高等教育の大きい足かせになってるのでございます!

うちは大隈先生のおっしゃる「賢母良妻が女子の主たる天職である」いうお考えに異論はございまへん。
そやけど、そのためにかて学ぶ事は必要だす。
芸事や実技も大事だすけど、世の中の動きに疎い女子だけではあかん。
賢母良妻になるためにかて、男女の教育に区別をすべきやあれへんのだす!

すごいな…とも言えるし…

長台詞だけで納得させちゃうって簡単じゃね……とも言え……(略

そもそも、別にこの時代、男子はみんな大学へ行っているわけではなく。
大学へ行くのはほんの一握りの向学心があったり優秀だったり、お金があったりする人たちだけであった。

大学って本当に、国を向上させる研究や学問を目指す人々を育てる場所だったの。

それを当時圧倒的に下の地位に見られていた女子に道開くってことは、女子の学者や官僚を育てるのと同じ意味があるわけで。

添え物だとしか思われていなかった女子にそんな道を開くことに賛同する…
それは凄い凄い考えられないほど凄い話だったのだが…。

そこまでの決心が見えないのは残念かも。

こちらも「篤姫」の島津斉彬公…
  あさが来た118

この組み合わせは、どちらかというとお篤の方に会わせてあげたい。

 

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

よろしければ→【2016年1月期・冬クールドラマ】ラインナップ一覧とキャスト表

  
※キャスト

白岡あさ(旧・今井) … 波瑠(子役期:鈴木梨央)

眉山はつ(旧・今井) … 宮﨑あおい(子役期:守殿愛生)

白岡新次郎 … 玉木宏
白岡正吉 … 近藤正臣
白岡よの … 風吹ジュン
白岡榮三郎 … 桐山照史(子役期:吉田八起→河崎脩吾)

白岡さち … 柳生みゆ
白岡千代 … 小芝風花(子役期:東出奈々→中川江奈→鈴木梨央)
東柳啓介 … 工藤阿須加
白岡正太郎 … 木内義一

眉山惣兵衛 … 柄本佑
眉山栄達 … 辰巳琢郎
眉山菊 … 萬田久子
眉山藍之助 … 森下大地(子役期:→南岐佐)
眉山養之助 … 西畑大吾

雁助 … 山内圭哉
亀助 … 三宅弘城
ふゆ … 清原果耶
うめ … 友近
かの … 楠見薫
クマ … 郷原慧
ツタ … 畦田ひとみ
弥七 … 竹下健人

山崎平十郎 … 辻本茂雄
高木ツル … 村崎真彩
末松すず … 三宅唯真
中川ハト … 加藤千果
工藤サカエ … 横田美紀

山屋与平 … 南条好輝
美和(晴花亭店主) … 野々すみ花
田村宜 … 吉岡里帆
田村フナ … 高橋由美子

治郎作 … 山崎銀之丞
カズ … 富田靖子
サトシ … 長塚圭史
宮部源吉 … 梶原善
伊作 … 中山義紘
福太郎 … 北原雅樹
八五郎 … JEFFI
三坂 … 中川浩三
日野彦三郎 … 上杉祥三
山本平蔵 … 山本浩司
三坂 … 中川浩三
萬谷与左衛門 … ラサール石井

今井忠興 … 升毅
今井梨江 … 寺島しのぶ
今井忠政 … 林与一
今井久太郎 … 興津正太郎(子役期:二宮輝生)

五代才助(友厚) … ディーン・フジオカ

大久保一蔵 … 柏原収史
土方歳三 … 山本耕史
櫛田そえ … 木村佳乃
成澤泉 … 瀬戸康史
成澤カナエ … 宮嶋麻衣

福沢諭吉 … 武田鉄矢
渋沢栄一 … 三宅裕司
玉利友信 … 笑福亭鶴瓶

大隈重信 … 高橋英樹
大隈綾子 … 松坂慶子

ナレーション(語り) … 杉浦圭子

※スタッフ

脚本 … 大森美香
演出 … 西谷真一、新田真三、佐々木善春
プロデューサー … 福岡利武、熊野律時
制作統括 … 佐野元彦
音楽 … 林ゆうき

原作(原案) … 古川智映子『小説 土佐堀川』

主題歌 … 「365日の紙飛行機」AKB48

公式サイト http://www.nhk.or.jp/asagakita/

 【あさが来た】
1 2 3 4 5 6 
7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 
25 26 27 28 29 30
31 32 33 34 35 36
37 38 39 40 41 42
43 44 45 46 47 48
49 50 51 52 53 54
55 56 57 58 59 60
61 62 63 64 65 66
67 68 69 70 71 72 
73 74 75 76 77 78
79 80 81 82 83 84
85 86 87 88 89 90
91 92 93 94 95 96
97 98 99 100 101 102
103 104 105 106 107 108
109 110 111 112 113 114
115 116 117 118