NHK朝ドラ【ちむどんどん】第26回 (第6週 月曜日) 感想

「ひとことで言えば準備不足です」
「あの家族、一旦落ち着いてみて」

その通りです。大吉さん。

これも、もう賢秀は「置いておいて」お母ちゃんが悪いと思うのだけど。

若い娘を東京に出すのに不安はないんか。今更だけど。

1972年5月。高校を卒業した比嘉暢子(黒島結菜)は、復帰した沖縄から東京に、料理人になるためにやってきた。大都会の人ごみ、行き交う車に衝撃を受け、そして銀座のレストランの西洋料理にびっくり!レストランのオーナー(原田美枝子)らの失笑を買う。そして、兄・賢秀(竜星涼)がいるボクシングジムを訪問したところ、衝撃の事実が待っていた。上京初日から、暢子に人生最大のピンチが訪れる…

(『ちむどんどん』上記あらすじは「Yahoo!TV」より引用)

連続テレビ小説「ちむどんどん」第6週「はじまりのゴーヤーチャンプルー」第26話

NHK朝ドラ【ちむどんどん】 感想

感想

やっぱりファイトマネーじゃなかったさぁ。

と、全視聴者が納得した朝である。

でもさ、とにかく試合には出たんだ。(さすがに記事を捏造する知識も技も無いよね)

昭和47年 銀座のレストラン

昭和47年でも銀座に行けばこんなすごいレストラン世界があったんだねぇ……。

日本の高度経済成長は、1955(昭和30)年の「神武(じんむ)景気」に始まり、1973(昭和48)年の「オイルショック」まで続いた。1953(昭和28)年頃から、銀座のビルの屋上には大型のネオンの広告が設置されるようになり、夜の街を彩るようになった。戦前期から日本一であった銀座の地価はますます高騰し、固定資産税・相続税...

個人的にはこの年代なら赤坂の洋食屋でキャーー♥って言っていてほしいのだけれど。

だって、この店は政治家やスタぁがお食事に来るようなお店なのでは……。

庶民はたぶん、デパートの食堂で「ビフテキ」を食べることができるのがお金持ち層という時代。

4000円のコース。令和価格だと16000円~20000円といったところ?

これを奢れる早苗ちゃんは共同売店の善一さんの娘さんではなかったでしたか……?

やっぱり、この当時の沖縄って、なんか世間と経済観念が違ったの?

だから優子さんも共同売店で働きだしたら少し借金が楽になった設定なの?

やんばるの共同売店……底知れない!!

しかし、事件も事故も起こさなそうな料理長(なぜ料理長がフロアをウロウロしているのかはよく分からないけれど)・高嶋政伸さん。

まさかやー様にとって最高の思い出となるよう、いつもどおりのサービスを心がけます。

優しいです。姉さん。

それとも、いずれ暢子が料理のライバルになるようなことがあって、突然イケズキャラに変貌するのでしょうか。姉さん。

ファイトマネーは嘘でした

とりあえず。

遠くやんばるから外国のような東京へ初めて出るのにさ。

普通……って言ったらいけないか。私だったら何回もニーニーに連絡とって、下宿先?にもあらかじめ挨拶して、場所もしっかり把握した上で娘を送り出すさ。

一人で東京へ出て来た娘は兄のボクシングジムに行って、兄が借金をたくさんした上でトンズラしたことを知る。

比嘉は逃げた。
デビュー戦の相手後で分かったんだが、腹を壊してたのを隠していたらしい。だから比嘉は一発も打たれずに圧勝した。


だけどこの前の第2戦比嘉は一方的に殴られて1ラウンドの途中で……。
「ありえん!やめた!」と言って勝手にリングを降りちまった。


それで?今はどこに?


試合の翌朝には消えてた。

まさかやー。
でもデビュー戦でファイトマネーたくさんもらったんですよね?


会長にさんざん泣きついて前借りしただけ。
そのほかにもみんなに借りまくってた。

まかやーー……ではないよねぇ。

ニーニーがそういう人だってこと、視聴者だいたい知ってる。

しかし東京の人たちも優しいよね。

よく出会ったばかりのワケ分からない男にお金貸すもんだよね。

あの、捜してみますから行きそうな所心当たりを教えてください!借金は必ず返します!

「必ず返します」も比嘉家流である。

関わったかたがたがお気の毒だよ……。

そして横浜の鶴見へ

このジムの場所がどこなのかよく分からないが、この当時は交通も限られているので鶴見って結構都内から時間がかかるところである。(品川辺りならそうでもないかな……)

たぶん治安も今より悪かったことは想像できる……。

夜に行き場もなく酔っぱらいに絡まれて。

売られるコースじゃないか……。

まぁ、朝ドラだから助かるけど。

※朝ドラレビューは基本的に簡単感想で。
※朝ドラは半年間の長丁場なので、良い感想を書いてある時も悪いことが書いてある時もあります。レビューはその日その日の感想なので、その点ご了承くださいませ。
…テンプレだす…。

このドラマについてひと言ふた事書きたい、書いて下さるって方はぜひどうぞ。
NHK連続テレビ小説『ちむどんどん』レビュー口コミ投稿ページ◆放送期間 : 2022年4月11日 ~ 2022年9月◆平均視聴率 :  %◆脚本 : 羽原大介◆主題歌 : 三浦大知...


PVアクセスランキング にほんブログ村  にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村




ちむどんどん キャストとスタッフ

キャスト

比嘉暢子 – 黒島結菜(子役期:稲垣来泉)

比嘉優子 – 仲間由紀恵
比嘉賢三 – 大森南朋
比嘉賢秀 – 竜星涼
比嘉良子 – 川口春奈
比嘉歌子 – 上白石萌歌

青柳和彦 – 宮沢氷魚(子役期:田中奏生)
石川博夫 – 山田裕貴
砂川智 – 前田公輝
前田善一 – 山路和弘
前田早苗 – 高田夏帆
下地響子 – 片桐はいり
比嘉賢吉 – 石丸謙二郎
喜納金吾 – 渡辺大知
新垣のおばぁ – きゃんひとみ
安室のおばぁ – あめくみちこ
マスター – 川田広樹
青柳史彦 – 戸次重幸

矢作知洋 – 井之脇海
大野愛 – 飯豊まりえ
猪野清恵 – 佐津川愛美
田良島甚内 – 山中崇
猪野寛大 – 中原丈雄
大城房子 – 原田美枝子
二ツ橋光二 – 高嶋政伸

平良三郎 – 片岡鶴太郎
平良多江 – 長野里美
金城順次 – 藤木勇人

語り – ジョン・カビラ

ちむどんどん スタッフ

◆制作統括 : 小林大児、藤並英樹
◆プロデューサー : 高橋優香子、松田恭典、川口俊介
◆演出 : 木村隆文、松園武大、中野亮平
◆フードコーディネート : 吉岡秀治

◆脚本 : 羽原大介
◆音楽 : 岡部啓一、高田龍一、帆足圭吾
◆主題歌 : 三浦大知「燦燦」


『ちむどんどん』各回リンク

第1話 2 3 4 5 
6 7 8 9 10
11 12 13 14 15
16 17 18 19 20
21 22 23 24 25
26


この記事のトラックバック用URL