NHK朝ドラ【ちむどんどん】5回 (第1週 金曜日) 感想

えええ……南朋の出番……!

そうか、父ちゃんはポンコツじゃなければ早世のパターンか。

でも、こんなに早いなんて。聞いてない……。

暢子(稲垣来泉)たち比嘉家のみんなは、東京からやってきた民俗学者・青柳史彦(戸次重幸)と息子の和彦(田中奏生)と親しくなる。そして家族みんなで、史彦の招待を受けてレストランで食事をすることに。初めて見るきらびやかな西洋料理、さっそうとした料理人の姿に、食いしん坊の暢子は心を奪われてしまう。そんな楽しい日々の後、比嘉家の大黒柱・賢三(大森南朋)の身に不吉な事件が・…

(『ちむどんどん』上記あらすじは「Yahoo!TV」より引用)

連続テレビ小説「ちむどんどん」第1週「シークワーサーの少女」第5話

NHK朝ドラ【ちむどんどん】 感想

感想

なかなかOPに入らないな~~と思っていたら、無かった。(大知の声が悲しく聞こえたな)

この週いっぱい使って貧しさを描いて描いて……

ますます貧しくなりそうな予感でいっぱいの金曜日。

初めてのコース料理

何でこんなにあるわけ?
一生の思い出にするわけ。忘れないように。
ん~~おいしい!
東京にはレストランが何軒ぐらいあるわけ?10軒? 20軒? 50軒? 100軒?!

無邪気にレストランを楽しみ、初めての料理のメニューをメモし、東京行きを夢見る……。

子供時代はいいよ。キラキラしていて。

青柳さん、本当に……ありがとうございます。


とんでもない。先日のごちそうのお返しです。

だよね。

年一回食べられるかどうか分からないブタを潰したんだもの。

比嘉家にとっては、ものすごいご馳走。

しかし、青柳さんの前でいつもいつも貧しい話が出てくるよね……。これじゃ青柳さん、気まずいじゃん。

それに、この内容でまさかOPをラストに持って来るの?演出はこれでいい?

……と思っていたら……。

無邪気でいられなくなる

何の悩みもない顔して寝てからに。

これからたくさん悩むさ。
うちらが来た道と一緒。

子供の寝顔は家族の宝物。

微笑みながら子供たちの未来に思いをはせる夫婦。

これからお金もどんどんかかる。靴代くらいじゃ済まない。

無理しないでよ。
健康が一番大事だからね。

そうだよね。

この朝ドラでも父は出稼ぎに出るんだよね。

行方不明にならなきゃいいけど。

などと思っていたら。

行方不明どころか……。

これ、周りに人が居なそうだなぁ。

携帯もない時代。

優子さんは人を呼ぶためにどれだけ走っただろう。

お父ちゃん、予告に居なかったけれど……

せめて生きていて。

このドラマについてひと言ふた事書きたい、書いて下さるって方はぜひどうぞ。
NHK連続テレビ小説『ちむどんどん』レビュー口コミ投稿ページ◆放送期間 : 2022年4月11日 ~ 2022年9月◆平均視聴率 :  %◆脚本 : 羽原大介◆主題歌 : 三浦大知...
にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へPVアクセスランキング にほんブログ村  にほんブログ村 テレビブログへ にほんブログ村

ちむどんどん キャストとスタッフ

キャスト

比嘉暢子 – 黒島結菜(子役期:稲垣来泉)

比嘉優子 – 仲間由紀恵
比嘉賢三 – 大森南朋
比嘉賢秀 – 竜星涼
比嘉良子 – 川口春奈
比嘉歌子 – 上白石萌歌

青柳和彦 – 宮沢氷魚(子役期:田中奏生)
石川博夫 – 山田裕貴
砂川智 – 前田公輝
前田善一 – 山路和弘
前田早苗 – 高田夏帆
下地響子 – 片桐はいり
比嘉賢吉 – 石丸謙二郎
喜納金吾 – 渡辺大知
新垣のおばぁ – きゃんひとみ
安室のおばぁ – あめくみちこ
マスター – 川田広樹
青柳史彦 – 戸次重幸

矢作知洋 – 井之脇海
大野愛 – 飯豊まりえ
猪野清恵 – 佐津川愛美
田良島甚内 – 山中崇
猪野寛大 – 中原丈雄
大城房子 – 原田美枝子
二ツ橋光二 – 高嶋政伸

平良三郎 – 片岡鶴太郎
平良多江 – 長野里美
金城順次 – 藤木勇人

語り – ジョン・カビラ

ちむどんどん スタッフ

◆制作統括 : 小林大児、藤並英樹
◆プロデューサー : 高橋優香子、松田恭典、川口俊介
◆演出 : 木村隆文、松園武大、中野亮平
◆フードコーディネート : 吉岡秀治

◆脚本 : 羽原大介
◆音楽 : 岡部啓一、高田龍一、帆足圭吾
◆主題歌 : 三浦大知「燦燦」


『ちむどんどん』各回リンク

第1話 2 3 4 5


この記事のトラックバック用URL