NHK朝ドラ【ちむどんどん】第12回 (第3週 火曜日) 感想

毎回「ちむどんどん」「ちむどんどん」って言わなきゃならないんだろうか。

ちょっと、くどい(笑)

本土復帰も近づく1971年。沖縄本島北部、やんばるの比嘉家では、素行がよくないことで地域で有名な長男・賢秀(竜星涼)の起こしたいざこざから波紋が広がり、母・優子(仲間由紀恵)の頭を悩ますことに。折から就職活動をしている暢子(黒島結菜)に思わぬ影響が起こり、将来に暗雲が漂い始める。姉・良子(川口春奈)、そして妹・歌子(上白石萌歌)もそれぞれに家族に言えない想いを抱えていて……

(『ちむどんどん』上記あらすじは「Yahoo!TV」より引用)

連続テレビ小説「ちむどんどん」第3週「悩めるサーターアンダギー」第12話

NHK朝ドラ【ちむどんどん】 感想

感想

何だか意地の悪い人ばかり出てくるドラマだね。

馬鹿息子の方に説教しない親、「いつまでそこにいるの?」と言ってくる同級生、男子の前でわざわざボロい服を指摘してくる女。

もう、ほんと、言いたくないけど……ザ・AK(あ、ついに言った)

貧乏

行かなくていい!あんなやつが偉そうにしてる会社。

本当は賢秀の言う通り。

謝るのはあっちだし、あの場には困っていた目撃者がいっぱいいるもんね。

でも、そういう証言を取って、あっちの悪さを証明できなかったらそこで終わりなんだよね。

「頭が悪い」は学歴や学業の出来不出来ではなく、考えが浅いこと。

ニーニーは考えられない人なのだとよく分かる。

それに……

何度も書くけれど、選べる立場じゃないほどの貧しさなんだよね。

母親は、選べる立場じゃないことを理解していたから、家族のために力仕事をしてきた。

子どもたちに親の苦労が全く伝わっていない。

それは暢子も同じ。

何という虚しさ。

みーーんな底意地悪さぁ

ステレオタイプの権力者の息子描写もそうだけれど。

ピアノが弾ける歌子の同級生は「ずっとそこで見てるわけ?」だし(言い方……)、

一番腹立つのが

「この子だけ短大」
「良子、なんね。ちょっと目立つ、ここ」

と男子の前で服の綻びを指摘してくる女さぁ。

どうしてこんな意地悪な人ばかり出てくるのだろう。(しかも、そいつらのほとんどは「島袋」(意地悪するためだけに用意されるキャラクター)なんだよね!)

でも兄妹は明るく前向きで、そういうことを気にしていないので救われます~~……という、強い人間の前向きな明るさを描いているのではなく、ただ何も考えていないだけのような描きかたがまた……。

この先も、ドラマの中に「島袋」がたくさん出てくるのだろうと思うと。

ちむどんどんしないってば……。

このドラマについてひと言ふた事書きたい、書いて下さるって方はぜひどうぞ。
NHK連続テレビ小説『ちむどんどん』レビュー口コミ投稿ページ◆放送期間 : 2022年4月11日 ~ 2022年9月◆平均視聴率 :  %◆脚本 : 羽原大介◆主題歌 : 三浦大知...


PVアクセスランキング にほんブログ村  にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村




ちむどんどん キャストとスタッフ

キャスト

比嘉暢子 – 黒島結菜(子役期:稲垣来泉)

比嘉優子 – 仲間由紀恵
比嘉賢三 – 大森南朋
比嘉賢秀 – 竜星涼
比嘉良子 – 川口春奈
比嘉歌子 – 上白石萌歌

青柳和彦 – 宮沢氷魚(子役期:田中奏生)
石川博夫 – 山田裕貴
砂川智 – 前田公輝
前田善一 – 山路和弘
前田早苗 – 高田夏帆
下地響子 – 片桐はいり
比嘉賢吉 – 石丸謙二郎
喜納金吾 – 渡辺大知
新垣のおばぁ – きゃんひとみ
安室のおばぁ – あめくみちこ
マスター – 川田広樹
青柳史彦 – 戸次重幸

矢作知洋 – 井之脇海
大野愛 – 飯豊まりえ
猪野清恵 – 佐津川愛美
田良島甚内 – 山中崇
猪野寛大 – 中原丈雄
大城房子 – 原田美枝子
二ツ橋光二 – 高嶋政伸

平良三郎 – 片岡鶴太郎
平良多江 – 長野里美
金城順次 – 藤木勇人

語り – ジョン・カビラ

ちむどんどん スタッフ

◆制作統括 : 小林大児、藤並英樹
◆プロデューサー : 高橋優香子、松田恭典、川口俊介
◆演出 : 木村隆文、松園武大、中野亮平
◆フードコーディネート : 吉岡秀治

◆脚本 : 羽原大介
◆音楽 : 岡部啓一、高田龍一、帆足圭吾
◆主題歌 : 三浦大知「燦燦」


『ちむどんどん』各回リンク

第1話 2 3 4 5 
6 7 8 9 10

11


この記事のトラックバック用URL