NHK朝ドラ【ちむどんどん】第11回 (第3週 月曜日) 感想

全然ちむどんどんしないっっ!!

7年経ったことは知ってるさぁ。

でも、し、借金は?……ニーニー……。

時は1971年。比嘉家の母・優子(仲間由紀恵)は、今は村の共同売店で働いている。そして四兄妹はそれぞれに成長している。暢子(黒島結菜)はやんばるの高校生。相変わらず足が速く活発な人柄だ。そして、暢子は今、卒業後の進路、就職をどうするかを考える季節。兄・賢秀(竜星涼)、姉・良子(川口春奈)、妹・歌子(上白石萌歌)もそれぞれに大きくなり、やんばるを舞台に兄妹の新たな物語が始まる……

(『ちむどんどん』上記あらすじは「Yahoo!TV」より引用)

連続テレビ小説「ちむどんどん」第3週「悩めるサーターアンダギー」第11話

NHK朝ドラ【ちむどんどん】 感想

感想

確かに駄目な父や駄目な叔父さんや駄目なニーニーは今までの朝ドラにも出てきたサァ。

基本、朝ドラには経済観念が無いしね。

でも、いくら何でも無さすぎない?

1、2週かけて、あんなに貧しさわ描いて来たのにサァ。

ニーニー!!

何なのこの現実感のなさ……。

せっかく入れてもらった高校を中退してグータラできる経済状況じゃなかったはずでしょ……。

いや、ニーニーのグータラ設定は開始前から分かってはいたが、まさかのガチなニートとはっ。

ニーニー高校に入学した。(中退しても高額な入学金や制服代は戻ってこない)

下の3人も高校へ……。長女は何と短大にまで進学!

母の優子は、今、村の共同売店で働いて一家を支えています。
共同売店の善一さんが奥さんに先立たれて人手不足になり、優子に白羽の矢が立ったのでした。

村の共同売店って、共同で運営している店ですよね……給料的なものは村から出るのではないかと思うんだけど、めっちゃ羽振りがいい?どんだけ稼いでるん……優子さん。

高校や短大はきっとみんな優秀だから奨学金で入ったんだね。生活はやっぱり宝くじでも当たったんかな……。

借金はどのくらい残っているのだろう。

そんなことばかり考えてしまう。

かけっこ

そういえば、この道、昔みんなでかけっこしたな~。


かけっこじゃないよ。
あの日は……。

あの日は。

あの日。

家族が父を失った日。

そんな記憶すら「かけっこ」に置き換えられてしまう。

お母ちゃんもうちが就職したら内職やめたら?


売店の仕事に畑もやって内職も……。

いや、辞められないでしょ。

あんな経済状況だったのに、高校行かせて短大行かせて、長男は無職で。

お金のことで頭がいっぱいになっちゃって、正直、ヒロインの就職よりもまずニーニーに就職させたい。

このドラマについてひと言ふた事書きたい、書いて下さるって方はぜひどうぞ。
NHK連続テレビ小説『ちむどんどん』レビュー口コミ投稿ページ◆放送期間 : 2022年4月11日 ~ 2022年9月◆平均視聴率 :  %◆脚本 : 羽原大介◆主題歌 : 三浦大知...


PVアクセスランキング にほんブログ村  にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村




ちむどんどん キャストとスタッフ

キャスト

比嘉暢子 – 黒島結菜(子役期:稲垣来泉)

比嘉優子 – 仲間由紀恵
比嘉賢三 – 大森南朋
比嘉賢秀 – 竜星涼
比嘉良子 – 川口春奈
比嘉歌子 – 上白石萌歌

青柳和彦 – 宮沢氷魚(子役期:田中奏生)
石川博夫 – 山田裕貴
砂川智 – 前田公輝
前田善一 – 山路和弘
前田早苗 – 高田夏帆
下地響子 – 片桐はいり
比嘉賢吉 – 石丸謙二郎
喜納金吾 – 渡辺大知
新垣のおばぁ – きゃんひとみ
安室のおばぁ – あめくみちこ
マスター – 川田広樹
青柳史彦 – 戸次重幸

矢作知洋 – 井之脇海
大野愛 – 飯豊まりえ
猪野清恵 – 佐津川愛美
田良島甚内 – 山中崇
猪野寛大 – 中原丈雄
大城房子 – 原田美枝子
二ツ橋光二 – 高嶋政伸

平良三郎 – 片岡鶴太郎
平良多江 – 長野里美
金城順次 – 藤木勇人

語り – ジョン・カビラ

ちむどんどん スタッフ

◆制作統括 : 小林大児、藤並英樹
◆プロデューサー : 高橋優香子、松田恭典、川口俊介
◆演出 : 木村隆文、松園武大、中野亮平
◆フードコーディネート : 吉岡秀治

◆脚本 : 羽原大介
◆音楽 : 岡部啓一、高田龍一、帆足圭吾
◆主題歌 : 三浦大知「燦燦」


『ちむどんどん』各回リンク

第1話 2 3 4 5 
6 7 8 9 10

11


この記事のトラックバック用URL