NHK大河ドラマ【いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)】第12回「太陽がいっぱい」感想

四三(中村勘九郎)が出場するマラソンがスタートする頃、熊本では、スヤ(綾瀬はるか)が金栗家と共に応援の宴を開催する。四三は、病気の大森兵蔵(竹野内豊)を背負ってスタジアムに入り、準備万端とは言えないままレースに臨む。

序盤は順調にペースを上げるが、記録的な暑さが激しく体力を奪っていく。そしてー。

スタジアムで四三のゴールを待っていた治五郎(役所広司)や弥彦(生田斗真)は戻らない四三を必死に探す。
(あらすじは Yahoo!テレビより引用)

  2019年大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」感想

いだてん~東京オリムピック噺(ばなし) 第12回 「太陽がいっぱい」


安仁子、四三の部屋のカーテンを開ける



「七月十四日。マラソン競技、当日なり。」

ついにマラソンの日がやってくる。

生きろ。四三、父ちゃんの分まで……走れ。

治五郎先生のように強く……と願って逝った父の死を経て。走って学校へ通い、走る楽しさを東京で知り、世界記録を喜ばれ、たくさんの仲間に押されてストックホルムオリンピックへ来た。


この過去映像で、もう泣ける……。

故郷でも、東京でも、みんな四三の活躍を集まって応援してくれている。金栗の家にはスヤさんも夫婦で来てくれていた。

この日のためにと治五郎先生が下さったフロックコートを着る。

安仁子夫人が写真を撮ってくれた。


しかし、その目には涙が溜まっている。

走る前から消耗す



大森先生は、この日、フラフラな体調だった。
安仁子が止めても、大森は四三を見なくてはならないと頑固に言い張る。

監督として、君のレースだけは是非とも見たいからね。

いや、監督、確か、マラソンは専門外だからとアドバイスもくれなかったはず……。お願いだから家で寝ていて~~……。

時代も時代なので、監督も「国のために」と「戦のつもり」の志がある。

それが分っているから四三は大森を止められなかった。


本来なら監督が連れて行く体のはずなのに……。

四三に連れて行かれる監督。
道は分らず。
ついにはオンブ。
 『いだてん』第12回感想 大森先生

大森を負ぶる時、四三の表情にも覚悟が感じられた。まるでもう戦場のよう。

四三、幻を見る



そうやって消耗した上に、この日のストックホルムは30度以上。(みんなよくそんな真っ黒なコートなんか着てるよね……)


三島や治五郎先生の声援を受け、故郷や東京高師のみんなの応援を想像し、大きな外国人たちの中を走る四三。

マラソンは団子になっているのは初めだけ。出遅れた四三はみんなを追うので精いっぱいだった。

スッスッ ハッハッ スッスッ ハッハッ スッスッ ハッハッ スッスッ ハッハッ……

ずっと四三と一緒に走っているようで……。

小さな子どもの四三も四三と共に走り続けているのだった。

東京高師のみんなの幻も見えてくる。

一体、どこを走っているの、四三。
『いだてん』第12回感想 幻の東京高師

黎明の鐘



ゴール地点は、当然テレビもビデオもなければ携帯電話も無く。選手たちがどうなっているのかは伝令からの報告で、上位国の国旗を揚げるのね。

日の丸がなかなか上がらずイラつく治五郎先生。


しかし、順位の旗が上がる様子はやがて少しずつ変わって来る。棄権する選手が現れ始めたのだ。

おっ、コーレマイネン、棄権か?

皆、この日ざしと暑さにやられておるのでしょう。


治五郎先生は思い出すのだった。四三をオリンピックに出場させるために励ました事。

「金栗君、日本のスポーツ界のために黎明の鐘となってくれたまえ!」

競技開始前にはクーベルタンと、ドランドの悲劇について話したばかりである。

ドランドの悲劇
1908年のロンドンオリンピックでイタリアのドランド選手が1位でゴールしたものの、あまりの暑さに係員が何度も支える手を貸したため好成績が無効になってしまったという事件


こうなったらもう黎明どころか……無事に帰りついてくれるのを祈るのみ。


この「黎明の鐘」回想の後、折り返し地点で境界の鐘が鳴り響く中、選手たちが走っていくの、何だか本当に死の覚悟の中で走っているようだった。美しくおごそかで、でも恐ろしい図。

子・四三の導き



このマラソンでは初めから子どもの四三が一緒に走っていた。

折り返し地点を過ぎて、ラザロを追い越し、急に意識朦朧とし始めた四三は、子どもの自分を見る。
 『いだてん』第12回感想 幻子四三


「ス~ハ~ ス~ハ~」じゃなか。
スッスッ ハッハッ スッスッ ハッハッ……2回ずつばい。

分か……分かっとるばい……。

脚、痛かと?
苦しかと?

うん……。



ラザロが走りながら大声で四三を止めている……。

ラザロ



ストックホルムに来て、一番に四三に声を掛けてくれたラザロ。

足袋を気に入ってくれた、カーペンターのラザロ。

出発前にもお互いに緊張をほぐした。
折り返し地点からは、しばらく一緒に走った。

ラザロが居たから四三は頑張れた……とも言えるし、頑張ってしまった。とも言える。

2人とも、給水地点で水分を摂っていれば……。

 『いだてん』第12回感想 ラザロ

コースを逸れていく四三を、ラザロはフラフラしながらも大声で止めようとしてくれた。

2人が別々の道を進んでいく。
この分かれ道……。

行方不明になった四三



1着は南アフリカのマッカーサーズ。

タイムは2時間36分。

金栗君の羽田の記録は……。

2時間32分45秒ですね。

ハッ!4分も遅いじゃないか。


そう言いつつ、治五郎先生の目は潤んでいる。

しかし、遅いとか……そういう問題では無かった。

しかたあるまい。
選手のほとんどが完走できないほど過酷なレースだったんだ。

いや、それが……棄権した者の中に日本人はいないと。

何?

何度も確かめたんですが、病院に搬送された選手の名簿にも……。

どういうことかね?

ゴールしてない、棄権もしてないということは……。

まだ走ってるってことだろう。

 『いだてん』第12回感想 心配


行方不明になった四三の身をただ案じ、探し回る事になった日本チーム。

そして、また、安仁子、四三の部屋のカーテンを開ける



今週は行方不明になって終わりかと思っていた。

けれども、一気に見つかる所までやっちゃうのね。

いや、見つかるというか……。

みんなが散々探し回って戻って来ると、四三はホテルの自室で寝ていたのだった。


安仁子がカーテンを開けて、今日のドラマの初めに戻る。

いや、もう戻れないね。
同じ時には二度と戻れない。


寝ている四三を見て、みんなただポカンとするばかり。

すいませんじゃない!
この意気地なしが!
日本人の粘りと闘志はどうした!?
大和魂をどこへ捨てた!?


田島先生が暴言吐いていたけれども、これは気持ち的には仕方ないんじゃないかなぁ。

史実では、四三が目覚めたのは翌日のことだという話だから、先生たちはたぶん一晩中探したのである。

へとへとになって帰ってきたら、当の本人がベッドに寝ている。そりゃ驚くし、事情が分からなければ怒るよね。どの時点で走り止めて帰って来たのかも分らないのだから。

治五郎先生と三島くんは怒っていなかったというよりも、ただ驚いていたのだと思う。元々人当たりの良いことを言う人たちだし、この時点では呆れるか怒るかしかないと思うのだ。


そして、事情はこの後語られる。

嘉納先生、すいません。

ニッシャビョウデス。

日射病?

我々がここへ連れて帰ってきました。



ダニエルくんが連れて帰ってきてくれたらしい。

当の四三には記憶がなく。

たぶん、ずっとずっとずっと走っていたのだろう。

幻の中で……。


あそこで子四三が四三を別の道へ誘ったのは、ゴールへ向かうなという事だったのかも知れない。

あの時点でまだ折り返したばかり。

ゴールを目指して走っていたら、きっとNIPPONの悲劇になってしまっていたよ。


しかし……

つらかろうなぁ。

マラソンって、本当に辛いものなのだと。「打ち勝つため」の限界に挑戦するものなのだと。

テレビでボーーッと眺めていても分らないことを体感した気持ち。

けれども、選手はこれを走りきる達成感を愛しているのだろうから、ゴールできないことは何よりも辛かろう。

走らないで生きるか。
走って死ぬか。

どちらが幸せかは、走らない者には理解できないのである。


さて。

確か史実では現地の人に助けられたはずなので。

どうしてこうなったのかの答え合わせは、たぶん、来週以降。

このドラマについてひと言ふた事書きたい方はぜひどうぞ。

NHK大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺~』◆放送期間 : 2019年1月6日 ~◆平均視聴率 : %◆脚本 : 宮藤官九郎◆原作 : ◆主演 : 中村勘九郎、阿部サダヲ◆出演 : 綾瀬はるか,生田斗真,星野源,松坂桃李,山本美月,竹野内豊,役所広司…



にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ ↑他のブロガーさんの大河感想はこちらから・にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

※キャスト

金栗四三 … 中村勘九郎
田畑政治 … 阿部サダヲ

嘉納治五郎 … 役所広司

永井道明 … 杉本哲太
大森兵蔵 … 竹野内豊
大森安仁子 … シャーロット・ケイト・フォックス

野口源三郎 … 永山絢斗
黒坂辛作 … ピエール瀧
可児徳 … 古舘寛治
田島錦治 … ベンガル
内田定槌 … 井上肇
岸清一 … 岩松了
武田千代三郎 … 永島敏行

春野スヤ … 綾瀬はるか
池部幾江 … 大竹しのぶ
金栗実次 … 中村獅童
金栗信彦 … 田口トモロヲ
金栗シエ … 宮崎美子
金栗スマ … 大方斐紗子
春野先生 … 佐戸井けん太
美川秀信 … 勝地涼
池部重行 … 髙橋洋

三島弥彦 … 生田斗真
シマ … 杉咲花
三島弥太郎 … 小澤征悦
三島和歌子 … 白石加代子
吉岡信敬 … 満島真之介
中沢臨川 … 近藤公園
押川春浪 … 武井壮
本庄 … 山本美月

美濃部孝蔵 … 森山未來
橘家圓喬 … 松尾スズキ
万朝 … 柄本時生
小梅 … 橋本愛
清さん … 峯田和伸

平沢和重 … 星野源
岩田幸彰 … 松坂桃李

東龍太郎 … 松重豊

古今亭志ん生 … ビートたけし
おりん … 池波志乃
美津子 … 小泉今日子
五りん … 神木隆之介

知恵 … 川栄李奈
今松 … 荒川良々

大隈重信 … 平泉成
田畑うら … 根岸季衣


噺 … ビートたけし

※スタッフ

脚本 … 宮藤官九郎
原作 …
音楽 … 大友良英
題字 … 横尾忠則
制作統括 … 訓覇圭、清水拓哉
プロデューサー … 岡本伸三、吉岡和彦
演出 … 井上剛、西村武五郎、一木正恵、大根仁
時代考証 … 古川隆久
スポーツ史考証 … 真田久、大林太朗
落語・江戸ことば指導 … 古今亭菊之丞









【いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)】
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

この記事のトラックバック用URL

コメントとトラックバック

  1. 大河ドラマ「いだてん」 #12  「太陽がいっぱい」

    ついにマラソン当日。 明治が大正に変わろうとしているところですねぇ。

  2. いだてん 第12回「太陽がいっぱい」

    大河ドラマ『いだてん』のお時間です。 BSを録画にて鑑賞。 第12回「太陽がいっぱい」 あらすじ・・・・・・・

  3. NHK大河ドラマ「いだてん」第12回「太陽がいっぱい」

    作品に罪はありまっせん!といくら言いつのっても、公営放送ケチケチケーにしてあらば、演者交代は仕方ないでしょうねええ~。さああってピエールメンバーの代役は…三宅弘城様?はて~…誰やあ!「相棒」で怪しい三人組をやってた方?右京さんがセキュリティ会社の外交か何かの振りをしてまんまとお縄にした愉快なトリオの一人か~! …ず、ずずず、ずいぶんとまた、播磨屋さんが縮んだような気がするのは、ワタクシだけですかねええ~え(汗)。

  4. 大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺~』第12回

    「太陽がいっぱい」内容7月14日。マラソン競技の当日。スヤ(綾瀬はるか)は、夫・重行(高橋洋)と、金栗家を訪れていた。四三(中村勘九郎)に精をつけてもらいたいと魚を持って。だが、四三の兄・実次(中村獅童)から2週間かかると聞き、スヤは、金栗家と一緒に応援しようと言い始め。。。。一方、四三は、大森兵蔵(竹野内豊)とホテルを出て、スタジアムへ。だが体調が芳しくない大森が足を止めたのを見た四三は、…