【ビューティフルレイン】第11話

美雨は将来野口英世さんみたいになりたい。

バレリーナもケーキ屋さんも幼稚園の先生もやめて、お医者さんになる。
野口英世さんみたいな立派なお医者さんになって、美雨が父ちゃんの病気を治してあげる。

父ちゃんだけじゃなくて、世界中で病気に困ってる人を助けてあげたいの。

「ビューティフルレイン」第11話

        ドラマ「ビューティフルレイン」感想

簡単感想で。

中村産業みんなでバックアップすると決めてから、社長は圭介の助けになる事を
色々と考えた。

朝昼晩のご飯はうちで食べてもらう。
で、圭さんちの掃除や洗濯、ちょっとした買い物は、私とアカネが手分けをして交代でやる。

仕事もみんなで圭介の負担にならないように分けると言ってくれる社長。

いきなりそこまでしてもらわなくても…。

と、恐縮しながら言う圭介。

確かに、今はそこまでまだ進んでいないから。

「おじいちゃんとおばあちゃんは
 これからもずっと美雨ちゃんたちのみかただし
 おうえんしてるから
 いつでもたよりにしてね」

手紙をくれた沼津の義父母。

助けの手はいくらでもある。

しかし、取引先へ持って行く大切な書類を忘れ、自分の仕事の内容も答えられなかった圭介。

やはり、迷惑はかける。進んでいる事に間違いはない。

圭介は、いずれ来る美雨のこれからの誕生日のためにプレゼントを用意していく。

13歳の美雨へ腕時計。
16歳の美雨へ浴衣。
18歳の美雨へネックレス。

1つ1つに手紙をつける。

「13歳の美雨へ」「16歳の美雨へ」「18歳の美雨へ」

13歳の美雨へ。

誕生日おめでとう。

本当はこんな録音じゃなくて、直接おめでとうって言いたいし
言うつもりでいるんだけど…。

もしも美雨の誕生日を忘れてしまったり…。
分からなくなったときのために…。

今、録音しています。

中学校はどうですか?
毎日楽しく学校に行ってますか?

小学校2年生の時の美雨は、お医者さんになりたいっていう夢を持っていました。

その前はバレリーナで、その前はケーキ屋さん。
その前は幼稚園の先生になりたいって言ってました。

中学1年生の美雨はどんな夢を持っていますか?

これから先、いろんな人に出会って、いろんな経験をして、考えも変わると思うけど
とにかく夢を持つのは素晴らしいことだから…。

美雨には、いつも大きな夢を持ってその夢に向かって頑張ってもらいたいと思ってます。

人生には頑張ってもどうにもならないことやくじけそうになる出来事がたくさん起こります。
だけど、例え夢が叶わなくても夢に向かって頑張ることが大事だと、父ちゃんはそう思います。
本当は美雨が 困ったときくじけそうになったとき…。

いつも美雨のそばにいて相談に乗ってあげたいと思っているんだけど…。

たぶん…。
いつか父ちゃんにはそういうこともできなくなる日が来てしまうと思います。

美雨、こんな父ちゃんでごめんな。

だけど父ちゃんは…。

たとえ美雨の誕生日を祝えなくなったとしても…。

美雨が大好きです。

世界で一番大好きです。

それだけは絶対に変わらないこと、忘れないでくださいね。

父が娘の将来に思いをはせてプレゼントを用意している間、娘は、将来、
父の病気を治すために医者になろうと勉強する。

お互いに考えるのはお互いの事。

ラストの美雨の表情…
決意と不安と寂しさと……

こんなに小さな子供が、親のために胸を痛めているんだなぁ、と思うと、
涙が出てきた。

古賀先生が海外へ認知症治療の権威として呼ばれているらしい…。
向こうの希望は「治験者1人の同行」。

これに同行した場合…治る可能性は…ないよね…。

だったら、やっぱり行かないかな。

来週は最終回。

  。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

木下圭介(豊川悦司)は、娘の美雨(芦田愛菜)と一緒に暮らすことになった。
中村産業の社長・中村富美夫(蟹江敬三)や妻の千恵子(丘みつ子)はもちろん、圭介親子が
一緒に暮らすことに反対だったアカネ(中谷美紀)も、ふたりを支えていこうと決意していた。

それを受け、千恵子は、圭介親子にさっそく新しいライフスタイルの提案をする。
それは、朝昼晩の食事は中村家で一緒にとり、圭介たちの家の掃除や買い物も千恵子と
アカネが分担する、というものだった。
一方、後輩工員の勝田秋生(三浦翔平)は、圭介に黒板をプレゼントする。
ここにその日の作業について書いておけば、圭介が一々手帳を見る必要がなくなるからだった。

夏休みも終わり、美雨は、始業式を迎える。が、帰宅するなり、早く頭が良くなる方法はないか、
とアカネに尋ねる美雨。
アカネは、毎日コツコツ勉強して本をたくさん読めばいい、と美雨にアドバイスした。
どうやら美雨は、大学進学を考えているようだった。

そんなある日、圭介は、富美夫とともに得意先を訪ねる。
先方から、取引価格の見直しを迫られたため、交渉に向かったのだ。
が、その席で圭介は、先方からの質問に答えられないなどの失態を演じてしまい…。

(上記あらすじはYahoo!TVより引用)

よろしければ→【2012年7月期・夏クールドラマ何見ます?】ラインナップ一覧とキャスト表と展望

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ PINGOO!カテゴリテレビ・ドラマ
にほんブログ村  

【キャスト】

木下 圭介 – 豊川悦司
木下 美雨 – 芦田愛菜

西脇アカネ – 中谷美紀
中村富美夫 – 蟹江敬三
中村千恵子 – 丘みつ子
勝田秋生 – 三浦翔平
宗田清 – でんでん

新井春子 – 国生さゆり
新井小太郎 – 高木星来

古賀豊 – 安田顕
立花健太 – 君嶋麻耶
松山菜子 – 吉田里琴

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
※FC2にトラックバックが飛ばないブログ&サイトさま記事リンク(お申し出下さい)

【ビューティフルレイン】第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話
             第8話 第9話 第10話 第11話