【ぼくの夏休み】フジテレビ昼ドラ 第9・10話まとめ感想

佐代に殴られたはる菜は、ショックでますます殻に閉じこもってしまう。
また、佐代の怒りを買い、三男・栄次郎からも目の敵にされた和也も上条家に居づらくなる。

そんな中でも、頑張って生きて行こうと決心した和也だったが、はる菜に2人だけで
暮らしたいと言われ、誰にも言わずに準備を始めるのだった。



「ぼくの夏休み」第9・10話

      ぼくの夏休み

家に妹を連れ込んで佐代に抱きつかせたことで、和也は大五郎から激しく殴られる。
止めてくれるのは、もはやマツだけ。
産んだばかりの赤ん坊をはる菜に押しやられた恨みで、佐代は極度に冷たくなっていた。

栄次郎からも暴力を振るわれた和也は、我慢できずに逆に殴り返してしまう。
そして、栄次郎が仲間を連れて復讐にやって来た時、小野寺省吾という予科練の学生が
和也を助けてくれたのだった。

「家族のために何かをしてあげたい。
それが男だ。」


そう言われた和也は、はる菜のために一生懸命働く事を決意し、仕事にも笑顔で
取り組むようになる。

病院に見舞いに行った和也は、はる菜から2人で暮らしたいと言われ、その願いを
叶えてやりたいと準備を始める。

しかし、その準備とは上条家から様々な生活品を勝手に持ち出す事。

計画はマツに見つかった事で中断されたが、物が失くなった事で上条家の家族は
ますます混乱していくのだった。

  。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

9話と10話分のあらすじはこんな感じ。簡単ですいません。


栄次郎、仲間連れてくるとは卑怯な~~

とは思ったけれども、この子も複雑な事情を抱えているからねぇ…。
この家の人たちにとっては、引っ掻き回しているのは和也兄妹の方なのかも知れない。
(まぁ、元々崩壊家族だけど)

そんな和也を救ってくれた男の中の男…に見えただろう小野寺省吾。

そら、憧れるよね。イケメンだし。中の人は北条隆博くん。
色んなドラマにちょこちょこっと出ておられます。
    ぼくの夏休み4
 このドラマでの出番はここだけ?ってことはないよね。もったいない……。

お前は間違ってない。
それが男だ。


省吾からそう言われた和也は

う~。かっけぇ~!

と、頭の中でこの「兵隊さん」に言われたことを反芻しながら日々頑張ります。

誰か、憧れの手本が出来るって、この年頃の男子を成長させるもの。

和也が守る家族といったら、もちろん、はる菜。

はる菜のために上条の人たちに頭を下げ、置いてもらえるように頼みます。


しかし、はる菜の希望は病院を出て2人で暮らす事。

星が見たい…。
お兄ちゃんと見た星。

お兄ちゃんと…2人がいい。



和也がその願いをかなえてやりたいと実行に移した事は何と…

泥棒!

前に2人で小屋にいた時は、食べるために畑を荒らしたりした和也です。
今度も2人で暮らすとなったら色々と必要だと思ったのかもしれないけれども…

それは、ちょっとダメすぎると思う…

だって、今度は前の泥棒とはわけが違います。

拾って世話してくれた人の家から黙って色々持って行くって言うのは…
泥棒であると同時に裏切り者です。

しかも、栄次郎の机からノートだのハーモニカだの持ち出すときの和也は、
ちょっと嬉しそうだった。
ちっとも悪い事してるって顔じゃなかったものね。

また、そんな事やっちゃったせいで…後々騒ぎになったわけだし。


ま、とにかく女たちの関係は昼ドラのように(いや、昼ドラだから)ドロドロです。

子どもを得た佐代は、マツに向かって

お母さん。私はあなたの指図は受けません。

とか言い出すし、

文子に向かっては

あの人とまだ続いているの?
調子に乗らないでよ。この家は私のものよ。


とか言い出すし……。

最初は、平成の母にそっくりなこの人が兄妹の味方になってくれるんだと思ってたのに、
なんのこっちゃ子供を産んだ途端に鬼女のようになっちゃったのでした。

もちろん、この人にも子ども達を守りたいという気持ちがあるからなんだけどね。


マツだけが、和也たちの味方。

僕がはる菜を病気にさせてしまったから。
だから…僕が治してやるんです。


と、泣きながら訴える和也のために、和也を丁稚の修行にやるために出かける
と言って一緒に付いてきてくれました。


そして、和也が盗んだものを元の場所に返しているところを目撃した佐代。

ハーモニカを盗んだのはお母さんです。
栄次郎と勇作さんの仲を引き裂くようにしむけたんです!


と、ダンナに告げ口。

もう、みんなが疑心暗鬼でどろっどろ…。

和也がいない間に耕作の世話をやらされた文子は耕作に逃げられちゃうし、
アホの坂田が通報したせいで特高は踏み込んでくるし…。


これ、和也がこの家に戻ってくるとしたら、この家、その時は一体どうなってんの


上条家がこんな事になっているとも知らずに小屋で楽しく暮らし始めた和也とはる菜は、
和也が虫を食べられないと言った事からマツに怒られます。

そら…食べられないよ…平成の子だもん。いや、私だって無理だから。

コオロギは羽と足を取って熱湯でよ~くゆでる。
あとは乾燥させて、ぱくりだ。

いいタンパク質になる。

あと、しょうゆと砂糖があれば佃煮にもできる。
カエルは煮ても炒めても揚げても食べられるんだ。
セミは羽を取って火であぶって食べる。


いやいや無理ーーーーーと本気で拒否る和也に、マツは

和也!お前は兄ちゃんなんだろ?
どんなことをしてでもはる菜のために頑張るんじゃねえのか?
お前はまだ死ぬ気になってねえ。


と本気で怒りだし、事もあろうにウサギをさばけと言い出したのでした。


えーーー!!うさぎーー!!
そっち来るーーーー!?



いやーーうさぎは確かに高級肉だよ、いや違った高級タンパク質だよ…←これも何か違…
うーさーぎーおーいしーかのやまーーっていう歌もあるしねーー←これも違うっ!

でもさーー、うさぎ、いつかはやられるのでは、とは思ってたけど、栄次郎の復讐とか
そんな風に使われちゃうのかな、と思ってたんですよ。

ここでこんな風に命を落とすのか、うさぎーーーー!!


…と、思ってたところに、はる菜がまたまたやってくれました。


そんなことをしちゃいけないんだよ!
ペットを殺しちゃいけないんだよ!
ペットを捨てちゃいけないんだよ!

ママが そう言ってたもん。



この「外来語」オンパレードに目を白黒させるマツ…。

そこで初めて和也は平成から来た事をマツに語り、そして、マツは何と信じてくれたのでした。


いやーーー良かった良かった……。

マツはこの時代の人にしては頭の柔らかい人ですね。

こんな事を信じてくれ、2人はますます同情され、ウサギも助かり、やっと安息の日を得る…


と、思ったら、そう簡単には事は片付かない


和也たちをずっとつけていた男が、その会話を聞いて、いきなり入ってくるのです!!


お前たち!!

そう言って、スマホを掴み……


特高だ!

というマツの声で、3人は外へ逃げ出します。

そして、何とマツが山道で足を滑らせて転落事故……。



きゃぁぁぁぁおばあちゃんーーーーーー!!!!!

ってか、この人たぶん特高の人じゃない…と思うんだけど。

この人が味方じゃないと、おばあちゃんを助ける人が居なくなっちゃうじゃん。


って事は…この人も未来から来た人!?←という思い込みです。


か、どうかは来週にならないとまだ解りません。

でも、そうであってほしいな。

この男(「鹿野」というらしい)、何か警察から身を隠しているようだったし、
特高だとは思えない。

大人が仲間の方が圧倒的な安心感があるし……もっと他にも仲間が増えればいいのにな。


もし帰れなかったら、みんなで平成国を作ればいいよ。



・・・来週も、予告見る限りでは、大変な事満載っぽいっす。


※8/6からは第2部に入り、青年期を迎えるらしいです。
役者さんは、「仮面ライダーディケイド」井上正大さんと有村架純さん。
えーーこの時代のままでって事!?



  。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

(第10話あらすじ)
 「お兄ちゃんと二人がいい…」はる菜(二宮星)の言葉に、上条旅館を出る決意をする
和也(綾部守人)。
上条家の人々の目を盗み、食料や配給券を持ち出そうとするが、マツ(うつみ宮土理)に
見つかってしまう。
はる菜のために出て行きたいと和也から打ち明けられたマツは、一計を案じて…。

一方、和也が栄次郎(西山潤)の物を盗んでいたことで、上条家では騒動が。
栄次郎は、勇作(森永悠希)が嫌がらせで盗んだと疑い、取っ組み合いの喧嘩になったのだ。
しかし、大五郎(升毅)は兄に向かって無礼だと、栄次郎だけを平手打ちする。

大五郎から、お前の子供は疫病神だと言われ、佐代(高岡早紀)は悔しくて仕方がない。
そんな中、マツが栄次郎の机を開けているところを目撃した佐代は、兄弟喧嘩をさせるため
マツが仕組んだことだったのだと思いこみ…。

(上記あらすじは Yahoo!TVより)



よろしければ→【2012年7月期・夏クールドラマ何見ます?】ラインナップ一覧とキャスト表と展望

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ PINGOO!カテゴリテレビ・ドラマ
にほんブログ村  



【キャスト】

青山和也(12) – 綾部守人
青山はる菜(9) – 二宮星

上条佐代・青山詩緒里 – 高岡早紀
青山浩二 – 中原裕也

上条マツ – うつみ宮土理
上条大五郎 – 升毅
上条耕作 – 崎本大海

上条勇作 – 森永悠希
上条栄次郎 – 西山潤
文子 -土谷春陽

五十嵐先生 – 山崎銀之丞
五十嵐ちえ子 – 水野絵梨菜

※詳しい出演者情報はシャブリさんのブログへ



  




「Twitter」やってますです。
フォロー下さる方は、ほぼドラマ実況ツイート(辛口)だという覚悟でお願いします

 
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
※FC2にトラックバックが飛ばないブログ&サイトさま記事リンク(お申し出下さい)



過去記事【ぼくの夏休み】第1・2話 3・4・5話 6・7話 第8話 第9・10話


この記事のトラックバック用URL

(承認制です。また、お手数ですがスパム対策のため「https://dramablog.cinemarev.net/」へのリンクのないTBを受付できません。ご了承ください。)

コメント

※ 右のアイコンから Wordpress,Twitter,google+,facebookのアカウントを使ってコメントできます。
オープンIDをお持ちでない方はアドレスを記入してください。(書きこんだアドレスは表示されません)

2件のコメント

  • くう
    2012年7月15日 1:55 AM

    SECRET: 0
    PASS: d0970f9a670a457ba04fd47a84598fe5
    ほんとーに久しぶりに昼ドラ見てます。あまりにも面白いんで( ̄∀ ̄)

    北条隆博くん、色々出てるよね~。仮面ライダー剣なんだよね!

    私は主役にならなくても、今のままでちょっと癖のある脇役位置を確立させていただきたいと思ってます。
    もっともっと出てほしいよね~。

    >相武沙希ちゃんも、準主役の方が、華が咲いたように、
    生き生きと演技している感じ。

    彼女も、ちょっと空気読めないポジションを確立してますよね( ̄∇ ̄;)
    いや、これはこれで素晴らしい事だと思います。
    役者さんは変に主役ばかりやらない方がファンも付くと思うよ。

    このドラマでは、今後も北条くんが出て来るかどうか、ちょっと解らないのです。
    出てくれるといいなぁ。

  • omi
    2012年7月14日 7:51 AM

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    おはよーございます。
    ドラマ、全然知らないけれど、
    くうさんの「北条隆弘博」に反応しちゃいました。

    「がんばっていきまっしょい」でたたよねぇ。
    あと、「ライフ」。

    高橋一生クンといい、北条くんといい、
    もっと主役はっていいと思うんだけど、
    (イケメンだから。)
    なかなか、そっちは、やらないよねぇ。

    そうそう、
    相武沙希ちゃんも、準主役の方が、華が咲いたように、
    生き生きと演技している感じ。

    くうさんのレビューが素晴らしいので、
    いっつも、映像観ているようです。