【リッチマン、プアウーマン】第10話 感想

何にもなかったよ。
恨みも怒りも。

ただ、良かった。この人も元気そうで、って思ったぐらいで。

ああ、あんなに捜してたのは何だったんだろうって感じだ。



「リッチマン、プアウーマン」第10話

   商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。


朝比奈逮捕の一件で、日向も当然東京地検からの呼び出しを受けた。

リークしたのは遠野だったらしい。

別に金が欲しかったわけじゃない。
ただ、あの2人に思わせたかった。

遠野は、敵に回すんじゃなかったって、あいつすげえことすんなって。

認めてもらいたかった。俺のこと一度でいいから。



この一件は各地に影響を及ぼした。

「NEXT INNOVATION」は、当然ボロボロ。
朝比奈の妹である耀子の所にまでマスコミが押し寄せて、休職せざるを得ない状況に。

相反して、日向の「WONDER WALL」は急成長。

これは、真琴の「日向対人教育」の成功にもよる。


営業でお話をさせていただいているときに、相手がこちらの言うことを
理解してくれませんでした。
はい、さて、何と返しますか?


あなたバカですか?

ふふっ。あなたがバカです。

バカにバカって言って何が悪いんだ!?

「すいません。誤解があったようですのでもう一度説明させていただけますか?」
と、こう言えばいいんですよ。



他人に頭を下げることが出来なかった日向は、次第に営業も出来るようになり、
営業用の笑顔を作ることもできるようになり、頭を下げる事も覚えた。

真琴先生の採点が毎度入る。

今日の僕は何点だった?

まあいい線いってましたけど、最後名前間違えちゃいましたからね。75点で。

お前は厳しいな。
今日の僕は完璧だったろ!


あれ?
指示されたその先までやって完璧っていうんですよ。



やがて日向はきっちり頭を下げられるようになり、取引先の名前も覚えられるようになっていく。

今日は?

120点! 完璧です!


ああ。 もう完璧だよ。
もう何も言うこと無くなっちゃったよ。


取引先と飲みに行く日向の後ろ姿を寂しそうに見送る真琴。


日向は、山上から「NEXT INNOVATION」に戻ってほしいと言われる。


どこかでお前と朝比奈の行き違いを正すことはできた。
なのに…なのに俺はただ見てた。

後悔してるんだよ。

山上さんに責任はない。

今、NEXT INNOVATIONが消えたら、世間のやつらきっと言うだろ。
「ほら見ろ。常識を飛び越えて新しいことなんか始めるやつはすぐに消える」ってね。
ムカつくな!


心底、悔しそうな山上。

あっ…意外か?

こう見えても、俺、お前たちのこと結構好きだったんだよ。


すいません。
今は守りたいものが他にあるんです。



しかし、「守りたいもの」である真琴は、この頃から日向から離れていく。

復活してほしいって思ってたから、もう、復活してくれてホントに嬉しいよ。
やっぱ、日向 徹、かっけえなぁって。

でも、何かもう、カッコ良過ぎちゃって。
前より仕事できちゃってるし。

すご過ぎて。一緒にいんのが何かつらい。



休むというメールを入れたきり、電話にも出ず行方が分からない真琴。

これだから人と関わるのは嫌なんだ!
何で、あいつのために僕がこんなふうにならなきゃいけないんだ!?


さっぱり真琴の気持ちが解らない日向。

笛木和尚は言うのだった。

人に近づき過ぎれば心を乱される。
嫌な自分にもなる。

それも含めて、相手を受け入れる。
それが誰かと一緒にいるということではないでしょうか?


僕は、ただ、あいつの顔が見たいだけなんです。



日向は真琴を探しに真琴の実家まで行った。
駅で偶然会った耀子と一緒に。

初めて自分の母にも会いに行った。

母は、日向に気付いてか気付かずか、オムライスを出してくれた。

あんなに会いたかった「澤木千尋」。
しかし、今は憎しみもなければ、感動もない。


それは、もっと会いたい人が他にできたってことじゃない?

今あなたが会いたいのは夏井さんなのよね?



素直に頷き…そして耀子に礼を言って別れる日向。

ありがとう。
君とこの旅ができて良かった。

僕の中ではっきりしなかったことが見えてきた。

君のおかげで決断できた。
ありがとう。



日向は「NEXT INNOVATION」に戻ることを決心した。
「WONDER WALL」は、坂口に頭を下げ、安岡たちに任せることに決めた。


大学の研究室に聞いて、真琴が勤めていると解った研究所に出向く日向。


大事な話があったんだ。

…会社のことで。


あの…私もお話ししたいことがありまして…。

何だ?

いや、あの。
日向さんの方からどうぞ。


うん。…ああ…。


言いたい事がすんなり出てこない2人。

日向は「NEXT INNOVATION」に戻ると真琴に伝えた。


やっぱり朝比奈が帰ってこれる場所を残しておいてやりたい。

よかった。
私、日向さんと朝比奈さんの最強コンビ大好きなんです!



そして、真琴は研究室に入ると日向に伝えた。

私 研究所に行きます。
日向さんのことずっと見てきて、私も何かしなきゃって思ったんです。



お互いに言いたい事は他にあるのに…


いなくならないと言ったのにすみません。

別にいい。
元々そんなに真に受けてない。

そうですよね。

会えますよ。


えっ?

朝比奈さんには会えます。きっと、前みたいに。

ああ。

今 、会いたい人…ですよね?

じゃあ、あの…行きますね。



ああ。

じゃあ。



背中を向けて歩き出す。

振り返って日向の背中を見送る真琴。

また歩き出す真琴の背中を振り返る日向……。


  。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

「じゃあ」……じゃねーーー!!

ちゃんと伝えないから、もう一週くっつくのが延びたじゃねーかっっ!!

全くイラッとするわーーー。ま…これが月9か……。

ほとんど恋愛モードな回だったけど、仕事のワクワクも見せてくれたから、
それなりに盛り上がった。

堕ちていく者と盛り返していく者。

そして、日向は戻っていく。元いた場所を立て直して、朝比奈を迎えるために。


リークしたのはやっぱり遠野だった。

ただ、あの2人に思わせたかった。
遠野は、敵に回すんじゃなかったって、あいつすげえことすんなって。


確かに、すげーー事やらかしてくれたよね……。
小者っぷりが際立ってるよ、遠野。

綾野くんの出番はこれで本当に終わりですかね……。お疲れ様でした。小者役…。


楽しかった…

と、涙を流して過去を振り返る朝比奈。

それを自分自身で壊したと耀子は言うけれども、日向が壊した物でもあるんだよ。

朝比奈を孤独と嫉妬に陥れたのは日向なのだから…。

たぶん、今の日向なら、それも理解できるよね。

朝比奈を救うべく、日向は「NEXT INNOVATION」に戻る。


…でもさ…

「WONDER WALL」の3人に何の説明も謝罪もなく放りっぱなしってのは一体……

坂口に頭下げて頼んだって言うけど…
頭下げるのは、まず3人にじゃないか

ちょっとビックリしたよ…。


 link.gif

まだ、写経まで至らず…面会も拒否して檻に閉じこもる朝比奈院だけど…。
髪や爪が伸びる前に救ってやってくれ。


link.gif
link.gif
link.gif


・・・ってことで…真琴の許可も下りたので朝比奈くんを幸せにしてあげて。


 。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

日向徹(小栗旬)は、逮捕された朝比奈恒介(井浦新)について東京地検から事情聴取を受けていた。
朝比奈が顧客情報を流出させたことを知らなかったと証言した日向に検事は、遠野秋洋
(綾野剛)がリークしたことを明かした。

その頃、朝比奈燿子(相武紗季)は、朝比奈のことを聞きだそうとレストランに押しかける
マスコミに悩まされていた。
そんな燿子に、乃木湧太(丸山智己)は休職を促す。

「WONDER WALL」に戻った日向は、夏井真琴(石原さとみ)に笑顔で迎えられるが、直後に
「NEXT INNOVATION」に強制捜査が入り、倒産の可能性もあると聞き心を痛める。
それでも、新会社を軌道に乗せるため、地道な営業にまい進する。
真琴は、それを身近で支えるうち、社長として人間としてどんどん成長していく日向を、どこか
寂しく感じるようになる。

そんな折、日向は山上芳行(佐野史郎)から「NEXT INNOVATION」に戻ってほしいと頭を下げられる。
自分には守りたいものがほかにある、と伝えた日向だったが…。

後日、日向は朝比奈に面会をしようと拘置所を訪ねるが、朝比奈に拒否される。
朝比奈は日向だけではなく、燿子や両親との面会も拒んでいた。
同じ頃、日向に真琴から、しばらく休ませてほしい、というメールが届く。
気になった日向は真琴に電話をするがつながらない。

心配になり自宅を訪ねるが、そこにも真琴の姿はなく…。

(上記あらすじはYahoo!TVより引用)



よろしければ→【2012年7月期・夏クールドラマ何見ます?】ラインナップ一覧とキャスト表と展望

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村



【キャスト】

日向徹 – 小栗旬
夏井真琴(「澤木千尋」) – 石原さとみ
朝比奈 耀子 – 相武紗季
朝比奈 恒介 – 井浦新

安岡 倫哉 – 浅利陽介
小川 聡史 – 中村靖日
宮前 朋華 – 八木のぞみ
立石 リサ – 舞川あいく
小野 遥香 – 野村麻純
久我 友樹 – 古川雄輝

乃木 勇太 – 丸山智己
山上 芳行 – 佐野史郎

澤木千尋 – 萬田久子

笛木 匡正 – 中原丈雄



この記事のトラックバック用URL

(承認制です。また、お手数ですがスパム対策のため「https://dramablog.cinemarev.net/」へのリンクのないTBを受付できません。ご了承ください。)

コメント

※ 右のアイコンから Wordpress,Twitter,google+,facebookのアカウントを使ってコメントできます。
オープンIDをお持ちでない方はアドレスを記入してください。(書きこんだアドレスは表示されません)