【ビューティフルレイン】第1話

若年性アルツハイマー病の症状は、大きく初期、中期、後期に分類され、初期では新しいことが
覚えられない。さっき話していた内容を忘れてしまう。身の回りの小物をしまった場所を
忘れてしまう。などの症状があります。

中期になると過去に身に付けていたことがどんどんできなくなる。

例えば時計が読めなくなる。車の運転や携帯電話の使い方も忘れてしまう。
後期には今までどおりの日常生活は送れなくなり、最後には 自分が誰か、家族のことすら
忘れてしまいます。

残念ながらこの病気を完全に治す薬は開発されてません。

「ビューティフルレイン」第1話

        ドラマ「ビューティフルレイン」感想

簡単感想のみで。

男手1つで育てた小学生の娘。
素直で可愛くて優しい…。

この娘、美雨をなんとか大らかにやさしく育てようと、自分の全てをかけている
父親の気持ち。トヨエツの演技から、それがよく伝わる。

こんな風に優しく育てられれば、子供はたぶん優しく育つ。

他人に、いくら甘いと言われたって…。
子どもなんか、いくらでも甘やかせてやればいいのである。
(私は、そこんとこ間違えたとよく思う。)

なるべく子供が傷つかないように。
最大限の優しさと幸せを与え続けてきた父親が、ある日、突然思いもかけない病を宣告される。

アルツハイマー病の初期症状と見てほぼ間違いないでしょう。

木下さんは、若年性アルツハイマー病と思われます。

だんだん記憶を失くし、最後には家族の顔と名前すら忘れてしまう。

子どもが大きければ…妻が生きていれば…。

一番最初に考えるのは娘のこと。

やめてくれバカバカしい。

俺がそんな病気にかかるわけないだろ。
何かの間違いだよ。

あんたなんかに何が分かるんだよ!

美雨は…娘はまだ7つなんだよ。
俺がそんな病気にかかったら、全部忘れちまったら、
あの子どうやって生きていくんだよ。

どうやって生きていくんだよ!

切ないな。

段々と自分を失い、何もかも解らなくなっていく病は、すぐに死の宣告を受けるよりも
もしかしたら残酷かもしれない。

病気が発覚した時、折しも美雨は父に嘘をついている最中だった。

父がせっかく買ってくれた水筒を失くしたと言えず困り果て、探しに行っている所だったのだ。

お父さんに頼まれておつかいに行くって…。

アルツハイマーを宣告された直後だからこそ、本当に自分がおつかいを頼んで
忘れてしまっているのかも…と思っただろう。

そうやって、たぶん、これからは自分も人も疑って行かなければならなくなる。

映像も情緒的で美しく、まぁ…この手のドラマだから泣かせられるように作ってある。

とにかく、豊川悦司のとろけるような優しさを堪能できるドラマである。

ただね……

毎度の事ながら…子役に泣かせるの止めてほしいの。

泣きの演技が上手いのはもう解ったから止めてほしいの。

まだこんな物を求めてる視聴者が、どこかにいるのかなぁ。
来週の予告でも泣いてたけどーー。

もし、子役が毎週泣き演技するようなドラマなら、ちょっと脱落するかも。

だって、大人の事情のあざとさがグイグイ見えるじゃないか。
主題歌も芦田愛菜ちゃんに歌わせなくてもいいんじゃない……

ドラマ自体は嫌いじゃないし、充分引き込まれる内容だった。
(アルツのテストとか、かなり真剣にやった。記憶力がやばすぎるので……)

でも、子役のこういう使い方は視聴者を冷めさせるよ。

充分、演技できる良い子役だから芦田愛菜

なんとトヨエツと並べて主役格

にしたんでしょ。

だったら、その演技力を信じて普通~に演技させたら

だいたい、子どもなんて笑ってる方がカワイイじゃないか。
なんでテレビ局は子役を泣かせようとするんだよ。

少しは「コドモ警察」を見習えっつーの。

タイトルの「ビューティフルレイン」は、圭介の娘「美雨」の名前。

清々しいくて切なくて、でも温かい…夏の雨を見せてほしい。

来週、TBSの「サマーレスキュー」と比べて、どちらを視聴するか考える。

今のところ、かなりこちらに惹かれてるけどーー。

※それにしても普通のお姉さんな里琴ちゃんは新鮮すぎて拍子抜け……。
これはきっと、「リーハイ8話」で母親を訴えたあの子役の子に違いない…。そうだ、違いない。

  。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

木下圭介(豊川悦司)とひとり娘の美雨(芦田愛菜)は、東京の下町にある小さな金属加工工場
『中村産業』の離れで暮らしている。
圭介の妻・妙子は8年前、美雨の命と引きかえにこの世を去っていた。
大手建設会社に勤務していた圭介は、会社を辞めて中村産業に転職していた。
美雨を小学校に送り出した圭介は、彼女の忘れ物に気づき、学校まで届ける。
中村産業社長の中村富美夫(蟹江敬三)や妻の千恵子(丘みつ子)、後輩工員の勝田秋生(三浦翔平)らは、
過保護過ぎると圭介をからかいつつも、この父娘を温かく見守っていた。

そんな折、思わぬ事態が起きる。
先輩工員の宗田清(でんでん)に頼まれた秋生が工場内の荷物を動かしたところ、バランスが崩れ、
圭介の頭に当たってしまったのだ。
意識を失った圭介は病院に運ばれるが、すぐに意識を取り戻した。

あくる朝、圭介は、遠足に行く美雨の弁当を用意し忘れ、慌てて作り始める。
約束していた水筒も買い忘れていることを知った美雨の姿を見た圭介は、金物店に無理を聞いて
もらい水筒を購入する。
嬉しさとともに遠足に出かけた美雨は、バスの中で友だちの新井小太郎(高木星来)から
“口裂けオヤジ”の都市伝説を聞く。

圭介は、時おり物忘れをしていたが、一時的なものだったため気に留めずにいた。
そんな中、圭介は工場を覗きこんでいる女性の姿に気づく。
それは、富美夫の娘で、結婚して家を出た西脇アカネ(中谷美紀)だった。

(上記あらすじはYahoo!TVより引用)

よろしければ→【2012年7月期・夏クールドラマ何見ます?】ラインナップ一覧とキャスト表と展望

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ PINGOO!カテゴリテレビ・ドラマ
にほんブログ村  

【キャスト】

木下 圭介 – 豊川悦司
木下 美雨 – 芦田愛菜

西脇アカネ – 中谷美紀
中村富美夫 – 蟹江敬三
中村千恵子 – 丘みつ子
勝田秋生 – 三浦翔平
宗田清 – でんでん

新井春子 – 国生さゆり
新井小太郎 – 高木星来

古賀豊 – 安田顕
立花健太 – 君嶋麻耶
松山菜子 – 吉田里琴

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
※FC2にトラックバックが飛ばないブログ&サイトさま記事リンク(お申し出下さい)