【平清盛】第25回「見果てぬ夢」感想


出世を果たしていく清盛(松山ケンイチ)と、父・為義(小日向文世)を犠牲にしても
身分が上がらない義朝(玉木宏)。信西(阿部サダヲ)の策略の犠牲になった義朝の心に
無念が渦巻き始める。

一方、信西の権勢はさらに増し、後白河上皇(松田翔太)の近臣・信頼(塚地武雅)は
信西をけん制する。
そんななか、義朝の妻・由良御前(田中麗奈)が病でこの世を去る。
行き場をなくした義朝に信頼は接近し、信西の首を取れと持ちかける。

(「Yahoo!TV」より引用)

   

第二十五回「見果てぬ夢」

信西の権力は、ますます大きくなっていきますが、別に偉そうにふんぞり返っている
だけではありません。

国益のために締める所は締め、宋の文化を取り入れて国を豊かにするために奔走します。
大学寮を再建し、遣唐使を再開するのが学者出である信西の夢でありました。

感心を通り越して、あきれ申す。
遣唐使の再開とは…まこと大願じゃ。

そんな信西の様子を、微笑むような体で見守る清盛くん。
もう、身内を処分させられた事など忘れたような親友っぷり…。

信西の手の内にいなければ今は武士の地位を確立できない、と口では言いながら、
清盛くんは信西の手腕をそれなりに楽しんでいるようです。

そんな折、もうボロボロになりきった源氏の方では、義朝くんの妻、由良さまの容態が
ますます悪化していきます。

宋の薬を貰おう、と言う清盛くんに

源氏は平氏とは違う!
信西入道と組んで得た宋の薬など、ありがたがって受け取りはせぬ!

と言う義朝くんですが、どこからどう見ても強がりなのでした。

やがて由良さまのご容態は末期の体になり…

ここで、義朝くんは清盛に頼んで宋の薬を…と立ち上がります。

しかし、由良さまご自身がそれをお止になるのでした。

行ってはなりませぬ。
平氏に頭など下げてはなりませぬ。

殿、いつ、いかなる時も源氏の御曹司として誇りをお持ちになり生きてこられた殿を、
由良は心よりお敬い申し上げておりまする。

かような事でお志を曲げないで下さりませ。

たわけ。
そなたの命に代えられるか!

あれ…。

殿らしゅうもない。
されど…うれしや。

殿…。

どうか、私を…どうか、誇り高き源氏の妻として死なせて下さりませ。

そんな由良さまに、義朝くんはもう涙を流すしかありません。

やがて、由良さまは亡くなられました。

さて、朝廷では藤原信頼が近衛大将の地位をゴッシーにおねだりし、信西から
ストップを食らっていました。

近衛大将は、特に際立った働きもないお方にやすやすと与えられる官職にあらず。

際立った働きもないとは誰の事か?

軽佻浮薄なお人柄と高き家柄のみにて公卿に上り詰められたお方の事にござります。

憤慨する信頼。

他にも信西によって地位を剥奪されたり落とされたりした者は多数。

信西には信西の考えがあるわけですが、出世に取りつかれた者たちにそんな思想は
通用しません。

信西が頭の上のハエにしか思えない人々がやがて結託し、義朝くんを誘惑します。

信頼に呼び出された義朝くんは

信西入道の首を取れ。

と言われて一度は怖気づいて断りを入れます。

しかし、思い出したのでした。

その昔、「オレは何者だ」とか「ものの怪の子だ」とか「海賊王になる」とか
中二病真っ盛りでウザかった清盛くんに競べ馬で勝った日の事を。

息子の頼朝くんに

平清盛とは父にとって、どのようなお方なのですか?

と聞かれた義朝くんは、かの日に自分が清盛くんに言った言葉を思い出します。

最も強き武士は源氏じゃ!
貴様のような情けないものを抱えた平氏とは違う!

この言葉で清盛くんは力を取り戻し…そんな清盛くんを見た義朝くんは、
心底嬉しかったのです。

帰り道、一度も振り返らずに義朝くんは笑いました。

源氏あっての平氏。平氏あっての源氏。

義朝くんはライバルに力を与える事が出来た自分自身が誇らしかった…。

頼朝くんも、朝廷で清盛くんに給仕する時に失敗し、同じ言葉を清盛くんに
言われていたのでした。

もっとも強き武士は平氏じゃ。
そなたのような弱きものを抱えた源氏とは違う。

そして、頼朝くんに向かって微笑んだ……。

頼朝くんは、父と平清盛との友情にも似た繋がりを初めて知ったのでした。

この後、義朝くんは、ついに信頼の元へ剣を持って参じます。

信頼の元には、藤原惟方など信西によって虐げられた面々が揃っています。

義朝くんは決意したのでした。

信西の首を取り、そして、平氏と並び立つ道を…!

 。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

源氏の没落の有り様が本当に見ていて心苦しくて……。

没落の中で誇り高く逝こうとする由良さまのお心が切なくて。

それを見送る事しかできない義朝くんの歯がゆさがシンシンと伝わってきて…。

泣けた。

田中麗奈さんは、本当に何という演技をするんだろう。

六条御息所で魅せられた怪演……。

ここでも、しっかり見せていただきました。

平氏や信西の世話になどならぬという誇り高さ、けれども、夫が自分のために
流してくれる涙の愛おしさ…。

そんな思いを抱えて亡くなった由良さま。

無念であっただろうけれども、夫の愛情は最後に感じる事が出来た。
女としてお幸せな最期だったかも知れません。

妻に何もしてやる事が出来ない悲しみの中で、常盤にも拒否される義朝くん。

由良様を失われたお悲しみは決してここでは癒やせぬ。

とか…何なんだ。あの女は…。
そりゃ癒せないだろうさ。けど、こういう時のための側室だろ
(いや、別に武井咲さんには何の恨みもありませんが…なんかムカつく笑.gif)

「義経」放送時には、稲森いずみさんの常盤御前に毎週ウットリしてたのに~~。
大河変われば見方も変わる。

そして、信頼の誘惑に乗る義朝くん。

まぁ…
平清盛が主役のドラマであるわけで、清盛くんと信西どのがとても良い感じの
人々に描かれています。

こう見ると、どう見ても信西=正義。信頼=悪。みたいになるわけで…。

主役変われば、また見方も変わるのが歴史物の面白いところ。

しかし…
はるか昔の少年時代(役者は大人だったけど)。あの競べ馬の時のセリフまでもが
こんな所で回収されるとはね。

本当に恐ろしい大河だ。計算し尽くされているんですねぇ…。

源氏の内面も信西サイドも非常によく描かれているので、ここまでドラマチックに運びました。
持って行き方が本当に上手い

平治の乱が見えてきました。

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
↑他のブロガーさんの大河感想はこちらから・にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ PINGOO!カテゴリテレビ・ドラマ
にほんブログ村

※キャスト

平清盛(平太) … 松山ケンイチ(幼少期:前田旺志郎)

平重盛 … 窪田正孝(少年期:平岡拓真 / 幼少期:亀元太→丸山歩夢)
平基盛 … 渡部豪太(少年期:末岡拓人 / 幼少期:池田優斗)
平頼盛 … 西島隆弘
平時忠 … 森田剛
平経盛 … 駿河太郎
平教盛 … 鈴之助
平盛国(鱸丸) … 上川隆也(幼少期:小林廉)
平家貞 … 中村梅雀
兎丸 … 加藤浩次(幼少期:前田航基)

清三郎演 … 草川拓弥(幼少期:黒澤宏貴→馬渕誉→村山謙太)
清四郎演 … 須田琉雅(中澤虎太郎)

宗子(池禅尼) … 和久井映見
時子 … 深田恭子
滋子(建春門院) … 成海璃子
経子 … 高橋愛
秀子 … 海老瀬はな
須磨 … 駒塚由衣
明子 … 加藤あい

平忠盛 … 中井貴一
平正盛 … 中村敦夫
平忠正 … 豊原功補
平家盛 … 大東駿介(幼少期:藤本哉汰)
平盛康 … 佐戸井けん太
平維綱 … 尾美としのり
伊藤忠清 … 藤本隆宏

源義朝 … 玉木宏
源為義 … 小日向文世
源義平…波岡一喜
源為朝 … 橋本さとし
源頼政 … 宇梶剛士
由良御前 … 田中麗奈
常盤御前 … 武井咲

鎌田通清 … 金田明夫
鎌田正清 … 趙和

源頼朝(語り) … 岡田将生(少年期:中川大志 / 幼少期:君野夢真→横山幸汰)
政子 … 杏

鳥羽上皇 … 三上博史
後白河天皇(雅仁親王) … 松田翔太
崇徳天皇 … 井浦新(幼少期:桑代貴明)
近衛天皇 … 北村匠海
二条天皇 … 冨浦智嗣
重仁親王 … 雄大
統子内親王 … 愛原実花
得子( 美福門院) … 松雪泰子

璋子(待賢門院) … 檀れい
堀河局 … りょう
御影 … 横山めぐみ

白河法皇 … 伊東四朗
舞子 … 吹石一恵
祇園女御 / 乙前 … 松田聖子

藤原長実 … 国広富之
藤原忠実 … 國村隼
藤原忠通 … 堀部圭亮
藤原頼長 … 山本耕史

信西(高階通憲) … 阿部サダヲ
高階通憲妻・朝子 … 浅香唯

藤原家保 … 渡辺哲
藤原家成 … 佐藤二朗
藤原成親 … 吉沢悠
藤原師光 … 加藤虎ノ介
高階基章 … 平田満
藤原季範 … 山口良一
藤原信頼 … 塚地武雅
藤原惟方 … 野間口徹

鬼若 … 青木崇高

西行(佐藤義清) … 藤木直人
朧月 … 隆大介
滝次 … 河原崎建三
国松 … 白倉裕二
時松 … 内野謙太
蝉松 … 原勇弥
荒丹波 … 八田浩司
麒麟太夫 … 須加尾由二
資遠 … 真島公平

↓おすすめ!

【送料無料】平家物語の女性たち新装版

【送料無料】平家物語の女性たち新装版
価格:580円(税込、送料別)

【送料無料】平清盛のすべてがわかる本

【送料無料】平清盛のすべてがわかる本
価格:1,260円(税込、送料別)

【送料無料】平清盛をあやつった女たち

【送料無料】平清盛をあやつった女たち
価格:693円(税込、送料別)

【送料無料】平清盛と平家の女たち

【送料無料】平清盛と平家の女たち
価格:1,000円(税込、送料別)