【龍馬伝】第十六回

あの坂本さんは


貴方は、貴方は・・・


佐那に会いに来たのではないのか!?


江戸へ入った龍馬は、まず千葉道場に入り、千葉家の人たちに会った。

佐那に会いに来たのだとばかり思っていた重太郎と定吉は


脱藩したと言う龍馬に驚き、勝麟太郎に会いたいと言う話に


目が白黒・・・

重太郎経由で松平春嶽に勝への紹介状を書いて貰った龍馬だったが


勝は一筋縄では行かない男だった。

面白いとこ、一つ見せてくんねえ。

俺に会いたかったわけを言ってくんねえ。


まるで面接のように龍馬を値踏みし、龍馬の名を書いた紙に


どんどんバツを付けていく勝に龍馬は率直に

私を勝さまの弟子にしてくんなせえ。


お願い致します!


と叫ぶが、「あんぽんたん」と言われる始末。

どれだけ大きい人かと思っうとったのに


間違っちょりました。


ガッカリして勝の元を去る龍馬。

その後、勝の元を武市が訪ねてきた。

目的は、帝の元へ将軍自らが上洛するように


勝から進言するように、と言う脅しに近い物だった。

相手が誰だち、神州日本を汚す者は許さんです。

今にも刀を抜きそうな武市たちと、藩も幕府も要らないと言う龍馬を


比べて、勝は龍馬の大きさを知る。

再び龍馬を招いた勝は、思った通りに自分の気持ちを述べさせる。

勝さまは日本が戦になったら勝てると思いますか。


どうしたら良いとお思いでしょうか。

日本は島国です。


異人らは海から来るから強い海軍が必要ですろ。


では、海軍を持ってどうする?

わしは千葉道場で剣を学んでおりました。


北辰一刀流の免除も持っとります。

ですが、わしは人を斬ろうとは思わんですき。


自分は剣の腕がある。


だから、誰も強いと思う龍馬に仕掛けては来ない。

日本もそれと同じじゃないだろうか。

強い海軍があれば・・・誰っちゃ負けない強い海軍があれば、


誰も喧嘩しようとは思わんですき。

異国に張り合えるほどの文明を手に入れる事ができたら日本は安泰じゃ!

戦をせんでも攘夷を成し遂げる事ができるがじゃ!


勝は、にんまり笑った。

面白いぜ。気に入った。


お前さん合格だ。

おいら、探してたんだよ。


日本の海軍を作る力を。


勝は、かつてアメリカへ渡った話をした。

それを成し遂げたのは武士でも何でもなく「日本人」。

幕府じゃねえぜ。


日本人がやり遂げた大仕事だ。


勝は、龍馬を咸臨丸に連れて行った。

それは、日本人が初めて異国へ渡った船。

あの日から、龍馬を捉えて離さなかった「黒船」に


今、龍馬は乗っていたのだった。







   line.gif


軍艦じゃ!日本人じゃ!黒船じゃ!

と叫ぶ、ひたすらハイテンションな龍馬や、勝やジョン万次郎の大きな笑顔。

ここにいるのは、日本人。


藩などなく、喧嘩など考えない。

軍艦が浮かぶ海のように大きな心の男たち。

昨年末の「坂の上の雲」を見ていた時のような


清々しい気持ちになった。

この人たちが、あの時代、海を制する日本の心を伝えていくんだな。。。

そう思った。

藩だの上士だの下士だのに拘り、喧嘩で日本を変えようとする


土佐勤王党が小さく見えた。

武市の志が小さく見えた。

大きな心を持った人たちを描く回はドロドロしない。

勝の元を訪れる、大きな志の龍馬と、小さな志の武市。

その対比が目に見える演出。

「龍馬伝」は本当に面白いねぇ。。。





と、見終わってから今さらながら口に出して言ってしまった。



にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ PINGOO!カテゴリテレビ・ドラマ

にほんブログ村  




キャスト



坂本龍馬:福山雅治(少年時代:濱田龍臣)


岩崎弥太郎:香川照之(少年時代:渡邉甚平)

武市半平太:大森南朋(少年時代:桑代貴明)


坂本乙女:寺島しのぶ(少女時代:土屋太鳳)

坂本八平:児玉清

坂本権平:杉本哲太

坂本伊與:松原智恵子

坂本千野:島崎和歌子

坂本幸:草刈民代(登勢・二役)

坂本千鶴:大鳥れい

坂本春猪:前田敦子(少女時代:松元環季)


平井収二郎:宮迫博之(少年時代:ささの貴斗)

平井加尾:広末涼子(少女時代:八木優希)

岡田以蔵:佐藤健(少年時代:黒羽洸成)

望月亀弥太:音尾琢真(少年時代:谷山毅)

望月清平:本田大輔(少年時代:松田佳祐)

溝渕広之丞:ピエール瀧


岩崎弥次郎:蟹江敬三/岩崎美和:倍賞美津子


岩崎喜勢:マイコ/岩崎さき:野口真緒

岩崎弥之助:須田直樹/武市冨:奥貫薫


千葉佐那:貫地谷しほり/千葉重太郎:渡辺いっけい

千葉定吉:里見浩太朗



沢村惣之丞:要潤/近藤長次郎:大泉洋

陸奥陽之助:平岡祐太/池内蔵太:桐谷健太


高松太郎:川岡大次郎


中岡慎太郎:上川隆也

高杉晋作:伊勢谷友介


吉田松陰:生瀬勝久

桂小五郎:谷原章介


三吉慎蔵:筧利夫/久坂玄瑞:やべきょうすけ

伊藤俊輔:尾上寛之/井上聞多:加藤虎ノ介

大久保利通:及川光博


三条実美:池内万作


楢崎龍:真木よう子


後藤象二郎:青木崇高

山内豊範:染井将太


柴田備後:北見敏之/河田小龍:リリー・フランキー

三条実美:池内万作/坂崎紫瀾:浜田学

島村衛吉:山雄介/河原塚茂太郎:原田裕章

井伊直弼:松井範雄/金子重之輔:尾関伸嗣

那須信吾:天野義久/岡本寧浦:ベンガル


智:菅井きん

お元:蒼井優

ぎん:林侑香/さと:三宅ひとみ

志乃:及川奈央/なつ:臼田あさ美


徳川慶喜:田中哲司

朝比奈昌広:石橋凌

ジョン万次郎:トータス松本

永井玄蕃頭:石橋蓮司

小栗忠順:斎藤洋介

岩堀文治郎:松尾貴史

上野彦馬:テリー伊藤

トーマス・ブレーク・グラバー:ティム・ウェラード


今井信郎:市川亀治郎

近藤勇:原田泰造/土方歳三:松田悟志

沖田総司:栩原楽人/松平容保:長谷川朝晴


松平春嶽:夏八木勲

勝海舟:武田鉄矢

阿部正弘:升毅

西郷隆盛:高橋克実


小曽根乾堂:本田博太郎

大浦慶:余貴美子


吉田東洋:田中泯


山内容堂:近藤正臣

























  龍馬伝(1)

  龍馬伝

  NHK大河 龍馬伝 前編

  坂本龍馬その偽りと真実









「Twitter」やってますです。

フォロー下さる方は、ほぼドラマ実況ツイート(辛口)だという覚悟でお願いします




++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


※FC2にトラックバックが飛ばないブログ&サイトさま記事リンク(お申し出下さい)










※この記事は2010年に楽天からFC2にお引越ししてきた記事です。

コメントは引っ越せましたがトラバの引っ越しはできませんでした。

ご了承ください。再トラバはいつでもお受けいたします。





この記事のトラックバック用URL

コメントとトラックバック

  1. sannkeneko より:

    SECRET: 0
    PASS:
    幕府だの土佐だのの枠組みを超えての"日本人"という意識。

    ・・・これがポイントだったのですね。

    私はあのハイテンションに全く着いて行けませんでした。

    江戸城にまで上がった武市が近藤長次郎を見下したひと言。

    以蔵に対してといいこの人は温かさというものを失くしてしまったんですね・・・。

  2. SECRET: 0
    PASS:
    >藩だの上士だの下士だのに拘り、喧嘩で日本を変えようとする

    >土佐勤王党が小さく見えた。

    本当ですね。

    龍馬のような、広い視野の人達が日本を変えていったんですよね。

    船に乗って、無邪気に喜ぶ龍馬は可愛かったです(^^)

    武田さんの勝先生、存在感、抜群でした(笑)

  3. ikasama4 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    「やっぱりこれが龍馬だね≧∇≦b」って感じで

    とっても面白かったです。

    そういうテンションの龍馬を

    温かく見守っている勝さん演じる武田さんの姿が印象的でした。

    >武市の志が小さく見えた。

    そうですねぇ。

    いつのまにか長次郎を見下している時点で

    自分が苦しんでいた相手の気持ちを考える事すら

    ないみたいですからねぇ。

    こういう大きな志を持って

    自分の夢を実現しようと奔走していく人達の姿は

    本当に面白いですね。

    ここから更に楽しくなりそうです≧∇≦

  4. なぎさ美緒 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    土佐での暗い話が続いてただけに、久しぶりに体いっぱいで嬉しさを表現する龍馬が子供のようで、それでいて、やっぱこういう人が日本を変えるんだなぁと思ってしまいました。

    対比がとてもいいですよね。

    龍馬を吐き捨てる武市が小さく見えました。

    日本の事を考えてるようで、実は一番後ろ向きな思想の持ち主。

    久しぶりにスカっとした気持ちで最後を迎えられました(^^)やっぱいい作品ですね!!

  5. ふるゆき より:

    SECRET: 0
    PASS:
    私もラストの場面では『坂の上の雲』を思い出しました。

    それまでが勝の書斎など屋内シーンが多かっただけに、本物の帆船を使ってのロケは、龍馬だけでなくこちらも胸が高鳴るような爽快さでしたね。

    勝はもちろん、春嶽にジョン万次郎など役者もそろっていよいよドラマが盛り上がってきました。

  6. 悠雅 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    また本筋はそっちのけで、細か~~いとこばっかり観てたわが家でした(^^ゞ

    本当に、『龍馬伝』はわかりやすい演出で、多くの人の心を掴んでるな、と思います。

    それに引き換え、わが家の今回の感想など、

    おなじ回を観た感想とは思えないくらい、絡みづらいことばっかり書いてますわ(笑)

  7. BROOK より:

    SECRET: 0
    PASS:
    ようやく龍馬の運命の出会いを描いていましたね。

    勝先生・・・面白かったです♪

    それに、外のロケはやっぱり良いですね。

    船に乗り込み、壮大な感じがしていました。

    >昨年末に見た「坂の上の雲」を見ていた時のような

    清々しい気持ちになった。

    なるほど、言われてみればそうですね♪

    デジャヴみたいなのを感じていましたが、

    「坂の上の雲」だったんですね。