NHK大河ドラマ【鎌倉殿の13人】第12回「亀の前事件」感想

「亀の前事件」は北条政子を「烈女」と定義し「悪妻」というレッテルを張らせるエピソードとして有名な事件である。

永井路子先生は、もう少し柔らかく、北条政子を「やりすぎてしまう女性」として語っておられた。

私もずっと「亀の前が少し気の毒」と思い続けていたのだけれど……(笑)

北条義時(小栗旬)から父・伊東祐親(浅野和之)と兄・祐清(竹歳輝之助)の死を告げられ、憤る八重(新垣結衣)。義時は八重をいさめ、源頼朝(大泉洋)から与えられた江間の地へと八重を送る。政子(小池栄子)が懐妊し頼朝の嫡男誕生への期待が高まる中、比企能員(佐藤二朗)が比企尼(草笛光子)を伴い鎌倉に出仕。さらに三善康信(小林隆)から推挙された官僚・大江広元(栗原英雄)らが都から下向し、新たな関係が動き出す…

(『鎌倉殿の13人』上記あらすじは「Yahoo!TV」より引用)

大河ドラマ 鎌倉殿の13人 第12回「亀の前事件」

大河ドラマ【鎌倉殿の13人】2022年 感想

感想

この亀の前は、打ち壊されてもいいかな(笑)……

だって、平気そうだし。

前回、告知させていただいたように Twitter実況を貼り付けて、後日追記するシステムでやっていこうと思っております。どうぞよろしくお願いします。

Twitter実況感想

鎌倉殿の13人 12話追記感想

阿波局(実衣の方)と阿野全成の婚儀、万寿(源頼家)の誕生、比企一族の乳母夫着任……と、歴史は着々と源氏の始まりの終わりに向かって進んでいる。

でも、今はこんなに幸せそうなのだもの。

幸せでいいんだよね……。

阿波局(実衣の方)と阿野全成

鎌倉殿の13人 12話感想
「いつから惚れてほれておったのだ。」「生まれる前からにございます」「言ってることがよく分からないところに引かれました」

実衣さまと阿野全成。

恋愛結婚のように描かれていて、実際はどうだったか知らない。

鎌倉殿の弟であり、落ち着いた側近。御台所の妹であり、おしゃべりで気の置けない存在。

頼朝夫妻にとって、どちらも傍に居て欲しい存在であり、喜ばしいカップルだっただろう。

幸せそう。

阿波局のお喋りな性質がやがて大事を引き起こすことは『吾妻鏡』にも書かれている。亀の前事件でのこの「火付け役」は、まさにこの夫婦の今後の行く末を示唆している。

馬引きを断る九郎義経

実兄・義円を陥れて殺害した九郎は、今もまだ戦の手柄を逸っている。

政子の安産祈願の馬引き役を断り、頼朝の機嫌を損ねる。義円のことは全く反省していない。

今回、政子に対して掛けた言葉だけが真実のように聞こえた。

鎌倉殿の13人 12話感想

御台所は男子か女子どちらがいいのです?


丈夫ならどちらでもいいわ。


触ってもいいですか。
いい子が生まれますように。

この大河に出てきて、初めて義経が少し可愛く見えた。

サイコパスではなく、愛に飢えてひねくれているだけなのだろうか。政子のことは好きらしい。

髻を切られる宗親を見て……

亀の前事件を経て。

首謀者が御台所だと分かっても、政子を罰することは出来ない。

九郎。政子のためにやったのであろうが、これを許せばほかの御家人に示しがつかん。謹慎を命じる。

謹慎させられたのは計画通りだったのか、計画には無かったのか。

しかし……

お前のせいでわしはかわいい弟を罰するはめになった。なぜ九郎を巻き込んだ。なぜ火を放つのを止めなかった!
断じて許さん!
平三、この者の髻を切れ。

牧宗親への怒りを爆発させる頼朝に驚いたのか、髻を切るという暴挙(烏帽子を取られ髻を切るというのは、全裸にされて大事な物を晒されるほどの恥だった)に出たことに驚いたのか、「わしのかわいい弟」発言に驚いたのか……。

鎌倉殿の13人 12話感想

素で驚いた様子の九郎。

この一件、九郎が反省することは恐らくないだろうし……。

「かわいい弟」だから何をやっても許される。という方向に意識が向かなければいいんだけれど(いや、そうなるよね……)

そして亀の前

亀の前という人は控えめで美しく、頼朝からは長く寵愛を受けていた……と言う話だったと記憶している。えっ、どこが控えめ?(笑)

打ちこわしに遭っても、預かり先の上総広常にまですり寄ろうとする姿が逞しすぎるよね。

『吾妻鏡』ではこの先は行方が知れない。この大河ではずっと出てきそう(笑)

この事件が決定的にしたことは、北条時政と頼朝の決裂である。

そして、牧の方が愚かな策氏であるということ。

まぁ……伊豆でおとなしくしている女ではないよね。宮澤りえさまのハマりっぷりが凄い。

このドラマについてひと言ふた事書きたい、書いて下さるって方はぜひどうぞ。
『NHK大河ドラマ 鎌倉殿の13人』◆放送期間 : 2021年1月9日~◆平均視聴率 : %◆脚本 : 三谷幸喜◆主演 : 小栗旬◆出演 : 青木崇高,秋元才加,菅田将暉,中川大志...

PVアクセスランキング にほんブログ村  にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村




キャスト(相関図式)とスタッフ

キャスト (相関図式)

【北条家】

北条義時:小栗旬 13人 – 主人公

北条時政:坂東彌十郎 13人 – 義時の実父
りく:宮沢りえ – 義時の継母 – 時政の妻

北条宗時:片岡愛之助 – 義時の兄
実衣(阿波局):宮澤エマ – 義時の妹
北条泰時:坂口健太郎 – 義時の息子
北条時房 : 瀬戸康史 – 義時の弟

比奈 : 堀田真由 – 義時の妻

牧宗親:山崎一 – 牧の方(りく)の兄

北条政子:小池栄子 – 義時の姉 – 源頼朝の妻

  │

【源頼朝 一家】

源頼朝:大泉洋 鎌倉殿 – 義時の義兄 – 北条政子の夫

源頼家:金子大地 – 頼朝の長男
大姫:南沙良(難波ありさ←落井実結子) – 頼朝の長女
三幡 – 頼朝の次女
源実朝:柿澤勇人 – 頼朝の三男
貞暁 – 頼朝の次男(異腹)

亀:江口のりこ – 頼朝の妾

【源頼朝 兄弟・親族・関係者】

阿野全成:新納慎也 – 頼朝の異母弟 – 常盤御前の長男
義円:成河 – 頼朝の異母弟 – 常盤御前の次男
源義経:菅田将暉 – 頼朝の異母弟 – 常盤御前の三男

里(郷御前) : 三浦透子 – 義経の正室
静御前 : 石橋静河 – 義経の妾

源範頼:迫田孝也 – 頼朝の異母弟 – 三兄弟とは異腹

源行家:杉本哲太 – 頼朝兄弟の叔父
安達盛長:野添義弘 13人 – 頼朝の側近
武蔵坊弁慶:佳久創 – 義経の郎党

木曽義仲:青木崇高 – 頼朝兄弟の従兄弟
巴御前:秋元才加 – 木曽義仲の妾
木曽義高:市川染五郎 – 木曽義仲の息子
今井兼平:町田悠宇 – 木曽義仲の乳母子

武田信義:八嶋智人 – 甲斐源氏4代目

伊東祐親:浅野和之 – 北条兄妹の母方の祖父
河津祐泰:山口祥行 – 伊東祐親の長男 – 北条兄妹の叔父
伊東祐清:竹財輝之助 – 伊東祐親の次男 – 北条兄妹の叔父

八重:新垣結衣 – 源頼朝の妻- 義時の側室 – 伊東祐親の娘
千鶴丸:太田恵晴 – 八重の子(夭折)

善児:梶原善 – 伊東家の下人
江間次郎:芹澤興人 – 伊東家の家人

工藤祐経:坪倉由幸 – 伊東祐親の元娘婿
工藤茂光:米本学仁
仁田忠常:高岸宏行
堤信遠:吉見一豊

比企能員:佐藤二朗 13人 – 源頼家の乳母父 -比企尼の甥
道:堀内敬子 – 源頼家の乳母
若狭局 : – 比企能員の娘
一幡 : – 若狭局の長子
比企尼:草笛光子 – 源頼朝の乳母

善哉(公暁) :寛一郎 – 頼家の男子 –


畠山重忠:中川大志
足立遠元:大野泰広 13人
梶原景時:中村獅童 13人
和田義盛:横田栄司 13人
三浦義澄:佐藤B作 13人 – 伊東祐親の娘婿 – 北条兄弟の叔父
三浦義村:山本耕史 – 伊東祐親の孫 – 義時の従兄弟
岡崎義実:たかお鷹
土肥実平:阿南健治
山内首藤経俊:山口馬木也
大庭景親:國村隼
上総広常:佐藤浩市
千葉常胤:岡本信人
三善康信:小林隆 13人
大江広元:栗原英雄 13人

中原親能 : 13人
二階堂行政 : 13人
八田知家 :市川隼人 13人

【朝廷・公家・平家】

後白河法皇:西田敏行
以仁王:木村昴
後鳥羽上皇 : 尾上松也
丹後局:鈴木京香
平知康:矢柴俊博
源頼政:品川徹
平清盛:松平健
平宗盛:小泉孝太郎
平維盛:濱正悟
藤原秀衡:田中泯

文覚:市川猿之助

スタッフ

◆制作統括 : 清水拓哉、尾崎裕和
◆プロデューサー : 長谷知記、大越大士、吉岡和彦、川口俊介、結城崇史
◆演出 : 吉田照幸、末永創 、保坂慶太、安藤大佑
◆脚本 : 三谷幸喜
◆音楽 : エバン・コール
◆語り:長澤まさみ

『鎌倉殿の13人』各回リンク

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

この記事のトラックバック用URL