【未来日記-ANOTHER:WORLD-】第4話

そんなことどうでもいいんだよ!
お前らなんかどうでもいい。
あいつ一人守れればそれでいい。


私と一緒。

私が守りたいのはあっくんの未来だけ。



「未来日記-ANOTHER:WORLD-」第4話


      未来日記



  。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

大学のカフェで、新太、由乃、類、春奈は落ち合った。
萩戸に呼び出されて話を聞くためである。

呼び出した萩戸は遅れて現れると、場所を変えると言いだした。

何があったの?

俺たち誰かにつけられてる。

えっ?

後ろ見んな。ついてこい。



しばらく5人で移動すると、知らない男が本当につけてきていた。

萩戸は男を捕まえるが、ただ雇われただけの男。
詳細は何も知らないと見えた。

5人はそのまま由乃の家に移動した。


これは俺の臆測だが、未来日記所有者は、全員クロノスに監視されてる。
俺たちの動きを見て、未来を予測したメッセージを送ってきたんだ。


だったらさっきの人にもっと話を聞いた方が。

あいつは何も知らない。
尾行もろくにできないやつに情報持たせるほど、犯人はバカじゃない。


犯人が分かったんですか?

十中八九、クロノスシード社の社長・木部 徹だ。

クロノスの?
社長!?

そう。木部がデウス。おそらくな。

何か証拠はあるんですか?

連続通り魔事件の捜査で初めてクロノスに行ったとき、下っ端を通り越して
いきなり木部が出てきた。

やつは未来日記のことを知ってた。
サウスポー…いや、奥田にこれを渡したのもおそらく木部だろう。



5人は木部に会いに行こうと話し合ったが、相手は大会社の社長。
そうやすやすと近付けるような人物ではない。

翌日、類の提案で、4人は就職活動の会社訪問としてクロノスシードに潜入することにした。


一方、萩戸はデウスによって上原倫子を誘拐されていた。

どういうことだ?ゲームを始めたやつが、どうしてそこまでする?

倫子は、彼氏から長い間DVに遭っていて、ついに暴力に耐えかねて相手を突き落してしまった
可哀想な女だった。

倫子が夢見る「青い星」を見せてあげたいと言うのが萩戸の願いだった。


会社訪問には類と新太の2人で行くつもりだ。と言われたが、萩戸は類に
女たちも連れてくるように指示した。


昨日は勝算ないって言ってたよね?

状況は変わるんだよ。



クロノスシード社に入り込んだ4人は萩戸からの連絡を待った。
しかし、萩戸の連絡よりも前に、未来日記は未来を示していた。

「萩戸によって4人が撃たれる」


やがて萩戸と対面した時、萩戸は本当に新太たちに銃を向けていた。


あっくんを撃つの?

悪いな。木部に人質を取られた。

冗談でしょ?嘘だって言ってよ!

また外したな。類。

待ってください。こんなの間違ってる!
一緒に解決方法を…。


そんなことどうでもいいんだよ!
お前らなんかどうでもいい。
あいつ一人守れればそれでいい!



そして、銃声が鳴り

由乃が倒れた。


君には失望した。

と、木部は言った。

待て!倫子を返せ。

君は約束を破った。
そう簡単に私をだませると思うな。


萩戸は木部に撃たれた。

瀕死の状態で、倫子に別れを告げる萩戸。


ついでに聞いていいか?
どうしてデウスがこんなことまでする?


デウス?私をデウスなどと一緒にするな。

私は、他の所有者の未来がのぞける。
君たちの行動は筒抜けなんだよ。


お前も未来日記所有者か。

見ろ。
3日前、私にも「DEAD END」などという下品なものが表示されてしまった。

しかも君の「DEAD END」と同じ時刻のものだ。
他の所有者とコンタクトを取っていたことは知っていた。
君を利用して彼らを一気に始末しようと思ったんだが、私の人選ミスだったようだ。

ゲームに勝つのが目的か?

くだらん。
私はデウスが憎いんだよ。
私の上に立ち、私を支配しようとする。

そんなことは許さない。

残りの所有者を一掃しデウスの正体を暴く。

君たちの死は無駄にしないよ。



麻酔弾を受けた後、意識が回復した類が社長室に駆け付けた時、
木部は、まさに萩戸のスマホを割ろうとしている所だった。


やめろ……!


類の叫びは虚しく、萩戸は類に手を振って消えて行った…


   。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

いや~・・・結構きついです…。いや、見続けるのが。
ツッコミ所いっぱいも、それなりに良い出来ならばいいんだけど…。

でも、やっぱりここまで来たら、一応先が気になるから見ちゃうよね。


萩戸が木部と対峙してからの話が長っ…。

上原倫子とかボロボロ泣いてたけど、元々謎の女であり何の感情移入もできなかったので、
ほけっと見るしかなかった…え、ここ、もしかしたら泣かなきゃいけない所

役者さんは熱演しているんだけど、演出が今ひとつなせいでセリフが臭く感じて
学芸会のようになっちゃってるのも先週と同じ。

う~ん・・・
今回の収穫は、とりあえず、7台めの「未来日記」所有者が判明したって事ですかね。

で、これで後、残っているのは、木部、新太、由乃の3台。

つまり、後はこの3人で消し合って、残った者が望みを叶えてもらえると…。


予告の由乃が不気味な感じだったけど、部屋の件さえ引っ張ったままだからな。

あと何話あるんでしょうね。


それにしても、由乃。

その靴と服…

どこからどう見ても就活に相応しくないよね。
人事の人、ビックリするよ。



大学のカフェで新太(岡田将生)が由乃(剛力彩芽)、類(本郷奏多)、春奈(福田麻由子)
らといると、そこに刑事の萩戸(岡田義徳)も現れる。
「クロノスシード社」の調査員に気付いて捕まえた萩戸は、「未来日記」所有者は全員
「クロノスシード社」に監視され、自分たちの動きを見てメッセージを送ってきていると、
臆測を話す。
さらに、萩戸は「未来日記」のルールを説明した‘デウス’の正体は「クロノスシード社」
社長・木部(佐野史郎)だと考える。

(上記あらすじは「Yahoo!TV」より引用)




よろしければ→【2012年4月期・春クールドラマ何見ます?】ラインナップ一覧とキャスト表と展望


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ PINGOO!カテゴリテレビ・ドラマ
にほんブログ村  



【キャスト】

星野新太 – 岡田将生
古崎由乃 – 剛力彩芽

森口類 – 本郷奏多
沖江春奈 – 福田麻由子
高坂王子 – 菊池風磨
星野礼子 – 宮崎美子
星野九郎 – 光石研

萩戸金次郎 – 岡田義徳
浅見まりな – 富永沙織
蔵田暁 – 平賀雅臣
上原倫子 – 中村ゆり
不破めぐみ – 二階堂ふみ
奥田陽介 – 平岡祐太

木部徹 – 佐野史郎




未来日記 DVD 第1巻 【DVD】

未来日記 DVD 第1巻 【DVD】
価格:4,725円(税込、送料別)



柴咲コウ / Another: World 【CD Maxi】

柴咲コウ / Another: World 【CD Maxi】
価格:1,260円(税込、送料別)




「Twitter」やってますです。
フォロー下さる方は、ほぼドラマ実況ツイート(辛口)だという覚悟でお願いします

 
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
※FC2にトラックバックが飛ばないブログ&サイトさま記事リンク(お申し出下さい)




【未来日記】: 1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話

この記事のトラックバック用URL

(承認制です。また、お手数ですがスパム対策のため「https://dramablog.cinemarev.net/」へのリンクのないTBを受付できません。ご了承ください。)

コメント

※ 右のアイコンから Wordpress,Twitter,google+,facebookのアカウントを使ってコメントできます。
オープンIDをお持ちでない方はアドレスを記入してください。(書きこんだアドレスは表示されません)

4件のコメント

  • しおりの栞
    2012年5月17日 4:04 PM

    未来日記~ANOTHER WORLD~

    「未来日記~ANOTHER WORLD」

    さて、記念すべきFC2初の更新は「未来日記」の感想です

    今回は萩戸刑事のケース。

    萩戸から、クロノスシード社の社長、木部が、この未来日記のゲームに関与している…

  • ドラマハンティングP2G
    2012年5月14日 4:27 PM

    未来日記-ANOTHER:WORLD- 第4話

    「7番目の所有者」2012.05.12 Sat On-Air EPISODE4  星野新太(岡田将生)、古崎由乃(剛力彩芽)、森口類(本郷奏多)、沖江春奈(福田麻由子)は、萩戸金次郎(岡田義徳)から、ゲームの主催者“デウス”とクロノス社の社長・木部徹(佐野史郎)が何らかの関係がある…

  • またり、すばるくん。
    2012年5月13日 3:32 PM

    ドラマ「未来日記-ANOTHER:WORLD-」第4話

    episode04「7番目の所有者」  

  • レベル999のgoo部屋
    2012年5月13日 7:27 AM

    未来日記-ANOTHER:WORLD- 第4話

    『7番目の所有者』

    内容
    その日、新太(岡田将生)は由乃(剛力彩芽)類(本郷奏多)春奈(福田麻由子)
    とともに、、、萩戸金次郎(岡田義徳)と会おうとしていた。
    類が、手渡した、もう1人の所有者だった。
    時間が過ぎても現れず、ようやく現れた萩戸だったが、
    “…