【未来日記-ANOTHER:WORLD-】第8話

新太君は森口類がデウスではないと考えているようですね。
おまけにサバイバルゲームを防いでみんなをデウスから守ろうとしてる。



バカげてる。

しょせん仮想空間での出来事だ。
何をしたところで、現実において何の意味もないことだ。



「未来日記-ANOTHER:WORLD-」第8話


      未来日記


新太、2周目。


あの日の朝に戻った新太は、まず類に電話をかける。

この時点では、類はまだ、妹・春奈を人質に取られた状態。

新太は、類に類が置かれている状況を話し、春奈を救う。
その場にいた萩戸にも一緒に説明。


春奈ちゃんが誘拐されて、類はその犯人に脅された。

この携帯を、俺、萩戸さん、不破めぐみ。
そして古崎由乃の4人に渡せって。

何でそこまで知ってんだよ?

配られた携帯には未来のことが書かれたメッセージが勝手に送られてきた。
萩戸さんは訳が分かんなくて混乱して類のところに来た。

悪かったな。

いや。それでいいんです。

近い将来、この携帯を持つ者同士で殺し合いが始まる。
デウスってやつが言いだすんだ。
この携帯は「未来日記」と呼ばれるもので、これを持つ7人で生き残りを
懸けたゲームをしろって。

まずは、それを止めたい。

ゲームを止めたら次にデウスを見つけだす。

俺が言ってることを信じられないと思うけど…。

分かった。協力するよ。
新太のそんな真剣な顔、友達になってから初めて見たよ。



類に言われて、新太は複雑な気持ちになった。

「友達」

しかし、父は言っていた。

類は存在しない。データ上に突然現れたものだと。


もしかしら、デウスかも知れない類。

しかし、新太は類を信じたかった。


類に、春奈とめぐみに配ったクロノスシード社の携帯を回収してくれるように頼み、
新太は木部の元へ向かう。

しかし、木部を説得したものの、木部のスマホはあるはずの場所になかった。

出てきたのは、見覚えのあるボール。


萩戸が、通り魔・奥田のスマホを回収した際、どんな人物から貰ったか聞いたところ、
それは女だったと言う。

そして、木部にスマホを渡したのも、やはり「神宮寺」と名乗る女だったらしい。


木部の引き出しから出てきた由乃のボール。


もう、デウスは由乃であるとしか思えない。


新太は決心して由乃の元へ向かった。


あっくん…。

聞きたいことが山ほどある。

…お前誰なんだ?デウスなのか?


違う!

じゃあ、どうして俺を刺したんだよ?
信じてたのに。


違うのあっくん。
あのね…。



その時、新太はあの時、由乃の家の隠し部屋で聞いた音をまた聞いた。
確かに誰かがいる気配。

あそこには誰がいるんだよ?

あっくん。
そっち行っちゃ駄目。待って!

先に私の話を聞いて。
ねえお願い。ホントにやめて。


由乃はすがりついて止めたが新太は振り払って隠し部屋の扉に手をかけた。


その扉開けたら、また私に殺される!

……あっくん!




   。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


何だ、この短いあらすじはっ・・・って、だって本当に拾う所が無かったんだもの。


せっかく、あっくん2周目に入って楽しいことになるだろうとウキウキして待ってたのに、
何このダラダラした展開。

2周目に入って1周目と同じシーンに巡り合うたびに、ダラダラとあっくんの
センチメンタルシーンが展開され……。

あっくん自身が全部予言しちゃって、みんな結構すんなり信じて従ってくれるし、

あっくん、まるで予言する教祖さまみたい

てか、もうすでに、あっくん自身が「未来日記」であって、未来日記の必要性がね~……


主人公が過去に戻ったりパラレルワールドに入ったりして未来を変えようとする話は
昔から割とたくさんあって……

例えば、もう2週間前からご紹介している萩尾望都先生の銀の三角とか、
時をかける少女とか、有名な映画ではバタフライ・エフェクトとか…。

共通しているのは、過去に戻っては失敗し、また戻ってはやり直す……そのリズム感。

そこにスピードがあればあるほど主人公の焦りと緊張感が見えてくる。

この日の昼間に、録画していた「まどマギ」ほむら回に見入っていたばかりだったのもあって、
どうしてこういう風にできないのだろうかと………


まぁ…このドラマの場合は「2周目」で終わりだからこんなにノンビリしてるんだろうけど。


いちいち、お涙な展開。深夜ドラマには眠い。



隠し部屋から出てきた由乃。

あの時、新太を刺したのは、当然こっちの1st由乃なわけで…。

新太が隠し部屋から出したから新太を刺しに来た。

つまり……。
また繰り返してるんじゃないの、これ。


由乃はあっくんを助けたい。
 
ゲームに勝って願いを叶えてもらえればあっくんは助かる。
 
勝つためにはあっくん含む全員に死んでもらわないと……
 
だから刺す。



この繰り返しをやってる気がする。



それより、解らないのは先週も書いたけれども、「バーチャルな世界の事が
現実世界の混乱に影響している」という事だよ。

だって……

冒頭で拾ったセリフで父自身だって言ってるじゃないか。


バカげてる。

しょせん仮想空間での出来事だ。
何をしたところで、現実において何の意味もないことだ。



どういう事

  。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

仮想空間オリンピアに再ログインした星野新太(岡田将生)は、父・九郎(光石研)から、
デウスかもしれないと聞いた森口類(本郷奏多)に電話をするが切られてしまう。
そのまま大学に類を探しに来ると、高坂王子(菊池風磨)が現れた。
変わらず明るい高坂にホッとした新太は、類と連絡が取れたら自分に教えてくれと頼む。

その後、類と連絡が取れたと、高坂が声をかけてきた。
類との待ち合わせ場所にやってきた新太は、消失した類が目の前にいることが嬉しくて
抱きしめる。
一方の類は、誘拐された沖江春奈(福田麻由子)を探していたところだった。
その事件を経験している新太は、類を連れて春奈が拘束されているプラネタリウムへ行き、
春奈を救出。そして、春奈が隠していた「未来日記」を取り出し、これは自分と萩戸金太郎
(岡田義徳)に渡したものと同じだろうと類に問いた。

わけが分からない類や春奈に、新太は自分が経験したことをすべて話し、近い将来、
「未来日記」を持つ者同士で殺し合いが始めると明かした。
そして、それを止めるためにデウスを探していることも。

最初は不審がっていた萩戸もやがて新太を信じるようになる。

新太は、古崎由乃(剛力彩芽)に「未来日記」を渡したのも類だったことを思い出し、
由乃の正体を尋ねる。
しかし類は、普通の子だ、としか答えなかった。

その後、新太が自宅に戻ると、旅行鞄を持った九郎が家を出るところだった。

いつか見た光景に固まりつつも、新太は父を呼び止め…。

(上記あらすじは公式サイトより引用)



よろしければ→【2012年7月期・夏クールドラマ何見ます?】ラインナップ一覧とキャスト表と展望

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ PINGOO!カテゴリテレビ・ドラマ
にほんブログ村  



【キャスト】

星野新太 – 岡田将生
古崎由乃 – 剛力彩芽

森口類 – 本郷奏多
沖江春奈 – 福田麻由子
高坂王子 – 菊池風磨
星野礼子 – 宮崎美子
星野九郎 – 光石研

萩戸金次郎 – 岡田義徳
浅見まりな – 富永沙織
蔵田暁 – 平賀雅臣
上原倫子 – 中村ゆり
不破めぐみ – 二階堂ふみ
奥田陽介 – 平岡祐太

木部徹 – 佐野史郎




未来日記 DVD 第1巻 【DVD】

未来日記 DVD 第1巻 【DVD】
価格:4,725円(税込、送料別)



柴咲コウ / Another: World 【CD Maxi】

柴咲コウ / Another: World 【CD Maxi】
価格:1,260円(税込、送料別)


 
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
※FC2にトラックバックが飛ばないブログ&サイトさま記事リンク(お申し出下さい)




【未来日記】: 1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話

この記事のトラックバック用URL

コメントとトラックバック

  1. 未来日記-ANOTHER:WORLD- 第8話

    『Re:START』
    「再会」

    内容
    謎の部屋のモニターに映った父・九郎(光石研)から、
    全てを知らされた新太(岡田将生)は、再び“オリンピア”へと向かう。
    “デウス”に解除コードを打たなければ現実世界には戻れないという。
    九郎から類(本郷奏多)が怪しいと?…

  2. 未来日記-ANOTHER:WORLD- 第8話

    2012.06.09 Sat On-Air EPISODE8 『Re:START』 ラテ欄「再会」  仮想空間オリンピアに再ログインした星野新太(岡田将生)は、父・九郎(光石研)から、デウスかもしれないと聞いた森口類(本郷奏多)に電話をするが切られてしまう。そのまま大学に類を探しに来ると、…

  3. ドラマ「未来日記-ANOTHER:WORLD-」第8話

    episode08「再会」 視聴率5.2%