【2012年(平成24年)1月期 冬クールドラマ総評 】独断と偏見のドラマ賞とランキング

毎度お馴染みのちょ~独断と偏見の1月期クールドラマ総評です。

お断りしておきますが、あくまでも個人ブログの雑感であり、世間の声とは
何の関係もありません。

あくまでも個人の好みで書いておりますので、意見の違う方は読み流して下さいませ。

では、サラサラっと行ってみよ

★各ドラマのタイトルは、最終回と統括記事(またはカテゴリ)にリンクしています。
(対象作品は、2012年1月から始まった5話以上で構成される連続ドラマのみです。深夜ドラマが
現時点でまだ3本終了していないのですが、ランキングからは外しました。30分なので。)


最優秀作品賞 「ストロベリーナイト」

   

優秀作品賞 「運命の人」

   

次点  「最後から二番目の恋」

   

  
2位と次点で迷ったかな…。
と言うか、今期は結構面白かったと思うので、全体的に難しいです。

本当は「家族八景」を入れたかったのですが、まだ最終回が終わっていない(関東・TBS)
という事と、30分ドラマだという事で外してみました。
ここは、別枠で…特別賞を

「最後から二番目の恋」は、実は1回もレビューしてないのですが、毎週笑いながら見てました。

1話目の印象があまり良くなくて~…。
何かこー…「昔のトレンディドラマが役者ごと老けてやってきた」的なイメージがあったのです。

でも、毎週見るごとに好きになっていきました。
ちょっとしたセリフにキラキラした物を感じたり、掛け合いのスピードの見事さとか、
とにかく…楽しかったですね~。終わってほしくなかったです。

「運命の人」は、正直、登場人物の誰にも最後まで共感できず。
それでも、毎週夢中で見ました。
まさに目が離せない感じ。毎週1時間が早くて仕方なかったですね。
詳しい感想はタイトルをクリックして最終回レビューをご覧ください。

1位は私的には何の迷いもなく決まりました。「ストロベリーナイト」
本当に好きだったんですよ。このドラマが。

毎回悲惨な事件が起きているわけですが、決してお涙頂戴ではないんですよね。
空気感の冷たさと熱い刑事たちの思いが不思議な調和を作った作品でした。

シーンとした冷たい間と、映像が大好きだった。
映画化、楽しみにしています。

と、いう事で・・・

特別賞  「家族八景  Nanase,Telepathy Girl’s Ballad」

  

原作の不思議世界をここまで映像化できたスタッフの素晴らしさ。
この勢いで「七瀬ふたたび」お願いします。

もう1つ。これも3月いっぱいでまだ終わっていないのですが…
(しかも、今クールのドラマでさえないのですが)

特別賞  「カーネーション」

   

NHK朝ドラマという物の常識を色々な意味でとっぱらった作品だと思います。
毎日、たった15分の中に散りばめられたオモチャ箱の中の宝物のような世界に
笑ったり泣いたりさせられてきました。

感想は、終了次第、総括しますので、またそちらをご覧いただければ幸いです。

じゃ、ここからは、なるべく簡単に。。。印象に残った順。
(レビューのある物はタイトルを最終回記事にリンクしてあります)

【最高の人生の終り方~エンディングプランナー~】

世の中的には評価は高くないようですが、私は好きでしたよ。
岩田さんのセリフの数々は岩田語録にして残しておきたいくらいです。
健兄ちゃんと岩田さんが本当に大好きでした。
まぁ…半分くらいはツッコミながら見ていたところもありますが…。
終わりよければ全てよし的に心に残ったドラマです。

【くろねこルーシー】

ほっこりと優しいドラマでした。このスタッフの動物ドラマはホント好きなので。
ただ、自分的には「マメシバ一郎」ほどグッと来る物はなかったです。
思ったよりも動物自体を楽しめるシーンも少なかった気がします。
猫は撮るのが難しいのかな…。

【理想の息子】

これも、恐らくは賛否激しく…
いや、楽しかったけどね。そして、親子に送るメッセージがいっぱいだったと思う。

【聖なる怪物たち】

いや~・・・・ほんっと面白かったんだけどね、途中までは。
結局、怪しい人たちが誰も特に何でもなくて・・・。
何で出てきてたんだか解らない意味のないキャラクターまで・・・。
どうも、打ちきりだと言う噂だったので…本当なんでしょう。
それで、あんな結末になってしまったんだと思う。

ネタドラマとしては、最高に面白かったです。

【13歳のハローワーク】

1度もレビューしてませんが、とにかく面白かったです
懐かしい~と思える部分も多かったしね~。
バブル期の再現力は「カーネーション」よりも上だったかも。
オチも決まって…ラストまで楽しめました。

ただ…こんな遅い時間にやる意味が解らない。
もっと早い時間帯の枠でやればいいのに。
私的には金曜ナイトドラマ枠って、こんな爽やかじゃなくてもっと怪しくあってほしいのよ。

【ハングリー!】

1度もレビューしてません。
初回の印象が悪くて、どうしようかって感じでしたが、「ストロベリーナイト」
レビュー更新しながら結局全部見ちゃった。

結局は回を追うごとに面白くなっていったし、キャラクターも魅力的だったのですが、
これを大森美香作品だと考えると期待値が上がり過ぎていた分、どうしても
マイナスが入っちゃう。

【白戸修の事件簿】

レビューはありません。
2話完結システムで、毎回適度なお色気と楽しいセリフで、上手くできてる感じ。
千葉雄大くんもこうやって色々な役に挑戦して大きくなっていくんだね…

【ステップファザー・ステップ】

レビューはありません。
初回は本当に面白いと思っていたんだけど…。
何ていうか、甘い…やっぱり黄門さまの後番組だけに、刺激的なミステリーは無理か。

ただ、上川隆也さまは最高にカッコ良かったです。
…で、お母さんは一体どこへ…

【ラッキーセブン】

いやー・・・ほんと、もったいない・・・。色んな意味でもったいない。
詳しくは総括感想を・・・ま、読まなくてもいいか。こんな評価なので。

他、キャストがチョーーもったいない【ダーティ・ママ!】と、
初回で見る気失くした【恋愛ニート】は脱落。

以上です。

       line line

おなじみの勝手に授賞式

独断と偏見の授賞式です。
今回、ほんっとにものすごく悩んでます。後で変えたらごめんなさい~

主演男優賞 本木雅弘「運命の人」

        次点 上川隆也「ステップファザー・ステップ」

助演男優賞 中井貴一「最後から二番目の恋」

        次点 山崎努「最高の人生の終り方~エンディングプランナー~」

主演女優賞 小泉今日子「最後から二番目の恋」

        次点 木南晴夏「家族八景 Nanase,Telepathy Girl’s Ballad」        

助演女優賞 鈴木京香「理想の息子」

         次点 松たか子「運命の人」

団体賞 姫川班のみなさま「ストロベリーナイト」

オープニング・エンディング映像賞 「ストロベリーナイト」

テーマソング賞 「13歳のハローワーク」

次点 「ストロベリーナイト」

楽曲賞 「運命の人」

4月期のラインナップはこちら→【2012年4月期ドラマ一覧】ラインナップとキャスト表

来期もよろしくお願い致します~

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ PINGOO!カテゴリテレビ・ドラマ

にほんブログ村

※「Twitter」ID「kukucoo」です。
大量ドラマツィートに耐えられる方はフォローよろぴく

※一応、こんな物もやってます→「Facebookページ:日本ドラマファンのお部屋」
Facebookやっている方でドラマ好きな方やドラマ感想書いてる方は登録(シェア)お願いします。
ちなみに作ったばかりでまだほとんど登録してくれている人はいません!

トラックバック受け付けられなかったサイトさま(コメント欄にてお知らせください)



フォローする

スポンサーリンク