【平清盛】第12回「宿命の再会」感想


1145年、出家した待賢門院(檀れい)は、ついに重い病の床につく。
鳥羽法皇(三上博史)は、武士たちに季節外れの水仙を探させ、待賢門院に届けようとする。
水仙探しの途中で、清盛(松山ケンイチ)は10年前に別れて東国修行に出ていた
義朝(玉木宏)と宿命の再会を果たす。

そして、清盛は明子(加藤あい)の友人・時子(深田恭子)を、義朝は熱田神宮の
由良姫(田中麗奈)を…。

(「Yahoo!TV」より引用)

   

第十二回「宿命の再会」

ある意味「2人の御曹司(のプロポーズ)」という副題でも良かった今回……。

平氏は朝廷と庶民のために兵を出したりお金を使ったり頑張っていますが、
忠盛に下された地位は「正四位上」

「正三位」に上らなければ公家にはなりません。
これは、どんなに尽くそうが、おめーら武士なんか公卿にしねーよ、という
朝廷の意向が見え見えのお沙汰なのでした。

そんな朝廷に不満を持った通憲どのもついに出家してしまいます。
そして、名を信西と改められたのでした。

志だけがあっても道は開けぬわ。

清盛くんはますますグレた気持ちになっていくのでした。

弟が元服して「頼盛」となり、父から

兄として武士として、頼盛をしかと導いてやるがよい。

と言われても、

申し訳ござりませぬが、武士として導くとはいかなる事か分かりかねまする。

体よき番犬としてこき使われるだけと知りながら、命懸けで戦えとそう教えよと
そう言う事にござりまするか?

とか、言っちゃう始末。

清盛くんの頭の中では、明子が亡くなったのは朝廷が自由貿易を許さないために薬が
手に入らなかったから、という事になってしまっており、朝廷への憎しみがピークに
なってしまっているのでした。

明子さまが亡くなって以来、時子さまは足しげく子供たちの世話に通い琵琶を奏でたり
していたのですが、その琵琶を止めろと暴れる始末…。

時子さまの弟、時忠どのは博打好き。
姉が清盛屋敷に通っていると聞きつけ、これは金になると清盛家に押しかけます。

我が姉を、後添いに迎えては頂けませぬか?

突然の申し入れに戸惑う清盛と時子さま。

若君方を手なずけて明子様に取って代わろうとしておるのでしょう?

と言う弟を時子さまは思い切り引っ叩きます。

清盛様は明子様だけの光る君です!
誰にも入る隙などない。
それほどに深き絆にて結ばれておるのです!

それゆえ、私はあの時…。

飛び出した雀の子をまた伏篭の中に…。

あれあれ…時子さま、まんざらでもなかったようです。

しかし、今の清盛くんには明子さましか考えられません。

時子殿。

「琵琶をやめよ」と申したのは下手くそゆえではない。
耳に残る…明子の音色をかき消されとうないのだ。

時子さまは、そのようにお断りを食らってしまうのでした。

さて、そんな中、ここにも御出家された方が1人…。

得子さまに地位を奪われ、院のお庭も水仙から菊に取って代わられて、
失望の中に御出家された待賢門院璋子さまです。

読経に励む璋子さまの元に、その取って代わった得子さまがお訪ねになられます。

何故、黙ってご出家なされました?

璋子さまは静かに微笑みます。

あなた様は私に教えて下さりました。
人を愛おしく思う気持ちの激しさを。

己の愚かさを振り返れば俗世に未練はござりませぬ。

されど、一つだけ申すならば…
私は、ついに、さような激しき思いを知らぬまま生きてまいりました。

それだけが心残りにござります。

そんな璋子さまを見て、得子さまは自分を哀れんでいるようでした。

どこまでも福々しげで…憎々しいお方じゃ。

法皇様を奪い、国母の座から蹴落とし、出家にまで追い込んでも…
あなた様から全てを奪い取る事はかなわなかった。

その後、璋子さまは大病に倒れ、鳥羽院は大騒ぎする事になります。

庭を這って水仙を探しますが、季節柄当然1本も見つかりません。

そこで、「水仙を探せ」のお触れ。

もちろん、それは平氏にも伝わりますが、朝廷を憎んでいる清盛くんは動きません。

側女に入れ込み顧みる事のなかった后が、今際の際となるやにわかに武士を駆り出し
花を探させ救おうとする。
おかしな話ではないか。

明子は…つたなき政によって殺されたようなものだというに。

弟、家盛くんがそれでも平氏のお家のために頑張りましょうと言っても、
愛する明子を失ったお前に解るかよ、と大騒ぎ。

愛おしい女子と別れ別れになる悲しみならば、私とて存じておりまする。

兄上が明子殿を妻とした頃、私には好き合うた女子がおりました。
されど私は名ある家の娘秀子を選びました。

全ては…全ては、一門のためにござりまする。

清盛くんはビックリです。

長子である自分が好きに相手を選んだせいで、弟がそんな目に遭っていたとは…。

こうして、家を支える覚悟を弟から学んだ清盛くんは、やっと水仙探しに出かけるのでした。

しかし、水仙はこの季節、当然見つかりません。
そんな時、清盛くんの前に水仙を持った男が現れるのでした。

それは、あの東国で名を上げる旅に出かけていた義朝くんでした。

陸奥の山奥ならば遅咲きの水仙の一輪ぐらい見つかるのではないかと思うてな。
急ぐゆえこれにて。

義朝くん、大手柄…。

鳥羽院は今際の際で苦しむ璋子さまに義朝の水仙を届け、手に握らせます。

やっと…分かりましてござりまする。

人をいとしく思う…気持ちの…こんなにも優しく…清げなる事を。

ああ…我が君。
璋子は今…いとしさに…包まれておりまする。

久安元年8月22日。待賢門院璋子さまは、こうしてお隠れになられたのでした。

何故であろうのう。

あのお方に地獄を味わわせるのが私の望みであった。
されど今は、安らかなる心で極楽へ行かれる事を願ってやまぬ。

嘆き悲しむ院が叩く磬の音を聞きながら、静かにそう呟く得子さま…。

この一件で義朝くんは大いに院のお気に召され、都に留まるように言われます。

清盛くんも義朝くんも、もう随分大人なわけですが、お廊下で
「最も強き武士は平氏じゃ!」「源氏じゃ!」の大ゲンカ…

あまり以前とお変わりないのでございました。

義朝くんが清盛の「田舎武士」発言に憤慨しながら家に帰ると、由良姫さまがお待ちでした。

お変わりありませぬか、と言う質問に対して、義朝くんは、子供が2人出来たと答えます。

そなたも産むか?

はっ?

俺の子を産むかと尋ねておるのだ。

そなたには嫡男を産んでもらいたい。
統子内親王様にお仕えしておると申したな?
そなたはきっと俺の役に立とう。

ばかにして!人を何だと…。

女子にとって愛おしい男子の役に立つほど心楽しい事があるか?
ずっと俺の帰りを待っておったのではないのか?

このオレ様発言に由良姫さまは、もうメロメロ。
で、結局、その腕の中に納まってしまうのでありました。

清盛くんは清盛くんで、義朝くんに憤慨しながら帰ると、また時子さまが
子供たちの相手をしておられます。

おいっ!

と、荒々しく時子さまに近づく清盛くん。

もう、そなたでよい!
皆、後添いをもらえとうるさい!

そなたは俺に惚れておる。
子どもたちもそなたに懐いておる!

あとは俺がそなたに惚れればよいだけじゃ!

あの…何の話でござりまするか?

ええい!分からぬ女子じゃ!
俺の妻になれと言うておるのじゃ!

どこまでも光らない君!

と、言いつつも、嬉しそうな時子さま。

「好きだ!ばか!」

と、言わんばかりに清盛くんに抱きつきます。

こうして、2組の「好きだ!ばか!」カップルがこの日誕生し、
それぞれがあっという間に第一子を設けることになるのでした…。

  。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

そなたもオレ様の子供を産め!
オレ様が水仙をお届けするぜ!
オレ様が背負う源氏の時代だぜ!
 いつの時代もオレ様だぜ。 (千秋真一)

相変わらず明子の死を引きずっている清盛くん。
いや、気持ちは解るけど…それで仕事もできなくなってしまったら、もう廃人と同じやね。

「そんなにしてまで武士の家は守んなきゃなんないものなのかよ!」

って・・・そらそーだろ・・・。
「心の軸が定まっていない」清盛の幼稚さに…ちょっとウザっと思う…。

家盛から、間接的に「兄上が好きな女と結婚しちゃったから僕は好きな女と別れたんだ」
と言われて、初めてちょっと目が覚める清盛。

もっと、大人になろうぜ……。

清盛は鳥羽院の事を「女に狂ってロクな政しないせいでオレの明子が死んだんだ」
と言ってたけど、明子を失った悲しみで家の事を顧みない今の清盛は鳥羽院と
全く同じ状態なんだよね。

弟に言われて初めて目が覚めたのでした。

でもって、源氏も平氏もホント、失礼極まりないプロポーズ。

この技、クラっと来ちゃう女はいるのかも。

ただし、イケメンにかぎる。

今日の璋子(たまこ)さま

このコーナーも、ついに最終回でございます…。

この大河で一番面白きキャラクターであったお花畑たまちゃんも、
ついにお隠れになってしまわれました。

鳥羽院の嘆きは、もっともっと狂った様かと思ってたよ。
ちょっと控えめだったね。

これでは「台記」「磬を打ちながら大声で泣き叫んだ」という描写には、
かなり足らない気がいたしました。

あと、得子さまが何だかえらく普通にええ人みたいに後悔してるのは
一体どういう事でございましょう。
中の人の事務所からクレームでも来たのでしょうか。

それか・・・・・

実は、得子さまが愛していたのは鳥羽院じゃなくてたまちゃんの方で……
好きだから、いぢわるしちゃってたとか・・・・・・

平清盛やっと解りましてございます。

人を愛おしく思う気持ちが…
こんなに優しくなること。

わが君。
璋子は今、愛おしさに包まれておりまする。

愛に目覚めたたまちゃんは、幸せにお亡くなりになられたようでございます。

良かったね。

……まぁ…

実際には、あんたの子供は大変な事になってるわけで、ちっとも良くはないんですが、
最期まで自分の恋愛の事しか考えられない所など、やはり蝶々頭だったと言えましょう。

恋愛には目覚めたたまちゃんですが、母性愛には最期まで目覚めなかったようです。

※マニアな情報ですが、「マメシバ一郎」のイチローが、第16話に出演するそうです~♥
二朗さん@二郎と共演…絡みはないと思うけど~笑.gif

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
↑他のブロガーさんの大河感想はこちらから・にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ 
にほんブログ村

※キャスト

平清盛(平太) … 松山ケンイチ(幼少期:前田旺志郎)

平忠正 … 豊原功補
平家盛 … 大東駿介
平頼盛 … 西島隆弘
平時忠 … 森田剛
平盛国(鱸丸) … 上川隆也(幼少期:小林廉)

伊藤忠清 … 藤本隆宏
平盛康 … 佐戸井けん太
平維綱 … 尾美としのり

時子 … 深田恭子
明子 … 加藤あい
滋子(建春門院) … 成海璃子
秀子 … 海老瀬はな
須磨 … 駒塚由衣

宗子 … 和久井映見
平家貞 … 中村梅雀
平忠盛 … 中井貴一
平正盛 … 中村敦夫

源義朝 … 玉木宏
源為義 … 小日向文世
由良御前 … 田中麗奈
常盤御前 … 武井咲

鎌田通清 … 金田明夫
鎌田正清 … 趙和

源頼朝(語り) … 岡田将生

政子 … 杏

白河法皇 … 伊東四朗
舞子 … 吹石一恵
祇園女御 / 乙前 … 松田聖子

鳥羽上皇 … 三上博史
後白河天皇(雅仁親王) … 松田翔太
崇徳天皇 … 井浦新(幼少期:桑代貴明)
璋子(待賢門院) … 檀れい
堀河局 … りょう
得子( 美福門院) … 松雪泰子
御影 … 横山めぐみ

藤原忠実 … 國村隼
藤原忠通 … 堀部圭亮
藤原頼長 … 山本耕史

信西(高階通憲) … 阿部サダヲ
藤原家保 … 渡辺哲
藤原家成 … 国広富之
高階基章 … 平田満
藤原季範 … 山口良一

西行(佐藤義清) … 藤木直人
兎丸 … 加藤浩次(幼少期:前田航基)
朧月 … 隆大介
滝次 … 河原崎建三
国松 … 白倉裕二
時松 … 内野謙太
蝉松 … 原勇弥
荒丹波 … 八田浩司
麒麟太夫 … 須加尾由二
資遠 … 真島公平

↓おすすめ!

【送料無料】平家物語の女性たち新装版

【送料無料】平家物語の女性たち新装版
価格:580円(税込、送料別)

【送料無料】平清盛のすべてがわかる本

【送料無料】平清盛のすべてがわかる本
価格:1,260円(税込、送料別)

【送料無料】平清盛をあやつった女たち

【送料無料】平清盛をあやつった女たち
価格:693円(税込、送料別)

【送料無料】平清盛と平家の女たち

【送料無料】平清盛と平家の女たち
価格:1,000円(税込、送料別)