NHK朝ドラ【ちりとてちん】(2013年・再放送) 第43回 感想

居酒屋「寝床」での徒然亭一門会は、草若(渡瀬恒彦)が3年ぶりに高座に上がり、
大盛況のうちに終わる。
その夜の打ち上げで草々(青木崇高)たちは、万感の思いで草若から酒をついでもらう。
喜代美(貫地谷しほり)も今までにない感動で、なかなか眠れない。
翌日、草若は天狗芸能会長の鞍馬(竜雷太)のもとを訪れ、改めて高座に復帰することを告げる。
一方、喜代美は草々に「もう好きなところに住んでいい」といわれて動揺する。

(上記あらすじは「Yahoo!TV」より引用)

連続テレビ小説「ちりとてちん」第43話「袖振り合うも師匠の縁」
     

      ちりとてちんop


※「ちりとてちん」は、2007年10月期のNHK連続テレビ小説です。
当方は当時の放送をオンタイムで見ているので感想は恐らく回顧目線になりがちです。
ご了承のうえ、ご覧くださいませ。

※レビューでは先のネタバレは控えるよう努力します。
※レビューの更新はイレギュラーで…。週まとめは必ず書くようにいたします。

※再放送時間は月~土・午前7時15分からNHKBSプレミアムにて。



ようこそのお運びで厚く御礼申し上げます。


先週、ついに草若師匠が長い長い寄り道散歩から高座に帰りまして…。
まるで最終回のように感動に包まれたわけですが。

あれは最終回ではありまへん。
主人公の物語としては、むしろここから。


落語会が終わって、「寝床」で打ち上げする徒然亭の皆さん。


しかし、自分らも人が悪いわ!
シークレットゲスト言うて誰が出てくんのやと思たら、まさか草若が出てくるとは!


と、磯七さん。

本当のシークレットゲストだったはずの熊五郎さんは、草若師匠の落語には敵わない…
と、気持ちよう言ってくれます。
お咲さんも、ますます熊やんにホレたもよう。


菊江さんが差し出した徳利を受け取って、小草若が師匠にお酌します。
そして、師匠からも小草若へ。

受けは、

はい。

うん。

うん。


…ああ…。


で、親子らしくも師弟らしくもありませんが、ここへきて、やっと再び固まった絆。

そして、師匠から草原兄さんへ。そして四草へ。
師弟、再固めの杯…ですな。


落語会が無事終わり、自分が思っていた以上のすごいサプライズも起きてポーッと
していた喜代美も、この光景を見て微笑みます。


ここで、この光景へと導いた主役の喜代美と草々さんもこの中に混ざって、みんなに
感謝されてもいいような気もしますが、このドラマはそんな解りやすいベタはしません。


1人、外に座り込んで夜空を見上げる草々さん。


みんなで飲みならんのですか?

何や…胸がいっぱいでな。



紺色の夜空に白く光る大きな満月。
2人はそれぞれの感慨を胸に、お月さんを黙って見上げます。


この位置もまた好きなのです。
喜代美は草々さんのちょいと斜め後ろ。

隣りに並ぶのではなく、前に出るでもなく、ちょいと後ろ…なのです。


その夜。
草々さんは師匠から、

その頭、なんとかせえ。
落語家にふさわしない。


と言われます。


これを聞いての草々さんの顔がご褒美を貰った子どものように嬉しそう。

ずっと待ってたんです!
師匠がそない言うてくれはんのを!

師匠…。
ほんまに、また…ほんまに、また落語家に戻りはったんですね!



師匠は、天狗芸能にも再開の挨拶をしに行きます。

もちろん…一筋縄ではいかない天狗芸能社長・鞍馬。


私には落語しかできません。
金返すのもご恩をお返しすんのも、ほかにやり場ないんです。



しっかり覚悟を見せる師匠。


磯七さんの所で切ってもらう金はないから、と、喜代美に髪切らせる草々さん。


落語いう芸は、一人で何人もの人物を演じ分けなあかん。
男になったり女になったり年寄りになったり子供になったり。
そのためには演じ手の見た目にやたらな個性はない方がええんや。



うん…若夫婦のようで微笑ましい。

…けど、ここが微笑ましいからこそ、この後の空気読めない草々さんのセリフが突き刺さる。


すまんかったなあ。

え?

お前の事もつきあわしてしもて。

何がですか?

ん?師匠のために無理してここに住んでもろたやないか。
もう無理せんかてええんやで。

え?

師匠も高座に戻りはったし、こんなむさ苦しい所に無理しておらんかて好きな所、
住んだらええんやで。



それは~~言うたらあかん~~…。

喜代美の絶望に沈んだような悲しい顔…。

もちろん…何も語らなくてもその心中は容易に図れます。
可哀想に…。

しかし…。

ここで喜代美は黙って去っていくことも、何かを捨てていくことも無かった。

きちんと心の中をぶち撒けたのでした。
まぁ…感情任せですが。


ジョキン……

と、持っていたハサミでめっさ深く草々さんの髪を切り…。

その感覚に驚く草々さん。


な…何か…今、切り過ぎへんかったか!?



………ですか?

え?

「出ていけ」いう事ですか?
「もう私に用はない」いう事ですか?

おい…。

ひどいやないですか!

そりゃ最初は無理やりやったし不安やったけど…。
最初の晩、草々さんの落語聴いて…私はこれからここに住むんやなあて思う事ができたんです。
それからずっとずっと私のそばには落語があって…
落語のそばで…
私は、いつも泣いたり笑たり滑ったり転んだり…。

私…私……。



口を空けて茫然とする草々さん。
縁側の隣室で寝ていたお弟子さん達も、ただならぬ空気に障子を開けて喜代美の言葉を
聞いています。

小浜に帰ろうと皆で支度して外に出てきた和田一家も…


…喜代美。バンが来たさけ、お母ちゃんら帰るでねえ…。

……あんたも…体に気をつけて……



さすがの天然糸子さんも、声かけちゃいけなそうな空気を読んだ時…。


羽織袴で天狗芸能から帰ってきた草若師匠の前へ喜代美が進み出たのでした。

喜代美は聞いたのです。
おじいちゃんの、あの言葉を。


喜代美…。
お前はこれからぎょうさん笑え。
一回きりの人生や。ぎょうさん笑うた方がええ。



私…
落語家になる。

落語家になる!



…と、いうことで…主人公の人生、ここから動き出すのです。

大阪に来てから、主人公にはずっと裏方させてきたドラマ。

他のキャラクターが生き生きと動き、それを主人公が支えている事が解るので、全く
不在には感じられず不満も湧きません。

前へ前へと主人公を出さない。
そのおかげで、かえって存在が生きてくる。

…そういう事。


今週は、平凡な主人公、喜代美覚醒の週。



よろしければ→【2013年10月期・秋クールドラマ】ラインナップ一覧とキャスト表

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ PINGOO!カテゴリテレビ・ドラマ 
にほんブログ村



   


  
※キャスト

和田喜代美/徒然亭若狭 … 貫地谷しほり(少女時代:桑島真里乃)

徒然亭草若(三代目) … 渡瀬恒彦
徒然亭草々 … 青木崇高(少年時代:森田直幸)
徒然亭草原 … 桂吉弥
徒然亭小草若→徒然亭草若(四代目) … 茂山宗彦(少年時代:榎田貴斗・森川翔太)
徒然亭四草 … 加藤虎ノ介
木曽山勇助/徒然亭小草々 … 辻本祐樹
吉田志保 … 藤吉久美子

和田糸子 … 和久井映見
和田正典 … 松重豊
和田小梅 … 江波杏子
和田小次郎 … 京本政樹
和田正平 … 橋本淳(少年時代:星野亜門)

和田正太郎 … 米倉斉加年

和田清海 … 佐藤めぐみ(少女時代:佐藤初)
和田友春→野口友春 … 友井雄亮(少年時代:小阪風真)
和田秀臣 … 川平慈英
和田静 … 生稲晃子
野口順子 … 宮嶋麻衣(少女時代:伊藤千由李)
野口幸助 … 久ヶ沢徹
野口松江 … 松永玲子
野口春平 … 斉藤勇人/新岡澪
野口順平 … 斉藤隼人/新岡塁

熊五郎 … 木村祐一
咲 … 田実陽子
磯七 … 松尾貴史
菊江 … キムラ緑子
徳さん … 鍋島浩
お花 … 新海なつ
緒方奈津子→和田奈津子 … 原沙知絵
原田緑 … 押元奈緒子

鞍馬太郎 … 竜雷太
万葉亭柳眉 … 桂よね吉
土佐屋尊建 … 波岡一喜
万葉亭柳宝 … 林家染丸
土佐屋尊徳 … 芝本正
柳宝の弟子 … 林家染左、林家染吉
烏山 … チョップリン西野
原田颯太 … 中村大輝(少年時代:河合紫雲)

音大の教授 … キダ・タロー
あわれの田中 … 徳井優
横山たかし・ひろし … 本人
五木ひろし … 本人
ニュースキャスター … 浅越ゴエ

竹谷修 … 渡辺正行
堀田由美子 … 和田はるか
高島恵 … 中井飛香
北川沙織 … 村上佳子


語り – 上沼恵美子


※スタッフ

脚本 … 藤本有紀
演出 … 伊勢田雅也、勝田夏子、井上剛、菓子浩、三鬼一希、吉田努、櫻井壮一
制作統括 … 遠藤理史
音楽 … 佐橋俊彦

テーマ曲・ピアノ演奏 … 松下奈緒

















「Twitter」やってますです。
フォロー下さる方は、ほぼドラマ実況ツイート(辛口)だという覚悟でお願いします

 【ちりとてちん】第1週~第3週、19 20 21 22 23・24
25・26 27・28 29 30 31・32・33・34 35・36 37・38 
39・40・41 42 43



この記事のトラックバック用URL

(承認制です。また、お手数ですがスパム対策のため「http://dramablog.cinemarev.net/」へのリンクのないTBを受付できません。ご了承ください。)

コメント

※ 右のアイコンから Wordpress,Twitter,google+,facebookのアカウントを使ってコメントできます。
オープンIDをお持ちでない方はアドレスを記入してください。(書きこんだアドレスは表示されません)

8件のコメント

  • くう
    2013年11月27日 1:56 AM

    SECRET: 0
    PASS: d0970f9a670a457ba04fd47a84598fe5
    コメントありがとうございます。

    おっしゃる通りで、本文が間違っています。
    訂正させていただきます。

  • てっぱん地元民
    2013年11月27日 1:31 AM

    SECRET: 0
    PASS: 2f7b52aacfbf6f44e13d27656ecb1f59
    はじめまして。
    本文で1つ間違えてるみたいなので、指摘しておきますね。

    >翌日。
    >草々さんは師匠から、

    これ翌日じゃなくて落語会のあった当日夜の出来事のようです。

    明日放送予定の第45回で、草原兄さんが草々に
    「昨日の師匠の愛宕山を聞いてたら・・・」と言う下りがあります。

    ということは落語会があったのは昨日なので、
    落語会→寝床打ち上げ→師匠の髪切れ発言→就寝→翌朝→大根すり勝負
    という流れになると思います。

    いずれにしても弟45回の放送を見て判断して下さい。
    でわ。おじゃましました。

  • くう
    2013年11月25日 10:40 PM

    SECRET: 0
    PASS: d0970f9a670a457ba04fd47a84598fe5
    お初でございます^^ありがとうございます!
    四草さんのファン多いですよ。虎ノ介、これがキャラ的には一番良い役かも~。

    >今日はきよみの異変に真っ先に気付き、ぱっと目覚めた四草にドキッとしました。

    あっ、解ります解ります!
    出てきた時があんなだっただけに、今のツンデレっぷりが微笑ましい(#^.^#)

    これからまだまだ色々ありますわ。
    でも、どの回も見逃せないです。楽しみましょう~!

  • たこ
    2013年11月25日 10:20 PM

    SECRET: 0
    PASS: 16bbc67855f77ff088931e609dd8e003
    はじめまして。
    たこといいます。
    再放送からはまってしまっている私なのですが、特に四草にどっぷりです。
    以前書き込みがうまくいかなくて、再びなのに初めましてと言っていたら申し訳ございません。

    寝床の常連客の雰囲気が本当にいいですね。
    熊やんご夫妻ももちろん。
    今日はきよみの異変に真っ先に気付き、ぱっと目覚めた四草にドキッとしました。
    落語家になる決意がようやく固まったきよみがすんなりとは認めてもらえなさそうで、明日からまたドキドキです。
    長々と失礼しました。

  • くう
    2013年11月25日 8:16 PM

    SECRET: 0
    PASS: d0970f9a670a457ba04fd47a84598fe5
    >草々さんの言葉にショックを受けたせいでキーコが踏み出せて良かった(笑

    たしかに!
    草々さんのKY発言が無ければ、ここ踏み出せていなかったかも知れないところだ!

    >最初の場面の小草若と草若師匠が酒を酌み交わすのを見守る兄さんたちの顔を見ているだけでじわ~っと感動したよ。
    みんなもこの時を待っていてくれたんだよね(`;ω;´)

    うんうんうん…。
    四草の表情までが柔らかいのにまた感動~!
    「寝床」常連さん達の優しい視線にも感動~。

    >そして、改めて家族になるための固めの杯。
    見てたら飲みたくなった(‘ jj ’)/

    飲んで飲んで~!…って、朝から(爆)

  • くう
    2013年11月25日 8:10 PM

    SECRET: 0
    PASS: d0970f9a670a457ba04fd47a84598fe5
    >天狗芸能の社長の名前が鞍馬、社章が天狗のうちわ。
    前にみたときはストーリーを追っていたので気付きませんでした。

    私なんか草々、尊建、柳眉で三国志…さえポーッと聞いていたくらいですから^^;
    情けなし…。
    やっぱり再放送っていいですよね!^^

    >落語家として再び活動するにあたってちゃんと筋を通して天狗芸能に挨拶を入れる。
    こういうところが「ちりとてちん」の好きなところのひとつです。

    凛々しいですよね!
    そして、経済的な事も確かに…金はどうすんの?と視聴者に思わせないで済む^^;

    >月を見ながら感無量の草々さんと喜代美の立ち位置、
    「もう出て行っていい」の時の兄弟弟子の横並び、
    帰宅した師匠と、帰ろうとしている家族、画面構成も演出も申し分なしです。

    いちいち考えられてますよね。
    とても細かいです。
    本当にスタッフの作品愛が伝わる朝ドラです^^

  • きこり
    2013年11月25日 6:39 PM

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    やっとキーコの人生の扉が開いたというか・・
    徒然亭一門もキーコもこれからが大変だと思うけど、
    草々さんの言葉にショックを受けたせいでキーコが踏み出せて良かった(笑
    最初の場面の小草若と草若師匠が酒を酌み交わすのを見守る兄さんたちの顔を見ているだけでじわ~っと感動したよ。
    みんなもこの時を待っていてくれたんだよね(`;ω;´)
    そして、改めて家族になるための固めの杯。
    見てたら飲みたくなった(‘ jj ’)/

  • ゆう
    2013年11月25日 6:08 PM

    SECRET: 0
    PASS: 67828959122547a7fddaab97d5e99e3c
    天狗芸能の社長の名前が鞍馬、社章が天狗のうちわ。
    前にみたときはストーリーを追っていたので気付きませんでした。
    落語家として再び活動するにあたってちゃんと筋を通して天狗芸能に挨拶を入れる。
    こういうところが「ちりとてちん」の好きなところのひとつです。
    (さりげなく借金はチャラだというのを入れるところとか。
     師匠はそれをよしとしないでしょうが見ている方としてはひとつ納得がいきます)

    月を見ながら感無量の草々さんと喜代美の立ち位置、
    「もう出て行っていい」の時の兄弟弟子の横並び、
    帰宅した師匠と、帰ろうとしている家族、画面構成も演出も申し分なしです。