【アンナチュラル】第6話 「友達じゃない」感想

その立花さんって人、助けないと!

気持ちがなえた。

はっ?

もう悪いもん同士、好きに殺し合えばいいじゃん。

東海林、何言ってんの!?

だって、四人は詐欺仲間で大学時代強姦仲間だよ。

最悪だね。

最悪オブ最悪。

まあ、でも、どんなに最悪な人間でも人殺しを見逃すわけにはいかないの。

私達が裁くんじゃない。
法律で裁く。


【アンナチュラル】第6話 「友達じゃない」感想

 
    unnatural-op

そういえば昔の職場に、「私は仕事関係で出会った人、全部友達だと思ってるから!」と言う素晴らしい人がいた。

誰にでも気さくに話しかけ、呑みに行き、垣根なく接しているように見えた。


公私がなくて、仕事もだらしなかったなぁ……

と思い出す。


狎れあいの薄っすいお友達よりも、頼りになって信頼できる同僚。

信頼できるからこそわざわざ「友達」と名乗る必要もない。

大人の関係は、こっちよね。


隣に寝る遺体



先週はミコトが死体損壊罪に問われていたと思ったら、今度は東海林が容疑者である(笑)

ことの起こりは、こう。

東海林はいつものごとく異性間交流会に出かけた。

会員になっている高級ジム(なんと月会費5万円)の飲み会。

そこで、東海林は飲み過ぎて(覚えはないけれども)、隣りで飲んでいた権田原という男性に送られ、強烈な眠気に襲われて爆睡。目覚めたら、隣りに権田原の遺体が……という流れ。

服を着ていたし、幸い、お身体は無事な様子。


身元が知れてる人だし、まさかそんな…。

知り合いだと被害を訴えにくいから逆手に取られる場合が多い。

えっ、じゃあ、私は薬飲まされてここへ連れ込まれて、襲われる前に運よく相手が心筋梗塞か何かで突然死してくれたってこと?


……それがさ、この人、窒息死みたいなんだよね。

窒息!?


かすかにチアノーゼが出てる。

解剖してみないと確かなことは言えないけど。



「窒息死」ということは、自然死とは考えづらく、東海林が意識障害の中で何かやらかした可能性が……。

暴行犯



フロントに聞いたら部屋はあらかじめ取ってあったそうです。

と言う毛利刑事。


最低!

でもよく知らない男と酒飲んで酔っ払う方にも問題ありますよ。

知り合いなんです。同じジムの。

じゃあ、お互い承知の上で?

承知していません。


…背中バックリ開いちゃってますしね。

どんな服を着ようと私の自由です。

いやいや、そうは言ってもね…。


毛利さん、女性がどんな服を着ていようが、お酒を飲んで酔っ払っていようが、好きにしていい理由にはなりません。

合意のない性行為は犯罪です。


いや、まだしてない。

まだしていませんが。



ここ、女性が大好きな「女のせいじゃない」論だけど、私はね、個人的には、「裸のような服を着て歩いて襲われました」っていうのは自衛してないなぁと思いますよ。

もちろん、東海林さんは裸のような服を着ていたわけではないけれども、好みの男性が相手ならば合意しようと思って誘うために着ている服なんですよね。

「どれだけ闇落ちする悔しい理由があろうが、人を殺したら犯罪」これは当然。理不尽だけど。

「どれだけ誘われていようが、性犯罪は性犯罪」これも当然。理不尽だけど?(笑)

誘う服を着ているけれども誘っていたのはお前じゃねぇよって、どんだけ女性至上主義なの?(笑)

何で私が責めらんなきゃいけないの?被害者なのに!

権田原とデキてたみたいな言われ方してさ。
どうせやるなら細川さんとやるわ!


その細川さんという細マッチョが東海林が誘いたい方だったらしい。

彼は飲み会に来なかった。

なぜなら……

すでに死んでいたから。

死因は権田原と同じ。窒息死。

なんと解剖はUDIラボに持ち込まれ、遺体を見て、

ヒイッ!

っと叫ぶ東海林である。

この2人は学生時代からのサークル仲間であり、東海林以外の女性にも薬を飲ませて連れ込んでいた過去があった。

共犯で、グループ暴行犯……。

「容疑者」です



遺体には手首と両耳の裏に1つずつ小さな赤い発火痕があり、それは高級ジムが会員にモニターテストで行っているバイタルセンサーの痕だろうと東海林は言う。

権田原の遺体も調べたいと言うミコト。

しかし、なぜか権田原の遺体は本庁が解剖に出しており、UDIラボにも本庁が来るというのだった。


珍しいですね。
毛利さんが殺人を前提に話を進めるなんて。
まだ他殺の決め手はないのに。



もう上が動いてるんです。
連続殺人で。

上?

この事件、本庁の担当になりました。



遺体は坂本さんが転職した明邦大に運ばれており、ミコトは久部と共に明邦大へ。

個人情報を死守しようとする坂本さんの口をムーミンで割らせるミコトである(笑)
 unnatural6-ムーミン


あのね、警察は毒殺を疑ってて、よく調べてくれって。

毒殺?

うん。呼吸筋を麻痺させる毒もあるからって話なんだけど、毒を疑う理由が、何と!薬毒物の専門家が容疑者だからなんだって!

僕と同業者の女。



坂本さん……

その女、あなたの知ってる人です(汗)


私が連続殺人の容疑者!?


思いもしなかった話に衝撃を受けるUDIラボの面々。

えっ…じゃあ、本庁が話を聞きに来るっていうのは……。

話じゃないな。
任意で引っ張る気だ。


えっ!?

弁護士!弁護士の先生に電話してすぐ来てもらいましょう!



しかし、本庁の人間はもう下のロビーに来ていると連絡が。


まずい!隠れろ!

どうしよう…。

立つな!一旦逃げろ。

はあ!?どういうこと!?


今の状況で任意同行に応じたら、クソつまらん理由で勾留されて、やってもない罪を自白させられる。

やってないのに?

死体に慣れてるから人が殺せるだの何だの、訳の分からんクソでっち上げストーリーを密室で毎日毎日念仏のように唱えられてみろ。クソほどの体力気力根性がなきゃくじける。

東海林、お前、体力気力根性あんのか?

どれも全然ない。

だからって逃げたりしたら……。

いや、バレないようにごまかしゃいい。

東海林が逮捕されたら補助金どころかUDIが吹っ飛ぶ!

 unnatural6-中堂さん


あるんだね。
中堂さんはあるんだね。

「クソつまらん理由で勾留されて、やってもない罪を自白させられ」た……あるいは、させられそうになった事。

それが、あの時、検事に言われていたことなんだね。

バイタルデータの使用法



逃げ出した東海林はミコトと久部と合流。

2人とも、今までありがとう。

最後の別れみたいなこと言わないでください!

だって……。

死因が分かれば容疑を晴らせるかもしれない。亡くなった二人のバイタルデータが見たい。ジムの方でデータって管理されてないかな?

してないと思うけど。

開発した企業は?

あっ「Gate−Cジム」の会員の岩永さんの会社。

友達じゃない!



岩永の会社へ行くと、お互いに権田原と細川の死など知らないようにふるまう。

医師の観点から興味があるのでデータを見たいとミコトが言うと、


では、今度一緒に食事でも。

と誘う岩永。


へえっ?
はい、よろこんで!!


岩永が部屋を出てから口げんかを始める2人。

なに、居酒屋みたいな返事してんのよ。

食事ぐらいいいじゃん。

そんな気もないのにその気になるかもしれないでしょ。



毛利刑事には「女性がどんな服を着ていようが」と反論したミコトだけれども、誘う態度が自分の身を危うくするという苦言はちゃんと東海林に呈する。

解ってる人である安心感。

そしてもちゃんと解っている脚本である安心感。


今、彼氏なんてほしくないの。

出た。

彼氏ほしがって熱心に頑張っちゃってる私がバカみたい。バカだと思ってんでしょ?

思ってないよ。

ミコトはさ、何で結婚間近の彼氏と別れたわけ?贅沢なんだよ。

何でだっていいでしょ。

ああ、そう。ミコトってそういうとこあるよね。

自分のことを何も話さないし、何考えてるか分かんない。

まあいいけど。
別にうちら友達じゃないし。

まあ、そうね。ただの同僚だし。

ただの同僚なのにつきあわせちゃってごめんなさい。

いいえ。UDIラボのためですから。



「ただの同僚」のために、命の危険冒して、こんなことやってるわけないよねぇ(笑)


データを確認したミコトは中堂に連絡。

亡くなった2人とも呼吸停止の3分くらい前から心拍数が上がってるんです。

それにともない呼吸数は低下。血圧は上昇。心拍数がピークになって呼吸停止。それから2分ほど心臓は動いていましたが酸欠のまま死亡。

恐らく何らかの刺激が与えられてたってことになるんですが、それが何だか…・。

岩永さんの手首もきれいだった。
亡くなった2人にだけ発赤がある。

中堂さん、もしかしたら…。

ああ、ありえなくはないが確認のしようがないな。


仮想通貨詐欺



犯人たちの繋がりは意外な所から分った。

久部くんが雇われている週刊ジャーナル絡みのフリー記者・宍戸。


権田原と細川は大学生時代サークルの悪い仲間と派手に遊んでて集団強姦事件を起こしてる。

だが、何とか和解に持ち込んで、その悪いお仲間全員無傷で卒業。でもな、その事件と今回の殺しとは無関係だ。

さて、何で捜査二課が動いてると思う?
ビットコインって知ってるか?

オンライン上の仮想通貨、正しくは暗号通貨企業間の取引にも使われてますよね?

ビットコイン以外にも世界中に何百種類ってコインがあって、権田原と細川はその詐欺事件にかかわってた。


その「何百種類ってコイン」の中の1つ「NEM(ネム)」の不正流出で、先日「コインチェック事件」が発生したばかり(汗)

もっとも、別にこの事件は詐欺ではないんですが。

株やFX取引と違って、ヨチヨチ歩き段階の仮想通貨取引には信託保全がないことも初めて世に知れ渡った事件。

その前から仮想通貨詐欺は何かと話題になっていて、この事件でもっと大きく問題視されたのね。


ともかく……

このグループが関わっていた金銭トラブルが今回の事件の正体ということ。

お仲間はまだ2人いる。

パイロットの立花ってやつと、「Gate−C」ってベンチャー企業を起こした岩永ってやつだ。

この4人全員が、コイン詐欺にかかわってる。


人命救助



耳の裏と手首の発赤。あれが低温やけどによる炎症だとすると、死んだ二人の端末に異常があったってこと。

死んだ細川が使っていた端末には、東海林の端末とは違うハイパワーのコンデンサーが組み込まれていた。

恐らくホテルで死んだ権田原の端末にも同じ改造が施されていた。

電流を流すために。

つまり死因は感電死。微小な電流なら体内に電流斑は残らない。

端末が外部から信号を受信すると、微小な電流が流れる。
電流が体内を流れ端末と左右のイヤーカフとの共振によって増幅されて、けい椎の神経にショックを与える。

けい椎のC4神経は腹の横隔膜につながってる。
C4神経が麻痺すれば横隔膜も麻痺して動かなくなる。

左右の横隔膜が動かなければ人間は呼吸できずに死んでしまう。

窒息は窒息でも感電によって引き起こされた窒息。


感電でも「窒息」するのだと初めて知った。
お勉強になります。


岩永は立花も殺そうとしていた。

救うために動き出そうとするミコトを止める東海林。


もう悪いもん同士、好きに殺し合えばいいじゃん。

東海林、何言ってんの!?

だって、四人は詐欺仲間で大学時代強姦仲間だよ。

最悪だね。

最悪オブ最悪。

まあ、でも、どんなに最悪な人間でも人殺しを見逃すわけにはいかないの。

私達が裁くんじゃない。
法律で裁く。




この冷静さがこのドラマの好きな所。

わたしたちはーーー医者なのよーーー人の命をす゛く゛わ゛な゛き゛ゃ゛ーーー!!!!!!

とか、叫ばないのな(笑)

登場人物がクールだからドラマもクール。


そして、クールな状況の後の熱い熱いカーチェイス(いや、相手は飛行機なのでちょっと違う)。大林さん、大活躍

……からのーーーー人工呼吸。

持っていくドラマだねぇ……ほんと。
 unnatural6-人工呼吸


私がやる!
だって、最悪オブ最悪とミコトが人工呼吸なんて!

いや、これ、医療行為だからね。

私に任せて!
えっ……どうやんだっけ!?


俺がやります!離れてください!


結局、やったのは「俺」(笑)

毛利刑事も男前だねぃ



岩永は二課が捕まえたという。

結局、本当に東海林にしたかったのは尋問ではなくてただの事情聴取だったのかもね(笑)

でも、中堂さんは自分の体験を下敷きに、東海林を救ってくれた(たぶん)。中堂さんも熱い男だよ。

熱いから、その内面に燃えるドロドロが止まらないのだろう。

「彼女」の件は今回、お預け。


キミ達、あれだよね?通りすがりに呼吸困難の人を助けただけだよね?

もう帰ってください。邪魔だから。


と、何も聞かずに帰らせてくれた毛利刑事も人間味あふれるキャラで好きだなぁ。


東海林がどうしても飲みに行きたいって。

言い出したのはミコトでしょ。

心の声、聞こえたの。

お互いにね。


お二人、仲がいいですね。長年のお友達のようで。

友達じゃありません。ただの同僚です。

そう。ただの同僚。

 unnatural6-飲みに


「ただの同僚」は軽い「友達」よりも最強なのだった。


さてぇ……

何でそんなに絡みたいのか、彼自身が中堂の彼女の事件と深く関わっているからなのか、久部くんをネズミのように使う「週間ジャーナル」界隈のシーンは好きじゃないんだけど。

最後までこれは引っ張るんだろうなぁ。

なるべくなら早めの結論を~~。久部くんの解放を

高級ジム主催の合コンパーティーに参加した東海林(市川実日子)。翌朝ホテルのベッドで目を覚ますと、昨夜のパーティーに参加していた権田原(岩永洋昭)が隣で死んでいた!

ホテルに駆けつけたミコト(石原さとみ)が詳しい状況を聞くが、東海林は店を出た後の記憶がまったくないという。

さらに権田原の友人も突然死したことが発覚し、警察は連続殺人事件とみて捜査を始めるが、容疑者として疑われているのは東海林だった…!

ミコトたちは東海林の容疑を晴らすため、死因究明に奔走する。

一方、中堂は『警察の任意同行に応じると殺人犯にされる』と東海林に逃げるように促す。

(上記あらすじは「Yahoo!TV」より引用)



にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村


※キャスト

三澄ミコト … 石原さとみ

中堂 系 … 井浦新
久部六郎 … 窪田正孝
東海林 夕子 … 市川実日子
神倉保夫 … 松重豊
坂本 誠 … 飯尾和樹

末次康介 … 池田鉄洋
木林南雲 … 竜星涼

三澄夏代 … 薬師丸ひろ子
三澄秋彦 … 小笠原海

関谷聡史 … 福士誠治
宍戸理一 … 北村有起哉
毛利忠治 … 大倉孝二
向島 進 … 吉田ウーロン太

松村沙友理

※スタッフ

脚本 … 野木亜紀子
演出 … 塚原あゆ子、竹村謙太郎、村尾嘉昭
プロデュース … 新井順子、植田博樹
主題歌 … 米津玄師「Lemon」
音楽 … 得田真裕








この記事のトラックバック用URL

(承認制です。また、お手数ですがスパム対策のため「http://dramablog.cinemarev.net/」へのリンクのないTBを受付できません。ご了承ください。)

コメント

※ 右のアイコンから Wordpress,Twitter,google+,facebookのアカウントを使ってコメントできます。
オープンIDをお持ちでない方はアドレスを記入してください。(書きこんだアドレスは表示されません)

5件のトラックバック

  • ぷち丸くんの日常日記
    2018年2月20日

    アンナチュラル 第6話

    高級ジム主催の合コンパーティーに参加した夕子(市川実日子)は、翌朝見覚えのないホテルのベッドで目を覚まします。 隣を見ると、昨夜のパーティーに参加していた権田原(岩永洋昭)が死んでいました。 混乱した夕子は、ミコト(石原さとみ)をホテルに呼び出します。 ミコトが詳しい状況を聞こうとするも、夕子はお店を出た後の記憶がまったくないのでした。 そんな中、ミコトは権田原の遺体…

  • ディレクターの目線blog
    2018年2月19日

    アンナチュラル 「第6話」の感想 ~かなり濃厚な第2弾~

    TBSテレビ系・金曜ドラマ『アンナチュラル』(公式) 第6話『友達じゃない』、ラテ欄『謎のセレブパーティ連続殺人…同僚が容疑者!?』の感想のかなり濃厚な第2弾。 東海林(市川実日子)は同じスポーツジムの会員同士の飲み会に参加。翌朝、東海林が目を覚ますとホテルのベッドにいて、隣でジム会員の権田原(岩永洋昭)が死んでいた。駆け付けたミコト(石原さとみ)によると…

  • のほほん便り
    2018年2月19日

    アンナチュラル「謎のセレブパーティ連続殺人…同僚が容疑者!?」

    ミコト(石原さとみ)の、乱暴な口調だけど、愛ある言葉は、中堂(井浦新)の心に届いたでしょうか?また、高級ジム主催の合コンパーティーに参加した東海林(市川実日子)は、記憶を無くし、翌朝見覚えのないホテルのベッドで目を覚ますと、昨夜のパーティーに参加していた権田原(岩永洋昭)が死んでいた…!! 思いっきり巻き込まれ展開。真相の究明を求めつつ、ミコト(石原さとみ)と警察の身柄要請より逃亡。一方UDIでは、中堂(井浦新)と六郎(窪田正孝)が道端で突然死した男性の解剖。偶然にも、その男性と権田原の意外なつなが…

  • Happy☆Lucky
    2018年2月18日

    アンナチュラル 第6話「友達じゃない」

    第6話「友達じゃない」 JUGEMテーマ:エンターテイメント

  • レベル999のFC部屋
    2018年2月18日

    金曜ドラマ『アンナチュラル』 第6話

    『友達じゃない』「謎のセレブパーティ連続殺人…同僚が容疑者!?」 内容中堂(井浦新)の行動により、殺人未遂事件が発生した。中堂の過去に絡んだ出来事だと感じたミコト(石原さとみ)は、8年前の麹谷夕希子事件解決への協力を申し出る。しかし中堂は。。。翌日、神倉(松重豊)から厳重注意を受けるミコトと中堂。そんななか、高級ジムの異性間交流会に参加した東海林(市川実日子)馴染みの立花(鈴木裕樹…