大河ドラマ【鎌倉殿の13人】第21回「仏の眼差(まなざ)し」感想

北条泰時の母であるとされている阿波局の存在は真実だが、出自もその生涯も不明とされている。伊東の八重姫も生涯は分からず、つまり現在の八重さんは半架空の人物なのだから……。

生かし続けてもいいのにね……。

源義経(菅田将暉)を失った奥州に攻め込み、藤原泰衡(山本浩司)を討ち取る源頼朝(大泉洋)。義時(小栗旬)・畠山重忠(中川大志)らが義経を思い出す中、頼朝は毅然と上洛に向けて動き出す。一方、京の後白河法皇(西田敏行)は丹後局(鈴木京香)と今後の動静を憂慮し、来るべき日に備えていた。そんな中、鎌倉では八重(新垣結衣)が子どもたちの世話に奔走。八重の明るい表情に、政子(小池栄子)も目を細めるが……

(『鎌倉殿の13人』上記あらすじは「Yahoo!TV」より引用)

大河ドラマ 鎌倉殿の13人 第21回「仏の眼差(まなざ)し」

大河ドラマ【鎌倉殿の13人】2022年 感想

感想

救えなかった千鶴を自ら救い、千鶴と共に水に沈む。

では、金剛はどうなるの。

あまりに悲しい。

告知させていただいたように Twitter実況を貼り付けて、後日追記するシステムでやっていこうと思っております。どうぞよろしくお願いします。

Twitter実況感想

鎌倉殿の13人 21話追記感想

頼朝の口から何度も昔のデートの話をさせたり、八田に(千)鶴丸を拾ってこさせたり。

やけに八重さんをクローズアップするので、これは何かあるなと思うでしょ。

八重姫伝説

頼朝の最初の妻とされ、千鶴丸という子を産んだとされている伊東家の娘。この時代の事だから、本当に八重という名だったかどうかも定かではない。

しかし伝説はある。

頼朝との間の息子・千鶴を沈められ、自分も後を追って入水自殺したという話である。

このドラマの八重さんは中の人の退場を望まれないから義時の妻に納まってしまったのかしら……などと考えたこともあったけれど(中の人・ガッキーは好きです!)、そんな甘い話ではなかった。

少しの猶予を与えられた後、「伝説」は決行されてしまった。

幻でも、救えなかった千鶴を救ったのだから。実際の八重姫よりも幸せだったのかもしれない。北条の嫁として皆に愛され、多くの子供を助ける仕事も得たのだから幸せだったのかもしれない。

そう思わないとやっていられない。

罰は当たるさ

「バチ」や「呪」「祈祷」などが普通にそこかしこを支配する時代だ。

けれども、この人たちを見ていたら、呪いや恨みは本当にあるし罰は当たるわ、と思えてしまう。

小四郎。
悔やむな。


己のしたことが正しかったのかそうでなかったのか。自分で決めてどうする。

決めるのは天だ。
罰が当たるのを待てと。


天が与えた罰ならわしは甘んじて受ける。
それまでは突き進むのみ。

あなた自身に罰が当たるのは勝手だが、その呪いを受けるのはあなたの子どもたちだからな。

もっとも、生きている間は誰もそんなことには気づかないものである。

八重のために祈祷をと命じる母に、大姫は言う。

無駄よ。
助かるわけないわ。きっともう亡くなっている。

祈祷などしても冠者殿は殺されてしまった。大姫の心に希望など存在しない。

鎌倉は呪われた時代だし……

でも、そんな中でも人々は時々笑ったり愛したり祝ったり、そんな幸せも紡ぎながら生きている。

普通の家族と同じ。

このドラマについてひと言ふた事書きたい、書いて下さるって方はぜひどうぞ。
『NHK大河ドラマ 鎌倉殿の13人』◆放送期間 : 2021年1月9日~◆平均視聴率 : %◆脚本 : 三谷幸喜◆主演 : 小栗旬◆出演 : 青木崇高,秋元才加,菅田将暉,中川大志...


にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へPVアクセスランキング にほんブログ村  にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村






キャスト(相関図式)とスタッフ

キャスト (相関図式)

【北条家】

北条義時:小栗旬 13人 – 主人公

北条時政:坂東彌十郎 13人 – 義時の実父
りく:宮沢りえ – 義時の継母 – 時政の妻

北条宗時:片岡愛之助 – 義時の兄
実衣(阿波局):宮澤エマ – 義時の妹
北条泰時:坂口健太郎 – 義時の息子
北条時房 : 瀬戸康史 – 義時の弟

比奈 : 堀田真由 – 義時の妻

牧宗親:山崎一 – 牧の方(りく)の兄

北条政子:小池栄子 – 義時の姉 – 源頼朝の妻

  │

【源頼朝 一家】

源頼朝:大泉洋 鎌倉殿 – 義時の義兄 – 北条政子の夫

源頼家:金子大地 – 頼朝の長男
大姫:南沙良(難波ありさ←落井実結子) – 頼朝の長女
三幡 – 頼朝の次女
源実朝:柿澤勇人 – 頼朝の三男
貞暁 – 頼朝の次男(異腹)

亀:江口のりこ – 頼朝の妾

【源頼朝 兄弟・親族・関係者】

阿野全成:新納慎也 – 頼朝の異母弟 – 常盤御前の長男
義円:成河 – 頼朝の異母弟 – 常盤御前の次男
源義経:菅田将暉 – 頼朝の異母弟 – 常盤御前の三男

里(郷御前) : 三浦透子 – 義経の正室
静御前 : 石橋静河 – 義経の妾

源範頼:迫田孝也 – 頼朝の異母弟 – 三兄弟とは異腹

源行家:杉本哲太 – 頼朝兄弟の叔父
安達盛長:野添義弘 13人 – 頼朝の側近
武蔵坊弁慶:佳久創 – 義経の郎党

木曽義仲:青木崇高 – 頼朝兄弟の従兄弟
巴御前:秋元才加 – 木曽義仲の妾
木曽義高:市川染五郎 – 木曽義仲の息子
今井兼平:町田悠宇 – 木曽義仲の乳母子

武田信義:八嶋智人 – 甲斐源氏4代目

伊東祐親:浅野和之 – 北条兄妹の母方の祖父
河津祐泰:山口祥行 – 伊東祐親の長男 – 北条兄妹の叔父
伊東祐清:竹財輝之助 – 伊東祐親の次男 – 北条兄妹の叔父

八重:新垣結衣 – 源頼朝の妻- 義時の側室 – 伊東祐親の娘
千鶴丸:太田恵晴 – 八重の子(夭折)

善児:梶原善 – 伊東家の下人
江間次郎:芹澤興人 – 伊東家の家人

工藤祐経:坪倉由幸 – 伊東祐親の元娘婿
工藤茂光:米本学仁
仁田忠常:高岸宏行
堤信遠:吉見一豊

比企能員:佐藤二朗 13人 – 源頼家の乳母父 -比企尼の甥
道:堀内敬子 – 源頼家の乳母
若狭局 : – 比企能員の娘
一幡 : – 若狭局の長子
比企尼:草笛光子 – 源頼朝の乳母

善哉(公暁) :寛一郎 – 頼家の男子


畠山重忠:中川大志
足立遠元:大野泰広 13人
梶原景時:中村獅童 13人
和田義盛:横田栄司 13人
三浦義澄:佐藤B作 13人 – 伊東祐親の娘婿 – 北条兄弟の叔父
三浦義村:山本耕史 – 伊東祐親の孫 – 義時の従兄弟
岡崎義実:たかお鷹
土肥実平:阿南健治
山内首藤経俊:山口馬木也
大庭景親:國村隼
上総広常:佐藤浩市
千葉常胤:岡本信人
三善康信:小林隆 13人
大江広元:栗原英雄 13人

中原親能 : 13人
二階堂行政 : 13人
八田知家 :市川隼人 13人

【朝廷・公家・平家】

後白河法皇:西田敏行
以仁王:木村昴
後鳥羽上皇 : 尾上松也
丹後局:鈴木京香
平知康:矢柴俊博
源頼政:品川徹
平清盛:松平健
平宗盛:小泉孝太郎
平維盛:濱正悟
藤原秀衡:田中泯

文覚:市川猿之助

スタッフ

◆制作統括 : 清水拓哉、尾崎裕和
◆プロデューサー : 長谷知記、大越大士、吉岡和彦、川口俊介、結城崇史
◆演出 : 吉田照幸、末永創 、保坂慶太、安藤大佑
◆脚本 : 三谷幸喜
◆音楽 : エバン・コール
◆語り:長澤まさみ

『鎌倉殿の13人』各回リンク

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21

この記事のトラックバック用URL