【ATARU】第10話

捨て山は、新たな捨て山を作るんですね…。

ATARU(アタル)第10話

    

幼児の事件が解決した後、その場で倒れてしまったチョコザイは、
病院に運ばれてそのまま昏睡状態。

チョコザイの父は、ラリーに対して怒りをぶつける。

「我々が死んでもアタルが1人で生きていける、そんな未来がほしい。」
25年前、おっしゃいましたよね?

アタルの人生を「障がい者」ではなく、天才として歩ませる。

障がい者であろうが天才であろうが、アタルは大切な息子です!

そんな夫を妻は止めた。

アタルが天才だから私達は手放したの?
アタルの能力を天才じゃなくて障がいだと思ったから、だから追い詰められたんでしょう?

責めるなら ラリーさんじゃない。
…私達自身よ。

沢は、「アタルの事なら何でも知っている」と言っていたラリーが、
アタルの持ち物に盗聴器を仕掛けていた事を知る。

何でも知っているわけではない。
ラリーもまた、この事態に戸惑っていた。

本部から呼び出された沢は事件現場に急行する。

現場は自動車事故。
車は木に激突して前が潰れ、引火して真っ黒になっていた。

死亡したのは運転手で青梅に住む小暮桃香。33歳。
独身の1人暮らしで肉親には所轄が連絡してます。

もとは 白い車だったんですが黒焦げですね。
消防が午前3時55分鎮火。衝突時間は不明。
通報者は通りかかったタクシードライバーです。

現場の状況から考えるとわき見運転の可能性が高い。
ただし、ブレーキ痕がなかった。

居眠り運転か決意の自殺か…。
どっちにしろ、捨て山・・・。

しかし、署に戻ると蛯名が食いついてきた。

でも、この事件何かあるみたいなんです!

「あるみたい」とはずいぶんざっくりですね。

チョコザイくんがそう言ったんです!

チョコくんが?

チョコくん?

お前、松島に電話したろ。

主任は忙しそうだったんで。

ホントにチョコザイくんが言ったのか?

言いました!

ホントか?

…言ってません…。まだ目も覚めてません。

病院でニュースを見て…。

蛯名は病院でニュースを見て、居てもたってもいられなかった。
車が自分の母が乗っていた物と同じ車種だったのである。

あの日、普通に明るく出かけて行った母。
同じような車の追突炎上事故。

そして、今、同じように自殺…捨て山にされようとしている。
自殺の動機だけでも蛯名は知りたかった。

現場に行くと、被害者とそっくりな姉が来ていた。
被害者は双子だったらしい。

そして、飛行機事故の時に鑑定していた民間の調査会社の公原も来ていた。

どうして民間の鑑定会社に依頼を?

一般的でない警察官からの紹介です。
つまり、あなたの上司。

あッ、沢主任?

でも警察は事故か自殺にするつもりなんですよね?

しかし、被害者の姉はそれをきっぱりと否定。

桃香に自殺の動機なんてありません!
結婚したい人が…いるって言ってました。

飛行機事故の時と同じ。
公原の顔も曇る。

被害者が付き合っていたという男の元へ行ってみると、他の女と住んでいた。

あのね。桃香とはちゃんと一昨日別れました。メールで。

メールで?

別れる原因は…彼女?

男の目の前でカレーを食べている女・真美。

自殺の動機が出来てしまった…。

公原が言うには、事故車のコバルト自動車・イリスにはABSが搭載されているとの事。

ABSが搭載されていると、ブレーキを踏んでもブレーキ痕が
つかない可能性が高いんです。

それは、現場にブレーキ痕がなくてもブレーキを踏んだかもしれないって事ですか?

そうです。

あと、この車内にあった桃香さんの携帯、これも気になります。

このように閉じた状態だったら、どんな衝撃があったとしても
こんなふうには折れないと思うんです。

てことは、桃香さんは運転中に携帯を開いた…。

そう。だとしたら運転中に通話かメールしたってことです。

脇見運転の事故?

その可能性がある。

自殺よりも、事故の可能性が高くなった。

しかし、どっちにせよ「捨て山」。

死因は焼死で、毒物もアルコールも出なかったのね。

彼女が走った道に設置されてたカメラの映像は?

調べたらどれも午前3時過ぎだったのね。
居眠りしたり、他に誰かが乗っていたりはしてないのね。

てことは…

事故か自殺で間違いないのね。

とは、渥見の鑑定結果。

同じ道で、同じ条件で実験が行われる。

実験の結果、被害者はブレーキを踏んだ可能性が高いことが分かった。
しかし、道路のカメラが写した結果では、運転中に携帯を使っていなかったことも
判明している。

最後の着信がメールで午前3時1分。
森洋一…小暮桃香を捨てた男だ。

しかし、森に聞いたところ、それは桃香とはすでに別れた後であり、
そんなメールは知らないと言う。

そんな時、チョコザイが目覚めた。

蛯名が病室に行くと、チョコザイは事件関係の写真をベッドに並べていた。

Chloroform Bomb
Chloroform Bomb

繰り返すチョコザイ。

これじゃ燃えません。

ラリーがチョコザイに写真を提示していく。

チョコザイくんを捜査に使うのはもうやめましょうよ。
そのせいで チョコザイくんは倒れたんですよ。

それは単なる寝不足です。

でも、この傷は…。

爪を切ればすむ話です。

蛯名さん。
事件の捜査にデータを提供する、それがアタルなんです。
アタルと私が築いた25年なんです。

検査の結果、衝突した車の全てのタイヤからクロロフォルムが検出された。

クロロフォルムを注入するとタイヤは弾性を失い、走ってるうちに…破裂するんです。

えッ?

ゆえに今回は事故でも自殺でもない。

じゃあ、殺しか?

そう!

同じ車種の車で引火実験が行われる。

しかし、死因は焼死なのに、何度やっても車内は燃えない。

やっぱり車の中は燃えてませんよ。
この車はガソリンがもれても車内までは燃えない。
二度の実験で明らかになりました。

そういう設計になってるってことです。

蛯名は違和感を覚えた。

同じ車種で同じ条件で、しかし、蛯名の母は焼死した。

あなたのお母さんの車はドアが開いてたり窓が割れてたりしましたか?

運転席の窓が開いてた…運転席の窓が開いてました!

公原は言う。

つまり、あなたのお母さんの車は、こういう状態だったこの場合、
ここからもれたガソリンは前に流れます。

そのとき運転席の窓が開いていたら…。

そこからガソリンが入る。

だから母の車は中も燃えたんですね。

そう。

でも、今回はドアも窓も閉まったままでした。

じゃあ何で車内が燃えたんだ?

車内が燃えるには車内にガソリンが入らなきゃならない。

捜査の結果、被害者・小暮桃香の元彼、森の現在の彼女、宝井真美の車のガソリンと、
被害者の後部座席に撒かれたガソリンが一致した。

森の部屋で桃香のイヤリングを発見した真美は、それを返すからと
彼女を呼びだしたのだと言う。

運転席の人間を殺すのに何で後部席にまいた?

だって、あの車って後ろからガソリンもれるんですよね?

何でそんなことを知ってんの?

教えてもらったから。
スナックで隣になった人。

10年ぐらい前… 野方のスナック。
知らないオヤジが酔っ払って話しかけてきて、昔、あの車で自分の妻が
死んだ時に、簡単に事件性なしになったって話。

今と違って昔はブレーキ痕が残る車だったとか、安全を考えてガソリンが後ろから
もれるようにして、引火しても車の中に火が入らないように設計したとか…。

あの女があの車に彼乗せるの見て、あっ、あの時オヤジが言ってた車だって…。

10年前。同じ車種。自分の妻が死んだ時…。

聞いている内に、沢の表情は険しくなっていった…。

「だから私ならあの女を殺して捨て山にできる。」
「そう思った。」と自供しました。

野崎は係長にそう報告した。

捨て山は、新たな捨て山を作るんですね…。

元気になったチョコザイが病室でお母さんのお握りを美味しそうに食べるのを
蛯名は微笑みながら見ていた。

ホントによくしてくださってたんですね。アタルに。

明日、退院したら…1日だけまたあなたのところにご厄介になってもいいですか?

えっ?1日だけ?

その後、私達、アタルと住もうと思います。
そこからもう一度親子を始めようと思ってます。

あの…2日はダメですか?
明日と明後日の2日。

で、6月からご両親と一緒ってどうです?

2日間で別れを惜しむつもりで、蛯名は家にチョコザイを連れて帰った。

そして、食事の席で沢は口を切ったのだった。

お父さん、15年前自動車メーカーにいたんですよね…。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

事件を中心にセリフを拾っています。

実際には、

・チョコザイのその後
・ラリーがしてきた事と関係性
・犬飼の件と「シンクロナイズドスイミング刑事」の謎
・車の事件本編
・蛯名の母の事件

と、盛りだくさんでございました……
とても拾い切れない。

その間にも、

チョコザイの病室の隣が「杉下右京」だったり、今日も当麻がいたり、
持っていた地図の中に「洋食アリアケ」(by流星の絆)があったり…

いっぱい仕込まれてます。そして、いっぱい見逃した。

事件自体も、被害者が双子で、姉と被害者の彼氏が同じ咳払いしていたので
もしかしたら双子は入れ替わっていて死んだのは姉で…
とか、要らぬ推理をしてしまっていた。(何だったの、あの鬱陶しい咳はっ!)

公原のテンションがやけに高くなっていたのもミョウに気になりー。

つまり、前半1/3くらいは、かなり散漫な気持で見てた。

引っ張られていったのは、やはり車の事がハッキリしてきてからと…。

個人的にはラリーの「爪は切れば済む事」かな…。

いや、ラリーにはラリーなりのチョコザイに対する愛情はあると思うのよ。

これってとても難しい話で…

例えば、子供にムチ打って勉強させている親が子どもに愛を感じていないのかと言えば
そういうわけではない。

また、その教育方針は必ずしも他人から間違っていると言われる筋合いはない物なんだよね。

最終的にその子供が幸せになれる結末があれば、行き過ぎた教育も間違っているとは
言えないわけで。昔の偉人にはそういう家庭で育った人も多かったし…。
例え、手の平から血が出るほど子供がストレスを感じていたとしても。

ラリーに関しては、犬飼の件もあるし。
他人をコントロールすることを「当たり前」と思ってしまっている人間。

そういうラリーにとっては、子供であるアタルもコントロールするのが
当たり前なんだろうな。

気づかない悪意ってやつですか。

さて…

事件自体は咳払いに振り回されたり、すごくお金がかかりそうな実験を
した割にはアッサリと片が付き。

それに伴って現れた事実の方に驚愕だよ……

母の死後、その遺産でアパート建てちゃってる蛯名家。

父はこの車を使って車内を火災にする方法を知っていた

これが「ケイゾク」「SPEC」だったら、父が犯人でした……
という結末は有りえると思う。

しかし、このドラマでそこまでやるかなぁ…。

ドラマ終了直後はショックで固まったけど、蛯名家の平穏を壊さないでほしいよ。

来週、ついに最終回。

よろしければ→【2012年7月期・夏クールドラマ何見ます?】ラインナップ一覧とキャスト表と展望

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ PINGOO!カテゴリテレビ・ドラマ
にほんブログ村  

【キャスト】

チョコザイ … 中居正広
沢 俊一 … 北村一輝
蛯名舞子 … 栗山千明

蛯名 昇 … 玉森裕太
蛯名達夫 … 利重剛
蛯名真理子 … 奥貫薫

中津川 洋治 … 嶋田久作
渥見怜志 … 田中哲司
野崎蓮生 … 千原せいじ
犬飼甲子郎 … 中村靖日

松島光輝 … 庄野崎謙
石川 唯 … 光宗薫
黒木永正 … 中村昌也
玉倉 孝 … 三好博道

猪口誠 … 市村正親
猪口ゆり子 … 原日出子
ラリー井上 … 村上弘明

【CASE10 ゲストキャスト】

小暮綾香・桃香 – 安倍なつみ
公原卓郎 – 平岡祐太

森洋一 – 西興一朗
宝井真美 – 広澤草

Ataru 1 角川文庫 / 百瀬しのぶ 【文庫】

Ataru 1 角川文庫 / 百瀬しのぶ 【文庫】
価格:540円(税込、送料別)

 
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
※FC2にトラックバックが飛ばないブログ&サイトさま記事リンク(お申し出下さい)