【最高の離婚】 第11話 最終回 と統括感想

ああだこうだとうるさいけど、誰だって人のことをとやかく言えっこないのよ。

そりゃ、色んな人いるわ。
いろんな人がいて。

だから面白いのよ。
人生って。

最高の離婚 第11話

    ドラマ『最高の離婚』感想

15分拡大で内容も濃いので(CMも多かったけど)以前やったみたいな
項目別まとめ感想で。

■マチルダ・はっさく失踪

これが。
これが、俺の生きる場所だよ。

すっかり地下アイドルにはまった光生はグッズを買い集め、でんぱ組.incのTシャツを
着てCDを買い集めるオタになっていた…。

そんな光生が家に帰ってくると大切なものが消えていた。

マチルダとはっさくがいない。
探し回るがどこにもいない。

慌てて金魚カフェに行ってみる。…と、なぜか姉夫婦が店に入るのを邪魔してくる。

何?

何って…ちょっと入れてよ。

今、忙しいのよ。

いやいや。
見掛けなかったかなと思って。

カウンターに座っている亜以子さんが不機嫌そうに声をかけてくる。

何なのよ?

マチルダとはっさくがいなくなっちゃったんだよ!

すると、カウンターの影からすごい勢いで飛び出して来た者が……

結夏だった。
驚く光生。

えっ?!何でいるの?

いなくなったってどういうこと?

分かんないよ。帰ったらベランダの窓開いてて…。

私にお別れ言いに来てくれたのよ。
早く。 一緒に捜してらっしゃい。

亜以子さんに言われて、思い出し、走り出す光生。
夜の街を結夏と2人でマチルダとはっさくの名を呼びながら探し回った。

その頃…。

上原家では灯里と諒が婚姻届を書き終り、光生に証人になってもらおうと話をしていた。

諒さん。 ちょっと聞いておきたいことがあるんだけど。

うん?

どうして前はちゃんと提出してくれなかったの?

あっ。 目黒区役所まではちゃんと行ったんだよ。
出すつもりでいたし。
…でも急に友達から電話あって。
飼ってる犬がいなくなっちゃったとかで一緒に捜してもらえませんかって…。

するんだ…その話。

そういう「つい」ってあるんだ。

と、笑顔で静かに言う灯里。
もう、この人の笑顔は笑顔に見えない…。

でも今度は大丈夫!
今度は一緒に行くし。

諒が無邪気にそう言った時、ドアを激しく叩く音が響いた。

濱崎元夫妻。

あっ。 ちょうどよかった。 今…。

うちの猫いなくなっちゃって。
見掛けませんでしたか?
一緒に捜してもらえませんか?

一瞬固まる諒。

あっ。 ごめんなさい…ちょっと、今、手、離せなくて…。

すると、奥から灯里が

今行きます!

えっ?
えっ?

犬探しから、猫探しへ……。

■タオルがない方

探し回っても見つからないので、とりあえず帰宅する光生と結夏。

猫って死ぬ前に飼い主の前から姿消すって。

そういうこと…。

もう見つからないよ。

絶望的になる結夏を、自分も絶望しているのに一生懸命慰める光生がいじらしい。
マチルダとはっさくが初めて家にやって来た時の事を思い出す。

帰ろうとする結夏に、もう電車がないと驚く光生。

あした約束あるの。

「約束」の内容を聞いている内に光生の顔色が変わってくる。

何か…『人妻誘惑温泉』っていう。知ってる?

知らないな。

あっそう。

えっ? 何?
その…何とか温泉っていうやつが?

何か。 出るって。私。
そのオーディションというか…。

もう黙っていられない光生。

この間、女優って言ってたの、あれ?
あれの、それのことか?

声大きいんだけど。

はしょってるよね?
何か、ちょっと、はしょってるよね?

その女優の、それ、駄目。駄目なやつ。

駄目 駄目 駄目 駄目…。
駄目 駄目。 駄目。 絶対 駄目。
それ行ったら駄目。 絶対!

何がよ?

そこには、とても、危険なものが、待ってるんですよ。

意味分かんない。

いいですか?
その温泉は、絶対に、入ったら駄目な温泉です!

なぜなら、その温泉はタオルを…。

外すんでしょ?

外すんです。知ってるんですか?

知ってます。

知ってて? 知ってて!?

光生は必死に止めようとする。

温泉行ってタオル外すんだよ?
外すってことはミカンむかれた状態だよ?
電車の中でカバーなしで本読んで何読んでるかみんなに分かられてる状態だよ?

この例え分かんないかな?

ちょっと待って。
待っててね。
動かないで。!そこ!

夜中にわざわざレンタルショップに走って、「人妻温泉」シリーズを借りてくる。
部屋に戻って見せようとすると、結夏は知っていると冷静に言うのだった。

知ってたら、あり得ないでしょ?

別にあり得なくないよ。
離婚してこういう仕事始める人、普通にいるって。
普通にゴロゴロいるって。

他の人がそうだとしても結夏は違うでしょ?

何が違うの?
私とその人たちと何が違うの?

私の何を知ってんの?
私の何を知ってて言ってんの?
何の権限があってそういうこと言ってんの?

権限?

あなたと同じ考えだって勝手に決めないで。
あなたと私は他人なの。

私が何しようとタオル外そうとミカンいつでも食べれる状態になって…。 なろうと。

私が決めたことなの!
あなたに関係ないの!
口出される筋合いないの!
権限ないの!

ないの。

茫然とする光生。

あなたと私はあの日偶然会って、不安で、不安だったから私の部屋で
たまたまそうなって。
何となくいつの間にか結婚して。

それだけなの。

あのとき会わなかったら、今でも他人のままだったの。
どっかの会社の受付で擦れ違うそれだけの間だったの。

私が死のうと生きようと、あなたは知らないし、あなたには関係なかった。

興奮して泣く結夏。

光生は、そういう面もあったかもしれないと答える。

でも、今はそれだけではないと光生は結夏に言った。

いつ居なくなってもおかしくない人と一緒に暮らしてる。
いつ無くなってもおかしくない時間を過ごしてる。
いつお別れがきたっておかしくないのに好きだってことを忘れて生きてる。

そういう。
そういうふうに生活してる。
まあ、短くまとめると…。
大切な人だと思ってます。

勝手なこと言って。

ごめん。
もう遅いとは思ってるんで。

…遅いとは思わないけど。
まあ、言ってること分かるし。

権限はないと思うんだけど…これはやめてほしい。

うん。

結夏は「人妻温泉」を止めたらしい。
まぁ…別れた女がAVに出ることに関して男がどう思うかは私は男じゃないから解らない。
(女目線だと別れた男がAV男優になろうが別にどーでもいいけど、男の方が複雑かも)
でも、光生はまだ結夏が好きだし。

…好きなんだよね。
それは前にも伝えている。
なのに、どうにも復縁する決め手がない。

そして、光生は熱くなってきたね、と上着を脱ぐ。
すると上着の下から「でんぱ組.inc」のTシャツが現れたのだった。
すかさずツッコむ結夏。
光生が持っていたバッグを開けてみる。
蛍光ペンライトとか、ジャンバーとか、グッズがいっぱい…。
部屋の中にはCDもいっぱい。

うわぁ!うわぁ!

君だって何かうちわとか何か持って行ってたよね?

別にいいんだけど?!

分かってないな。今、認知されてて…日本のアイドル文化はね、世界に認められてて。

今、この屋根の下の話をしてるの。
そうやって、すぐ「世界は」とか言って風呂敷広げる男、うっとうしい!

そうやって何でも芋づる式に責めてさ!
男の趣味認めようとしないのは女のよくないとこなんじゃないの?

結局、ケンカが始まるのだった…。
いや、地下アイドルは別にいいじゃんか。
「人妻温泉」とはレベルが違う気がする……。

■濱崎父子

亜以子さんが旅立つので光生の父が迎えにやって来た。
見送りをしようと金魚カフェに行く光生と結夏。

お父さん。

おう。

お疲れさまです。

疲れてないよ俺は。

えっ?

どこ見て疲れたと思ったのかな?

カーナビってのは何であんなにバカなんだろうね?
「次の信号を 右です」どう考えても混んでるんだよ。見りゃ分かる。
俺はその先まで行って曲がってやったよ。確実に俺の判断の方が15分早かった。
あいつ謝りもしない。しれーっとした顔して到着時間短縮してくるからね。
そこ俺のおかげだろ。お前の手柄かって。 ハハハ…。

ばあちゃん用意できたかな?じゃあまた遊びに来て。

待って。!まだカーナビの話しかしてないんだけど。

さすが光生の父!!!!!
この父からこの子…生まれるでしょ。

父・修一役の山崎一さんがメガネを合わせているせいか、顔まで光生とソックリに~

他に話すことあったっけ?

いえ。 …こっちにあって。

亜以子さんの部屋に駆け上がる父は、自分だけが知らなかったことに憤慨する。
(仕草まで光生にそっくり)

結夏ちゃんのご両親は何ておっしゃってるの?

…父は怒ってます。

ご挨拶行ったか?

まだ。

お前…大事な娘さんにこんなことして。茶畑に埋められるぞ!

えっ?

お前ら。結婚というのは2つの家族が縁を結ぶことなんだぞ。

古くさいこと言わないで。
光生と結夏さんが話し合って決めたことなんだから。

お母さん!世知辛いこの東京砂漠じゃそうかもしれませんけどね、
山梨県と静岡県じゃこんな離婚認められませんよ!

申し訳ないけど引っ越しは明日に延期だ。富士宮行くぞ。

えっ。

両家揃っての家族会議だ!頂上会議だ!
車出してくる。

バタバタと結夏は実家に電話をし、ため息をつく光生。

きちんと話し合って決めたことなんでしょう?私は知りません。

うまくいかないんだよ。
そんなつもり なくても結局ケンカになって。
結局、富士宮帰すことになって。

あっそう。

何か言ってよ。 目からウロコ落ちるようなことを。

おばあちゃん、80年生きてて目からウロコなんて落ちません。

…あっそう。

結夏さんに「幸せになってください」って言ったんでしょう?
だったらそうなれるような道まで連れてってあげなさい。
その先があなたでもあなたでなくても。

亜以子さんの言葉は、いつも奥深いな……。

慌ただしく光生一行は車に乗り込んだ。
父の車は土足厳禁で、靴を履いて乗って怒られる。

そこへ、諒と灯里がやってきた。

あのう。… これにサインお願いしたいんですけど。

このタイミングで!?それを出す!?

しかし、光生と結夏は2人の結婚を喜び、灯里は

1%でも可能性があるんだったら懸けてもいいよね。

と、婚姻届を出すのだった……。

ぇ…可能性1%予報なのか…低すぎる。
先週までずいぶん頑なに諒の事を捨て続けていて「仮面夫婦予報」まで
やってのけたのに、この人のおかげで後半振り回されたのに……。

まぁ…いいか…。諒さん、お幸せになってね。
私ゃあなたのメンタルの方が心配だよ。

で、父の運転で静岡に向かう光生と結夏。

途中で光生の母・清恵を拾う。
しかし、この人は平気で車に土足で乗り込み、買ってきた物の汁を平気で
車の中に垂れ流して気付かないスーパー無神経な感じの母なのだった……。

ぇ……この夫婦がすでに光生と結夏じゃないか

■富士宮会議

目いっぱい堅い感じで自分の息子娘の事を詫びる両家の父とは反対に、両家の母は
思い切り野次馬な空気を醸し出していた。

結夏ちゃん。もう光生の顔も見たくない感じなの?

顔は見れます。

おんなじ空気吸いたくないとか?

いえ。 空気は吸えます。

どっから先が嫌なの?
ご飯一緒に食べたくないとか。

手はつなぎたくないとか。
ほっぺにチューはいいけど、ここは気持ち悪いとか。

キスは、今、ちょっと。

えっ!?

じゃあしょうがないわよ。別れちゃったもんは、ねえ。

しょうがないってことないだろう!

うらやましいわ。離婚できて。

おい!

結夏ちゃん。悩むことないわよ。
男なんてね、捨てたってすぐまた生えてくるから。

キノコみたいに言うな!

両家の母があまりにもサバサバしているので話はすぐに解決し、しかもご飯まで
食べて行くことになり、しかもしかもまた親戚までやってきて宴会に…。

離婚するかしないかは結局、紙1枚出すか出さないか。

みんなが喋ったり酔って転がったりしている宴会場で1人カラオケを歌う光生。

聞いているのは結夏のみ。
見ているのも結夏のみ。

曲は沢田研二の「君をのせて」

僕の地図はやぶれ くれる人もいない
 だから僕ら 肩を抱いて 二人だけで歩く

光生は、明日仕事だから終電で帰ると星野家を出る。

帰り際、両方の親に挨拶しようと見ると、両家ともそれぞれに
くだらない夫婦喧嘩をしているのだった。

笑いながら家を出る光生と、見送る結夏。

結夏は、なかなか帰らず光生について来る。

会うの。最後かもしれないし。

駅に着き、光生は切符を買い、結夏は入場券を買った。

はい。

部屋の鍵を光生に返す結夏。

光生は受け取れず、鍵は地面に落ちる。

はい。

鍵はまた地面に…。

今度はシッカリと渡す結夏。
受け取る光生。

やがて、無人の最終電車がホームに滑り込んでくる。

光生は電車に乗りこんで、土産を渡す結夏の手を思い切り引っ張って抱き寄せた。

ドアが閉まる。

そして、キス

■出すか出さないか

2人は電車の中で笑い出した。
いっぱい笑った。

駄目な夫婦だね。

駄目な夫婦だね。

まっ、いいか。

まっいいか。

富士宮では、両親が結夏からの連絡を受けた。

結夏から電話あって、今、新横浜だって。

新…?

新横浜。光生君と一緒にいるんだって。

何で?

だけど2人分の新幹線代出しちゃったから、800円しか残ってなくて。
目黒川のうちまで歩いて帰ることにしたって。

新横浜からじゃ3、4時間はかかりますよ。

前もそれぐらい歩いたことあるからって言うのよ。

前も?何だそりゃ?

しかし、あれじゃまたケンカになるんじゃないのかな?

なるでしょうね。

またおんなじことに。うまくいくはずはないのに何で一緒に?

フフフ。…離れたくても離れられなかったんでしょ。

この両親たちが手本を示しているじゃないか。

上手くいくかどうかはケンカの量じゃない。
すれ違う量じゃない。

離婚は「出すか出さないか」。ただそれだけの事。
一緒にいる事で1人じゃない感覚を味わう。

孤独を埋めるための結婚でも、それが意味のある事ならそれでいい。

震災の日、2人は出会って、何時間も一緒に歩いて帰って、お互いの孤独を埋めあった。

今、また2人は一緒に歩いて出会った時の2人を体感してる。

いっぱい出てくる思い出。
視聴者が1度も見た事が無かった2人のその回想シーンの初々しさに泣けた。

結夏の可愛さに泣けた。
光生の優しさに泣けた。

こういう事があるから、「誰かと一緒」は捨てられない。

「誰か」がいてくれることが、人生の救いになるから。

だから、結婚は悪くない。
たとえ普段の生活がまた新鮮さを失い、元に戻ってしまったとしても。

婚姻届を出して、無事夫婦になった灯里と諒。

思い出なんだと思うの。

うん?

何ていうか…家族を支えるっていうか。

糧みたいな?

うん。
思い出が増えていくのが家族なんだと思うの。

マチルダとはっさくは、家に帰って来ていた。

■元の木阿弥

最近オーラがなくなったって生徒たちに言われるんです。
家内に話したら「それはいいことよ」って。言われたんで。まあいいかなって。

嬉しそうにヘラヘラ笑いながら、公園のお爺さんに話す諒。

秋には女の子が生まれる。

すごく心配じゃないですか?だって悪い男とかいっぱいいるでしょ?
そういう連中から娘を守る方法、今一生懸命考えてるんです。

たぶん、視聴者の70%以上は「おまえだよ」とツッコんでる。

灯里はサウナではなくて、マタニティヨガで、語る。

最近、毎日母と電話してて。
初期はとにかく豆食べなさいって言うからそればっかりで。

好きじゃなかった母と、子どもの事で連絡を取る。
灯里が見たくなかった「女の先輩」であった母は「母親の先輩」になった。
良かったね。

結夏は今日も立ち食いそば屋。

で、婚姻届出そうってことにはなったんですけど。
ほら。 周りに 離婚しましたって言っちゃったもんだから戻りましたとは言えなくて。
まだ出してないんですよ。実は。

婚姻届はまだらしい。
この人たちの場合は元夫婦だから、6ヶ月待たなくても婚姻届出せるんだけど…
そういう問題でもないらしい。
まぁ…この人たちの婚姻届も上原家と同じで妊娠切っ掛けになるのかも。

で、料理教室に通い出したらしいけれども…

一つ 分かったのは、教室で料理は上手になるかもしれないけど、
作る気持ちは育たないですね。

変わらないな。結夏。
…同類の匂いを感じる……。

そして、光生はまた歯医者で愚痴っているのだった。
いつまで続くのその治療。

最近、自分改造計画っていうか。
自分をがさつにする訓練してるんですよ。
DVDあるじゃないですか。あれの読み取り側を下にしてテーブルに直で置くんですよ。
うわ!? 俺、今、がさつなことしてる!って。

その点、うちの家内は師範クラスです。
ポテトチップ食べた手で普通にDVDつかみますからね。
憧れますね。もはや神の所業ですよ。

家内の がさつさは2倍になったし僕の我慢も2倍になって4倍つらいです。

憎々しいウザい喋り方www
すっかり以前に戻っちゃったよ。

まぁ…憎まれ口きけるのも安心感なんだよな。

別れる別れると言えるのも、安心感からなんだよね。
別れる相手が居なければ別れるとも言えないもんね。

まぁ…このドラマも賛否の「否」も居られるのでしょうが、亜以子さんからメッセージ。

ああだこうだと うるさいけど、誰だって人のことをとやかく言えっこないのよ。
そりゃ色んな人いるわ。
色んな人がいて。だから面白いのよ。
人生って。

そして、光生も変わったところがあるらしい。

最近、自分の中で、僕変わったなって思うところがあるんですよ。
「ハマザキ」って呼ばれても返事することにしました。

よく考えたら、どっちでもいいかなって。

ああ…面白かったな…。

坂元さんの脚本のまどろっこしいセリフ回しは、どっちかと言うと好きではないんですよ。
で、最初はそのまどろっこしいセリフでまどろっこしい愚痴をグダグダ吐く光生が
本当にウザくてどうしようかと思ってたんだけど。

最後には最高に可愛く見えた。いや、本当に。光生は可愛い。

大団円な終わり方。

「最高の離婚」→「最高の再婚」は予想はしていた事だった。

うん。予想って言うよりも「願望」だった気がする。

そして、願いどおりに行った結末。
本当に嬉しかったよ。こんなに嬉しいハッピーエンドはないね。

そして、こんなに空気読めない綾野剛も初めて見たかも…。
前々から書いてるけど、ちょっと脳天気すぎるけど、諒さんがそれでも幸せなら
私もまぁいいや。

一緒にいてくれる人がいる幸せを噛みしめるラスト…。

一度別れてみなければ気づけない事もあった。

「離婚」テーマでここまで面白くなるなんて。
本当に天才的なドラマだった。最高。

※本日、結婚を発表した堺雅人ショックで記事書くのが遅くなり…お待たせしました…。
堺さん……最高の結婚してください。
ここでは一応、涙を呑んでおめでとうと言う……。
いや…菅野美穂ちゃんも好きだし…いいんだけどさ~不意打ち過ぎた…。

そして、最終回までコメントレス溜まりまくってすいません…。
いただいた分は楽しく読ませていただいております~。

※エンディング動画「綾野剛」メインバージョン~
公式提供だから、たぶんドラマが終了したら消されます。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


光生(瑛太)は、付き合いで参加したことがきっかけで、アキバ系アイドルに
すっかりハマってしまう。
彼女たちのライブの帰り、「金魚カフェ」に立ち寄った光生は、河口湖の近くで
暮らしている父・修一(山崎一)が、明日、亜以子(八千草薫)を迎えにくることを知る。
姉の智世(市川実和子)は、そのときに離婚したことを修一に報告するよう光生に告げた。

帰宅した光生は、猫のマチルダとはっさくが開いていた窓から外に出ていって
しまったことを知り、がく然となる。
探しに出た光生は、「金魚カフェ」にも立ち寄った。
するとそこにはなぜか結夏(尾野真千子)の姿が。結夏は、光生とともにマチルダたちを
必死に探す。
同じころ、灯里(真木よう子)と諒(綾野剛)は婚姻届を書いていた。
そこにやってきた光生たちは、事情を話し、一緒に探してほしいと2人に頼む。
4人は近所を探し回ったが、結局マチルダたちは見つからなかった。

結夏とともに家に戻った光生は、ひどく落ち込んでいる彼女を気遣う。
しかし結夏は、明日約束があるからもう帰ると言う。結夏の様子がおかしいことに
気づき、引きとめる光生は、結夏の口から人妻モノのDVDの面接に行くことを知る。
結夏に対する正直な思いを伝え、結夏を説得する光生…。

あくる日、「金魚カフェ」に修一がやってくる。
光生たちが離婚したことを知った修一は、いまから結夏の実家に行って両家揃っての
家族会議を開くと言い出し…。

(あらすじは「Yahoo!TV」より引用)

よろしければ→【2013年4月期・春クールドラマ何見ます?】ラインナップ一覧とキャスト表

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ PINGOO!カテゴリテレビ・ドラマ 
にほんブログ村 

【キャスト】

濱崎光生 … 瑛太
濱崎結夏 … 尾野真千子
上原灯里 … 真木よう子
上原諒 … 綾野剛

瀬田智世 … 市川実和子
瀬田継男 … 松尾諭
日野明希 … 遊井亮子
有村千尋 … 小野ゆり子
光永詩織 … 大谷英子

海野菜那 … 芹那
矢萩聡子 … 宮地雅子
初島淳之介 … 窪田正孝

濱崎亜以子 … 八千草薫

 
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
※FC2にトラックバックが飛ばないブログ&サイトさま記事リンク(お申し出下さい)

【 最高の離婚 】第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話(最終回)