【東京バンドワゴン ~下町大家族物語】 第10話 最終回 と総括感想

だってよ…こんなビッグなプレゼントもらったらさ…。

もうちょっと生きてたいって思うじゃねえかよ!



東京バンドワゴン ~下町大家族物語 第10話 最終回

       東京バンドワゴン


僕ね、喉頭がんなんだ。
死んじゃうギリギリまでさ、歌ってたいんだな。LOVEをね。

だから…
手術しないことにしたよ。



我南人の告白に涙を流したクリスマス…から。

なかなか立ち直れない堀田家。

我南人の決断についても、それぞれ意見は違います。

手術を受けてほしい藍子さん。
やりたい事をやらせたいと言う勘一さん。

そして、今は前向きに見守ろうと言う青ちゃん。


みんな、落ち込み過ぎだよ。
これじゃあさ、母さんの時と同じじゃん。
親父生きてんだから、ほら今朝だってさ、こうやってギター弾きながら鼻歌歌ってたでしょ?
前向きにできることやろうとしてんだよ。

なのに俺達が暗くなってどうすんの?



商店街はもう正月準備の餅つき。
なるべく家族を明るくしようと励ます青ちゃんなのでした。


すっかり覚悟を決めて、仏壇の妻に挨拶したりしている我南人。

すずみちゃんは、誰もいない時にこっそり我南人に言います。


あの…お義父さん。

青さんも皆さんもお義父さんが大好きで…だから言えないみたいで…。
だから、私が言わせていただきます。

お願いです。治療を受けてください。
みんな本音ではずっとお義父さんに生きていてほしいんです。
そうに決まってます。


しかし、我南人はただ「ありがとう」と言うのみ…。


正月も開けて、冬休みも終わり、学校も始まり…と、どんどん時が過ぎていく堀田家です。

今年は、めでてぇなんて気分でもなかったわな。

と、寂しく笑う勘一さん。

藍子さんも、マードックさんに誘われたイギリスでの展覧会の話に前向きになれません。


そんな中で、紺ちゃんの本がやっと出版されたのは、めでたいニュースでした。


そういえばよぉ、ばあさんの親父さんも本書いてたんだぜ。

と、勘一さん。
つまり、それはナレーションのサチさんのこと


子爵の五条家ってのは、当時有名でよ。
若ぇ頃から海外駆けずり回ってて、その紀行文だそうだ。

紀行文か。知らなかったな。
えっ、それって今、家にあるの?


ない。
戦後のどさくさでな、他の蔵書と一緒にGHQに接収されてよ。全部行方不明だ。



意外な話に興味深そうな青ちゃん。

文才が紺ちゃんに遺伝したのだとしたら、旅行好きは青ちゃんに遺伝したわけですよね。
いつか、青ちゃんも紀行文を書いたりするかも知れないわけで…。


そして、家族の歴史は、きちんと家族の手に戻って来たがっています。

「城北大学の古い書庫から貴重な古書が発見された」という新聞記事が出たのです。

その中から、そのサチさんの実家に当たる五条家の蔵書が見つかったのでした。

勘一さんがサチさんのために長年探していた紀行文も見つかります。
写真を撮って送ってくれたのは、あの六波羅探書の重松さん。

発見された古書の鑑定や修復を担当していたのが、ちょうど六波羅探書だったのだそうで…。

しかし、せっかく見つかったというのに、実は城北大の教授と勘一さんは仲違いしている
最中なのだそうで…。


そこで!相談なんだけど…。

んっ?

『城北大』の理事長の奥様がお義父さんの大ファンらしいんです。

俺の?

そう。
それでね、その奥さんの誕生日パーティーで、親父がライブをしてくれるのであれば、
本の1冊や2冊は譲ってもいいって。

おぉ。

歌ってくれないかな? 親父。



我南人はこの話を快く引き受けます。

久しぶりに我南人のライブを聴こうと、家族も呼ばれたパーティに行くのですが…。
当日、我南人は会場に現れませんでした。

平謝りに教授に謝る青ちゃんたち。


家に帰ると、我南人は暗闇の中でボンヤリと座っています。

頭が、何と…坊主に…。

実は我南人はもう声が出なくなっていたのでした。


すいません。
私が余計なもの見つけたから…。


と、青ちゃんに謝るすずみゃん。

すずみは悪くないよ。俺が…。

そんなことない。お父さん、すっごく喜んでたもの。
「青に歌ってくれって頼まれたんだ」って。


青の言う通りさ、俺達も前向きに明るく行こう。
それしかないよ。



2月には、兄弟のお母さん…我南人の奥さんだった秋実さんの七回忌があります。
秋実さんの遺言で、その日は家族だけでパーティをする事になっているのです。

その日をせめて明るく盛り上げようと誓う家族なのでした。


バレンタインデー。

すずみちゃんは青ちゃんにチョコレートケーキを焼いてプレゼントします。
我南人の事がいつでも頭から離れず、ボーっとする青ちゃん。


初めてのバレンタインだったから、ちょっと張り切っちゃった。
青さんに元気になってもらいたくて。


ありがとう。
…俺…何もできないのかな?
何もしてあげられないまま、このまま親父…。


さっきね。お義父さん公園でギター弾いてました。
野良猫達の前ですご~く楽しそうに。

えっ?

何の曲だったのかなぁ?
初めて聴いた曲だったけど。



その日、青ちゃんはもう一度、我南人に頼むのでした。


親父。
もう一回歌ってくんないかな?
何か新しい曲作ってるんでしょ?
今度の七回忌にその曲歌ってくれないかな?
母さんと、俺達、家族のために。



七回忌当日。

食事は家族だけ。
けれども、綺麗なお料理が並んで、とても豪勢。
壁際に並んだたくさんのお花が、いつもの居間を賑やかに飾っています。


今年はいつもより華やかだね。

藤島さんからのお花、すっごいんだもん。

マードックさんもステキ。アーティストって感じ。

あいつら、気ぃ使いやがって。



じゃあ、始めようかね。
みんな今日は 秋実のために集まってくれてありがとう。


挨拶は、本日の主役…みんなのお母さん・秋実さんの夫である我南人。


すずみちゃん。

はい。

前に家出てった時さ、この手紙置いてってくれたね。



すずみちゃんの偽名と正体がバレてバンドワゴンを出て行った時に置いて行った手紙。
我南人は持っていたのですね。


これ、すごくいい言葉だと思ってさ。

「さようなら ありがとう」
って。

真っすぐな言葉が俺のハートにビシっと入って来たよ。
それで作った曲。



視聴者である我々にとってはお馴染みのOPテーマ。

こんな風に出来た曲だったんですね。


♪~ 藍色の蒼空 泳ぎ回れた キラキラと光っていれたよ
 愛に巻かれて 僕らは育った だけど日々は流れる 魚の群れのよう……♪~


我南人のギターと歌声に聞き惚れるみんな。


♪~ さよなら ありがとう愛する人よ いつの日かまた逢えるのなら
 会いたい 会いたい  涙あふれてきても

 ♪~ さよなら ありがとう愛しい人よ いつの日か また逢えるから
   笑ってサヨナラ ありがとう ♪~



みんな、口々に言う「ありがとう」「ありがとう」

アコースティックで聞く「さようなら ありがとう」は、いつも聞いている曲とは
また違ったしみじみとした趣があって心に沁みるのでした。


そして、青ちゃんはついに思っていた事をハッキリと言います。


親父。ありがとう。
もう十分だよ。
十分。

俺達今日までいっぱいもらったよ。
親父のLOVEも親父の歌も。

俺達だけじゃない。みんな。

……死んじゃったらさ…。
LOVEじゃないじゃんか…。

歌えなくなっても、声が出なくなっても、親父が親父でいてくれたらそれでいいんだからさ。
つらかったら今度は俺達が親父にLOVE あげるからさ。
精いっぱいのLOVEをちゃんとあげるからさ。

だからさ…。

生きてくれよ。



大切な家族。

最後の日まで自由にやりたい事をやらせてあげたい気持ちは当然あるでしょう。
人間の尊厳ってどういう事なのか…という話でもあります。

好きな事を最後までやり続けるか。
とにかく愛する人たちのために生き続けてほしいか。

本人にとって、また、周りの人間にとって、本当のLOVEとは何なのか…。


青ちゃんは、とにかく我南人に生きてほしいのです。
生きること自体を受け入れてほしいのです。

大好きだからね。

みんな黙り込みます。
我南人も黙り込みます。

そんな時でした。

バンドワゴンに場違いなお客がやって来るのです。

茅野さんと警察官の方々……。
えっと…別に七回忌のお花を持ってきたわけではなく、職務の真っ最中です。


実は、昨日都内で起きた強盗殺人未遂事件の現場にこれが落ちていたんです。


あっ!
わが家の目録専用の検印じゃねえか。


なんと…それはバンドワゴンの検印。
しかし、紺ちゃんが家の物を持ってくると、ちょっと違うようです。


うちのじゃねえな。
だとしたら目録はどっか他にもあるのかな。

あの…茅野さん達がいらしたってことは事情聴取とか家宅捜索とかですか?

その両方です。
申し訳ない。この家に怪しいことがないのは私が一番よく知ってるんですが。


…まぁ、警察の旦那方も仕事だわな。



こうして、七回忌は突然のお客さんによって思わぬ事になってしまったのでした。

おまけに事情聴取をしている間に亜美さんが具合悪くなって倒れてしまいます。


これは…秋実さんのイタズラ


あのさ、こんな時にあれなんだけど…。

家宅捜索と事情聴取の合間に突然みんなに向かって言い出す青ちゃん。


俺、『東京バンドワゴン』ちゃんと手伝ってもいいかな?
今から勉強するのは大変だと思うけど、でも覚悟はしてる。

青!もう、大賛成だよ!

まぁ、将棋も俺が勝ってたしな。


そうか。

覚悟しとけよ!

うん。



紺ちゃんだけではなく、みんな青ちゃんを応援してくれている。
みんなの笑顔に答えるために青ちゃんも頑張って勉強する事でしょう。

青ちゃんのバンドワゴン跡継ぎの決心に盛り上がる中、スマホに掛かってきた電話を取って
驚く紺ちゃん。


え~!?亜美が!

おい!警察の野郎、亜美に何かしたのか!?

ちょちょ…!
いや、それがね、それが…。
妊娠2か月!



病院に駆けつけると、嬉しそうに出てくる女性群…。


うわ~!やったな!
もう、みんな事情聴取どころじゃなかったよ。

もう紺ちゃんなんてさ、上の空で。

ハハハ…。

ごめんね。びっくりさせちゃって。
…ところがね、もう一つ驚くことがあるの。


と、笑う亜美さん。

すずみちゃんが青ちゃんの前に進み出ます。


実は、私も…ちょっと気になって調べてもらったら…。

ま…まさか…。

ま…まさか…すずみも!?



え~!?

おいマジかよ!ダブル妊娠!?


俺が…父親になるってこと?

はい!


青ちゃん、ボー然……。


みんな、もう病院の前で大騒ぎのお祝いムード…。
やっぱり、これはきっと秋実さんの優しいイタズラ。

しんみりするのではなく、堀田家らしい七回忌になったのでした。

気づくと、我南人が泣いています。
鼻をすすって泣いています。


おい!おめぇが何泣いてんだよ?


だってよ…こんなビッグなプレゼントもらったらさ…。
もうちょっと生きてたいって思うじゃねえかよ!


思いっきりうなづく青ちゃん…。


     ※※※※※  

大団円の最終回でした。堀田家らしい最終回。

ちょっと最終回、時間の流れが速すぎなんじゃね
…とは思ったけれども。

ナレーションで済まされている所を、きちんと映像化すればあと1、2話できる気がする…。
そう考えるともったいない。


春が来て花陽ちゃんと研人くんは5年生と3年生になり、真奈美さんとコウさんは入籍し、
ロンドンで行われた藍子さんとマードックさんの二人展も大盛況。

例の強盗殺人未遂事件も解決し、押収した盗品の中に何とずっと勘一さんがサチさんのために
探していたサチさんのお父さんの紀行が見つかるという…。

うん…やっぱりこの辺、もう1話あってもいいところ。
もしくは、最終回2時間SPで良かったのでは~。


亜美さんとすずみちゃんにはそれぞれ女の子が生まれた。
鈴花ちゃんと、かんなちゃん。

「よしこ」じゃなかった。

赤ちゃんをあやす青ちゃんに萌え…。


我南人の病気については、治療、あるいは手術する決心が遅すぎて、そんなにユックリ
してたら進行しちゃうよ

と言いたい部分はあった。

好きな事をやりたいから手術したくない本人と、それを認めてあげたいけれども、
自分たちのために生き続けてほしい家族。

どっちも、実はLOVEだね~…ではなくて、エゴなんだよね。

難しいよね。
命に関わる事になると誰もが「自分の事」になる。

だって、人生は自分の物だから。

誰かのためではなくて、自分自身がもっと生きたくなったから…
という我南人の決断に納得した。


毎週、ホッコリするストーリーと童話のように可愛くて綺麗な映像と、優しい人たちに
癒された。

私は大家族なんて面倒くさそう…と思ってしまう個人主義な人間だが、この家の食卓には
憧れるものがあった。

何よりも…雑多に並べられたお皿の料理が本当に素晴らしく美味しそうで。温かそうで。


そして、我南人の「ただいま」に呼応する、みんなの

「おかえり」


おかえりなさい。
おかえりなさい。
おかえりなさい。

おかえり。



ラストの笑顔はOPの笑顔と同じくらい素敵だった。

みんな、自然。
堀田家はいつでも堀田家。


だから、今日もきっとみんな素敵な日常を送っているんだろうな~と。
そう思えるラストにちょっと泣けた。


素敵なドラマをありがとう。さようなら。また、いつか。



我南人(玉置浩二)から喉頭がんと告白され、動揺する青(亀梨和也)ら堀田家の人々。
手術すれば声帯を取ることになり、我南人は声を失ってしまう。
歌えなくなるぐらいなら、命が短くなっても歌っていたいという我南人。
青たちは我南人に生きてほしいと願いながらも、彼の歌に対する情熱を知っているだけに、
何も言うことができない。
青たちの思いを汲んだすずみ(多部未華子)は我南人に、治療を受けてほしいと懇願するが、
我南人の決意は固かった。

年が明けても、堀田家の人々の気持ちは晴れない。
そんな中、勘一(平泉成)がずっと探していた古書が、ある大学の書庫から見つかったと
いう知らせが入る。
その本は、かつてサチ(加賀まりこ)の父親が書いた紀行文で、20冊しか作られなかったもの。
戦後のどさくさで行方不明になってしまい、勘一がサチのために探していたのだが、見つから
ないままだった。
青とすずみは、その大学の理事長夫人が開くパーティーで我南人がライブをすれば、本を譲って
もらえるという約束をとりつけてくる。
青に頼まれ、我南人はパーティーで歌うことに。
しかしパーティー当日、我南人は会場に現れなかった。
我南人は、声が出なくなり始めていたのだ。
我南人の病状は急激に悪化しているようで、堀田家の人々はショックを受ける。

2月に入り、我南人の亡き妻・秋実の七回忌が近付いていた。
死を覚悟した我南人に、何かしてあげられることはないのかと悩む青。
すずみから、我南人が公園で楽しそうに歌っている姿を見かけたと聞いた青は、あることを
思いつき…。

(上記あらすじは「Yahoo!TV」より引用)



よろしければ→【2014年1月期・冬クールドラマ】ラインナップ一覧とキャスト表


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村  



※キャスト

堀田青 … 亀梨和也
槙野すずみ … 多部未華子
堀田藍子 … ミムラ
堀田紺 … 金子ノブアキ
堀田亜美 … 平 愛梨
堀田花陽 … 尾澤ルナ
堀田研人 … 君野夢真

堀田サチ … 加賀まりこ

マードック … ジョナサン・シェア
真奈美 … 片桐はいり
祐円 … ベンガル
ケン … 光石研
藤島直也 … 井ノ原快彦

脇坂和文 … 佐戸井けん太
脇坂修平 … 上遠野太洸

槙野春夫 … 升毅

堀田我南人 … 玉置浩二

堀田勘一 … 平泉成


※スタッフ

脚本 … 大森美香
プロデュース … 伊藤響、池田健司、原藤一輝、秋元孝之
演出 … 狩山俊輔、菅原伸太郎
音楽 … 金子隆博

原作 … 「東京バンドワゴン」シリーズ 小路幸也

主題歌 … 「サヨナラ☆ありがとう」堀田家BAND
エンディングテーマ … 「サーチライト」玉置浩二
      

公式サイト http://www.ntv.co.jp/bandwagon/












「Twitter」やってますです。
フォロー下さる方は、ほぼドラマ実況ツイート(辛口)だという覚悟でお願いします


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

※FC2にトラックバックが飛ばないブログ&サイトさま記事リンク(お申し出下さい)



【東京バンドワゴン ~下町大家族物語 】第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話
第7話 第8話 第9話 第10話(最終回)


この記事のトラックバック用URL

(承認制です。また、お手数ですがスパム対策のため「http://dramablog.cinemarev.net/」へのリンクのないTBを受付できません。ご了承ください。)

コメント

※ 右のアイコンから Wordpress,Twitter,google+,facebookのアカウントを使ってコメントできます。
オープンIDをお持ちでない方はアドレスを記入してください。(書きこんだアドレスは表示されません)

18件のコメント

  • くう
    2013年12月21日 2:33 AM

    SECRET: 0
    PASS: d0970f9a670a457ba04fd47a84598fe5
    >今回の最終話だけ録画してみました。
    なかなか「ええ話」でした。

    本当に「ええ話」だったのですよ(#^.^#)毎回毎回。
    大家族の食卓も本当に温かくて美味しそうで…何かの朝ドラとは大違い…。

    >甘ロスあまロスと言われたけども、今クールいい話も
    探したらあったなと思っています。

    今クールは優秀だったと私は思っています。
    結果的にはかなりの数のドラマを楽しんで完走できました^^
    「あまロス」を埋めてくれるドラマはたくさんありました。
    それらが終わってしまったせいで、今現在のロスが激しいです(;_:)

    >このドラマの原作本も読んでみたいと思いましたし
    ドラマの制作班もそれなりに手を尽くしているのではと思いました。

    とってもセットが凝っていて映像も美しいドラマでした。
    昭和の香りがホッとさせてくれる部分も大きかったですね^^

  • くう
    2013年12月21日 2:22 AM

    SECRET: 0
    PASS: d0970f9a670a457ba04fd47a84598fe5
    >あたしも大家族なんてとんでもないと思ってるクチだけど
    堀田家ならいいかなぁ~って!

    堀田家、みんな優しいよね^^
    確かに姑が居ないのはポイント高いかな…一番手強いのは花陽ちゃんかな^^;

    >そっか、7回忌に色々な事が起こったのは秋実さんの仕業かぁ~!

    そそ、最後まで写真も出なかったのは驚いたw
    原作読んでいないので何なんだけど、原作でも秋実さんの存在はあんな感じなのかな?
    いつもナレで活躍しているのはお祖母ちゃんであるサチさんだったけれども、
    秋実さんもここで頑張った!!

    >青ちゃんのデレデレなパパっぷりがもっと見たかったので、
    いつかSPとかあるといいなぁ・・・

    ねーー!赤さんを抱っこする青ちゃんに萌えすぎた(*´艸`*)
    いいパパになるねぇ…。

  • くう
    2013年12月21日 2:17 AM

    SECRET: 0
    PASS: d0970f9a670a457ba04fd47a84598fe5
    >続編が青ちゃんの紀行文からだとしたら、
    舞台が変わって新鮮な見方ができそう。
    ぜひSPで見たいです!(オネガイ・・

    私も~SPでもいいから、その後の堀田家を見たいです^^
    青ちゃんのパパっぷりも見たいし、みんなが元気である事を確認したい。
    もちろん、元気に違いありませんが(#^.^#)

    >ホント、しみじみいいドラマでしたね~。
    毎回泣かされてましたけれど、じ~んとくるシーンが
    けっこう記憶に残ってます。

    うん。温かくて難しくなくて、優しいドラマでした。
    登場人物みんなが好き!

    >こちらで読ませてもらうと温かくて毎回嬉しかったです!

    基本は好きじゃなければ書きませんもの~。
    今期の土曜には癒されましたわ。

    エリちゃんもお疲れ様でした。
    愛の溢れるレビュー、こちらこそ頼もしかったです~(#^.^#)
    かつん3人とも、ヒジョーにドラマに恵まれたクールでありました^^

  • tomohiro
    2013年12月20日 11:56 AM

    SECRET: 0
    PASS: ec6a6536ca304edf844d1d248a4f08dc
    今回の最終話だけ録画してみました。
    なかなか「ええ話」でした。
    甘ロスあまロスと言われたけども、今クールいい話も
    探したらあったなと思っています。
    このドラマの原作本も読んでみたいと思いましたし
    ドラマの制作班もそれなりに手を尽くしているのではと思いました。
    秋COOLドラマはnhk<民放でした。

  • まこ
    2013年12月17日 4:58 PM

    SECRET: 0
    PASS: 07af5b8e07a195e1e93130d7617e5041
    あたしも大家族なんてとんでもないと思ってるクチだけど
    堀田家ならいいかなぁ~って!
    てか、よーく考えたら小姑はいるけど、ごちの和枝さんみたく
    イケズじゃないし、姑もいないから、嫁としてはいい環境かも
    しんない(笑)。
    そして
    >今日もきっとみんな素敵な日常を送っているんだろうな~と。
    そそ!なんかその温かい風景が浮かぶわー。
    常連さんたちも次々と訪れ、賑やかだろうなと・・・

    そっか、7回忌に色々な事が起こったのは秋実さんの仕業かぁ~!
    最後まで秋実さんは写真もあまりはっきり見えなかったし、
    存在が薄いとさえ感じてたけど、この7回忌をきっかけに
    家族が幸せになれるように導いたのは確かに秋実さんかも~!
    何か一段とほっこり温かい気持ちになったよ~♪

    青ちゃんのデレデレなパパっぷりがもっと見たかったので、
    いつかSPとかあるといいなぁ・・・

  • まぁ、お茶でも
    2013年12月16日 10:40 PM

    《東京バンドワゴン~下町大家族物語》#10

    我南人が喉頭がんと告白して、堀田家は、大混乱。おまけに、LOVEを今まで通り歌いたいから治療は受けないと。
    そんなワガママをゆるされるんですね。すずみは、皆が飲み込んだ、言葉を伝えた。我南人が治療を受けて欲しいと。
    お正月も過ぎ、青の仕事も無事に終わり、紺の下町を描いた本が出版された

  • あるがまま・・・
    2013年12月16日 10:11 PM

    東京バンドワゴン〜下町大家族物語 最終話:笑って!涙にサヨナラ!ありがとう!!

    LOVEだね〜!(9*゚▽゚)9”おかえりぃ♪

    やっぱこんなラストこそが、このドラマにふさわしい
    ベタでも何でも、大団円なエンディングに乾杯

    我南人、「ただいま」って声に出して言ってたから、声を失わずに済んだって事ですよね???
    どこで治療したのか、はたまた手術す…

  • エリ
    2013年12月16日 6:05 PM

    SECRET: 0
    PASS: e86aba6ec2c6d042d3bb2c7e049a0ee8
    こんにちは!
    終わっちゃったのがとっても残念です~。
    >文才が紺ちゃんに遺伝したのだとしたら、
    >旅行好きは青ちゃんに遺伝したわけですよね。
    >いつか、青ちゃんも紀行文を・・

    おお~本当ですね~。
    青ちゃんの添乗員は旅行好きの曽祖父のDNAだったのですね~。
    本好きでもあるので面白い紀行文を書けますねきっと。
    続編が青ちゃんの紀行文からだとしたら、
    舞台が変わって新鮮な見方ができそう。
    ぜひSPで見たいです!(オネガイ・・

    >ホッコリするストーリーと
    >童話のように可愛くて綺麗な映像と、
    >優しい人たちに癒された。

    まさにこんなドラマでした!
    ホント、しみじみいいドラマでしたね~。
    毎回泣かされてましたけれど、じ~んとくるシーンが
    けっこう記憶に残ってます。
    私的には楽しみな土曜日となり、ヤンメガ以来の
    大ヒットでした。

    くうママ、丁寧なレビューお疲れ様でした!!
    こちらで読ませてもらうと温かくて毎回嬉しかったです!

  • ドラマハンティングP2G
    2013年12月16日 6:00 PM

    東京バンドワゴン〜下町大家族物語 第10話(最終話)

    第十話「笑って!涙にサヨナラ!ありがとう!!」2013/12/14 我南人(玉置浩二)から咽頭がんと告白され、動揺する青(亀梨和也)ら堀田家の人々。 手術すれば声帯を取ることになり、我南人は声を失ってしまう。歌えなくなるぐらいなら、命が短くなっても歌っていたいとい…

  • レベル999のgoo部屋
    2013年12月16日 5:42 PM

    東京バンドワゴン〜下町大家族物語 第10話(最終回)

    「笑って!涙にサヨナラ!ありがとう!!」

    内容
    喉頭ガンであるコトが判明した我南人(玉置浩二)
    だが、最期まで歌を歌うため、手術はしないと、堀田家の面々に宣言する。
    我南人の歌への強い思いが理解出来るため、何も言えない青(亀梨和也)たち。
    その青たちの気…

  • ぷち丸くんの日常日記
    2013年12月16日 11:33 AM

    東京バンドワゴン~下町大家族物語 最終回

    青(亀梨和也)たち堀田家の人たちは、我南人(玉置浩二)から喉頭がんと告白されて動揺します。

    手術をすれば声帯を取ることになり、我南人は声を失ってしまいます。

    なので我南人は、歌えなくなるくらいなら、命が短くなっても歌っていたいと言うのでした。

    青たちは我南人に生きてほしいと願いますが、彼の歌に対する情熱を知っているだけに、何も言うことが出来ないのでした。

    すずみ(多部…

  • ディレクターの目線blog@FC2
    2013年12月16日 8:31 AM

    東京バンドワゴン ~下町大家族物語 (第10話 最終回・12/14) 感想

    日本テレビ『東京バンドワゴン ~下町大家族物語』(公式)
    第10話 最終回『笑って!涙にサヨナラ!ありがとう!!●』の感想。
    なお、小路幸也氏の原作小説『東京バンドワゴン』シリーズは未読。

    【前回のあらすじ】青(亀梨和也)の結婚式直後、我南人(玉置浩二)が胃潰瘍で入院。翌朝、真奈美(片桐はいり)の店で働く板前のコウ(田中要次)が心配してやって来た。青たちは、コウを仲介し…

  • NelsonTouchBlog
    2013年12月16日 8:29 AM

    ダンダリン・夫のカノジョ・東京バンドワゴン最終回感想

    ■ダンダリン最終回
    一話の冒頭からみんな喪服ぽっい装いで段田凛(竹内結子)の部屋の荷物を片づけていたので、これは段田死んじゃうんだな・・と思っていたけど、全然大丈夫だった(笑)ブラフだったのね。
    最終回もブレテなくて、決まっていたと思います。風間俊介も最後の最後で一応改心したしなあ。労働基準監督官のいう決まりは、それはそれで矛盾している部分もあるのだろうけど、働いている人達の健康や健やか…

  • エリのささやき
    2013年12月16日 8:04 AM

    東京バンドワゴン 第10話(最終回)

    さよなら☆ありがとう。このドラマ、大好きでした~。

  • のほほん便り
    2013年12月16日 6:37 AM

    東京バンドワゴン~下町大家族物語 最終回「笑って!涙にサヨナラ!ありがとう!!」

    とにかく全て「LOVEだね」で押し切っちゃう強引展開に、時折、目をパチクリだったけれど、とても好きな下町大家族ファンタジーでした。雰囲気も音楽もキャスティングも、グッド。特に、個人的に亀梨クンと多部ちゃんが出てたのがポイント高かったかな?特にラスト。ナレーションをつとめてた、他界したサチさん(加賀まりこ)が、ふと、みんなの後ろに居たり、久々に戻ってきた我南人(玉置浩二)を、まるで朝、送り出し…

  • のほほん便り
    2013年12月16日 6:37 AM

    東京バンドワゴン~下町大家族物語 最終回「笑って!涙にサヨナラ!ありがとう!!」

    とにかく全て「LOVEだね」で押し切っちゃう強引展開に、時折、目をパチクリだったけれど、とても好きな下町大家族ファンタジーでした。雰囲気も音楽もキャスティングも、グッド。特に、個人的に亀梨クンと多部ちゃんが出てたのがポイント高かったかな?特にラスト。ナレーションをつとめてた、他界したサチさん(加賀まりこ)が、ふと、みんなの後ろに居たり、久々に戻ってきた我南人(玉置浩二)を、まるで朝、送り出し…

  • キッドのブログinココログ
    2013年12月16日 1:33 AM

    Good-byeだね、Thank Youだね、そしてLoveだね(亀梨和也)

    原作は原作、そしてドラマはドラマである。 ただ、ドラマの途中で青が置き捨てられた子供を「ヨシコ」と何げなく呼んだことは・・・原作ファンにたいするサービスということになるだろう。 原作には勘一の妹・淑子のエピソードがあるからである。 最終回で我南人の生存が曖昧な形で語られるのは・・・原作的に残されたエ

  • ぐ~たらにっき
    2013年12月16日 12:53 AM

    東京バンドワゴン~下町大家族物語 #10 最終回

    『笑って!涙にサヨナラ!ありがとう!!』