【リッチマン、プアウーマン】第5話 感想

「サラリーマン時代の名前の残らない仕事なのにどうしてですか?」って聞いたら
失敗したからだよって。

最初めちゃくちゃ失敗して、くそ上司にけなされて、こんなもん作れるわけねえって
罵倒されて。

でも、作った。
それが売れた。

新しいことをやろうとすれば、必ず失敗する。必ず非難される。
でも物作りはそこから始まるんだって。

「リッチマン、プアウーマン」第5話

   商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

簡単感想のみで。
ちょっと今から出かけなくてはならないので急いでます。

後ほど、あらすじ付きで編集し直すかも…(しないかも)

綾野剛@遠野秋洋の登場で俄然面白くなった「NEXT INNOVATION」乗っ取り劇。

って、もう乗っ取ることに決まっちゃってるわけですが…

階段から落ちて重傷で入院…から、もう全て仕込みだった。

資本金の半分は俺が出したんだ。
2人で利益独占するために俺を追い出したんだろ?

会社に恨みを抱いていた遠野は50万人分の個人情報を持って朝比奈を脅す。

しかし、朝比奈は上手だった。

遠野に突き落とされたケガを自分自身でもっと重症化。

病室に遠野を呼びだす。

お前を喝罪と窃盗罪で訴えることにした。
ああ~あと、これ、傷害罪。

…セキュリティーの甘さが露呈したら、そっちだって致命傷だろ?

遠野の肩をむんずと掴んで自分に引き寄せる朝比奈……

いい方法がある。お互いにとって。

お前がムカついてるのは…

日向 徹だろ?

ここに黒いタッグが出来上がる……。

崇徳さま…保元の乱前夜でございます…。

綾野くんは、こういう小者臭漂う役も上手い。

詐欺まがいの小さい復讐が朝比奈の頭脳で大きな乗っ取り劇に……。

株を手放して、社長の座を追われるか…日向。

ラストの朝比奈の微笑みもゾッとした。

このドラマ、IT企業物語としての部分の方が盛り上がって面白い。
恋愛は……あまり要らないと思うのよ。

さとみちゃんも、紗季ちゃんもステキだけどね。

 。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

日向徹(小栗旬)がエレベーターに乗ると、そこに夏井真琴(石原さとみ)がいた。
沈黙のなか、真琴の脳裏には日向と朝比奈燿子(相武紗季)のキスシーンがよみがえる。
途中の階で燿子も乗り込んできて、激しく動揺した真琴は、適当な階で降りてしまう。
残された日向と燿子の間にも気まずい空気が…。

そんな折、日向が進めるパーソナルファイルの運用実験を、ある農村で行うことになった。
協力するのは、世界が注目する工業デザイナーでありながら突然引退し、故郷でトマト栽培を
している青山誠人(片岡鶴太郎)という人物。
彼は偶然にも真琴のメル友でもあった。

何者かに尾行されている気配を感じ始めていた朝比奈恒介(井浦新)は、ある日、階段から
突き落とされ重傷を負う。
病室に朝比奈を見舞った日向は、怪我を気遣いながらも「NEXT INNOVATION」の社員だった
遠野秋洋(綾野剛)に会ったと報告する。

数日後、日向、真琴、小川智史(中村靖日)により農村で運用実験を開始したが、反応がない。
住民たちがパソコン操作を嫌っていたのだ。
思わぬ落とし穴に苦心する中、ライバルの大手家電メーカーがNEXT INNOVATIONを大きく
上回る規模のシステム開発チームを立ち上げた、とのニュースが飛び込んでくる。

そんなある日、朝比奈から燿子に渡すよう頼まれた書類を持ってレストランを訪れた真琴は、
燿子の隣にいる笑顔の日向を目撃して…。

(上記あらすじはYahoo!TVより引用)

よろしければ→【2012年7月期・夏クールドラマ何見ます?】ラインナップ一覧とキャスト表と展望

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

【キャスト】

日向徹 – 小栗旬
夏井真琴(「澤木千尋」) – 石原さとみ
朝比奈 耀子 – 相武紗季
朝比奈 恒介 – 井浦新

安岡 倫哉 – 浅利陽介
小川 聡史 – 中村靖日
宮前 朋華 – 八木のぞみ
立石 リサ – 舞川あいく
小野 遥香 – 野村麻純
久我 友樹 – 古川雄輝

乃木 勇太 – 丸山智己
山下 芳行 – 佐野史郎

澤木千尋 – 萬田久子

笛木 匡正 – 中原丈雄


この記事のトラックバック用URL