【八重の桜】第33回 「尚之助との再会」感想


覚馬(西島秀俊)が仕える槇村正直(高嶋政宏)が、業務妨害の容疑で捕まり、東京に
拘留された。
覚馬は、槇村の後見人である木戸(及川光博)に取り成しを頼むため、八重(綾瀬はるか)を
連れだって東京へ向かうが、申し出は聞き入れられない。
一方、八重は勝(生瀬勝久)から、尚之助(長谷川博己)が浅草に居るという情報を聞き、
駆けつける。
しかし、そこに居たのは、すっかり生気をなくした伴侶だった。

(「Yahoo!TV」より引用)


    


八重の桜 第三十三回「尚之助との再会」




※あらすじは後ほど…たぶん。(って言いながら先週も書いてない)まずは感想から


  。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


ああぁぁ…なんか、すっげーーモヤモヤするぅぅぅ…。


いや、ドラマとしては面白いんだけれども、見る人見る人、何なん?この人!と思う。

廃藩置県とかして、みーーんな一緒だよ、みたいな国の土台をサッサと作っておきながら、
今だに薩摩だ長州だってワイワイうっさい。

何の理想も考えもないから周りに突かれると気を失っちゃう太政大臣。

木戸孝允…元・桂小五郎の小者感…。
この大河ではほとんど長州が長州がって騒いでいるだけで、あまり活躍も見れずに
いつの間にか偉い所に上ったよね、って感じ。

(そういえば、冒頭の岩倉使節団の有名な写真が、そのまんまキャストの顔に
すり替わっていて笑った)
  八重の桜33


教えてくなんしょ。
あなた方には一体どんな新しい国の姿が見えているのですか?
誰もが学校に行げて病院にかかれてドリームが語れる、そんな日本が見だくて
槇村様と兄は働いていんのです。



という八重の発言に思わず頷いたわ。

おまいらみたいなのが国のトップにいる事が信じられん…。

そして、おまいらみたいなのが上にいるから尚之助さまがこんな事になったのだ、
と思うと、もうホント涙しか出ない。


尚之助さまのやつれっぷりに泣けたよ。今日は。
これじゃホント丸っきり三郎だよ。
やはり『雲の階段』「八重の桜」の練習だったのだな…。
 空飛ぶ航空室11-3


全くだ。今頃国の真ん中にいてもおかしくはねえ人間だ。

って勝先生は言っていたけどさ、「斗南藩をかばって」とまで言っていたけどさ、
そこまで解っているんなら、どうして誰もこの人に手を貸してやらないのさ。

大体、この人に罪をかぶせたまま放置している山川浩は一体どこへ行ったんだYO!(‘j’)/

この人の事を考えるにつけ、私ゃどんどん会津藩に不満や不信感が募っていくよ。


なのに尚さんは、

これが私の身の丈に合った暮らしです。

と言う。

結局、この人が一番強くて清くて優しくて男らしい立派な人だったよ。
誰にも罪を被せないし、逃げないし、最後には罪を被って死んでいくのだから…。


八重と尚之助さまの再会は小説か何かで語られた話で、史実かどうかは解らない。
けれども、ドラマ的にここでの再会はあって良かった…と思っていた。

でも、実際に今日の回が終わって泣いたら、モヤモヤが増えてしまった…。

だって、このドラマの八重ならここで再会したら覚馬と一緒に尚之助の裁判のために
何かしら動くでしょ。

しかしそんな史実はないから、2人は動かない。
再会しただけで終わってしまう。

後には尚之助さまがこのまま亡くなってしまうという史実が残るのみ…。

だったら、尚之助さまのその後の消息は八重には解りませんでした…
に、しておいた方が親切だったかもしれない。


待ってっからし。
前を歩いで京都でずっと待ってっから。


って言ったのに、来週はもう新島オダジョージョーと出会っちゃうし~。
いや、オダジョの本格的な登場はとても嬉しいけれども、すごく複雑な気持になってしまった。


私の妻は鉄砲を撃つおなごです。
私の好きな妻は夫の前を歩く凜々しい妻です。
八重さんの夫になれた事が私の人生の誇りです。
もう二度とここに来てはいけません。
あなたは 新しい時を生きる人だ。

生きなさい。



そんなに何回も頬の涙を指で拭ったり、抱きしめたりしないでけろ…。
余計にホレるだろ……。
  八重の桜33-1


私だったら、こんな人を置いてそのまま京都に戻る事なんかできない

この再会シーンは嬉しかったし優しいシーンではあったけれども残酷だ。



【関連記事】
・番外記事 「鳥羽・伏見の戦い」なぜ徳川慶喜と松平容保は江戸へ帰ってしまったのか



よろしければ→【2013年7月期・夏クールドラマ】ラインナップ一覧とキャスト表

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
↑他のブロガーさんの大河感想はこちらから・にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ PINGOO!カテゴリテレビ・ドラマ 
にほんブログ村



※キャスト

山本八重(新島八重)… 綾瀬はるか(少女期:鈴木梨央)

山本覚馬… 西島秀俊
山本佐久… 風吹ジュン
山本権八… 松重豊
山本うら… 長谷川京子
山本三郎… 工藤阿須加
お吉… 山野海
徳造… 戸田昌宏

川崎尚之助… 長谷川博己
新島襄(七五三太→襄)… オダギリジョー

松平容保… 綾野剛(幼少時:山下哲平)
照姫… 稲森いずみ
松平容敬… 中村梅之助
敏姫… 中西美帆

西郷頼母… 西田敏行
西郷千恵… 宮崎美子
山川大蔵(与七郎)… 玉山鉄二
山川二葉… 市川実日子
山川兵衛… 山本圭
山川艶… 秋吉久美子
山川登勢… 白羽ゆり
山川健次郎… 勝地涼(少年期:小山颯)
山川捨松(咲→捨松→大山捨松)… 水原希子
山川美和… 澤田汐音
山川常盤… 信太真妃
神保修理… 斎藤工
神保雪子… 芦名星
神保内蔵助… 津嘉山正種

佐川官兵衛… 中村獅童
萱野権兵衛… 柳沢慎吾
田中土佐… 佐藤B作
林権助… 風間杜夫
横山主税… 国広富之
梶原平馬… 池内博之
秋月悌次郎… 北村有起哉
広沢富次郎… 岡田義徳
梁瀬三左衛門… 山野史人
黒河内伝五郎… 六平直政
古川春英… 小市慢太郎
竹村幸之進… 東武志
小出鉄之助… 白石朋也
内藤新一郎 … 陣内孝則

中野竹子… 黒木メイサ
日向ユキ… 剛力彩芽
高木時尾… 貫地谷しほり
高木澄江 … 宮下順子
中野こう子 … 中村久美
中野優子 … 竹富聖花

徳川慶喜(一橋慶喜)… 小泉孝太郎
徳川慶恕(徳川慶勝… 金子賢
徳川斉昭… 伊吹吾郎
徳川慶篤… 杉浦太陽

松平春嶽… 村上弘明
井伊直弼… 榎木孝明
松平定敬… 中村隼人
久世大和守… 津村和幸

勝麟太郎(勝海舟)… 生瀬勝久
榎本釜次郎(榎本武揚)… 山口馬木也

孝明天皇… 市川染五郎
岩倉具視… 小堺一機
三条実美… 篠井英介
近衛忠煕… 若松武史
中川宮… 小須田康人

西郷吉之助(西郷隆盛)… 吉川晃司
大山弥助(大山厳)… 反町隆史
島津斉彬… 林与一
大久保一蔵… 徳重聡
桂小五郎(木戸孝允)… 及川光博
板垣退助… 加藤雅也
世良修蔵… 小沢仁志

大垣屋清八… 松方弘樹
小田時栄… 谷村美月

吉田寅次郎(吉田松陰)… 小栗旬
久坂玄瑞… 須賀貴匡
槇村正直… 高嶋政宏
斎藤一… 降谷建志
近藤勇… 神尾佑
土方歳三… 村上淳
沖田総司… 鈴木信二
永倉新八… 水野直
藤堂平助… 住吉晃典
佐久間象山… 奥田瑛二
宮部鼎蔵… 宮内敦士
真木和泉 … 嶋田久作

ナレーション… 草笛光子

※スタッフ

制作統括… 内藤愼介
脚本… 山本むつみ
演出… 加藤拓
音楽… 中島ノブユキ
テーマ… 坂本龍一
題字… 赤松陽構造









【送料無料】八重の桜 [ 山村竜也 ]

【送料無料】八重の桜 [ 山村竜也 ]
価格:1,000円(税込、送料別)



【送料無料】八重の桜(1) [ 山本むつみ ]

【送料無料】八重の桜(1) [ 山本むつみ ]
価格:1,470円(税込、送料別)



【送料無料】幕末銃姫伝 [ 藤本ひとみ ]

【送料無料】幕末銃姫伝 [ 藤本ひとみ ]
価格:720円(税込、送料別)




この記事のトラックバック用URL

コメントとトラックバック

  1. くう より:

    SECRET: 0
    PASS: d0970f9a670a457ba04fd47a84598fe5
    コメントありがとうございます^^
    レスが遅くて申しわけありません~(>_<)

    >史実では斗南=会津は完全に尚之助を見捨てたらしいですから。

    はい~存じております~。
    そういう点も含めて、会津ひどくね?と思ってしまうのです。

    このドラマが始まるほぼ直前あたりまで川崎尚之助に関しての史料は
    ほとんど出てなかったんですよね。
    一体どう描くのかとその辺興味深々だったので…でも、やはり史実以上の事は
    いくらなんでも創作できませんよね( ̄Θ ̄;)
    山川浩にはせめてドラマ中に涙の一つも流していただきたいものです。

    >これでは「平清盛」のようなパワーのあるドラマにはならんです。

    まぁあっちは時代が遠いので御伽噺的な描き方が許されたから良かった…
    という見方もできますが…。
    清盛は脚本が優れていたな、とつくづく思います。

  2. くう より:

    SECRET: 0
    PASS: d0970f9a670a457ba04fd47a84598fe5
    レスが遅くて申しわけありません~(>_<)

    >まあ、主役はあくまでも八重なので仕方がありませんけどね。
    それでも、大久保利通の孤軍奮闘感は、良く出ていたと思います。

    ですね。
    まぁ…八重主役にしても…今までの女主人公大河の事を考えれば口出ししていない方…ですよね^^;

    >ところで、覚馬と八重が、二人で東京に行ったというのは史実なんでしょうか?
    あの時代、あの身体で八重と二人だけで行くのは、ちょっと無理だったんじゃないかと、変な突っ込みを考えてしまいました・・・

    解りません…と言うよりも記録は残っていません。
    今までの大河では戦国時代なのに女性があちこちすごい距離を移動していて、
    どこでもドアかよっというような物も山ほどありましたので、当時の乗り物を
    きちんと見せるという歴史博物館的描写はなかなか面白くはありましたね^^

    >さて来週からの展開ですが、何かちょっとした恋愛ドラマ路線に行ってしまいそうで、少々不安もあります。

    あ~、ジョーさんとの出会いと結婚までの馴れ初めにはそういう部分は出て来るかもですね。
    他にも会津の女性たちがこれからどしどし登場人物と結婚していくので、
    それに関する描写もあるかも知れません。
    女たちの会津戦争→明治を生きる話でもあるので、その辺は仕方ないかもです。

    >それと、新政府の事ももう少し丁寧に描いて欲しいな、と。

    八重さんが関われない部分に関してはアッサリ…になる可能性はありますね。
    うん…たぶん、丁寧に描くと八重さんが明治政府に乗りこんで行ったりするかも知れないので、
    その辺に関してはどう描かれるかはビミョーですね^^;

  3. くう より:

    SECRET: 0
    PASS: d0970f9a670a457ba04fd47a84598fe5
    >なんか尚之助さまも、八重も可哀相なだけでしかない再会だった気がしてならないんですよね、今後を考えると。

    そうなんですよね。
    史実ってもんがあるので、ここで助ける事も出来ないしね(ノ_-。)
    どうせどうしてあげる事も出来ないんなら八重は何も知らなかった…って方が
    良かった気がします。辛いです。

    >来週は気持ちの切り替えが大変そうです~(><)

    切り替えられるようにしてくれるかなぁ…。
    不安を抱えつつもオダジョの本格始動はちょっと楽しみ~。

  4. くう より:

    SECRET: 0
    PASS: d0970f9a670a457ba04fd47a84598fe5
    レスが遅くて申し訳けありません~。

    >ふたりはお似合いだったのでまた再共演してほしい。大河の相手役は大河後に再共演することはよくあるようですが… 

    再共演はまたあると思います。
    大河の相手役でなくとも2人とも日本の映画・ドラマに引っ張りだこの人材ですから^^
    先が楽しみですね。

  5. くう より:

    SECRET: 0
    PASS: d0970f9a670a457ba04fd47a84598fe5
    レスが遅くて申し訳ありません~!

    >先週の予告見ただけでもせつない気持ちになったけど、今週は尚之助様のお姿に泣けました。
    ハセヒロさんは本当にやつれた役が似合うというか、やつれた姿が色っぽい役者さんですね。

    そーなんですよ!
    こー落ちぶれた姿が色っぽい人ですよね。実際そういう役が多いし^^;
    あと、手ね~…うーん…あれで涙拭われたら離れられないでしょう。
    (いや、そんな見方するシーンじゃないって^^;)

    >来週は出てくるみたいですけど、山川じゃなくてもいいから誰か尚之助様を助けてあげてよ~って思いますよね。

    ですよね。勝先生は調べたなら手を差し伸べればいいし~覚馬だって八重だって
    実態を知ったのならせめて経済的な援助をしてよと思いますわ。

    >・・にしても、もう来週はジョーさんが現れるなんて、早すぎ。
    流れが、流れが・・早すぎでは?

    ですよね。今までのジックリさは一体何だったんだと…(ノ_-。)

    >綾瀬はるかが尚之助との再会のシーンで涙が止まらなかったと言ってたみたいです。

    見ました見ました。何だっけスタパかな。
    涙が止まらないなら何とかして~(ノ_-。)
    おらオダジョーが大好きなのに、今日からどういう風に見ればいいのか不安です~。

  6. くう より:

    SECRET: 0
    PASS: d0970f9a670a457ba04fd47a84598fe5
    >道理で見たことのあるような写真だと思いました。
    大河ドラマってたまにこういうことをしてきますよね(笑)

    特に小堺@岩倉に笑っちゃいましたわw
    まぁ雰囲気あるっちゃあるんですけどね~^^;

    >来週はもう新島オダジョージョーと出会っちゃうし~。

    私もこれはツッコミどころだと思いました。
    せめてもう少し間を開けて欲しかったような気がしますね。

    戦争にあんなに時間かけたのに、そうじゃない所のすっ飛ばしようが凄いですよね^^;
    この尚之助さまとの再会が何の意味もない回にならないよう祈りたいです。

  7. 巨炎 より:

    SECRET: 0
    PASS: ec6a6536ca304edf844d1d248a4f08dc
    >どうして誰もこの人に手を貸してやらないのさ。
    >この人に罪をかぶせたまま放置している山川浩は一体どこへ行った

    史実では斗南=会津は完全に尚之助を見捨てたらしいですから。訴訟事件には柴太一郎という斗南藩士も巻き込まれていて彼の実弟が「ある明治人の記録」という書籍を残していますが、尚之助の存在には全く言及されていない。切捨てた上に、その事実を記録にも残さなかった。

    そして本作は会津意識の強い主人公をこの事実と向き合わせるような話の進め方をしない。薩長相手には負い目がないからズケズケ言えて、尚之助にはアッサリ引き下がり、その点を周囲に指摘もさせない。

    これでは「平清盛」のようなパワーのあるドラマにはならんです。

  8. 八重の桜 第33回「尚之助との再会」

    覚馬(西島秀俊)の仕える槇村正直(高嶋政宏)が、業務妨害の容疑で捕まり東京に拘留された。覚馬は、槇村の後見人である木戸孝允(及川光博)にとりなしを頼むため、八重(綾瀬はるか)を連…

  9. 昼寝の時間 より:

    八重の桜 第33回「尚之助との再会」

    公式サイト 覚馬(西島秀俊)の仕える槇村正直(髙嶋政宏)が、業務妨害の容疑で捕ま

  10. 【八重の桜】第33回感想と視聴率「尚之助と…

    第33回「尚之助との再会」尚之助さんと八重の再会、八重とあまりの格差で切なかったです。3千両の詐欺容疑の裁判、まだ続いているようです(汗)第33回の視聴率は、前回の13.9%より…

  11. 明治五年十二月二日の翌日は明治六年一月一日となったのでごぜえやす(綾瀬はるか)

    元佐賀藩士の参議・大隈重信によれば・・・太陽暦(グレゴリオ暦)の導入は新政府の月給制度と財政逼迫に理由があったという。 すなわち、旧暦のままで明治六年になると閏月があるため…

  12. 『八重の桜』第33回「尚之助との再会」★再会後、即オダギリジョーに切り替わり

    『八重の桜』第33回「尚之助との再会」

    大河のノベライズとは別の八重に関する小説を読んでいましたので、唐突に京都編が始まっても戸惑うことはないんですけど、会津戦争までは異…

  13. カズ より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    いやあ、新政府に関しては端折りますねえ。
    今週は、ほとんど唐突に西郷さんが参議を辞める展開になるものだから、ちょっとヘッ?となりました。
    まあ、主役はあくまでも八重なので仕方がありませんけどね。
    それでも、大久保利通の孤軍奮闘感は、良く出ていたと思います。

    ところで、覚馬と八重が、二人で東京に行ったというのは史実なんでしょうか?
    あの時代、あの身体で八重と二人だけで行くのは、ちょっと無理だったんじゃないかと、変な突っ込みを考えてしまいました・・・

    さて来週からの展開ですが、何かちょっとした恋愛ドラマ路線に行ってしまいそうで、少々不安もあります。
    女性主役の大河では、往々にしてそんな展開もありますからね。
    まあ、そうはならないとは思いますが・・・

    それと、新政府の事ももう少し丁寧に描いて欲しいな、と。

  14. 八重の桜 第33回「尚之助との再会」〜あなたは新しい時代を生きる人だ

    「私は何もなせなかった。これが私の身の丈にあった暮らしです」
    「八重さんの夫になれたことが私の人生の誇りです」
    「あなたは新しい時代を生きる人だ。生きなさい」

     作中、咳

  15. 「八重の桜」 第33回、尚之助との再会

    大河ドラマ「八重の桜」。第33回、尚之助との再会。
    八重は女紅場で働きながら勉強する。
    京都改革の要・槇村を助けるために向かった東京で
    尚之助様が再登場。

  16. 〔NHK大河ドラマ〕八重の桜 第33回「尚之助との再会」 再び八重と歴史が乖離しだした

    八重と歴史の表舞台がリンクしたのはほんの一瞬、
    また再びストーリーはパラレルワールド化しだした。
    今日なんて無理くり連動させてるけど、
    ホントに八重が大久保利通が面談したと…

  17. NHK大河ドラマ「八重の桜」第33回「尚之助との再会」

    まだだ!まだ最後じゃなかったんだ!ごめんなんしょ旦那様~~!しかもあなた、ごた~~いめ~~ん、ですか?ええええ、どおやってえええ?

  18. なぎさ美緒 より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    本当モヤモヤが残る再会でしたよね~(><)

    なんか尚之助さまも、八重も可哀相なだけでしかない再会だった気がしてならないんですよね、今後を考えると。

    しかも次回新島と出会い!?
    早いですよね。
    来週は気持ちの切り替えが大変そうです~(><)

  19. 大河ドラマ「八重の桜」 第33話 あらすじ感想「尚之助との再会」

    文明開化-----–!!

    そして尚之助との再会。

    ・・・があるとは正直思ってなかったので、ちょっと驚いた。

    史実では再会はなかったってことらしいので、創作なんだよね。

    それに

  20. 大河ドラマ「八重の桜」 第33話 あらす…

    文明開化-----–!!そして尚之助との再会。・・・があるとは正直思ってなかったので、ちょっと驚いた。史実では再会はなかったってことらしいので、創作なんだよね。それに絵的には…

  21. サチ より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    自分的には綾瀬さんと長谷川さんの共演するシーンは毎回見るのが楽しみだったのでふたりのシーンが見れないと思うとすごく寂しいですね。だからこそ会津の話はもっと丁寧に描いてほしかった気持ちが強いです。ふたりはお似合いだったのでまた再共演してほしい。大河の相手役は大河後に再共演することはよくあるようですが… 

  22. 八重の桜 第33回 尚之助との再会

    『尚之助との再会』

    内容
    八重(綾瀬はるか)は、兄・覚馬(西島秀俊)の仕事を助けるため、
    女紅場で住み込みの舎監兼教師として働きながら、英語を学んでいた。
    ある日、女紅場の

  23. 八重の桜~第三十三話「尚之助との再会」

    第三十二話「兄の見取り図」はこちら。 前回の視聴率はやはり少し下がって13.9%

  24. kyom より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    泣きました~。
    先週の予告見ただけでもせつない気持ちになったけど、今週は尚之助様のお姿に泣けました。
    ハセヒロさんは本当にやつれた役が似合うというか、やつれた姿が色っぽい役者さんですね。
    くうさんのおっしゃる通りあんな風に涙を拭われたりしたらもう絶対に離れたくないです!

    >大体、この人に罪をかぶせたまま放置している山川浩は一体どこへ行ったんだ
    本当にそうですよね!
    来週は出てくるみたいですけど、山川じゃなくてもいいから誰か尚之助様を助けてあげてよ~って思いますよね。

    八重も裁判で一緒に京都には行けないだろうけど、何かしてあげられたんじゃないかと思いつつ・・
    ・・にしても、もう来週はジョーさんが現れるなんて、早すぎ。
    流れが、流れが・・早すぎでは?
    戦争が終わったら急に年月が経つのが早くなったみたいで、時栄の子供ももう大きくなってるし、びっくりしますわ。

    これでもう尚之助様はもうお出ましにならないんですね。
    綾瀬はるかが尚之助との再会のシーンで涙が止まらなかったと言ってたみたいです。

  25. 八重の桜 第33回「尚之助との再会」

    大河ドラマ『八重の桜』のお時間です。
    あらすじ・・・

  26. 大河ドラマ「八重の桜」 #33 尚之助との再会

    再会するですね。
    どうなるんでしょうか。

  27. 大河ドラマ「八重の桜」信念の人33生徒達のために八重は強きの増額交渉に成功させ尚之助と再会し八重は尚之助に未来を託された

    大河ドラマ「八重の桜」第33話は八重が1年で英語を習得し先生として生徒たちに教えていた。しかし生徒数が増えた事により授業料の資金が必要となり八重は槇村正直に資金の支援を …

  28. 青いblog より:

    八重の桜 第33回 「尚之助との再会」

    今日から脚本が変わるのかと思ってましたが 30話からすでに脚本は入れ替わりになってた模様。 そこまで違和感はないですけど。 ただ展開はとても忙しくなっている感じ。 八重が…

  29. BROOK より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    >冒頭の岩倉使節団の有名な写真が、そのまんまキャストの顔にすり替わっていて笑った

    あ!やっぱりそうだったんですね~♪
    道理で見たことのあるような写真だと思いました。
    大河ドラマってたまにこういうことをしてきますよね(笑)

    >来週はもう新島オダジョージョーと出会っちゃうし~。

    私もこれはツッコミどころだと思いました。
    せめてもう少し間を開けて欲しかったような気がしますね。
    襄との再婚はとんとん拍子にいきそうです。

  30. 大河ドラマ「八重の桜」第33回

    ドリーム…

    詳細レビューはφ(.. )
    http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201308180005/

    【送料無料】サムライウーマン新島八重 [ 守部喜雅 ]価格:1,260円(税込、送料込)