【ゴーストママ捜査線~僕とママの不思議な100日】第5話

違うよ。
私が死んだのはお父さんのせいじゃないよ!

私…幸せだったよ。

死んじゃってから気づいてごめんなさい。
私、ケンカばっかりして素直じゃなくて親より先に死んでごめんなさい!
親不孝で ごめんなさい!

「ゴーストママ捜査線〜僕とママの不思議な100日」 第5話

       ゴーストママ

ちょ~簡単感想のみで。

実はウチの実家の父も蝶子さんの父どころじゃない偏屈な頑固者である。
ちょっと一回高倉に課外授業で蹴り飛ばしてもらいたいと思うほどな事もある。

たぶん、私が死んだらウチのダンナはもうウチの実家には行かないだろう…。

とか思いながら見つつも…。

そんなウチの親だって私が先に死んだら泣くだろうな。

バカ野郎!!
親不孝者だ!

だがな…一番親不孝なのは、親より先に死んだことだ。
俺達より先に死んだことだ。

蝶子さんのお父さんの気持ちが解りすぎるほど解って泣けたよ。

派出所にいつも立っていたお父さんと、お父さんの側にいるのが大好きだった蝶子さん。

お父さんが蝶子さんが警察官になるのを反対していたのは、何にでも突っ走りがちな
蝶子さんが、いつかこんな事故に巻き込まれるのを予測していたから。

でも、その時は、冷静に説得する事が出来なくて、ただ闇雲に反対したんだろう。
口下手なんだね。

縁結びの神様がお祖父ちゃんとママを仲直りさせてくれるかも、と、
1人でお願いに行ったとんぼくん。

なんて良い子なんだろう。

いつものとんぼくんの幽霊通訳が、残された親たちの心を癒す。

お前が死んだのは俺のせいだ!

と、泣くお父さんにとんぼくんの通訳。

おじいちゃん、お母さんがね、おじいちゃんのせいじゃないって言ってる。

お巡りさんになったから僕が生まれたって。
「幸せだった」って。

あのね、お母さんいっぱい喋ってるんだけど、泣いててよく分かんない。
でも「ごめんなさい」って。
「親不孝で ごめんなさい」って。

そうか…。
そうか。
蝶子…。

父と母の肩を抱く蝶子さん。

気持は伝わった。

メガネがあって、本当に良かったね…。

蝶子さんは幽霊なのに、出たい所に瞬間移動して出る事が出来ないのね。

普通~に、生きてる人間みたいに走り回ってとんぼくんを探しているのには
ちょっと笑った。

物を掴む訓練をちょっとずつやる微笑ましい笑える幽霊。
三船さんと蝶子さんの掛け合いが楽しい。

私たちにも見えていないだけで、こんな面白い幽霊がその辺で可笑しな掛け合いを
やってるのかも知れない…。

そう思うと和む。

毎回書くけど、ベタだけどいつの間にか泣かされる。

今回は号泣だったわ。

お盆だしね…
日本のあちこちで、子どもを亡くした親が、親を亡くした子どもが、
それぞれの思い出を偲んでる。

今回もホッコリした良い話だった。

  。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

夏休み真っ最中、とんぼ(君野夢真)に、また楽しみなイベントがやってきた。
航平(沢村一樹)と、栃木の蝶子(仲間由紀恵)の実家へ行くのだ。ユウレイの蝶子も
一緒に里帰り。
遊び道具をたくさん抱えたとんぼは、お母さんの田舎で思いっきり遊ぼうとウキウキ大張り切り。
そんなとんぼと航平を、蝶子の母・里子(朝加真由美)はやさしく迎えてくれたが、蝶子の父
・省三(内藤剛志)は相変わらず無愛想。省三は、駐在所の警察官で昔かたぎの頑固者。
実は蝶子と省三は、顔を合わせればケンカばかりの父娘だった。
航平と里子が蝶子の思い出話を始めると「あいつは昔から親の言うことを聞かずにたてついて
ばかりで」と言い出す省三。
それを聞いた蝶子も負けずに「お父さんこそ私のやることにいちいち反対したじゃない!」と
反発するが、ユウレイの蝶子の言葉は省三には聞こえない。
そんなやりとりを見ていたとんぼが「おじいちゃんとお母さんはケンカしてるの?」と
言ってしまいみんなを驚かせる。

とんぼは、省三と過ごすうち、蝶子と省三は似た部分があると感じるように。
「お母さんは、どうしておじいちゃんのことが嫌いなの?」と蝶子に尋ねると、省三への
わだかまりが解けない蝶子は思わず「とんぼにはお母さんの気持ちは分からないよ!」
と言い放ってしまう。

そして、その日の夕方、ふと気づくと、とんぼがいなくなっていて―――

(上記あらすじはYahoo!TVより引用)

よろしければ→【2012年7月期・夏クールドラマ何見ます?】ラインナップ一覧とキャスト表と展望

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ PINGOO!カテゴリテレビ・ドラマ
にほんブログ村  

【キャスト】

上原蝶子 – 仲間由紀恵

上原航平 – 沢村一樹
上原 葵 – 志田未来
上原とんぼ – 君野夢真

吉永美波 – 芹 那
小林元二朗 – 山本涼介
高橋陽樹 – 中島広稀
長谷川淳也 – 真田佑馬
鶴田健一 – 森山栄治

タ ケ ル – 賀来賢人

高倉 太 – 塚地武雅

三船義光 – 生瀬勝久

【予約】Aqua Timez/つぼみ

【予約】Aqua Timez/つぼみ
価格:1,223円(税込、送料別)

 
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
※FC2にトラックバックが飛ばないブログ&サイトさま記事リンク(お申し出下さい)

【ゴーストママ捜査線】第1話 第2話 第3話 第4話 第5話
 

この記事のトラックバック用URL

コメントとトラックバック

  1. くう より:

    SECRET: 0
    PASS: d0970f9a670a457ba04fd47a84598fe5
    >てか、蝶子さんの初盆だけど家族は何もしないの?
    墓参りのシーンは?とかチラッと頭をかすめたけど
    まぁ、このドラマはとんぼくんの愛らしさに免じて
    細かい部分はスルー(笑)。

    そういえばそうだ!
    それは気づかなかった、私ってば^^;
    迎え盆の様子とかが描かれればもっと感動あったかも。

    >妻亡き後に妻の実家に孫を見せにいく
    航平さんも本当にいい人♪

    ね~。ああいうお父さんだと婿さんとしても付き合いにくいだろうに、
    ちゃんと行く所がエライ。
    お父さんもお母さんもやっぱりいい人で、あの蝶子さんがあの夫婦の間に
    育ったことが納得できるストーリーでした~^^

  2. くう より:

    SECRET: 0
    PASS: d0970f9a670a457ba04fd47a84598fe5
    ベタだけど解ってるけど泣けちゃうんですよね~。

    >こうやって最後まで小出しで笑いと、イイハナシを見せてくれるんでしょうね。
    安定した作品になったなぁと思います。

    まさかこのドラマにこんな高評価が出るとは…って感じです。
    「ごくせん」も…まぁ最初の方はツッコミつつも面白かったし、
    それだけの力はあるスタッフなんだと改めて思います。
    ラストまで、この感じで進めていただきたいですね^^

  3. ゴーストママ

    8月12日 ゴーストママ

    アメブロが5月15日よりTB廃止する事が発表されましたので
    5月15日以降に更新した記事では当ブログでTBを受付ます

    当ブログにTB入らない

  4. 【ゴーストママ捜査線】第5話感想と視聴率

    【第5話視聴率は、8/13(月)追加予定】「最後の里帰り…頑固親父の涙」丁度、裏の女子バレー、『ゴーストママ』の開始時に試合が終わって良かったです♪(^^)夏休み、かつ、お盆…

  5. ゴーストママ捜査線〜僕とママの不思議な100日〜 第5話

    第5話「最後の里帰り…頑固親父の涙」2012/08/11 栃木の蝶子(仲間由紀恵)の実家へ行くことになった航平(沢村一樹)と、とんぼ(君野夢真)。ユウレイの蝶子も一緒に里帰り。実家で

  6. まこ より:

    SECRET: 0
    PASS: 07af5b8e07a195e1e93130d7617e5041
    お盆に相応しいほっこり話だった・・・
    てか、蝶子さんの初盆だけど家族は何もしないの?
    墓参りのシーンは?とかチラッと頭をかすめたけど
    まぁ、このドラマはとんぼくんの愛らしさに免じて
    細かい部分はスルー(笑)。

    妻亡き後に妻の実家に孫を見せにいく
    航平さんも本当にいい人♪

    頑固者のお父さんに優しいお母さん。蝶子さんが
    まっすぐに育ったのもわかる気がした!

  7. ゴーストママ捜査線 僕とママの不思議な100日 第5話:最後の里帰り…頑固親父の涙

    とんぼくん、ええ子や〜!!!゚:*(oノェ`o)*:゚ポッ*:゚・

    そして今日はとんぼくんに泣かされた・・・・・・
    ママとおじいちゃんを仲直りさせようと神社にお参りしたはいいけど、

  8. なぎさ美緒 より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    ベタだけとほっこりさせられるいいハナシ。

    今回も内藤パパを初め、素晴らしい内容でこれで心残りもないんじゃないのかって位の勢いでしたわ(^^)

    こうやって最後まで小出しで笑いと、イイハナシを見せてくれるんでしょうね。
    安定した作品になったなぁと思います。

    それにしても最近本当子役の子の演技が素晴らしい!!

  9. ドラマ「ゴーストママ捜査線~僕とママの不…

    いよいよ夏休み-----—!!そこで久しぶりにとんぼと航平が蝶子方の実家に里帰りをすることに。父親とは警察官になるといったときも反対され、会えばいつも喧嘩をしていたという蝶子…

  10. 「ゴーストママ捜査線~僕とママの不思議な100日」第5話

    5「最後の里帰り…頑固親父の涙」
     

  11. ゴーストママ捜査線~僕とママの不思議な100日 #05

    『最後の里帰り…頑固親父の涙』

  12. ゴーストママ捜査線〜僕とママの不思議な100日〜 第5話

    『最後の里帰り…頑固親父の涙』

    内容
    蝶子(仲間由紀恵)の実家に向かった航平(沢村一樹)とんぼ(君野夢真)
    もちろん、蝶子もついて行くのだった。
    到着してすぐ、ちょっとした

  13. ゴーストママ捜査線~僕とママの不思議な100日 (第5話・8/11) 感想

    日テレ系ドラマ『ゴーストママ捜査線~僕とママの不思議な100日』(公式)の第5話『最後の里帰り…頑固親父の涙』の感想。なお、原作の佐藤智一氏の漫画『ゴーストママ捜査線』は未

  14. 帰り道は遠かった来た時よりも遠かった(仲間由紀恵)

    にゃあ~と啼くしかなかった未明のサッカー男子日韓戦。 なにしろ、徴兵免除がかかっている韓国チームは死に物狂いである。 読売新聞は実力差は歴然などと書いているのだが・・・実