【平清盛】第26回「平治の乱」感想


義朝(玉木宏)は信頼(塚地武雅)と手を組み、ついに決起した。後白河上皇(松田翔太)と
二条天皇(冨浦智嗣)を幽閉した義朝は、逃げた信西(阿部サダヲ)を追撃しながら、熊野詣で
中の清盛(松山ケンイチ)を京で迎え撃つ!

「平清盛」のクライマックス「平治の乱」。2回にわけて源平最初の大激突を描く。今夜は前編。

(「Yahoo!TV」より引用)

  

第二十六回「平治の乱」

平治元年12月9日。

義朝くんたち源氏軍は朝廷に押し入り、三条殿の後白河院や上西門院さまたちを逃がし、
身柄を確保して幽閉してから、火を放ちます。

同じく、信西の館にも襲撃。

女、子供逃さず全て処分せよ。

信西が身を変えているかも知れぬ。

信西の館は阿鼻叫喚の地獄絵図……。

異変に気付いた信西の妻は、清盛の館に駆け込み助けを求めます。

事情を聞いた時子さまは、直ちに熊野詣中の清盛くんに早馬を飛ばさせるのでした。

事情を知った清盛くんは、なぜ義朝くんはそんな無謀な事を始めたのかと言いますが、意外な事に
これに長男・重盛くんが意見するのです。

そう奇怪な事ではないと存じます。

世の中が信西を恨んでいる事、義朝くんの恨みが信西を殺したいほど深い事を
この繊細な長男はよく理解しているのでした。

義朝に信西どのを殺させてはならぬ!
…これ以上、取り返しのつかぬことをさせてはならぬ!

と、熊野詣を取りやめ、直ちに京へ引き返そうとする清盛くん。

源氏側では、頼政に、

なぜ今このような形で兵を挙げられたのですか?

と、少し無謀なのでは…と窘められた義朝くんが

世に示すためである。

と答えます。

政治は帝が行い、武士がそれを支える。
坊主の世づくりを正して、武士の力を見せつけたい。

と言うのでした。

京に引き返す時、重盛くんは清盛くんに、なぜ信西を救うのかと訊ねます。

信西をこのまま放っておいて、信西が居なくなってから源氏を倒せばいい。
そうすれば世は平氏の物になる。

しかし、清盛くんの心には、いつも自分の側にいて、一緒に上を目指してきた
信西との友情にも似た思い出があります。

かつて、信西と辿ってきた道を長男に語ってから、清盛は馬を飛ばします。

その頃、信西は従者たちと山中で別れ、穴を掘らせてその中に潜んでいました。

側に付く従者はもはや西光ひとり。

西光よ。
私は、どこかで道を誤ったのか。

私は何者になりとうてここまで上ってきたのであろうか。

土の中は徐々に空気が無くなり、信西は苦しい息の中で清盛くんが助けに来てくれるのを
祈り続けます。

そして、ついに穴が掘りだされ…

自分に手を差し伸べる光が射したのでした…

  。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

信西の最期がとても切ない回でした……。

まぁ、多少歴史を知っている身としては、信西がそんなに良い人だとも思っていないし、
清盛くんとの間に友情があったとも思っていません。

だから、

平氏は友を見捨てはせぬ!!……ぇ・・・・・

みたいな部分はあるのですが…

ドラマ上ではとても切ない話になっていました。

なんでもよーーーい!
だれでもよーーーい!

は、ヒジョウ~に懐かしいです。

あんな時もこんな時もあったね…と思うと、さらし首には思わず涙が出ます。

信西入道は、ドラマ上ではとても公平に政治を行っていたように描かれていますが、
実際には権力を得てから、物すごい勢いで息子など身内を要職に押しこんでいきます。

まぁ…権力握り続けていたら、ポスト藤原勢力になっていた事は間違いないでしょう。

だから、本当に信西を恨んでいた人間は多かったんですよね。

最期は、穴を掘って埋めさせ、発見した時には窒息死していたとも、まだ息があったのを
起こして首を取ったとも、息が出来るように細工した上で隠れていたとも言われています。

この大河では、どのようにするのか、ちょっと楽しみでした。

阿部サダヲさんの演技が素晴らしかったです。

理想が成就できず志半ばで自ら命を絶った信西…

儚く切なく描かれていたと思います。

さて…

このドラマ上では、もう1人、何とかしなければならない清盛くんの親友がいるわけで…

次回はついに、平氏と源氏の棟梁、一騎打ちです。

(色々と足らないので後ほど追記します)

【関連記事】
【平清盛】番外感想記事 源義朝・玉木宏さんスタジオパークゲスト回まとめ

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
↑他のブロガーさんの大河感想はこちらから・にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ PINGOO!カテゴリテレビ・ドラマ
にほんブログ村

※キャスト

平清盛(平太) … 松山ケンイチ(幼少期:前田旺志郎)

平重盛 … 窪田正孝(少年期:平岡拓真 / 幼少期:亀元太→丸山歩夢)
平基盛 … 渡部豪太(少年期:末岡拓人 / 幼少期:池田優斗)
平頼盛 … 西島隆弘
平時忠 … 森田剛
平経盛 … 駿河太郎
平教盛 … 鈴之助
平盛国(鱸丸) … 上川隆也(幼少期:小林廉)
平家貞 … 中村梅雀
兎丸 … 加藤浩次(幼少期:前田航基)

清三郎演 … 草川拓弥(幼少期:黒澤宏貴→馬渕誉→村山謙太)
清四郎演 … 須田琉雅(中澤虎太郎)

宗子(池禅尼) … 和久井映見
時子 … 深田恭子
滋子(建春門院) … 成海璃子
経子 … 高橋愛
秀子 … 海老瀬はな
須磨 … 駒塚由衣
明子 … 加藤あい

平忠盛 … 中井貴一
平正盛 … 中村敦夫
平忠正 … 豊原功補
平家盛 … 大東駿介(幼少期:藤本哉汰)
平盛康 … 佐戸井けん太
平維綱 … 尾美としのり
伊藤忠清 … 藤本隆宏

源義朝 … 玉木宏
源為義 … 小日向文世
源義平…波岡一喜
源為朝 … 橋本さとし
源頼政 … 宇梶剛士
由良御前 … 田中麗奈
常盤御前 … 武井咲

鎌田通清 … 金田明夫
鎌田正清 … 趙和

源頼朝(語り) … 岡田将生(少年期:中川大志 / 幼少期:君野夢真→横山幸汰)
政子 … 杏

鳥羽上皇 … 三上博史
後白河天皇(雅仁親王) … 松田翔太
崇徳天皇 … 井浦新(幼少期:桑代貴明)
近衛天皇 … 北村匠海
二条天皇 … 冨浦智嗣
重仁親王 … 雄大
統子内親王 … 愛原実花
得子( 美福門院) … 松雪泰子

璋子(待賢門院) … 檀れい
堀河局 … りょう
御影 … 横山めぐみ

白河法皇 … 伊東四朗
舞子 … 吹石一恵
祇園女御 / 乙前 … 松田聖子

藤原長実 … 国広富之
藤原忠実 … 國村隼
藤原忠通 … 堀部圭亮
藤原頼長 … 山本耕史

信西(高階通憲) … 阿部サダヲ
高階通憲妻・朝子 … 浅香唯

藤原家保 … 渡辺哲
藤原家成 … 佐藤二朗
藤原成親 … 吉沢悠
藤原師光 … 加藤虎ノ介
高階基章 … 平田満
藤原季範 … 山口良一
藤原信頼 … 塚地武雅
藤原惟方 … 野間口徹

鬼若 … 青木崇高

西行(佐藤義清) … 藤木直人
朧月 … 隆大介
滝次 … 河原崎建三
国松 … 白倉裕二
時松 … 内野謙太
蝉松 … 原勇弥
荒丹波 … 八田浩司
麒麟太夫 … 須加尾由二
資遠 … 真島公平

↓おすすめ!

【送料無料】平家物語の女性たち新装版

【送料無料】平家物語の女性たち新装版
価格:580円(税込、送料別)

【送料無料】平清盛のすべてがわかる本

【送料無料】平清盛のすべてがわかる本
価格:1,260円(税込、送料別)

【送料無料】平清盛をあやつった女たち

【送料無料】平清盛をあやつった女たち
価格:693円(税込、送料別)

【送料無料】平清盛と平家の女たち

【送料無料】平清盛と平家の女たち
価格:1,000円(税込、送料別)