【息もできない夏】第10話

そういう考え方が亜沙美さんを苦しめてるんじゃないですか?
樹山さんは亜沙美さんと同じ方向を見てますか?

同じ方向を向くのが私は家族だと思います。

「息もできない夏」第10話

    息もできない夏

冒頭に、玲が樹山に言ったセリフを選びましたが……

ハッキリ言って、あんたの家族も同じ方なんか向いてなかっただろーーー!
今だって解らんぞ、おい……

と、ツッコんだ事は言うまでもありません。

もう、ずっとTwitter実況でツッコみながら見ていたので、レビューもツッコミながらで
いいですかいいですよね。…って、誰に許可取ってんねん。

とりあえず、亜沙美と樹山関係はすっ飛ばしていきます。戸籍に関係ないから。

ただ、亜沙美に、

いつまで他人なの?
私は…私はいったい何なのよ!

と、言われて樹山は少し考えたようです。

病院に夏目の見舞いに行った葉子は引っ越しを取りやめたことを報告。

いや。それより嬉しかったよ。
北海道へ来いと言ったものの、葉子には受け入れてもらえないと思ってたんだ。

娘たちのためですから。

だから嬉しかったんだ。一瞬でも家族に頼られて。
それが母さんの願いだったからな。

だから~……
昔、葉子とこの父の間に何があったのか、早く教えてくださいよ。
スルーしたまま最終回かよ……。

玲はすっかり店に戻ったらしく、相変わらず同じように働いている所へ
樹山が訪ねてきます。

亜沙美の事を謝る樹山。

でも、俺は別に罪滅ぼしのためにあの家族と一緒にいるわけじゃないんだ。
最初はそう思ってたけど、今はそういう生き方もある。そう思ってんだ。

そうですか……。樹山の方には玲に恋愛感情は丸っきりないようです。

まぁ…そうだよね。
年も違いすぎるし、最初から「ただの良い人(やりすぎの職員)」にしか見えなかったもん。

玲は、もう手続き以外で樹山とは会わない、と言って立ち去ろうとします。(あ、公園です)

そこへ、フラフラニヤニヤと鮎川が現れました。

まるで玲の応接室のような公園です。

お店に行ったら、ここだって聞いて。
約束すっぽかして悪かったね。

と言って、書類の入った封筒を渡す鮎川。

DNA鑑定に必要な書類揃えておいたから。
俺の検体は入っている。後は君が出すだけだ。
鑑定は2~3週間もあれば出る。

君が鮎川 玲か谷崎 玲か、俺も知りたい。

※そう言えば、もう何年も前に夫婦別姓を認めようとかいう運動が起きてましたが、
あれは一体どうなったんでしょうね。…と、急に思い出した。

あれが導入されれば、玲も自分で姓を選べると……。

ん?でも、別に戸籍さえ取れれば離婚してるんだから玲は葉子の籍に入れば良いわけで、
鮎川玲でいる必要もないんじゃないの?

なんて考えてる場合ではなく、鮎川は公園でばったり倒れ、救急車で運ばれてしまいます。

病院に付き添って行った樹山と店に戻ってから駆け付けた玲。

玲は医師に病状を聞きますが、医師は親族でなければ教えられないと断ります。当然です。

私の母が、以前結婚してた人です。

すると、医師は確認もせずに病状を教えてくれるのでした。
個人情報だだ漏れやん……

膵臓に悪性の腫瘍があります。
一般的にがんと呼ばれているものです。
かなり進行していて肝臓にも転移してるんで、正直年を越すのは厳しいのではないかと。

医師にこう言われた玲は少し考え深げ。

勝手ですね。
ようやくDNA鑑定に協力してもらえると思ったのに病気なんて。

え、なんか、病気だと知って、急に鮎川が父親でも良いような空気です……。

送っていくという樹山の申し出を断る玲。

大丈夫です。もう樹山さんには頼らないって決めましたから。

樹山さんといると弱くなるんです。
1人で色々なことに立ち向かえなくなるんです、私。

樹山の所へ中津がやってきます。

俺、記者辞めます。

田舎、酒屋やってるんです。
長男だし継ごうと思って。

個人的なご報告、わざわざありがとう。

先輩と追ってたあの事件があって、あれから、俺、止まった時間動かそうと
必死で記者やってきました。

でも、谷崎さんの件があって、この仕事向いてないなって。
自分が前に進むためには辞めるしかないと思ったんです。

先輩は、あの家族といつまで関わるつもりですか?
俺から見てると先輩の方が被害者ぶってる感じがします。

平気かこいつ……。

本当に、玲に関する記事は善意で書いていたつもりだったんでしょうか。
その割には悪い顔してたし、ずいぶんと悪意のある事ない事書いてたじゃん…。

あの時の中津は何だったの自分の行い忘れたの病気なの

  魔法の力で改心させられたの? 
 息もできない夏10話 息もできない夏10話1

一方、玲の方は久しぶりに「ウィスキーボンボン」さんからのメールを受け取ります。

久しぶりに会った草野くんは少し痩せたように見えました。

記者に玲の事を話したのは自分なんだと謝る草野。

でも、書かれた内容は草野くんが言った事と違うし、草野くんに責任はないよね。

玲もDNA鑑定しようとしている事を草野に相談。

本当の父親が誰なのかはっきりさせたくて。
…でも、いざ検体が手に入ったら急に怖くなっちゃって。

決意したはずなんだけど。

僕はした方がいいと思うよ。

いくら前向きに生きようと思ったって、自分のルーツを知りたく
なるときは来ると思うし。

そして、草野くんは自分の生立ちを話してくれたのでした。

僕の母親って…同性愛者だったんだ。

自分たちのエゴで勝手に産んどいてすぐにいなくなった。
死んだなんて言う人もいるけど、ホントのことは分かんない。

それから知り合いに預けられたけど、13歳のときに逃げ出してこの町に来たんだ。

でも、そんなやつらでも、時々どんな顔なんだろうって思うときあるんだ。

できるならいいんじゃないかなDNA鑑定してみれば。

えっ…ママがパパ?パパがママ…いや…

子どもを作ったものの、やっぱり同性の事が好きだと気付いて出て行ったとか……
それか、胎外受精
えっ、そこまでしたのに捨ててく

でも、女同士じゃ子供作れないもんね。

っていうか、出生届出さないで出て行ったのかよ。
せめて出生届くらい出してから出ていけよ…

てか…

そういう子供でも特例は認められないの

つまりは捨て子は戸籍が取れないって事

日本の法律ってそんなんなの

色々と解らな過ぎる……。

ともかく……
玲にはそんな疑問も湧かないようで、さらさらと会話は進み、2人はお別れを。

でも最後に谷崎さんと話せてよかった。

えっ最後?

僕、この町を出ることにしたんだ。
僕みたいな無戸籍児を受け入れてくれる施設があるらしくて、親切な人が
そこを紹介してくれて。

いつまでも東京にいてもしょうがないからさ。

僕は谷崎さんを見て前に進みたいって思ったんだ。
だからありがとう。

ううん。私の方こそ。

じゃあ、ここで。

谷崎さんと会えてよかった。

私も草野君と会えてよかった。

さようなら。また!メールしてね。

握手して笑顔で別れる2人……。

って……

にこにこと手ぇ振ってるんじゃねーーーー玲っっ!!

これってフラグですよね。

だって、この前に怪しい男が仕事紹介してやるとか言ってたし……。

草野くん、何か命の危険に関わるような事になっちゃう気がする。
施設なんて大嘘だし。

そして…何となく予想なんだけど……。

中津がそれに気づいて草野くんを助けて自分が死んじゃうんじゃないの

あるいは、中津からそれを聞いた樹山が死んじゃうとか……。

「田舎に帰る」「東京出ていく」はフラグですよね~…。

そんな他人の事情にお構いなしの玲は、樹山から電話を貰います。

谷崎さん。もうそろそろ戸籍ができるって戸籍課から連絡があって。

やったーーーー!!!!おめっっ
10話目にしてやっと、戸籍が出来る夏!!暦の上では秋だけどな。

そして、間もなくDNA鑑定の結果もやってくるのでした。

鮎川が危篤状態になって、病院から「なぜか」樹山が呼びだされ、
駆けつけている時……。

玲は送られてきたDNA鑑定の結果を開きます。

結果は…………………………………

早く言えって

いや、ここ、ドラマ上でもイラッとするほど待たされたから。

玲と鮎川が親子である可能性は99.7%以上。

つまり…遺伝子学上「ほぼ親子」である事が決定したのでした。

ベッドに横たわる鮎川の姿が哀れで、Twitter上でもすでに同情する人も
現れちゃってるんですけど。

なるべく近くにいたいんです。

せめて、あと少し…。俺が生きた証しが分かるまで。

ってあんた……
その証しはレ〇プの証しですからーーー!!

ショックで家を飛び出した玲だけど……。
まぁ、全部、これも母親のせいだから。

鮎川がそういう男だと知っていて付き添いも付けずに離婚届の話し合いに
のこのこ出向いた葉子。

だいたい、DNA鑑定の結果だって、先に開けて確認しとけって話。

玲が帰ってから自分で開けるように待ってたとか、もーーほんと…どうしようもない…。

来週は最終回。

予告で「私は鮎川に感謝する」とか言ってたのは気のせいだよね。

レ〇プありがとうってか……

 。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

玲(武井咲)は、嫉妬に駆られた亜沙美(霧島れいか)の策略により、樹山(江口洋介)の家庭を
知ることに。
過去の贖罪(しょくざい)のためだけに亜沙美と暮らすようにみえる樹山の姿を見た玲は、
言いようのない悲しさを覚え、「もう会いません」と告げた。

後日、シャルロットを訪れる樹山。
近くの公園で樹山は、玲に亜沙美のことを謝る。
罪滅ぼしのために亜沙美たちといるわけじゃないと話す樹山。
しかし玲は、樹山は亜沙美と同じ方向を向いていないと指摘する。

樹山のもとから立ち去ろうとする玲の目の前に現れたのは、なんと鮎川(要潤)だった。
鮎川は、先日の約束を破ったことを玲に詫び、DNA鑑定に必要な書類などが入った
封筒を差し出す。
封筒を受け取り去ろうとする玲を見て、ある種の充足感を覚え、微笑みを浮かべる鮎川。
しかし、彼の腹部に再び激痛が走る。
玲と樹山は鮎川を病院へ運ぶ。そこで玲たちは、医師から鮎川が膵臓(すいぞう)ガンに
侵されており、余命が短いことを告げられる。
樹山は、今後何かあった際には連絡してほしいと医師に名刺を差し出す。

一度は決意したDNA鑑定に迷いを覚える玲。
その背中を押したのは草野(中村蒼)だった。
草野は自分の親の現況すら分からない自らの複雑な境遇を玲に話し、DNA鑑定ができる
ならばやった方が良いと話す。
草野と別れた玲は、意を決しポストに書類を投函する・・・。

(上記あらすじはYahoo!TVより引用)

よろしければ→【2012年7月期・夏クールドラマ何見ます?】ラインナップ一覧とキャスト表と展望

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ PINGOO!カテゴリテレビ・ドラマ
にほんブログ村  

【キャスト】

谷崎玲 – 武井咲
樹山龍一郎 – 江口洋介
谷崎葉子 – 木村佳乃
草野広太 – 中村蒼

井川さつき – 原幹恵
亜沙美 – 霧島れいか
谷崎麻央 – 小芝風花
田所光子 – 濱田マリ

鮎川宏基 – 要潤
中津大輔 – RIKIYA
安倍川衣里 – 橋本麗香
西川純 – 清水一希
筒井宗太郎 – 勝 信

(谷崎啓介 – 神尾佑)

谷崎香緒里 – 浅田美代子

夏目周作 – 北大路欣也

  

 
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
※FC2にトラックバックが飛ばないブログ&サイトさま記事リンク(お申し出下さい)

【息もできない夏】第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話
         第10話