【薄桜記】- BS時代劇 – 第5回

BS時代劇 薄桜記 第5回「豪商紀文」 

    

簡単感想で。

先週の第4話から典膳さんは長屋暮らし…。
おいたわしくも、中山安兵衛もいるし、世話をしてくれるおとよも居た。

しかし、父親が亡くなって、おとよは借金の肩に吉原に売られる事に。

高田馬場の助太刀騒動で牢に囚われの身から解放された安兵衛。
戻ってきたらおとよが居ない。

ここで、2人でおとよを取り戻しに……

行くのかとちょっと思ったんだけど、そういう話じゃなくて…

腕を斬られてお家お取潰しの身さえ運命と受け入れた典膳さんは、達観したお人らしい。
あるがままを受け入れて生きていく…というか…。
武士だなぁ。

憤る安兵衛にひと言。

有為転変は世の常じゃ。

腕を斬られて落ちぶれる者もおる。
人を何人斬っても誉められる者もおる。

おとよは、おとよなりに生きていくしかあるまい。

しかし、そんな典膳さんも、おとよの代わりに世話に来てくれるようになった
おばさんのガサツさには耐えられないのであった…。

そして、堀部弥兵衛ついに来たーーー!!

高田馬場の一件ですっかり人気者の有名人になって引く手あまたの安兵衛。

浅野に仕官するか、上杉に仕官するか……。

堀部弥兵衛と千坂兵部それぞれの浅野、上杉自慢…というか、お互いへのけん制っぷり。

浅野家は源家の由緒だとか上杉は謙信公以来の名門だとか、石高自慢とか、上杉は石田光成に
味方したとか、塩を送るのは礼儀知らずだとか……

面白かった。このシーン。

紀伊国屋文左衛門に招かれての宴席でのウサギとカメの話も…深い。

私は、どうも千春さまがあまり好きじゃないので、そっちに感情移入して見れない。

男同士の話とこれから向かっていくだろう浅野家の運命の方が興味あるのでした。

…んで…

ついに、ついにここに堀部安兵衛が誕生するのでした。

剣を生かし、剣に生きるなら、おのずと答えは出てくる。

剣の道を行かすなら浅野……

典膳さんのアドバイスは予言にまでなってしまったなぁ。

さて、安兵衛がいなくなって典膳さんは今後どうするの

※今回見逃した方、再放送は2012年8月12日(日)18時45分~19時30分 BSプレミアムで!

 。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

高田馬場の決闘によって、一転、「武士の誉れ」と称賛された中山安兵衛(高橋和也)が、
丹下典膳(山本耕史)の待つ長屋に帰ってきた。
評判を聞きつけた豪商・紀伊国屋文左衛門(江守徹)が会いたいと申し出る。
一方、長屋に赤穂浅野家家臣・堀部弥兵衛(津川雅彦)が来訪し、安兵衛に
堀部家の養子になるよう懇願する。

(上記あらすじは「Yahoo!TV」より引用)

よろしければ→【2012年7月期・夏クールドラマ何見ます?】ラインナップ一覧とキャスト表と展望

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
↑他のブロガーさんの時代劇感想はこちらから・にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ PINGOO!カテゴリテレビ・ドラマ
にほんブログ村  

【キャスト】

丹下典膳 – 山本耕史
長尾千春 – 柴本幸
堀部安兵衛 – 高橋和也

お三 – ともさかりえ
丹下ぬひ – 檀ふみ
白竿屋長兵衛 – 高嶋政伸
千坂兵部 – 草刈正雄
高木敬之進 – 葛山信吾
富樫頼母 – 石丸幹二
瀬川三之丞 – 石垣佑磨

長尾龍之進 – 忍成修吾
長尾権兵衛 – 辰巳琢郎
お菊 – かとうかず子
富子 – 萬田久子
浅野内匠頭 – 春日俊彰

紀伊国屋文左衛門 – 江守徹
堀部弥兵衛 – 津川雅彦
吉良上野介 – 長塚京三

新潮文庫 こ−4−5薄桜記/五味康祐

新潮文庫 こ−4−5薄桜記/五味康祐
価格:935円(税込、送料別)

市川雷蔵/薄桜記

市川雷蔵/薄桜記
価格:4,935円(税込、送料別)

 
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
※FC2にトラックバックが飛ばないブログ&サイトさま記事リンク(お申し出下さい)

【関連記事】・陽だまりの樹- BS時代劇 – 第8回

【薄桜記】第1話 第2話 第3話 第4話 第5話


この記事のトラックバック用URL

コメントとトラックバック

  1. 薄桜記 第5回 「豪商紀文」簡単感想

    公式サイト父を亡くしたお豊が、大家に住み込みの働き場所を世話をしてもらうこととなり、長屋をさりました。<続きは本家記事でご覧ください。>※本家の記事のURLhttp://miru-yomu-kiku.co…

  2. 青いblog より:

    薄桜記 第5回 「豪商紀文」

    千春 「ならば 千春の夢に 夜な夜な出るのは お控えなさいませ」 典膳 「お前もな わしの夢に出るな」 うはぁーーー これはとっておきの殺し文句!!!!!笑 このドラマ、いいで

  3. BS時代劇「薄桜記」第5話〜千春(柴本幸)の”まちぶせ”

    BS時代劇「薄桜記(はくおうき)」
    第5回「豪商紀文」

    今週も、面白味が増しました。

    典膳(山本耕史)と千春(柴本幸)の墓参りの場面もよかったし、安兵衛(高橋和也)は面白いし…

  4. BROOK より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    >ここで、2人でおとよを取り戻しに……

    今までの時代劇だったらそういう展開になりそうですが、
    最近の時代劇はそうならないようで…♪
    たしか「陽炎の辻」でも同じような展開がありました。

    とりあえず、安兵衛が堀部の婿養子になることが決定し…
    あとは典膳の行く先ですよね。

  5. BS時代劇「薄桜記」第5回

    浅野家の家臣に…

    詳細レビューはφ(.. )
    http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201208100002/

    薄桜記 (新潮文庫)五味 康祐 新潮社 2007-09売り上げランキング : 900Amazonで詳しく見る…

  6. BS時代劇『薄桜記(はくおうき)』 第五回 豪商紀文

    『豪商紀文』

    内容
    高田馬場において、伯父の助太刀をした安兵衛(高橋和也)
    捕らえられ評定所で裁きを待つ間にも、安兵衛の評判はうなぎ上り。
    一方で、父が亡くなった事で、長屋