【薄桜記】- BS時代劇 – 第9回

BS時代劇 薄桜記 第9回「文鳥」 


    簡単感想で。

吉良邸の警護をするために、白竿屋を出ることになった典膳さん。

お三さん、最後に典膳さんのお世話をしながら

女房のつもりでしたよ。

と言います。
大五郎とも涙のお別れをして吉良邸へ。

吉良さまは相変わらず、警護を増やすことに良い顔はなさいません。

側近たちは、屋敷の外にさむらい長屋を建てて討ち入りに備えていましたが、

侍長屋など無用じゃ。

の一点張り。

もしも討ち入りがあるなら、堂々と討たれてやろうではないか。

などと言われます。

花鳥風月を愛で、無粋な事を嫌うそのお人柄は、典膳さんにもひと目で見てとれるのでした。

典膳さんに対しても、江戸で一番の剣豪と名高い丹下典膳が側近く居てくれることは
嬉しいし誇らしい。

しかし、

いささか迷惑でもある。
上野介は仇討を恐れて丹下典膳を召し抱えたとあれば、笑われるではないか。


とも、言われます。


しばらくは、剣の指南役では外聞が悪い。用心棒では差し障りがある。よって客分。

という扱いになった典膳さん。
突然、吉良家の客分です。凄いです。

身の回りの世話に、と紹介されたのは、元々自分に仕えていた勘三。
何と、丹下家がお取潰しになった後、吉良家に仕えていたのでした。

典膳さんにとって、良い話ばかり。


さて、吉良家では討ち入りが来た場合の警護の計画が進められています。
典膳さんも意見を聞かれますが、「何を守るのか」について語ります。

おそれながら、吉良家の御当主はどなた様にございましょうか?

今は義周さまが御当主じゃ、と不愉快そうに答える家臣たち。

典膳さんは、では義周さまを警護しなければならない、と語ります。
当主が討たれればお家は断絶。上野介が討たれても家は揺るぎない。

もっともな話に吉良さまも考える所があるようです。

この事件では浅野が勝手に斬りかかってきて起きた事。
吉良さまは、討たれて死ぬのは犬死だと思っていたのでした。

しかし、典膳さんの言葉を聞いて思い直したと言われます。

どうせ死ぬるからには値打ちのある死に方をしたい。

しかし、家を守るためなら討たれても良い。
義周を守るためなら犬死ではない。

もし、浪人どもが屋敷になだれ込んで来たら、わしには構うな。
義周だけを守ってくれ。


と、典膳さんに申し付けるのでした。


母・ぬひの命日に、墓参りで顔を合わせた典膳さんと千春は良い雰囲気。
過ぎた日のように桜を眺めながら2人で歩きます。

勘三が拾ってきた文鳥のひな。

つがいなので、縁起が良いという勘三。

それを大切に飼う典膳さんも、「風流だ」と眺めに来る吉良さまも、
優しいお人柄がにじみ出ています。


どういう死に方をしたいか。

語るシーンも武士らしい語り口ながらも穏やか。

守る物がないから恥じない死に方が出来ればいいと思っているらしい典膳さんに、
吉良さまは、

そう死に急ぐこともない。

と、言われます。


千春が使えている奥方様の方もお優しいお人柄。

わざわざ2人を会わせるために吉良邸に千春を伴う奥方様。
そして、復縁の話がまとまります。

復縁について

脱げた草履は履き直せば良い。

と言われる吉良さまの言葉がとっても印象的でした。


そうして、典膳と千春は年が明けたら復縁…。
という事になりますが……。

年が明ける前に悲劇が起きる事は…ネタバレになりませんよね。


吉良さま付の侍女となって、吉良邸に仕えることになった千春。


え…もしかしたら、千春も一緒に……ってこと


そう考えると、ますます悲劇じゃないか。


千春、もう離さぬぞ。

先が解ると、このセリフが悲しすぎるんですけど……



※今回見逃した方、再放送は2012年9月9日(日)18時45分~19時30分 BSプレミアムで!

 。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

丹下典膳(山本耕史)は、吉良上野介(長塚京三)の警護を引き受け、吉良邸に
住み込むことになった。
上野介の妻・富子(萬田久子)は、今も典膳を思っている千春(柴本幸)に復縁するように諭す。
谷中の墓参りで千春に再会した典膳は、互いの気持ちを確かめ合いながらも、今は
なすべきことがあると告げる。
谷中で助けたつがいの文鳥のヒナを連れ帰った典膳の元に、行方をくらましていた
堀部安兵衛を見たという知らせが入る。

(上記あらすじは「Yahoo!TV」より引用)




よろしければ→【2012年7月期・夏クールドラマ何見ます?】ラインナップ一覧とキャスト表と展望

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
↑他のブロガーさんの時代劇感想はこちらから・にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ PINGOO!カテゴリテレビ・ドラマ
にほんブログ村  


【キャスト】

丹下典膳 – 山本耕史
長尾千春 – 柴本幸
堀部安兵衛 – 高橋和也

お三 – ともさかりえ
丹下ぬひ – 檀ふみ
白竿屋長兵衛 – 高嶋政伸
千坂兵部 – 草刈正雄
高木敬之進 – 葛山信吾
富樫頼母 – 石丸幹二
お豊 – 藤本泉
瀬川三之丞 – 石垣佑磨
後藤七左衛門 – 徳井優

長尾龍之進 – 忍成修吾
長尾権兵衛 – 辰巳琢郎
お菊 – かとうかず子
富子 – 萬田久子
浅野内匠頭 – 春日俊彰
瑤泉院 – 小島慶子
吉良義周 – 市川知宏
小林平八郎 – 矢島健一

紀伊国屋文左衛門 – 江守徹
堀部弥兵衛 – 津川雅彦
吉良上野介 – 長塚京三




新潮文庫 こ−4−5薄桜記/五味康祐

新潮文庫 こ−4−5薄桜記/五味康祐
価格:935円(税込、送料別)



市川雷蔵/薄桜記

市川雷蔵/薄桜記
価格:4,935円(税込、送料別)


 
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
※FC2にトラックバックが飛ばないブログ&サイトさま記事リンク(お申し出下さい)



【関連記事】・陽だまりの樹- BS時代劇 – 第8回

【薄桜記】第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話


この記事のトラックバック用URL

(承認制です。また、お手数ですがスパム対策のため「https://dramablog.cinemarev.net/」へのリンクのないTBを受付できません。ご了承ください。)

コメント

※ 右のアイコンから Wordpress,Twitter,google+,facebookのアカウントを使ってコメントできます。
オープンIDをお持ちでない方はアドレスを記入してください。(書きこんだアドレスは表示されません)

6件のコメント

  • 昼寝の時間@R
    2012年9月11日 3:41 PM

    薄桜記 第9回「文鳥」簡単感想

    公式サイト吉良上野介の警護を引き受けた典膳。<続きは本家記事でご覧ください。>※本家の記事のURLhttp://miru-yomu-kiku.cocolog-nifty.com/blog/2012/09/9-a4d0.htmlこの記事のトラックバックURLhttp://a…

  • くう
    2012年9月10日 4:09 AM

    SECRET: 0
    PASS: d0970f9a670a457ba04fd47a84598fe5
    >原作未読なので、典膳と千春がどうなるのか、非常に気になるところではあります。
    討ち入りの現場に出くわすことはたしかでしょうね、きっと。

    私も未読ですし、以前に映像化されたものも見ていないので、全く解らない状態です…
    でも、ここで同じ屋敷に仕える事になったってことは…
    そして、相手は安兵衛なんでしょうかねぇ…
    もう、悪い予感しかしないです(;_:)

  • 世事熟視〜コソダチP
    2012年9月8日 9:28 AM

    BS時代劇「薄桜記」第9話〜典膳(山本耕史)「千春。もう離さぬぞ」

    BS時代劇「薄桜記(はくおうき)」
    第9回「文鳥」

    ”長塚京三”が演じる吉良上野介って、本当にそこに居そうな”リアル”があって素晴らしいです。

    茶室での上野介の佇まいだとか

  • BROOK
    2012年9月8日 5:27 AM

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    >千春も一緒に……ってこと

    やっぱりそうなりますよね…。
    原作未読なので、典膳と千春がどうなるのか、非常に気になるところではあります。
    討ち入りの現場に出くわすことはたしかでしょうね、きっと。

    年明けではなく、早々に復縁した方が幸せだったのかもしれません…。

  • 日々“是”精進! ver.F
    2012年9月8日 5:11 AM

    BS時代劇「薄桜記」第9回

    復縁決定…

    詳細レビューはφ(.. )
    http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201209070004/

    NHK-BS時代劇「 薄桜記 」オリジナル・サウンドトラック濱田貴司 ポニーキャニオン 2012-08-22売り上…

  • レベル999のgoo部屋
    2012年9月8日 12:27 AM

    BS時代劇『薄桜記(はくおうき)』 第九回 文鳥

    『文鳥』

    内容
    本所へと移り住む上野介(長塚京三)の警固を引き受けた典膳(山本耕史)。
    千坂兵部の遺言もあって、長尾権兵衛(辰巳琢郎)は、
    屋敷の警備などを強固にすべきと上