【夜行観覧車】 第1話 初回感想

観覧車は不思議な乗り物だ。

どこにも行けない。
グルッと回って元のところに戻ってくる。

でも、一度空に近づいたあの景色はいつまでも胸に残り、
下に降りてきても

もう 忘れることはできない。

夜行観覧車 第1話

  夜行観覧車

どう書き出せばいいのかなぁ…と思いながら、とりあえず初回は簡単感想中心に。

遠藤真弓は念願だった高級住宅街「ひばりヶ丘」に家を買って引っ越してきた。
静かで落ち着いた雰囲気と初めての自分たちの家に家族はウキウキしたが、住環境は
真弓たちが思っているような甘いものではなかった。

「ひばりヶ丘」に越してきてすぐに開始されるセレブな先住民たちからの洗礼。

引っ越しのゴミはいつのまにかゴミ捨て場から玄関前に戻され、引っ越し挨拶に
持って行った物は受け取ってもらえず、街の長・小島さと子に挨拶に行くと
散々嫌味を言われる始末。

引っ越しの時に声をかけてきてくれた向かいの主婦・高橋淳子だけが
唯一の味方になってくれた。

この辺りご近所づきあいは、他の街と違ってちょっと大変かもしれません。

大変って?

昔から住んでる方同士がとっても仲がいいんです。
リーダー役は小島さん。
お手伝いそのうち頼まれると思いますよ。

私…やっていけるかな。

私も結婚してからこの街に引っ越してきたんです。
でも、すぐに慣れますよ!
この街静かでいいでしょう?

他の街と全然違う。

ほんとに素敵な街です。

子供を育てるには最高の環境ですよね。

私も!私もそう思います。
いい街ですよ。ここは…。

高橋家は医師の主人と高校生の息子と娘。
そして、真弓の娘・彩花と同年の6年生の次男・慎司。
この5人家族。

年の近い真弓と淳子は、すぐに仲良くなった。

淳子は人当たりの良い優しい性格のせいか、姑のような近所のBBA軍団とも
上手く付き合っている様子。

セレブな街になかなか馴染めない真弓は、度々淳子に助けられるようになる。

前半から中盤までは、ジリジリとした、この新参者イジメの様子が描かれる。

つまり…小島さと子はセレブな住環境が崩れることが我慢ならないらしい。

私達、みんな何十年もかかって「ひばりヶ丘」をつくり上げてきたでしょ?
最初は山を切り開いただけのところに一生懸命働いて土地を買い足して、
大きなお家を建てて、何十年もかかって積み上げてきたんじゃない。

なのに新しい人達が昔からいるような顔して、もう好き勝手に暮らすんだもの。
もうちょっと遠慮してほしいわね。

息子夫婦には、この街で静かに暮らしてもらいたいのよ。
環境悪くなると困るわ。

セレブな大きな屋敷ばかりが並んでいる住宅街の狭い土地を買って
小さな家を建てた遠藤家が気に食わない。

美しい景観を崩す大量のゴミを夜の内に出したことも気に食わない。

引っ越ししてきた日の内に自分に真っ先に挨拶に来なかった事も気に食わない。

何も知らずに引っ越ししてきた真弓は、近所中、姑だらけのような状態だ。

チャリティバザーにダンナの会社の要らないタオルやぬいぐるみを持って行ったら、
出品されているのはシャネルやエルメスなどのブランド品だらけ。
そりゃ、顔に火も点くよね。

娘まで弾いたことないピアノの前に無理やり座らされて演奏会を強要されたり…。

でも、意地悪したって出て行くワケないのにね。
買っちゃったんだから出て行かないでしょう~…。

恐いわ、引っ越しって。
いや、BBAが恐いわ。

しかし、何とか淳子という救いを得て、真弓は前向きに暮らし始める。
家族で家にも呼んでもらって一緒に食事をした。

彩香は大人っぽくて優しい慎司に惹かれていた。
そして、同じ中学を受験する事も知ったのだった。

慎司の姉・比奈子が通っている清修学院の制服を着せてもらう彩花。

頑張ろうね。この制服着れるように。

慎司も頑張ろうね。

みんな笑顔だった。

あの時にはそこにあったのに…今はもうないもの。

何をどうしたら

私達はあのままでいられたんだろうか。

2人の子どもは同じ中学を受験し、そして、1人は合格し、1人は落ちた。

落ちるのは慎司の方で彩花が受かり、それで気まずくなるのかと思っていたけど、
その反対だった。

それだったら問題ないような気がするんだけど…。
やっぱり気まずくなるらしい。

でも、予告では一緒に遊びに行っているような映像があったから、
それ以上にすれ違う「何か」がこれから待っているんだろうな…。

そして、その3年後。

高橋家の主人・弘幸が何者かに殺され、慎司が姿を消す。
冒頭の映像では、真弓の夫・啓介の様子もおかしかったけど。

これがミステリーになっていくのね。
引っ越してきたころの幸せだった様子を振り返りつつ、事件の日が小出しに映される。

「高校入試」「贖罪」を見たばかりなので、湊かなえさんっていうと
主人公が犯人、あるいは切っ掛けなのでは…と、つい思っちゃう。

だって、この主人公も最初に買い物している時の様子が変なんだよね…。

「救急車のサイレン。救急車のサイレンが近づいてくる。」
「救急車のサイレンが近づく。救急車のサイレンが止まる。」

まるで、救急車が来ることを知っていたように。

自分的には今期一番期待していたので、初回から引き込まれる展開は嬉しかった。

でも、やっぱり見終わってドンヨリしますね。
いや、このドンヨリと言うか胸に何かドロドロと残る後味の悪さ…
これ込みでの期待値だったんだけど。
実際に見てみると、期待通りきつい。

これぞ、湊かなえ原作もの。

役者さんも好きな方ばかりで、当たり前だけど皆さん上手くて本当に苦しそうなので、
本当に気持ちの悪い世界が展開されていくのを頭に血が上りそうな思いで見てた。

でも、この気持ち悪さが醍醐味なんだよね。

今期もこの世界に触れられて嬉しいです。

映像・演出もミステリーとして素晴らしく素敵だ。
一週間先が待ちきれないくらい楽しみ。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


坂の上にある「ひばりヶ丘」は、誰もが憧れる高級住宅街。
そこへ、小さいながらも念願だった一軒家を建てた遠藤真弓(鈴木京香)は、高橋淳子
(石田ゆり子)とも友達になり夢が叶ったはずだった。
しかし数年後、中学受験に失敗した娘・彩花(杉咲花)は毎日のように家庭内暴力を繰り返し、
夫の啓介(宮迫博之)は帰宅拒否症になっていた。
そんなある日、向かいの高橋家で淳子の夫:弘幸(田中哲司)が殺される事件が起きる。
そして事件当日、家にいたはずの高橋家の次男:慎司(中川大志)が失踪。
担当刑事の結城(高橋克典)は、犯人は身近な人間だと推測し、捜査を進めるが・・・。

(あらすじは「Yahoo!TV」より引用)

よろしければ→【2013年1月期・冬クールドラマ何見ます?】ラインナップ一覧とキャスト表と展望

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ PINGOO!カテゴリテレビ・ドラマ 
にほんブログ村 

【キャスト】

遠藤真弓 … 鈴木京香
遠藤啓介 … 宮迫博之
遠藤彩花 … 杉咲花

高橋淳子 … 石田ゆり子
高橋弘幸 … 田中哲司
高橋良幸 … 安田章大
高橋比奈子 … 宮﨑香蓮
高橋慎司 … 中川大志

田中晶子 … 堀内敬子
村田志保 … 吉田里琴

小島さと子 … 夏木マリ

結城哲也 … 高橋克典

【スタッフ】
脚本 … 奥寺佐渡子、清水友佳子
演出 … 塚原あゆ子、山本剛義
原作 … 湊かなえ

 
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
※FC2にトラックバックが飛ばないブログ&サイトさま記事リンク(お申し出下さい)

夜行観覧車第1話 第2話 第3話