【マメシバ一郎 フーテンの芝二郎】第12話 最終回 感想

うそ。
何もない暮らしなんて、それが安心なんて嘘。

今、あるんだと思う。生きているっていう実感。

母さんは、あるんだと思う。

      
      マメシバ一郎top


マメシバ一郎 フーテンの芝二郎 第12話
「そして、みんないなくなっても、僕は僕な のだ」



娘と話したら、あなたとお別れになってしまいます。
ゲームオーバーなんです。
私がもし、娘と一言でも会話を交わしたら。

それが、鞠子さんとの約束でした。


権藤さんは、やはり鞠子さんの刺客でした。
二郎ちゃんは、権藤さんとまちこさんを繋ぐゲームを知らず知らず
やらされてたってこと。

支払われた「返済金」は全部鞠子さんに渡していたと言う権藤さん。
しかし、家は本当に売りに出しているようです。


よく解りませんが、たぶん帰れるところがあると、あなたが帰れてしまうから
じゃないでしょうか。



権藤さんは、今日、まちこさんと会う約束になっているのだそうです。

一郎にお別れする権藤さんをビデオ撮影してあげる二郎ちゃん。


僕の周りはピエロばかりだと思っていたら、何のことはない。
僕自身がピエロだったってこと。


二郎ちゃんはまちこさんに全て嘘だったことを報告。
父親との対面に付き合ってほしいと言うまちこさんの頼みを二郎ちゃんは断ります。

しかし、べえちゃんにせっつかれて影から2人の対面を覗きに行くのでした。

犬しつけ教室で会う権藤さんとまちこさんはひと言も会話を交わしません。

権藤さんは立ったまま何かをしています。
何かと思ったらノートに字を書いてまちこさんに渡しているのでした

一緒にいるのに筆談!!!


出ていく権藤さんをべえちゃんと二郎ちゃんは尾行し、権藤さんは足を止めます。

元警官だもんね。


こう見えて、プライドが高くてね。人に敬語で話せるようになったのも最近です。

何もない所に向かって話しだす権藤さん。

みんなに権藤さんが育てた警察犬は凄いと言われて得意だった。
しかし、自宅で育てた犬で勝負して失敗した、と言います。


初めての挫折だった。ショックだった。

だから逃げた。犬からも、家族からも。

執着していたものをあきらめたんだから人生終わりだと思った。
他の人生なんて考えられなかった。

でも、鞠子さんは、違うって言った。

私なんか毎日何かあきらめているわよ。
何かをあきらめないと何も始められない。って。

あきらめない事だけが美徳だと思っていたから、目から鱗だった。
人はあきらめてもいい。
何かを始めるためなら。

ただ、あきらめるのには勇気がいるんだよな。


そして、権藤さんは声を張り上げるのです。


おかげで勇気を貰いました!
ありがとうございました!



これは…鞠子さんに言っていると同時に二郎ちゃんにも言っているんだね…。

まちこさんと権藤さんが無言で交換していたノートの書きつけ。

「バズは家族だった?」

「かけがえのない家族だった。」


ノートを見て微笑むまちこさん。


翌日。
公園に一郎と黒パグを連れて行く二郎ちゃん。

当たり前だけど…もう仁政さんはいない。

その代わり、あの女子高生・のぞみが待っていました。

のぞみは学校をやめて働くことにしたのだそうです。
寮はペットOKの所にしたらしい。

黒パグを返す二郎ちゃん。


名前も決めたんです。「かなえ」。
私、「のぞみ」なんで「のぞみ・かなえ」で。

芝さん、色々ありがとうございました。



また「ありがとう」って言われた…二郎ちゃんが。


のぞみが帰って、ぽつんとした公園。


みんな・なんか・いなくなって。

仁政さん夫妻。
権藤さん。
店長も昇進してもうあまり店に来ないと言うし。
そして、「のぞみ・かなえ」も居なくなってしまった。


アパートに帰ると電気がついています。
ドアを開けると、ご飯を作って待っている鞠子さん。

久しぶりに「おかえり。二郎ちゃん。」


親子で囲む久しぶりの食卓。
でも、二郎ちゃんの口からは鞠子さんに対する今回の愚痴が出てきます。

それが二郎ちゃんだからね。
素直に嬉しいとか言う人ではないから。


だいたいねぇ、普通の生活を普通にするのはわけないのに、
話を面白おかしくしてんのは全部母さんだぜ。

面白い方がいいじゃない。

普通のおじちゃんに戻りたいですな。うん。

普通って何よ。

家とかに、ダミーの借金取とかが押し掛けてこない生活ですよ。

その方が安心?

安心ですとも。


嘘。

何もない暮らしなんて、それが安心なんて嘘。

今、あるんだと思う。生きているっていう実感。



微笑んで37歳の息子を見つめる母。


母さんは、あるんだと思う。

…また逞しくなった。



鞠子さん…すごい。

やっぱり今回も鞠子さんの作ったストーリー通りに踊らされていた二郎ちゃんだけど…

その中に、鞠子さんの知らないストーリーもあるんですよね。


権藤さんとのぞみから貰った「ありがとう」は、二郎ちゃん自身が貰った称賛の言葉。

そして、確かに「みんないなくなった」けれども、繋がってもいるんですよね。

鞠子さんと二郎ちゃんが決してバラバラにならないように。
鞠子さんがいつもどこかから二郎ちゃんを見ているように。


いつも、このシリーズの総括に書いてしまうことと同じことを書く…。

動物ドラマにして決してお涙頂戴ストーリーではなく、動物と一緒にいるから
成長していく人間の物語。


35歳で二郎ちゃんは外へ出る。
人のためになることを考えて、人のために行動してみる。
母から独立する。

べえちゃんいわく、


カンガルーの誕生日ってさ、何で決まるか知ってる?
母親の袋から顔を出した日なんだって!

二郎ちゃん見てると、そうだよなぁ、と思って。



二郎ちゃんはカンガルーの袋から外に出たんだね。
お誕生日おめでとう
(無関係ですが、本日誕生日なのです。私が。)


さて。

今日も始まったね。

行くか。一郎。



二郎ちゃんは今日も一郎と一緒に外に出る。


どうか、このシリーズにも繋がりがありますように。

素敵なドラマを今回もありがとうございました。
また二郎ちゃんと一郎に会えますように。



「誰かの手の平の中だとしても、そこがあなたの舞台です。」 芝重男


【関連記事】
・マメシバ一郎 感想
・劇場版【幼獣マメシバ】一郎と一緒にオニ探し
・【マメシバ一郎3D】正義感モンスターと紙王子



よろしければ→【2013年1月冬期ドラマ一覧】ラインナップとキャスト表

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ PINGOO!カテゴリテレビ・ドラマ 
にほんブログ村  


【キャスト】

芝二郎(脱ニートの38歳。ペットショップ勤務)… 佐藤二朗

真田まちこ(しつけ教室のトレーナー)… 南沢奈央

財部陽介(二郎の親戚 郵便局員)… 髙橋洋
市村影虎(ペットショップ店長) … 高橋直純
仁政一成(無職の犬ビギナー) … 野間口徹
陣内香里(ペットショップのお客) … 原史奈
椎名ノゾミ(ペットショップのお客)… さいとうみき
女性客(チワワの飼い主)… 千鶴ちい
福山(主婦)… 元田牧子

権藤茂(借金取り)… ダンカン

芝富子(二郎の叔母)… 角替和枝

芝重男(二郎の叔父)… 志賀廣太郎

芝鞠子(二郎の母)… 藤田弓子

(公式サイトより引用)



佐藤二朗/劇場版 幼獣マメシバ

佐藤二朗/劇場版 幼獣マメシバ
価格:3,990円(税込、送料別)













「Twitter」やってますです。
フォロー下さる方は、ほぼドラマ実況ツイート(辛口)だという覚悟でお願いします

 
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
※FC2にトラックバックが飛ばないブログ&サイトさま記事リンク(お申し出下さい)



【マメシバ一郎 フーテンの芝二郎】第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 
                第8話 第9話 第10話 第11話 第12話(最終回)


この記事のトラックバック用URL

(承認制です。また、お手数ですがスパム対策のため「https://dramablog.cinemarev.net/」へのリンクのないTBを受付できません。ご了承ください。)

コメント

※ 右のアイコンから Wordpress,Twitter,google+,facebookのアカウントを使ってコメントできます。
オープンIDをお持ちでない方はアドレスを記入してください。(書きこんだアドレスは表示されません)

4件のコメント

  • レベル999のgoo部屋
    2012年12月24日 7:38 AM

    マメシバ一郎 フーテンの芝二郎 第十二話(最終回)

    『そして、みんないなくなっても、僕は僕なのだ』

    内容
    ついに母・鞠子(藤田弓子)の策略を知った二郎(佐藤二朗)
    が、ひょんなことから、犬をもう一匹飼うことに。

    そんななかア…

  • くう
    2012年12月22日 2:03 AM

    SECRET: 0
    PASS: d0970f9a670a457ba04fd47a84598fe5
    >まさにその通りですよね♪
    みんながいなくなっても、二郎が出会った人たちとは、
    かけがえのない“絆”が出来たんだと思います。

    いい話でしたよねーー。
    ホントに温かいです。
    この先もこれでお別れって事じゃなくて繋がっていけるようなストーリーでした^^

    >行きつけのシネコンで上映してくれれば鑑賞したいのですが、
    望みは薄いです(汗)

    ウチの方も絶対にやりませんよ^^;
    確か「3D」の時は県内はO宮だけだった気が……。
    しかも、上映期間もとんでもなく短かった覚えがあります^^;
    こっちの方でやってくれないかなぁ。

    >そうそう、本日誕生日でしたか♪
    おめでとうございます!

    ありがとうですーーー(^^)/

  • BROOK
    2012年12月21日 7:41 PM

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    >繋がってもいるんですよね。

    まさにその通りですよね♪
    みんながいなくなっても、二郎が出会った人たちとは、
    かけがえのない“絆”が出来たんだと思います。

    映画の予告も少し流れていました。
    行きつけのシネコンで上映してくれれば鑑賞したいのですが、
    望みは薄いです(汗)

    そうそう、本日誕生日でしたか♪
    おめでとうございます!

  • 日々“是”精進! ver.F
    2012年12月21日 7:35 PM

    「マメシバ一郎 フーテンの芝二郎」最終話

    人生は、チョコレートの箱のようなもの…

    詳細レビューはφ(.. )
    http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201212210000/

    マメシバ一郎 フーテンの芝二郎 DVD-BOX竹書房 2013-02-08売り上げラン…